FC2ブログ

10

13

コメント

Hello! New face! 2


E657系「新型ひたち号」の第2編成が今日、常磐線に輸送されてきました。
今回も撮影のチャンスがあったので、撮ってきました。


撮影地へ向かう途中の土浦駅で。
20111013-001.jpg
2095レです。常磐線の貨物列車も、すっかりEF510の牽引が日常となりました。



今回の甲種輸送列車は、荒川沖駅にて撮影。
公表されている輸送ダイヤでは、ここの中線に10分ほど停車して、後続の特急の通過待ちのよう。


まず「フレッシュひたち」
20111013-002.jpg

20111013-003.jpg

そのあと、謎の回送列車。E531系の付属編成×2の10両編成。
20111013-004.jpg


そして、真打登場。
20111013-005.jpg
・・・あぶなく上り「フレッシュひたち」とカブるところだった。



20111013-006.jpg

20111013-013.jpg

前回の初陣輸送はEF510のカシオペア塗装機が牽引機に充てられていましたが、今回はなんとレインボー塗装機のEF81-95が牽引機として登場。

前回そして今回と、連続しての特別塗装機を持ってくるとは、JR東日本さんもけっこう祭り好きですか?!


20111013-007.jpg

20111013-008.jpg

20111013-009.jpg

20111013-010.jpg

こまかいところは前回いろいろと撮ったので、今回は流す程度で軽く撮影。

E531系と並ぶ。
20111013-011.jpg
丸い特急電車と、四角い通勤電車の対比がなんとも面白いです。



ちなみに、第1編成は勝田車両センターに搬入されて早5ヶ月。
バリバリ試運転が行われています。

この日も、輸送中の第2編成のすぐあとを追い掛ける様に、第1編成による試運転列車が。
20111013-012.jpg
先頭部の汚れも、ちょっと貫禄がついてきた?!

05

25

コメント

水カツ見てきた


「E657系、見えるトコにいるかな~?」






20110525-001.jpg





公道からいきなり丸見えでワロタ


しかも651系・E657系・E653系の歴代常磐特急の並びがいきなり実現。
右側のハシゴがちょっと邪魔だな~。
しかし、ハシゴが撤去される様子も無く、3台とも動きが無いので周辺をグルッと見てきた。



電車基地の裏側へ来ました。ここも公道からよく見えます。
おー、ここも歴代特急車が並んでます。
20110525-002.jpg

20110525-003.jpg

常磐線沿線の通勤通学を支える「足」な皆様。
20110525-004.jpg


E653系ってじっくり見ると、愛嬌あるね。
20110525-005.jpg


スーパーひたちウォッシングなう。
20110525-006.jpg


さて、クラの中から動かないE657系。
突然、ヘッドライトがピカーッ!! おおお!カ、カッコエエ~!!
20110525-007.jpg


E653系に顔に立て掛けられていたハシゴも撤去されたので、改めて3つ並びを。
20110525-008.jpg


その脇では黄色編成が水浴び中。 ゴシゴシ、キュッキュッ。
20110525-009.jpg

で、バケツの水、ザッパーーン!!
20110525-010.jpg


20110525-011.jpg



真っ白な651系に、5色兄弟のE653系が賑やかなここも、数年後にはこうなってるんでしょうな。
20110525-012.jpg

・・・・なんかコレが並ぶとちょっと怖いな・・(笑)



05

24

コメント

Hello! New face!

常磐線特急用の新型車両「E657系」の新車輸送の第一陣が、5月23日常磐線へ入線。
今後のメインステージとなる常磐線への第一歩となりました。


輸送ダイヤ上、地元駅で後続列車の通過待ちのために20分ほど停車するようだったので、見て撮ってきました。


まずは「スーパーひたち」。22年目のベテランですが、古さは全然感じません。
今後、自らを駆逐してゆく新型車のお目見えをどう感じているんでしょうね。
20110523e657-001.jpg


いよいよ新型車両がやって来ました。牽引機はなんとカシオペア色のEF510。
20110523e657-002.jpg

20110523e657-003.jpg

機関車側の先頭車は、機関車のパンタグラフの汚れ飛散除けシートでカバーされています。
20110523e657-004.jpg

20110523e657-005.jpg


5号車はグリーン車。客室が車両全体の半分しかありません。
20110523e657-006.jpg

20110523e657-008.jpg

出入り口ドア付近は窓が一切無く、ちょっと異様な感じ。
20110523e657-009.jpg
この車両には多目的室・車椅子対応の多目的トイレ・車内販売準備室・車掌室などがまとめて設置されているようです。メインの「グリーン客室」は、グリーン席の存在そのものが「オマケ」のようなものでしかないみたい・・・

ドア脇のアイコン。号車表示はユニバーサルデザインで特に大きめに表示。
20110523e657-010.jpg

最後尾の1号車先頭車。
真横から見ると、ノーズ部分の流線型処理は、意外に下へストンと落ちるデザイン。
20110523e657-011.jpg

斜めから見ると、けっこうカッコイイ!
20110523e657-012.jpg

20110523e657-013.jpg

20110523e657-014.jpg

今後、駅ではこんなアングルで見る機会が多くなりそうです。
20110523e657-015.jpg

駅停車中のイメージはこんな感じ。
20110523e657-018.jpg


20110523e657-016.jpg

上から順に上野方1号車。一番下がいわき方10号車。
20110523e657-017.jpg

ちらっと車内の様子を。
窓は全てブラインドが下ろされていましたが、下までしっかり閉まっていないところが一部あって、隙間から車内が覗き見えました。

普通車。ヘッドレスト部分後方に切れ込みが見える。ヘッド部分が独立パーツ構成?
20110523e657-019.jpg

グリーン車。ヘッドレスト脇がやや立ち気味のデザインのように見える。
20110523e657-020.jpg

5号車デッキ。右は多目的トイレ? 流行の曲面デザインによる大型トイレのよう。
20110523e657-021.jpg

「フレッシュひたち」の通過待ちだったので、一瞬E653系とE657系が並びました。
20110523e657-022.jpg

「フレッシュひたち」が通過すると、すぐに勝田に向けて発車。
20110523e657-023.jpg

さらに上り「フレッシュひたち」ともすれ違い、先輩と後輩がエール交換。
20110523e657-024.jpg

同系統・似たイメージのを集めてみました。
20110523e657-026.jpg
ちなみに、651系はTDO、E653系・E655系・E259系はGKデザイン、683系とE657系は近畿車輛デザイン室がそれぞれデザインを担当しています。

個人的には、最初見たときに、すぐにこれを思い出したんですけどね(笑)
20110523e657-025.jpg



E657系の営業運転開始は、来年の春。
同年の秋には651系・E653系の全てを駆逐して、名実共に常磐線のトップに君臨します。

しばらくは試運転や習熟運転で「スーパーひたち」や「フレッシュひたち」との競演が見られますね。



大震災や福島原発の暗い影が茨城全体を覆う今、この新型特急が明るい希望を運んできてくれる存在になって欲しいなぁと心から思います。

09

27

コメント

Royal train


電車の写真を撮っている電車好きなら、一度は撮ってみたい。

「お召し列車」


私は残念ながら、EF58-61が牽く新1号編成を撮影する機会には巡り逢えませんでしたが、

2008年11月のE655系初のお召し電車
20100927-001.jpg

20100927-002.jpg

2010年8月の「つくばエクスプレス」2回目のお召し電車
20100927-003.jpg

と、近年地元で走ったお召し電車を撮影するチャンスに恵まれました。



で、昨日今日と「千葉国体お召し」として、外房線と内房線をE655系2回目のお召し電車が走りました。
テレビニュースでも放送されていたので、ご存知の方も多いかも。

今回は「E655がお召しデビューした時に撮れたし、ま、いいかなー」と思っていたのですが、
お友達さんのサイトで日章旗をビシッ!と広げて走るE655の姿を見ちゃいましてですね、


マジモード・スイッチオン!(笑)


前回のお召しデビュー時は、旗がステーに引っ掛かちゃってキレイに広がらなかったんですよね。
今回は、それを教訓にステーの角度を変えて取り付けたそうです。

あぁ、日の丸をビシッと広げて走るE655、見てみたいよ。撮りたいよ。



最初はお友達さんも一緒に出かける予定でしたが、急遽一人で行くことになりました。
それでも直前までいろいろと情報を提供してくれたお友達さんには感謝感謝です。


さて、


現地へ出発前に、地元でこんなのキャッチ。
20100927-004.jpg
ゴトーさんの試運転。カシオペア塗装の「ゴトーゴトー」でした。



いやぁ!茨城と千葉って隣り同士なのに、遠いねー!

2時間30分かけて、目をつけていた撮影ポイントまで来ました。

有名なポイントみたいなのですが・・・・

通過予定時刻40分前着にもかかわらず、無人。やはりこの天気ではね~・・。

警備員さんと千葉県警の刑事さんがいまして、


「写真撮りに来たのー? 通過電車には充分気をつけてね」


とあっさり。

その後は通過電車の合間に警備員さんと刑事さんとベラベラお喋りしてました。
お二方とも昨日は外房線の警備に出ていたそうで、沿線は物凄い人出だったそうな。
警備員さんは「美智子様見たよ!」と嬉しそうに昨日の様子を語ってくれました。

いやぁ、ほのぼの。

その通過電車です。内房線って意外と電車長いのね。てっきり5両くらいかと思ってた。

20100927-005.jpg

20100927-006.jpg

この電車がお召し直前の、「露払い列車」でした。
20100927-007.jpg
113系が露払いとは、渋いっすのぉ~。




さぁ、本命が来ました!!

20100927-008.jpg


「!!?」

20100927-009.jpg


「!!!????」


20100927-010.jpg


正直ぶっちゃけます。

もうね、211系、お前なんなのかと!!!!(怒)



こんちくしょー!

20100927-011.jpg
ヤケクソでキレイに並び写真とか撮ってみたよ(笑)
いやぁ、「内房線を走った時のお召し電車の写真だよ!!」って、
これでもかっ!!!ていうほどに証明してくれている証拠写真になりました(涙)



で、211系をカットして、縦構図の真正面画像に加工してみました。

20100927-012.jpg

うおおおおぉぉぉぉーーー!!! E655系、カッコEEEEEEEE!!!!!

写真見て気がついたんですが、ライトと日章旗のポールは一直線に並んでクロスしてる。
あの目つきの悪いライトは、実は最初からこうなるようにデザインされていたのか??!

日章旗も今回はバッチリ広がっていて、日の丸がバッチリ。もう~、かっこ良すぎです!!



けっこう速い、いや、かなり速いスピードで走り過ぎて行きましたが、美智子様が外にいる我々に手を振って下さっているのが目の前に見えました。ちょっと視線をこっちに向けて落としてくれたのが分かったので、こっちを見て手を振って下さったことに大感激でしたよ~。



ほんのわずか数十秒の「お召し電車」との出会いでした。


ちなみに「お召し電車」を後ろから追いかける予備列車は、255系「房総ビュー」でした。
(後追い予備編成まで気が回らなかったので、うっかり。てなわけで画像は無いっす)


06

25

コメント

凛として、風になる


お友達さんのサイトで「成田スカイアクセス」の新型スカイライナー試運転の模様が公開されたのを見て、私もぜひ開業前に一足早くそのお姿を拝みたいなぁと、思い切って出かけてきました。



わざわざ出かけてきたのに、今日は試運転やってませんとかだったらガッカリだなーと、
一抹の不安も抱きつつ。



やって来ました。北総線「東松戸」駅。

「成田スカイアクセス」の一翼を担う北総線。
試運転やるなら、ここで高速運転の走行試験だろう!とか予想して。
(あと、お友達さんも北総線内で撮影していたので京成本線よりこっちのほうが確率高いかなーと)

ホームに上がるといきなり「試運転列車が高速で通過しますのでご注意下さい」のアナウンス。

20100624-001.jpg

駅に着いてわずか数分で、いきなり新型スカイライナーとご対面。

ご対面といっても、あちらさんは時速100キロは軽く超えてるであろうスピードであっという間に行ってしまいましたが。

ホームの発車表示装置には、ご丁寧に「試運転」の表示。
20100624-002.jpg
現在は運転士さんの習熟訓練の段階のようで、試運転電車の運転本数もヘタすると営業開始後よりも多く走ってるかも。

とりあえず、走り去っていったスカイライナーを追いかけて高砂方面へ向かう。

新型の試運転は高砂折り返しなのかなーと思って来たのですが、新型いませんでした。

というか、こんなに頻繁に電車が出入りしている駅では折り返すのはムリですね。

このまま上野方面まで追いかけようかどうしようか迷っていると、

20100624-003.jpg

また上りの試運転がやってきました。すごい運転間隔ですなぁ。

結局、ここ(高砂)でどっかで折り返して戻ってくるであろう新型を迎え撃つことにしました。


「スカイライナー」来た。
20100624-004.jpg


どうでもいいんですが、京成線なのに完全に京急電車に乗っ取られてます。この駅。
20100624-005.jpg

20100624-006.jpg

20100624-007.jpg

20100624-008.jpg

4面あるホームのうち、3面が京急電車で埋め尽くされてるとか、激しおすなぁ。
恐るべし相互乗り入れ。

新型スカイライナー来ました。
20100624-009.jpg

この後にすぐ北総線行きの電車が来たので、それに乗って再び北総線内で撮影場所を探す。


・・・トンネルの中の駅とか、トンネルに挟まれてる駅とか、そんな駅ばっかりなので。
結局、再び「東松戸」で撮影。
20100624-011.jpg

20100624-012.jpg

20100624-013.jpg

20100624-014.jpg

お友達さんが撮影に来た時は「東松戸」停車パターンの試運転もあったそうですが、今日は全列車が容赦なくガンガン通過して行きます。


「どっかで停車中をじっくり撮れないかなぁ・・・。」
北総線の終点の「印旛なんとかかんとか」駅は高速新線との結合部分なので、もしかすると一旦停車とかするかもー!?と、無知ゆえの思いつきで、終点まで行ってみることに。


やって来ました「印旛なんとかかんとか」駅。

正しくは「印旛日本医大」駅。

乗ってきた電車のすぐ後を試運転が追いかけてくるダイヤだったので、新型すぐ来た。
ホームの先端からだと真正面がちに撮れます。(画像は300mm望遠画像をさらにトリミング)
20100624-015.jpg

・・・なんだか異様に鈍足でこっちに向かってきます。

これはもしかしてー!!?


「無知」の勝利の瞬間。試運転電車はここで一旦停車でした。

ロゴマーク。「SKYLiNER」の赤丸は、日の丸のイメージなのかな?
20100624-016.jpg

フルカラーLEDの行先表示機。「試運転」と「TEST RUN」を交互に表示。
20100624-017.jpg

丸窓の並んだオッシャレーなところもありました。
20100624-018.jpg
丸窓から中を覗いてみたら、自動販売機のあるフリースペースになってました。

形式表示はシンプル。AE1-1は新型AE形のトップナンバー?
20100624-019.jpg

5分ほど停車していたのですが、窓のブラインドはフルオープンの状態で中は覗き放題。




■□■  座席探訪:preview  京成電鉄 AE形 新型「スカイライナー」  ■□■

20100624-021.jpg
座席は見るからにクッションが薄そうな感じ。
座面クッションに使われている「バネックス」なる素材の効果や、如何に!?
ヘッド部分は一見膨らみがあって柔らかそうですが、裏面がえぐられて空洞になっているのでかなり固そう。頭を載せた時の感触が今から楽しみです。
センターの肘掛は跳ね上げられて収納されているのが見えたので、付いてます。
リクライニングは肘掛先端のレバー?で動かすみたいです。

20100624-020.jpg
窓は横方向にかなりワイド。
しかもブラインドのセンターガイドがワイヤー?のような鉄線になっているので、窓のワイドさが損なわれずに処理されています。
一方の縦方向は、若干寸詰まりな感じがします。荷物棚を低めに設定しているのかな?

20100624-023.jpg
天井はかなり高そうに見えました。
この画像からは分かり難いですが、天井が小田急VSEのようなヴォールトルーフになっていました。
外から中を覗いてみて天井が高そうと感じられたので、座席に着いてみての頭上の開放感はさぞかし爽快なのではないでしょうか。

20100624-026.jpg
床面はブルーとブラックのグラデーション模様で、「星空」「宇宙」を連想させます。
よく見ると細かい市松模様で構成されているので、「日本の風流さ」を狙った演出かも?ちょっと「山本寛斎流」を感じさせる部分です。

20100624-024.jpg
客席端部の座席。テーブルは前方壁面、マガジンポケットは側壁面に。
デッキ仕切り壁の色合いが、青磁器のようなしっとりとした艶やかな色合いで美しいです。

20100624-022.jpg
デッキはやや薄暗い照明。客室の明るさとは対照的です。
手すりの明かりとアルミ調の壁面パネルが宇宙船チック。

20100624-025.jpg
4両目だか5両目に自動販売機コーナーがありました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成田空港方面に走り去っていった新型スカイライナーを見送って、一旦改札を出ました。

Suicaでピッと改札を通った瞬間に驚くような金額が精算されたので、改札機の誤精算か!?と思ったのですが、券売機の料金表を見て納得。(いや、納得はできないけど・・・・北総線って運賃高いのね。)

再び高砂方向に向かいます。(下車駅での精算金額に若干怯えながら)


降り立ったのは「新柴又」駅。今日はここでシメとすることにしました。

まずは上りの新型スカイライナー試運転。
20100624-027.jpg

そして数分後に下りの試運転。
20100624-028.jpg
高砂方にある防音シェード?の存在がなんか未来鉄道っぽかったので、コレと絡めて。

20100624-029.jpg
このバックショットで本日の新型スカイライナーの試運転追っかけを終了。



高砂駅にて。
20100624-030.jpg
表紙のかっこよさに惹かれて、記念に数部持って帰ってきました。


プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad