FC2ブログ

07

11

コメント

スタアラ特典でアジアぐるぐる2019 【3】関西空港 ロイヤルオーキッドラウンジ

前回からの続きです。


関西空港からはダイレクトにシンガポール行きではなく、アシアナ航空で一度ソウルに飛びます。

ビジネスクラス専用レーンは意外にも、常に1カウンターに誰かしら搭乗手続きの客がいるという盛況ぶり。
2019sa-068.jpg

発券されたOZ111便の搭乗券。
2019sa-090.jpg
「ラウンジは『ANAラウンジ』をご利用下さい」と案内されました。
初めての関空なのでANAラウンジがどこにあるのか知らなかったのですが、「まぁ、出国後にある案内図見ればいいだろ」と思ってラウンジの場所を聞かなかったのですが、まさかこの後にエアサイドを彷徨うはめになるとは。


さらに、ソウル乗り継ぎのシンガポール航空の搭乗券もまとめて発券されました。
2019sa-091.jpg
アシアナ航空のロゴやマークが入ったチケットでシンガポール航空の搭乗券が発券されるというのも手元に残る記念としてはレアなシロモノですが、個人的には初めてのシンガポール航空なので、正規(?)のシンガポール航空発行の搭乗券が欲しいところです。

カウンターのお姉さんに「乗り継ぎ便のチケットも発券されたけど、ソウルでトランジットじゃなくて一度入国してもいい?」と訊くと、「別に大丈夫ですよ」との回答でした。
出発地点で、先の乗り継ぎ便まで搭乗券が発券されても、乗り継ぎ空港のカウンターに行けば再度発券してくれるというのはこの時に体験済みなので、面倒ですけどソウルで一度入国することにしました。




(関西空港のアシアナ航空のチェックインカウンターオープン時間。関空からOZ利用の方へご参考までに)
2019sa-069.jpg


搭乗券と一緒に保安検査場のファストパスももらえました。
2019sa-092.jpg
保安検査場の一般レーンはとても混雑していたのですが、ファストレーンでスイスイ検査場を通過。


保安検査の次は出国手続き。日本人の出国手続きは、顔認証です。
機械による認証作業自体はすぐ終わるんですが、開いているゲート(稼動している認証機械)が少ないので、出国にちょっと時間が掛かりました。

あと、パスポートに押す出国スタンプは、別に押さなくても出国できるんですけど、どうしてもスタンプ欲しい人はご注意。
認証機械の置いてあるゲートの先に係員さんがカウンターにいるんですけど、スタンプ押してくれる人が一人しかいなくて、どの人がスタンプ係なのか案内がすげぇ小さいので、見逃して「あれれ?」とウロウロしてる間に出国してしまい、結局スタンプ押されずじまいという展開になりがちです。

というか、あれ絶対、「スタンプ押すのめんどくさいから、なるべくスタンプ押す人が来ないようにしたいけど、押してもらえなかった!って苦情がくるのもアレだから、案内は出すけど目立たないようにしとこ」みたいな感じが全開で漂ってる。


なにはともあれ、エアサイドに出ました。
2019sa-070.jpg
チャンネルとかヘルメスとか興味ありませんので華麗にスルー。


とりあえず、なんだかすげぇ遠い搭乗ゲートらしいので「ウイングシャトル」という乗り物に乗る。
2019sa-071.jpg
途中、車窓からは目の前に飛行機が見えてきてテンアゲ!

ちょうど、これから乗るアシアナ航空のA350が到着するところが見えました。
2019sa-072.jpg


「ウイングシャトル」の降り口は、「先端駅」と「中間駅」があります。
てっきり、途中「中間駅」に停まって終点「先端駅」という流れなのかと思ってたら、「先端駅」行きのシャトルは「中間駅」に停まらないという罠。

ANAラウンジは「中間駅」近くにあるので、「先端駅」まで行ってしまった後、延々と歩いて戻るハメになりました。
チェックインカウンターで搭乗券渡された時に、ちゃんとラウンジの案内を聞いときゃよかったよ・・・。





さて、ANAラウンジです。
2019sa-073.jpg
クッソ中途半端なところにあって、しかもこんな奥まったところに入口があるもんだから、ウロウロ20分ぐらい歩き回って探してしまった。

このANAラウンジに限らず、関空の出発ゲート側は、ほとんどの店舗がこんな風な「ちょっと中に入ったところ」「ちょっと奥まったところ」にあって、しかも店の規模がどこも小さいので、品揃えは大したことないのに店が小さいもんだから混雑が激しくて、正直買い物する気が失せます。
(実際に、搭乗前にペットボトルの水を買ったんですけど、水1本買うのに5分以上もレジに行列しました)




あー、ANAラウンジでしたね。

入室して30秒で出ました。

たぶん、分かる方はすぐ分かると思います。

20分掛けて迷ってやっと着いたのに、30秒で退室ですよ。






そんなわけで、こちらへ避難。
2019sa-074.jpg
なんでか、タイ国際航空の「ロイヤルオーキッドラウンジ」がある関西空港。

事前の調べで、このラウンジがあるのは知ってたんですが、「タイ国際航空の利用客じゃないとダメなのかな~?でもタイ国際航空はスターアライアンス加盟キャリアだからな~」 「でも搭乗券に『**LOUNGE INVITED** ANA』って書かれてるしな~」と、いろいろ心配しつつも、ダメ元でアシアナ航空のチケット出したら、すんなり入室できました。
2019sa-075.jpg

入口のカウンターには、B747-400ジャンボ機の模型。
2019sa-076.jpg


中はこんな感じ。
2019sa-077.jpg
かなりこじんまりしてて、規模的には昔の新千歳空港の国内線ANAラウンジみたいな感じ。

さっきのANAラウンジや出発ゲート前にある売店なんかもそうなんですけど、関空ってターミナルの建物はあんなに馬鹿デカいのに、なんで搭乗客向けの施設やスペースはこんなに小さいんですかね。空港利権絡みでバチバチなんですかね。


ラウンジ入ってすぐは、自前のノートパソコンで簡単なお仕事なんかができるコンセント付きのカウンター。
2019sa-078.jpg

窓側はソファー席になってます。
2019sa-079.jpg
ラウンジの空間そのものが狭いので、ソファーやテーブルも小さく、一人当たりの占有空間も非常に狭いです。
でも、さっきのANAラウンジよりは、天地の差ほどマシです。

そして、小さいながらもミールやドリンクバーもしっかり充実してます。(このラウンジ規模に合わせてって感じですが)
2019sa-080.jpg

この時は、パンが数種類と、
2019sa-081.jpg

おにぎりもありました。
2019sa-082.jpg

「ラウンジでメゾ○カイザーのクロワッサンをご用意しております」みたいなのには負けますが、まぁ、街中の小さいパン屋さんで売ってるパンが提供されてると思えば、不満には感じません。わりと美味しかったですし。

カップメンもありました。
2019sa-083.jpg

あとは、チョコ菓子とかクッキー、ビスケットとか。
2019sa-084.jpg

飲み物は、ビールサーバーとファミレスにあるようなソフトドリンクバー。
2019sa-085.jpg

あとは、ウイスキーも置いてありました。京九さんはノンアルコーラーなんで、お酒の種類とかは全然分かりません。
2019sa-086.jpg


奥のソファーコーナーに座ってパンとドリンクを頂いていると、ふと見たら、行き止まりかと思ってたラウンジの奥は実はドアになってる??
2019sa-087.jpg

よく見ると「ROYAL FIRST」のロゴの下に「ファーストクラス予約席」の貼り紙。
2019sa-088.jpg
この扉を開けてみる・・・・・

勇気はありませんでした。今思えばちょっとだけ開けて、中をチラ見してみればよかった・・・・。


設備的には全体的に「空港にあるカードラウンジ」みたいな感じです。
インテリアは、タイ風の置物があったり、色彩にタイ国際航空のパープルが使われてたり、ちょっとエキゾチックな雰囲気が漂ってます。

そうそう、雑誌・新聞コーナーにはタイ国際航空の機内誌やタイの新聞も置いてあります。
2019sa-089.jpg
タイの新国王がドドーン!と表紙になった機内誌。
前のプミポン国王はタイ国民から深く愛された国王でしたが、新国王のワチラロンコン国王は日本の皇室では考えられないようなかなりのブッ飛び系パリピ国王らしく、まぁその辺はグーグル先生に聞くといろいろ詳しく教えてくれます。



(つづく)

JQ

特急はるかの新型が登場したみたいですね。個人的には好きな列車で、座席探訪にもいつか紹介されるのを楽しみにしております。この列車の何が好きかというと尾灯が連結器の左右に設置されていて、粋な感じが好きです。パンタグラフをシングルアームに変えれば今でも全然いけるデザインだと思うんですが。関空から一度新大阪まで乗ったことがあります。貨物線を通ってすごく快適だったのを覚えています。
飛行機の話に戻ると、A350は機内がすごく静かだと言われていますが、本当なのですが?787とあまり変わりなかったりします?次の記事ではそちらについて教えていただければと思います。A350-1000は乗りたいなとは思っています。キャセイパシフィック航空が関西と成田に就航させていますが、これは結構乗る価値があると思っています。

07

12

13:17

京九快速

JQさん こんにちは
コメントありがとうございます。
新型はるかの271系出てきましたね。
281系と比べてもあまり違和感が無くて、新車っぽさも薄い印象ですが、車内はだいぶグレードアップされてるみたいで。
281系にも3両付属編成はあるので、271系を狙って乗るのは難しそうです。JR西日本がサイトで運用公開とかしてくれるんでしょうかね。
A350の静かさですが、離陸時のエンジン音が駆け出しの最初だけで、後は滑走~離陸までとても静かです。
個人的には、巡航中の静かさはA350よりB787のほうに軍配が上がる感じがしました。

07

12

23:53

始まりはいつもNGO

KIXのANAラウンジの部分、なんとなく想像つきます。混雑がひどくて座るところが全然無かったってパターンじゃないですか?
暖かい食事もセルフサービスで置いてありますけど、混んでる時は補充が間に合わなくて空っぽなんてことも多いですよ。
NGOもそうなんですけど、ラウンジがHNDやNRTの比じゃなくショボいのはいつも気になります。

07

14

11:35

京九快速

始まりはいつもNGOさん はじめまして
コメントありがとうございます。

ANAラウンジの部分の端折りは、仰るとおりです。
ソファーは満席だし、ミールコーナーは人だかりだし、席を探してウロウロ歩き回る人も多数で、全く落ち着けなさそうな雰囲気だったのですぐにラウンジを出ました。
関空はカードラウンジも含めて、小規模のラウンジが点在しすぎで利用者にはとても使いにくいと感じました。
セントレアのラウンジ事情も、関空と似たような感じなんですね。

07

14

20:47

PMDIET

やっぱり満席だったのか。
6月頭に親父を連れてエバーで台北に行くのに利用した時は平日昼前の為か空いていたし、カレーもあったしマッサージチェアも1台だけ有ったので最初???でした。
70になる親父曰く「窓が大きいのと照明が明るいから新聞読むのに苦労しない」でした。
 出国のスタンプは自分の小太りのオジサンが結構大きな声の関西弁で案内してたのですが希望者が多くなると「ほしい人だけやでぇ~」と言ってたのが印象的でしたね。
出国後の設備で目立つのはカードラウンジですかね、プライオリティパスで暴食した後に利用する妹曰く「ただで使えるからあんなもん」らしいですが。

07

24

02:15

京九快速

PMDIETさん こんにちは
コメントありがとうございます。

あの時のANAラウンジはびっくりするような混雑でした。
地方空港の国内線ANAラウンジと同じくらいの規模にしか見えませんでしたが、あれで苦情がこないんでしょうか。
席が無くて、ドリンク片手に立ち話してるビジネスマンとかもいました。
関空はカードラウンジのほうが多いような印象がしました。

07

26

22:19

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad