台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その8:澎湖観光【2】立榮航空(ユニーエア)8605便 台北松山→馬公 バッドばつ丸 COOL HOLIDAY JET

これから立榮航空(ユニーエア)8605便で澎湖諸島の馬公空港まで飛びます。
台北の松山空港からは、約1時間のフライトです。
201705taiwan-271.jpg

出発時間の9時40分に搭乗開始となりました。
バッドばつ丸機を使用するフライトの時には、このような看板がゲートの前に出ます。
201705taiwan-244.jpg

ジェット機ではなくターボプロップ機なので、ブリッジからではなくバスでの搭乗。
201705taiwan-245.jpg
搭乗客全員をバスに乗せてから出発となるので、搭乗予定客が揃うまでバスの中で10分ほど待ちました。
ちなみに、優先搭乗とかは特にありませんでした。

バス搭乗の楽しみは、なんといっても駐機している飛行機を間近に見られること。
201705taiwan-246.jpg

バスはどんどんターミナルから離れていきます。
201705taiwan-247.jpg

201705taiwan-248.jpg

201705taiwan-249.jpg

前日の桃園空港周辺での撮影の際にも、廃業した復興航空(トランスアジア)の飛行機が見られましたが、ここ松山空港にも復興航空のATR機が何機も放置状態になっていました。
201705taiwan-250.jpg

201705taiwan-251.jpg


これから乗るバッドばつ丸ジェットが見えてきました。
201705taiwan-252.jpg
この特別塗装機は、「渡假機 BAD BADTZ-MARU COOL HOLIDAY」という愛称が付いています。

バスを降りると、ほとんどの搭乗客が機体をバックにしてスマホやデジカメで記念撮影。
地上誘導のユニーエアの係員さんも、乗客に搭乗を急かすことなく、おおらかな雰囲気です。
201705taiwan-253.jpg

小さなワニは、ばつ丸のペットの「ポチ」
201705taiwan-254.jpg

ATR機を初めて間近に見ましたが、ボンバルディアのQ300やQ400と比べると、各所が丸みを帯びていて「ずんぐりむっくり」で、かわいらしい風貌をしています。
201705taiwan-255.jpg

機体前方は貨物室なので、乗客の乗り降りは後方のドアから。
写真でも分かるように、下方に降りたドアの内側は階段になっていますが、空港ではこのような専用のステップが据え付けられていました。
201705taiwan-256.jpg
ちなみに、機体後部に描かれているパンダは「伊集院パンダバ」、アザラシは「グッドはな丸」というキャラクターです。


機内は、驚くほど天井が低くて狭いです。
前方通路に立っている人の高さと比較してみても、機体内部のその小ささが分かるかと思います。
201705taiwan-257.jpg

機内は、ヘッドレストカバーが「バッドばつ丸」仕様になっています。
201705taiwan-258.jpg

最初、「キャプテンの帽子に書かれている“XO(エックス・オー)”って何だろう?」と思ったのですが、実は“×○(バツ・マル)”でした。
201705taiwan-259.jpg

座席背面のポケットに用意されている安全のしおりとディスポーザルバッグ(ゲロ袋)も、もちろん「ばつ丸」。
ゲロ袋のほうは「EVAAIR」のロゴが入っているので、エバー航空のA333「バッドばつ丸・ファントラベルジェット」と共通品かもしれません。
201705taiwan-260.jpg

201705taiwan-261.jpg



定刻から20分遅れで、台北松山空港を離陸。
私の席はほぼ翼に掛かる位置でしたが、高翼機なので窓の外の風景を楽しめました。
201705taiwan-262.jpg

右側に「台北101」を掠めると、機体は東向きから南向きへ大きく旋回。
201705taiwan-263.jpg


機内はフルに満席で、見たところほぼ全員がレジャー客といった感じでした。
家族連れやカップルの乗客ばかりで、ターボプロップの騒音が響く中でみんな大声で話すので、機内はとても賑やかです。

「機内サービスとか無さそうだな」と思っていたら、ドリンクサービスがありました。
紙コップとおしぼりも「ばつ丸」デザイン。
201705taiwan-264.jpg

あと、「ユニーエア」専用の機内誌もちゃんと用意されていました。
エバー航空の機内誌と似た紙面デザインですが、内容はかなりローカルな話題が多くて面白いです。
紙面最後のほうにはサンリオファミリージェットの紹介のページ。
ユニーエアの「ばつ丸」ATR機がちゃんとトップで紹介されていました。
201705taiwan-265.jpg




今回、初めて台湾の国内線に乗るにあたって、事前にインターネットでいろいろ情報を調べておきました。
空港の様子や搭乗前の手続きのことなどを調べているうちに、「台湾の国内線に乗ったら、上空で窓の外の風景の写真を撮影してはいけない」という記載のブログ記事がいくつかありました。
『中国との緊張状態が続いている中で、国防のため上空からの撮影は禁止されている』というのが理由とのこと。

この「ばつ丸」機に乗る前日に、桃園空港周辺のカフェで飛行機撮影をしていて知り合った台湾人の航空ファンにこのことを聞いてみたら、「軍事拠点となっている空港周辺では撮影禁止かも。でもグーグルアースで普通にみんな見ることできるよね。」と笑って話してました。

念の為、搭乗時にCAさんに「飛行機の中から風景の写真を撮ってもいいですか?」と聞いてみたところ、「馬公空港上空は撮影禁止なので、着陸態勢に入ったら撮影しないで下さい。それまでは撮っても問題ありません。」とのことでした。

いろいろ「気をつけなくちゃ」と思っていましたが、実際飛行機に乗ってみると、台湾人の乗客の多くが窓の外の風景をスマホで撮りまくってました。
あまり深く考える必要もなかったみたいですが、異国に来て揉め事を起こしていろんな人に迷惑掛けるのも日本人として恥ずかしいので、CAさんのいうとおり馬公空港が近づいてきたらカメラはバッグの中にしまっておきました。


というわけで、馬公空港到着に向けて着陸態勢に入る前の風景写真。
海と雲しか見えませんけど。
201705taiwan-266.jpg


着陸寸前から着陸後のタキシー中に窓から見た馬公空港は、小さな島のローカル空港にしては異様に敷地が広く、空港設備が近代的に整っているように見えました。
この空港は、対中国大陸の重要防衛拠点なんだそうです。CAさんの話も納得。


で、馬公空港に到着です。
201705taiwan-267.jpg
飛行機を降りて、多くの乗客が飛行機をバックに記念撮影をしていました。

しかし、馬公空港では、この「記念撮影」も注意が必要です。
カメラやスマホを飛行機に向けて撮影している分には何も言われませんが、全然方向違いの空港敷地内にカメラを向けていると、空港の係員がすっ飛んできて「撮らないで」と注意されます。
隣りのスポットにはマンダリン航空の飛行機が停まっていたのですが、その飛行機をバックに記念撮影していたカップルが空港職員に注意されていたので、この空港ではあまりパシャパシャ撮影しまくるようなことはせず、1~2枚記念撮影をしたらすぐに大人しくターミナル内に入るのがいいでしょう。


空港到着ロビーのアライバルボード。
真ん中あたりの「立榮UIA 8605 臺北TSA」が今、乗ってきた飛行機です。
松山空港の出発が20分遅れだったのに、到着遅れは8分までに縮まっていました。
201705taiwan-268.jpg
こうして見ると、台湾各地の空港から頻繁に飛行機が飛んできているのが分かりますね。



この日の立榮航空 UNIAIR 8605便のフライトルート(Flightradar24.comより)
201705taiwan-269.jpg

201705taiwan-270.jpg



(つづく)

台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その7:澎湖観光【1】台北松山空港

台湾2日目は、離島の「澎湖」へ観光に行きます。

台北松山空港からユニーエア(立榮航空)を利用します。
201705taiwan-209.jpg

国際線のほうは何度か利用したことがありますが、国内線のほうは初めて。
台湾の国内航空線を利用するのも今回が初めてなので、ちょっと緊張します。

国内線出発ロビーは、意外とこじんまりとしています。
201705taiwan-210.jpg

ユニーエアのカウンターは、バッドばつ丸の装飾でいっぱいです。
201705taiwan-211.jpg

自動チェックイン機にも、バッドばつ丸。
201705taiwan-212.jpg

出発ロビーの一角には記念撮影スポットまで用意されています。
201705taiwan-214.jpg

ユニーエアがなぜここまで「バッドばつ丸推し」なのかというと、台北の松山空港と澎湖の馬公空港を結ぶ路線に、「バッドばつ丸」の特別塗装機を飛ばしているからです。
親会社のエバー航空がサンリオと提携してハローキティジェットをたくさん飛ばしている関係で、子会社のユニーエアにもサンリオの人気キャラクター「バッドばつ丸」の飛行機が登場しました。
201705taiwan-213.jpg

バッドばつ丸専用のチェックインカウンターまで用意されています。
201705taiwan-215.jpg

今日はこれからバッドばつ丸の特別塗装機に搭乗します。
発券された搭乗券も特別仕様。
201705taiwan-216.jpg

予約は、ユニーエアのサイトから入れました。
日本語サイトは無いのですが、特に難しいことはありません。




簡単にユニーエアサイトから予約の入れ方をご紹介。

【1】サイトのトップページから、行先と日付を入力します。
「単程」は片道のみを予約、「来回」は往復予約です。
201705taiwan-239.jpg



【2】フライトを選びます。
空席のある便は「請選択」と表示されますが、すでに満席の便は「無可售機位」と表示され選択できません。
201705taiwan-240.jpg



【3】料金を選びます。
様々な料金形体が表示されますが、ほとんどは台湾国籍の利用者のみが利用できる運賃ばかりです。
外国人が選べるのは「全額票(普通運賃)」か「早鳥票(早割運賃)」のみです。
「早鳥票」は予約変更不可、キャンセルの場合の返金は支払い金額の50%と制約があります。
201705taiwan-241.jpg



【4】個人情報を入力します。
・男性は「先生」、女性は「女士」を選びます。
・姓と名はパスポートに書かれているとおりに入力します。
・「身分證字號」は台湾国籍の人が入力するので、外国人は空欄のままでOKです。
・「外籍旅客護照號碼」にはパスポート番号を入力します。
・「護照国籍」は「日本(JP)」を選択します。
201705taiwan-242.jpg
その下の「輸入聨絡人資料」には、電話番号とメールアドレスを入力します。

この画面でパスポート番号を間違った番号で入力してしまっても予約はできますが、チケットにパスポート番号が表示され、発券時と搭乗時に搭乗券とパスポート番号をチェックされるので、間違った番号で予約してしまうと、当日搭乗できなくなるので要注意です。




【5】支払いはクレジットカードで行います。
・VISA/マスターカード(萬事達卡)/JCB/アメックスが利用できます。
・「卡號」にカード番号を入力します。
・「検査碼」には「セキュリティコード」を入力します。
・「□使用國民旅遊卡」には、チェックを入れないで下さい。
201705taiwan-243.jpg

以上で予約完了です。


ちなみに、「座席位置指定」の画面ですが、予約中にはどこにも表示されません。
予約完了後も、メールや予約確認画面にも予約された座席番号はどこにも表示されません。
座席位置は、発券されるまで分かりません。





台湾国内線は「ユニーエア(立榮航空)」のほかに、「マンダリンエア(華信航空)」と「ファーイースタン(遠東航空)」が大手3社として飛んでいます。
201705taiwan-217.jpg

この3社に、さらに最近まで「トランスアジア(復興航空)」も国内線の主要路線を担っていました。
空港内にはまだ、トランスアジアが利用していたカウンターがあちこちに残されています。
201705taiwan-219.jpg

こちらはキャンセル待ちの案内表示板。
201705taiwan-218.jpg
台湾の国内線は、出発20分前までに搭乗手続きを済ませないとキャンセル待ちのほうに席が流れるようになっています。
離島路線はもちろん、台鐵の自強號の指定席が取り難い長距離路線も空路の需要は非常に高く、平日の朝でもこのようにキャンセル待ちが各社で発生します。

台湾の国内線を利用する時は、早めに空港に行って搭乗手続きするか、オンラインチェックインを心がけましょう。


出発までまだ時間があるので屋上の展望デッキに行ってみましたが、オープンは10時からでした。

出発ロビーにいてもやることがないので、手荷物検査を受けて搭乗ロビーに入ることにしました。
手荷物検査場を抜けると、すぐ目の前が1階搭乗ロビー。ここはバスでの案内になる出発便の搭乗口です。
201705taiwan-220.jpg

1階搭乗ロビーにはラウンジがあります。
201705taiwan-221.jpg
ユニーエアはエバー航空の子会社ですが、スターアライアンスには加盟していません。
試しにANAのスーパーフライヤーズのラウンジカードを提示してみましたが、「立榮は星空聯盟ではないので・・・」と受付で断られました。


2階にも搭乗ロビーがあり、こちらはブリッジで搭乗する便のゲートになります。
201705taiwan-222.jpg

2階搭乗ロビーは大きな窓から空港を行き交う飛行機がよく見えます。
展望デッキのような着色ガラスではないので、飛行機撮影もしやすいです。
(松山空港は台湾空軍のベースでもあるのですが、規制がだいぶ緩いようで撮影していても特に注意されることはありません。)


ファーイースタンエア(遠東航空)  McDonnell Douglas MD-83  【B-28007】
201705taiwan-223.jpg

ユニーエア(立榮航空)  ATR 72-600   【B-17015】
201705taiwan-224.jpg

201705taiwan-225.jpg

ファーイースタンエア(遠東航空)  McDonnell Douglas MD-83  【B-28035】
-Twin Heart Stone Weir PENG HU livery-
201705taiwan-226.jpg

マンダリンエア(華信航空) Embraer ERJ-190AR  【B-16827】
201705taiwan-227.jpg

201705taiwan-228.jpg

国際線ターミナルを出発した機体も、国内線ターミナルの前を横切っていくので撮影できます。
国内線のほうは小型機ばかりなので、ボーイング767クラスの機体でもものすごく大きく見えます。

日本航空 Boeing 767-300ER  【JA651J】
201705taiwan-229.jpg

チャイナエアライン  Airbus A330-300  【B-18307】
201705taiwan-230.jpg


そして、台湾空軍の飛行機もいろいろ見ることができました。

なんと、フォッカー50です!
201705taiwan-231.jpg

中華民国空軍  Fokker50  【5001】
201705taiwan-232.jpg

フォッカー50といえば、かつて日本でも飛んでいました。懐かしいですね。
201705taiwan-237.jpg

201705taiwan-238.jpg


中華民国空軍  Lockheed C-130H  【93-1316】
201705taiwan-233.jpg

中華民国空軍  Beechcraft 1900  【1902】
201705taiwan-235.jpg

中華民国空軍  Boeing 737-800 【3701】
201705taiwan-234.jpg
この機体「台湾総統専用機」だそうで、いわば「台湾のエアフォースワン」。


澎湖の馬公空港から、ユニーエアの「バッドばつ丸」が飛んできました。
201705taiwan-236.jpg
今日はこれから、この飛行機に乗って馬公空港まで飛びます。



(つづく)

台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その6:再び看機機複合式餐廳で飛行機撮影

「奇跡珈飛場」でエバー航空の旅客型ジャンボの着陸をキャッチしたあとは、タクシーを呼んでもらって、再び「看機機複合式餐廳」へ移動。


中国東方航空 Boeing 777-300ER  【B-7367】
201705taiwan-166.jpg


今日のもうひとつのお目当ての“巨人機”が飛んできました。
201705taiwan-167.jpg

エミレーツ航空 Airbus A380-800  【A6-EOR】
201705taiwan-168.jpg

201705taiwan-169.jpg

201705taiwan-170.jpg

201705taiwan-171.jpg



エアアジア・エックス Airbus A330-300  【9M-XXZ】
201705taiwan-172.jpg

KLMオランダ航空  Boeing 777-200ER 【PH-BQM】  -KLM Asia livery-
201705taiwan-173.jpg

キャセイパシフィック航空  Airbus A330-300  【B-LAJ】
201705taiwan-174.jpg

エバー航空  Airbus A321-200  【B-16227】
201705taiwan-175.jpg

チャイナエアライン・カーゴ Boeing 747-400F  【B-18718】
201705taiwan-176.jpg

201705taiwan-177.jpg


ユニ・エアー Airbus A321-200  【B-16210】
201705taiwan-178.jpg

エバー航空  Boeing777-300ER  【B-16701】  -STAR ALLIANCE livery-
201705taiwan-179.jpg

エバー航空 Boeing 777-300ER  【B-16717】
201705taiwan-180.jpg

エバー航空 Boeing777-300ER  【B-16732】
201705taiwan-182.jpg

TUIフライ・ノルディック Boeing 767-300ER  【G-OBYH】(トムソン航空からのリース機)
201705taiwan-181.jpg

ターキッシュエアライン Boeing777-300ER  
201705taiwan-183.jpg

チャイナエアライン  Boeing777-300ER  【B-18052】
201705taiwan-184.jpg


チャイナエアライン Airbus A350-900  【B-18901】  -Mikado Pheasant Livery-
201705taiwan-185.jpg

201705taiwan-186.jpg

201705taiwan-187.jpg

201705taiwan-188.jpg

201705taiwan-189.jpg


この機体をもって、この日一日の撮影を終了です。
201705taiwan-190.jpg

エバー航空  Boeing 747-400  【B-16411】
201705taiwan-191.jpg

201705taiwan-192.jpg

201705taiwan-193.jpg

201705taiwan-194.jpg

201705taiwan-195.jpg

201705taiwan-196.jpg


タクシーで桃園MRTの大園駅へ移動。
201705taiwan-197.jpg

駅のホームからも、着陸機がよく見えます。
201705taiwan-198.jpg

201705taiwan-199.jpg

電車が来ました。すごい鬼顔のデザインですね。
201705taiwan-200.jpg

桃園空港へのアクセスも兼ねている路線なので、車内にはスーツケース置き場もあります。
201705taiwan-201.jpg

途中、大きな車両基地が見えました。
201705taiwan-202.jpg


桃園駅に到着。大園駅からは10分ほどでした。桃園空港からですと15分くらいだと思います。
201705taiwan-203.jpg
左の白いポールが立っている建物が台湾高鐵の桃園駅。右の赤い階段がMRTの桃園駅です。
両駅は建物は別々ですが、ほぼ直結しているので乗り換えは便利です。


高鐵に乗って台北へ向かいます。
201705taiwan-204.jpg


桃園空港から台北へのアクセスは、さきほどのMRTが主役に取って代わったためか、桃園駅から台北方面へ向かう高鐵に乗る人はかなり減った感じがしました。
車内も、左營方面から来た乗客が桃園駅で降りるとご覧のとおり。
201705taiwan-205.jpg


台北での宿泊は、いつものお宿
部屋の壁に描かれたイラストは、なぜか「ラプンツェル」でした。
201705taiwan-206.jpg

201705taiwan-207.jpg



(つづく)

台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その5:奇跡珈飛場で飛行機撮影

しばし「看機機複合式餐廳」で飛行機撮影していましたが、お昼過ぎぐらいから着陸機がこちら側には全く来ず、奥の5L滑走路のほうにばかり降りて来ます。

店員さんに「こっちの5Rのほうにはもう降りてこないの?」と聞いてみると、「これ以降の時間は、夕方のエミレーツのA380以外はみんな5Lのほうに降りてくるよ」とのこと。

5L滑走路のほうにも飛行機撮影できるカフェレストランがあるので、そちらにも行ってみることにしました。

お店でタクシーを呼んでもらって、移動です。


滑走路を挟んで空港ターミナルの真向かいにあるのが、「奇跡珈飛場」です。
201705taiwan-133.jpg
ここも有名なお店で、タクシーの運転手に店名を告げるとすぐに分かってくれました。

「看機機複合式餐廳」からは、タクシーで10分くらいです。


古ぼけたビルの3階に「奇跡珈飛場」はありました。
店内に入って、まずドリンクなどをオーダー。そのあと好きな席に着席します。
テラス席からは、5L-23R滑走路と桃園空港のターミナルがよく見えます。
201705taiwan-134.jpg

201705taiwan-135.jpg


ジェットスター・ アジア  Airbus A320-200  【9V-JSP】
201705taiwan-136.jpg

中国南方航空  Airbus A321-200  【B-6579】 
201705taiwan-137.jpg



1機だけ離陸機を見ることができました。
カフェの目の前で離陸していくので、非常に迫力あるシーンが見られます。

チャイナエアライン Airbus A330-300  【B-18303】
201705taiwan-138.jpg

201705taiwan-139.jpg

ちなみに、5R側の滑走路からの離陸機はこんな感じです。
201705taiwan-153.jpg

400mmくらいからの望遠レンズがあると、5R滑走路からの離陸機もキャッチできそうです。
(下の離陸機の画像はトリミング済み)
201705taiwan-154.jpg

201705taiwan-157.jpg




日本航空  Boeing 737-800  【JA320J】
201705taiwan-140.jpg

マレーシア航空 Boeing 737-800  【9M-MXV】
201705taiwan-141.jpg

チャイナエアライン Airbus A340-300 【B-18806】 -The Official Airline for Climate Mornitoring livery-
201705taiwan-142.jpg

中国東方航空 Boeing 777-300ER  【B-7367】
201705taiwan-143.jpg

キャセイパシフィック・カーゴ Boeing 747-8F  【B-LJF】
201705taiwan-144.jpg

ユニ・エアー Airbus A321-200  【B-16210】
201705taiwan-145.jpg

ユニ・エアー(立榮航空)は、エバー航空の子会社。主に台湾国内線と近距離の中国大陸線を担っています。
塗装がエバー航空とまるっきり同じです。ANAとANAウイングスの塗装が同じなのと似たような感じでしょうか。
201705taiwan-146.jpg


KLMオランダ航空  Boeing 777-200ER 【PH-BQM】  -KLM Asia livery-
201705taiwan-147.jpg

201705taiwan-148.jpg

201705taiwan-149.jpg


エアアジア・エックス Airbus A330-300  【9M-XXZ】
201705taiwan-150.jpg

201705taiwan-151.jpg


キャセイパシフィック航空  Airbus A330-300  【B-LAJ】
201705taiwan-152.jpg


チャイナエアライン Boeing 747-400  【B-18210】 
201705taiwan-156.jpg
B-18210は、かつてボーイングスキームを纏っていた機体です。
201705taiwan-208.jpg



チャイナエアライン Boeing 777-300ER  【B-18053】
201705taiwan-155.jpg

エバー航空 Boeing 777-300ER  【B-16732】
201705taiwan-158.jpg

エバー航空 Boeing 777-300ER  【B-16717】
201705taiwan-159.jpg


いよいよ、今日の撮影で待ちに待った、一番のお目当ての機体が到着です!!
201705taiwan-161.jpg

エバー航空  Boeing 747-400  【B-16411】
201705taiwan-162.jpg

201705taiwan-163.jpg

201705taiwan-164.jpg



ちなみに、カフェの北側に見える駐機エリアに、倒産したトランスアジア航空のA330-300が当時のままの姿で残されていました。
201705taiwan-165.jpg



(つづく)

台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その4:看機機複合式餐廳で飛行機撮影

翌日は、桃園空港近くにある「看機機複合式餐廳」というカフェレストランに行きました。
201705taiwan-089.jpg

場所は、空港の05R-23L滑走路の進入経路のすぐ脇にあります。
201705taiwan-132.jpg


昨晩宿泊したホテルからは、ほぼ目と鼻の先にあるような距離ですが、歩道がないので、歩いていくのはかなり難しいです。
(車道は片道2車線で、みんなものすごいスピードで飛ばして走っているので、歩いていくのは危険かも)

空港に行く用事があったので、空港からタクシーで看機機複合式餐廳へ向かいました。
タクシーの運転手さんにも有名なレストランのようで、紙に書いたレストラン名を見せると「飛行機がよく見えるレストランだろ!」と、すぐ分かってくれました。

空港からは約5分ほどで、運賃は150台湾ドルでした。
桃園空港に到着したその足ですぐ向かうことも可能なほど、アクセスには便利なところです。

(帰りは、お店の人にタクシーを頼めば、10~15分待ちくらいでタクシーが来てくれます)






店内に入ると、飛行機趣味全開のインテリアです。
201705taiwan-090.jpg

3階のバルコニー席からは、空港が一望できます。
201705taiwan-091.jpg

201705taiwan-092.jpg

さらに屋上のデッキに上がれば、05Rの着陸機がすぐ目の前をかすめて行くという、ダイナミックな光景が楽しめます。
201705taiwan-093.jpg


お店のオープンは昼の11:00からとゆっくりなので、朝の離着陸のラッシュタイムの撮影はできませんが、日中から夕方、夜のライトアップの時間まで、一日中飛行機撮影が楽しめます。
お店にやってくるお客さんも、ほとんどが飛行機好きばかり。
バズーガ砲のような望遠レンズを構える地元の飛行機ファンとの交流も楽しめます。

レストランのメニューも、喫茶から食事モノまで幅広く揃っているので、一日中いても飲食には困りません。




チェジュエア Boeing 737-800 【HL8287】
201705taiwan-094.jpg

キャセイパシフィック航空  Airbus A330-343  【B-HLO】
201705taiwan-095.jpg

山東航空  Boeing 737-800 【B-5723】
201705taiwan-096.jpg

ジンエアー Boeing 737- 800  【HL7565】
201705taiwan-097.jpg

中国東方航空  Airbus A320-200 【B-6010】
201705taiwan-098.jpg

エバー航空 Airbus A321-200 
201705taiwan-099.jpg

厦門航空 Boeing 737-800 【B-1706】
201705taiwan-100.jpg

中国南方航空 Airbus A320-200 【B-6897】
201705taiwan-101.jpg

チャイナエアライン Boeing 737-800 【B-18660】
201705taiwan-102.jpg

チャイナエアライン Boeing 747-400F  【B-18725】
201705taiwan-103.jpg

201705taiwan-104.jpg

中国国際航空 Airbus A321-200 【B-6848】
201705taiwan-105.jpg

キャセイパシフィック航空 Boeing 777-300ER 【B-KQI】
201705taiwan-106.jpg


昼の12:00頃を過ぎると、到着機は全て05Rから05Lへの着陸へと変わり、05Rは離陸機がメインになりました。
看機機複合式餐廳から05L-23R滑走路は距離があるので、着陸機を撮影するには、300mm以上くらいの望遠レンズが必要になります。

(以下の着陸機の写真は、トリミングした画像になります。)

アシアナ航空 Boeing747-400 【HL7428】
201705taiwan-107.jpg
(画像下に写っている茶色いビルは、昨晩宿泊したホテルです)

201705taiwan-108.jpg

中国郵政航空 Boeing 737-300 【B-2655】
201705taiwan-109.jpg

タイ国際航空 Boeing777-300ER 【HS-TKO】
201705taiwan-110.jpg

キャセイパシフィック航空 Airbus A330-343  【B-HLU】 -Oneworld livery-
201705taiwan-111.jpg

エバー航空 Boeing777-300ER
201705taiwan-112.jpg

キャセイパシフィック航空  Boeing 777-367  【B-HNI】
201705taiwan-113.jpg

チャイナエアライン Boeing747-400
201705taiwan-114.jpg

日本航空 Boeing787-8  【JA834J】
201705taiwan-115.jpg

台湾では、ボーイング787で飛来するキャリアがまだ少ないため、日本人にはすっかり見慣れた感のある787もここでは大変な人気です。
周りにいた地元の航空ファンはみんな、誘導路を進んできて滑走路に進入し、飛び去ってゆくまで、連写でJALの787を撮りまくってました。

ジェットスター・アジア  Airbus A320-200  【9V-JSJ】
201705taiwan-116.jpg

チャイアエアライン・カーゴ Boeing747-400F 
201705taiwan-117.jpg

チャイナエアライン Airbus A350-900 【B-18901】 -帝雉號-
201705taiwan-118.jpg

アシアナ航空 Boeing747-400 【HL7428】
201705taiwan-119.jpg

201705taiwan-120.jpg

201705taiwan-121.jpg

マリンドエア Boeing 737-900 【9M-LNH】
201705taiwan-122.jpg

キャセイパシフィック航空 Boeing 777-300  【B-HNH】
201705taiwan-123.jpg

キャセイパシフィック航空 Airbus A330-343  【B-HLU】 -Oneworld livery-
201705taiwan-124.jpg

201705taiwan-125.jpg

ベトナム航空 Airbus A321-200 【VN-A604】
201705taiwan-126.jpg

エバー航空 Boeing777-300ER
201705taiwan-127.jpg

エバー航空 Airbus A330-300  【B-16331】 -BAD BADTZ-MARU FUN TRAVEL JET Livery-
201705taiwan-128.jpg

エバー航空 Airbus A321-200  【B-16205】 -GUDETAMA Comfort Flight JET Livery-
201705taiwan-129.jpg

コリアンエア Boeing 777-300  【HL7532】
201705taiwan-130.jpg


屋上のデッキからは、遠くに台湾高鐵も見ることができます。
201705taiwan-131.jpg



看機機複合式餐廳では、多くの台湾の航空ファンと出会い、知り合いになることができました。

事前に、ここは台湾の航空ファンが集まる場所という情報を得ていたので、ANAやJALのポストカードやグッズなどを持って行って、知り合いになった方にあげたら非常に喜ばれました。

日本でANAやJALに乗るたびに毎度貰える、我々には見慣れたいつものポストカードやグッズでも、台湾のファンにしたらとても珍しいもののようで、特にANAのポケモンやスターウォーズなどの特別塗装機のポストカードや、787関連のグッズは喜んでもらえます。

レストランの店員さんにも飛行機好きな方が多いので、店員さんとも親しくなると、思わぬ飛来機情報を得られたするかもですよ?!


ちなみに、レストラン内での滞在時間の制限はなく、それこそ開店時間から閉店時間までいても全然問題ないようです。




(つづく)



≪PREV | | NEXT≫