FC2ブログ

11

03

コメント

JAL B787国内線就航初便に乗ってきました おまけ篇-近鉄特急しまかぜに乗ってきました

(前回からの続きです)


伊丹空港到着後は、お友達さんそれぞれに行く場所が違うので、空港で解散。

私はリムジンバスで難波駅へ。
今日はこれから近鉄の観光特急「しまかぜ」に乗ります!


登場当初はプラチナチケットだった「しまかぜ」の指定券。
デビューからもう6年も経ってるんで、今では余裕で取れると思ってたら、全然指定券が取れない。

マジのガチで満席。

平日も満席とか全然珍しくなくて、今、時代は伊勢志摩なのか? 伊勢志摩が日本の観光の中心なのか?


ちょこちょこと近鉄特急予約サイトをチェックしていたら、ある日偶然空席を発見!
しかも一人掛け席が1席!

速攻で予約を入れました。



で、近鉄難波大阪難波駅です。

駅構内は、至るところが「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」。
JAL787-055.jpg
「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」「ひのとり」。
JAL787-056.jpg


これから乗るのは「ひのとり」「伊勢志摩ライナー」です。
JAL787-057.jpg
JAL787初便からだと、難波発の下り「しまかぜ」の発車時間には間に合わないので、「伊勢志摩ライナー」で賢島まで向かい、わざわざ上り「しまかぜ」を迎えに行きます。


「伊勢志摩ライナー」はデラックスシートを利用。
JAL787-058.jpg
あら、なんかずいぶんとシックな装いになりましたね。


↓前回(10年以上前)乗った時の伊勢志摩ライナーデラックスシート
JAL787-059.jpg

2012年からリニューアル改装が行われて、内外ともかなりお色直しが行われたそうです。


ちなみに、この日乗った伊勢志摩ライナー。
「しまかぜ」と違って一日何本も走っているので、当日駅で余裕で指定券買えると思ってたんですが、伊丹空港から難波駅に向かうリムジンバスの中でスマホから空席情報を見たら「デラックス△」「ツイン×」「サロン×」「レギュラー△」という売れっぷり。

急いでチケットレス予約でデラックスシートを予約したら最後の1席でした。危ない危ない。

関西の人はみんな、週末に伊勢志摩へ行くのがド定番なんですかね。


現在のサロンシート
JAL787-060.jpg

登場当時のサロンシート
JAL787-061.jpg

現在のレギュラーシート
JAL787-062.jpg

登場当時のレギュラーシート
JAL787-063.jpg


一時期、近鉄特急では車内販売が全廃されましたが、今は週末と祝日などに限り、列車限定で車内販売が復活しています。
伊勢志摩ライナーには「シーサイドカフェ」という立派な設備があるんですが、カフェはワゴン販売基地として物置化してて残念。
JAL787-064.jpg


ちょうどお昼の時間帯に走る列車ですが、車内販売にお弁当があるか不安だったので、念の為大阪難波駅でお弁当を買ってきました。

「しまかぜ弁当」!!
JAL787-065.jpg

中も充実の内容で、けっこうオススメです。
JAL787-066.jpg

ワゴン販売が来たので、メニューを見せてもらいました。
JAL787-067.jpg
まぁ、先日乗った「スーパービュー踊り子」並みのラインナップで、一度車内販売を全廃させてからの復活の品揃えとしてはかなり頑張っているほうではないでしょうか。
ちなみにお弁当も積んでいるそうですが、種類は幕の内・おにぎりセット・サンドイッチで搭載数もそんなに多くないそうです。

(ご参照どうぞ→「近鉄駅ナカナビ」 近鉄特急列車 車内販売のご案内)


「電車グッズ」も揃えてて、デラックスシート車では乗車記念に買っている人がけっこういました。
JAL787-068.jpg

「車内販売頑張れ!」というエールもこめて、シンカンセンスゴイカタイアイスと伊勢志摩ライナーグッズを購入。
JAL787-069.jpg
グッズを買ったら、20枚くらいの電車カードを渡されて「この中から2枚好きなカードを選んでください」と。
グッズ1点購入で、乗車記念電車カードを1枚プレゼントしてるんだそうです。

電車カードのラインナップを見ると、アーバンライナーや伊勢志摩ライナー・ビスタエックス・青の交響曲から通勤電車まで幅広く揃えてました。
電車好きなお子さんには嬉しいんじゃないかな?(大きなお友達も嬉しいぞ!)


この電車カード、近鉄のオフィシャルグッズというより、車内販売会社が手作りしたっぽい感全開のパウチカード。
だけど、こういうささやかなプレゼントとかおまけを、わざわざ手作りして用意しているあたりに、「車内販売の売り上げ増に向けて頑張ろう!」という姿勢を感じますね。小さなことですが好感度アップです!

車内販売を惰性でやってて、きっかけがあれば止める気満々な某会社に見習わせたいわ!(どこの会社とは言ってない)


伊勢とか鳥羽あたりでほとんどの乗客が降りるのかと思ったら、満席の半分くらいの乗客は終点の賢島まで乗り通しました。


賢島駅での列車の並びが、なんだかおかしい。
JAL787-070.jpg
特急車、しかも豪華系列車しかいない。(時間によってはビスタカーとかエースとかもいる)

伊勢志摩ライナーには黄色いのと赤いのがいるよ。
JAL787-071.jpg
今度は赤いのも乗ってみたいな。(中は黄色も赤も全く同じなのだが)


さて、賢島で何をするわけでもなく3時間。ようやく「しまかぜ」に乗ります。
JAL787-073.jpg

ちなみに、賢島駅の改札脇にはこんな看板が出てて、「しまかぜ」人気恐るべし!なんですぞ。
JAL787-072.jpg

「しまかぜ」の座席車両は、すぺてプレミアム仕様。 横3列の革シートが並びます。
JAL787-074.jpg
リクライニング・レッグレストは電動式。腰部分にはランバーサポートも内蔵されていて、「リズムモード」でマッサージ機能付きという、「これでもか!」というほどのサービス装置がてんこ盛り!
もちろん全席コンセント完備は当たり前ですぞ。


「伊勢志摩ライナー」のサロン席をベースにした、4~6人用のセミコンパートメント席は3区画。
JAL787-075.jpg
通常この手のグループシートは、他の席が満席でも売れ残ってることが多いのですが、「しまかぜ」ではこのセミコンパート席も満席が当たり前。
宣伝広告での認知度が高いのか、それとも窓口のスタッフがグループ購入の客に上手く営業して買わせるのか?!


壁とドアで完全に空間を仕切れる「個室」もあり、大型ソファーに化粧台、ディスプレイモニター、空気清浄機にカフェへのインターホン付きと、これまた「これでもか!」というほどのサービス装置がてんこ盛り!
JAL787-076.jpg


掘りごたつ風の和風個室とか! ちなみに、和風個室は入口に下駄箱があって、個室内では靴を脱いで寛げますぞ。
JAL787-077.jpg


カフェカーは、近鉄特急伝統の「ビスタ2階建て」を引き継いだ構造。2階は大きな窓からの眺めにバリテンアゲ!
JAL787-079.jpg

カフェカーの1階は6席のこじんまりとした、個室風の空間。
JAL787-080.jpg

カフェカーは、上り列車では賢島出発時からオープンしています。
この後の「鳥羽」「宇治山田」「伊勢市」からの乗車が多いので、賢島から鳥羽までの30分くらいはカフェカーも空いており、のんびりとティータイムを楽しめるので、賢島から乗るときは、賢島発車時からカフェカーを先に利用するのがおすすめです。
(特に上りは走行時間帯が夕刻~夜にかけてとなるので、カフェカーで生ビールやワイン、ウイスキーなどのアルコールメニューも多いこともあって、カフェカーが行楽帰りの酔っ払いの宴会状態になることもある)

海の幸ピラフ。
JAL787-081.jpg

さらにスイーツセットを楽しみました。 スイーツは「シェラトン都ホテル大阪」製。
JAL787-082.jpg


「しまかぜ」カフェカーのメニュー。季節によってメニュー内容が変わるそうです。
JAL787-083.jpg

JAL787-084.jpg

JAL787-085.jpg

グッズは、子供向けっぽいおもちゃのようなものが多いのがちょっと残念。
JAL787-086.jpg

カフェカーでの軽食タイムを終えて席に戻ると、すぐにアテンダントさんが来て、乗車記念証とおしぼりを出してくれました。
JAL787-078.jpg


「しまかぜ」では車内WiFiサービスがあります。
スマホでWiFiを受信すると、
JAL787-128.jpg
「近鉄フリーWiFi」と「しまかぜチャンネル」という2つの電波をキャッチします。

「近鉄フリーWiFi」のほうは、ブラウザ立ち上げ後に表示される画面でメールアドレスを登録すると、車内でフリーWiFiが利用できるようになります。

「しまかぜチャンネル」のほうは、「しまかぜ」オリジナルのコンテンツが楽しめます。
JAL787-129.jpg
「現在地表示」「走行映像」「観光案内」などのメニューが手元のスマホで利用できます。

「走行映像」は運転席からの前展望(後展望との切り替え可能)がスマホでも見られるので、1・6号車の展望車両の最前列席でなくても前展望が楽しめます。
JAL787-130.jpg
(映像は見ていた感じではリアルタイムではなく、約5~10秒ほどのタイムラグがあります。おそらく踏切事故などが生中継にならないようにタイムラグを作っているのではないかと思われます。また、ブレーキが効くと映像が若干止まり気味になるので、急ブレーキ発動時には自動的に映像配信が止まるようになっているのではないかと。)



満席の車内は、大阪まで満席なのかと思っていたら、途中の大和八木駅で下車する乗客も多く、逆に大和八木から大阪へ向かう用務客の乗車もありました。


最後にもう一度カフェカーに寄って、シャーベットを頂きました。
JAL787-087.jpg
(ちなみに、カフェの1階席は酔いが回ったおっさんおばさんグループの宴会場になっていた)


賢島から約2時間20分で大阪難波駅に到着。
JAL787-088.jpg
「しまかぜ」の設備と、カフェの充実さでは2時間ちょっとの乗車ではまだまだ物足りないくらいで、4~5時間乗っていたいくらいです。




つづく

LHR−LAX

私の世代ですと近鉄特急というと、ビスターカー(イモムシみたいな顔の特急)とかスナックカーのイメージです。
電車方面は話題に疎いんですが、火の鳥って名前は強烈ですね。
近鉄特急はオレンジ色のイメージから真っ赤に衣替えなのかな。白いアーバンライナーは清潔感とスピード感があってかっこよかったですね。

11

06

13:05

京九快速

LHR−LAXさん こんにちは
コメントありがとうございます。

私の世代ですと、近鉄特急はビスタカー3世(今のビスタエックスの改造前)と初代アーバンライナーのイメージですね。
新型特急の「ひのとり」は来年春の登場です。増備が完了すると、名阪特急の難波00分発は「ひのとり」、30分発は「アーバンライナー」になるとかで、玉突きで名阪特急を追い出される特急車はどうなるんでしょうね。

11

06

23:03

タムタム

アーバンライナーは時々利用しますが、他の近鉄特急も含め全般にいえるのは、乗り心地の良さでしょうか。JRが狭軌の線路で精一杯飛ばしているのに対し、標準軌の線路でゆとりある走行だからでしょうか。ただ最近の近鉄特急のシートが固めなので個人的には嫌なんですね。青のシンフォニーのふかふかのシートに座ったときは「これこれ!」って思いました。

11

23

22:23

京九快速

タムタムさん こんにちは
コメントありがとうございます。

アーバンライナーはもう30年前の車両ですけど、全然古くさくないのがすごいですね。
新型ACEが出てきた時のシートが一時期、他系列の特急車にも波及しましたが、今はULNのゆりかごタイプに変わってるんですね。次はひのとりのバックシェルタイプが他系列にも波及するのかな?
青のシンフォニーのシートは、見た感じでは座席というよりソファーに近い部類に見えますね。

11

24

09:54

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

最新コメント

カテゴリ

Designed by

Ad