FC2ブログ

10

23

コメント

ニュージーランド航空搭乗記 その11  ビジネスプレミア篇 Vol.2

上空に出て、安定飛行に入ると、機内ではすぐに食事の時間となります。

オークランド発のニュージーランド99便では、最初の食事は朝食が振舞われます。

201805NZ-481.jpg

ビジネスプレミアでは、朝食もメイン料理は3種類から選べます。
この日のフライトでは、「和食」「オムレツ」「フレンチトースト」が用意されていました。

行きのNZ90便のプレミアムエコノミーの朝食で食べた「ワッフル」がすごく美味しかったので、今回は「フレンチトースト」を食べてみたくて注文しました。

まずは、ブルーベリーやバナナで作ったスムージー。
201805NZ-383.jpg

201805NZ-384.jpg


ビジネスプレミアのダイニングテーブルは、隣の席との間にあるパーテーションに、コンパクトに収納されています。
まず、コントロールパネルの中にあるテーブルのマークのボタンを押します。
201805NZ-388.jpg

すると、パーテーションの下部がパカッと開きます。
201805NZ-389.jpg

中に収まっているテーブルの縁を軽く押すと、バネでテーブルがピョコンと飛び出てきます。
201805NZ-390.jpg

テーブルをいったん上に持ち上げて、手前に倒すとダイニングテーブルの完成です。
201805NZ-391.jpg

テーブルはさらに手前へと引き寄せることができるので、リクライニングした体勢で食事したり仕事したりするのに便利です。
201805NZ-392.jpg

スムージーを飲み干すと、CAさんの手によってダイニングテーブルにテーブルクロスが敷かれます。
まずはスターターとして、シリアルとフルーツヨーグルト。
201805NZ-385.jpg

パンはクロワッサンとデニッシュ。
201805NZ-386.jpg
どちらも機内で温め直されていて、プレエコの朝食で食べた時と同じように外はサクサク、中はフワフワ。
機内調理とは思えない、奇跡のような美味しさのパンです。


メインのフレンチトースト。
201805NZ-387.jpg
カリカリのフレンチトーストと、甘酸っぱいラズベリーソースのコンビネーションとても美味しかったのですが・・・・
ただのフレンチトーストじゃなくて、パンの間にチョコレートソースが挟んであって、これが激甘!!
甘いものが大好きでも、日本人の朝食として食べるには、ちょっとキツい甘さでした。
ここは、オーソドックスにオムレツを注文しておけばよかった・・・とちょっと後悔。

周りの乗客に運ばれる朝食を見ていると、乗客のほとんどがニュージーランド人という中で、多くの人が和食を選んでいるのが興味深かったです。
ニュージーランド人の間でも和食はかなり浸透していて、人気のメニューのようです。


朝食は提供品数もあっさりしているので、ブレックファースト・タイムは始まって1時間もしないうちにほぼ終了。
和食・オムレツ・フレンチトーストとも、量的にやや少なめという感じです。
機内でオーバーナイトしたあとに提供される朝食ではなく、出発後すぐに、胃や体に疲れを感じていないうちに提供される食事なので、体内での消化が早いせいかもしれません。
「ビジネスプレミアの乗客は、搭乗前にラウンジで、ある程度食事をしてくる」という計算も含んでの量なのかもしれません。




朝食の後半あたりから機内の照明は徐々にオレンジ色に変わり、朝食が終わってしばらくすると、機内は照明が完全に落とされ、窓の電気シェードも強制的に暗くなり、キャビン内は人工的な「夜」が作り出されます。
201805NZ-402.jpg

朝出発したばかりなので、最初のうちはほとんどの乗客が起きて、ワインを飲みながらIFEモニターで映画を見たりしていますが、この状態が1時間も続くと体の方がだまされるのか、不思議と眠くなってきて、最終的にキャビンの半分以上の乗客がシートをフルフラットベッドにして眠りに就いていました。

私はというと・・・・前日のプレエコでのフライトでは機内でほぼ眠れず、今朝も早朝からラウンジ突撃なんぞを決行したせいで昨晩の睡眠時間が3時間ほどという、完全に睡眠不足状態でしたので、ビジネスプレミアのフルフラットベッドで熟睡を堪能してきました。

ベッドモードへの転換は、CAさんに頼んでやってもらいます。
ビジネスプレミアのシート-ベッド変換はちょっと変わっていて、近年のフルフラットシートのようにリクライニングで座席がベッドになるスタイルではなく、背もたれを手前に思い切り倒すと、座席の裏面がベッドになるというスタイル。
寝具は頭上の荷物棚に収納されていて、敷布団と掛け布団、枕がCAさんの手によって手際よくセットされて、あっという間にベッドが完成です。
201805NZ-404.jpg

201805NZ-405.jpg



前述のように、「ビジネスプレミア」のベッドは座席をリクライニングからフルフラットにするタイプではなく、背もたれを手前に倒してベッドにするので、ベッド面のデコボコや段差がありません。
さらに上質な柔らかいベッドパットが敷かれるので、寝心地はお世辞ではなく本当にホテルのベッドと同じぐらい快適です。
201805NZ-406.jpg

横になってちょっと顔を上げると、視界はこんな感じです。
201805NZ-407.jpg
ヘリンボーンタイプの座席配置ですと、ベッドにして寝ている時には頭が通路から離れた位置になるので、通路を人が行き交っても全く気になりません。
「ビジネスプレミア」のベッドモード時のベッド全長は202センチですので、普通の成人男性でも余裕で足を伸ばして寝ることができます。


IFEモニターは、若干下向きにして固定することもできるので、寝ながらの体勢で映画を見たりすることもできます。
201805NZ-408.jpg


ふと目を覚まして、かなり長い時間寝たような気がしたのですが、まだ飛行機はフィジー上空あたりを飛んでいました。
201805NZ-409.jpg
すっかり熟睡してたので、もうフライト行程も半分くらいまで来たのかな?と思ったのですが、まだまだ先は長いです。
本当はもっとリラックスして寝てても良かったんですが、せっかくの「ビジネスプレミア」なので、寝てるのが勿体無くて・・・


ちょっと失礼して、トイレへ。
201805NZ-410.jpg

201805NZ-411.jpg
今までビジネスクラスを利用したことのあるANAやエバー航空では、ビジネスクラスのトイレは内装がちょっと豪華だったり、高級なアメニティ類がセットされていたり、ハブラシやマウスウォッシュが用意されていたりと、エコノミークラスのトイレとは格差をつけていましたが、ニュージーランド航空の「ビジネスプレミア」のトイレは、エコノミークラスのとほとんど変わりない感じでした。


そのかわり?エコノミークラスのトイレでも内装の壁面に、ニュージーランド航空らしい「遊び心」がいっぱいの楽しい仕掛けが。

壁一面に本棚が描かれていて、まるで書庫の中にでもいるような気分になるトイレ。
201805NZ-412.jpg

蝶のイラストが描かれて、標本や図鑑の中にいるような錯覚を覚えるトイレ。
201805NZ-413.jpg


自分の席(ベッド?)に戻って、しばらく横になって「空飛ぶホテル」気分を楽しみます。
201805NZ-414.jpg

電子シェードは暗くされていますが、外が全く見えないというほど真っ暗にはされていないので、上空の景色を見ることはできます。
201805NZ-403.jpg
電子シェードが暗くなっているせいで、まるで宇宙空間から地球を見下ろしているかのような雰囲気です。


「ビジネスプレミア」では、IFEモニターで常時飲み物やスナック菓子をオーダーすることができます。
201805NZ-415.jpg

201805NZ-416.jpg

201805NZ-417.jpg

201805NZ-418.jpg

201805NZ-419.jpg

201805NZ-420.jpg

さらに、ハブラシや耳栓、アイマスクといったアメニティもオーダーが可能。
201805NZ-422.jpg

アールグレイティーとウィッタカーズチョコレートをオーダーしてみました。
201805NZ-424.jpg
ベッド脇にはカクテルテーブルがあるので、ベッドモードで上半身を起こしてリラックスしながらティータイム・・・なんていう場合には便利に使うことができます。


IFEモニターで注文する以外にも、「ビジネスプレミア」キャビンの前方のギャレイではミニバーコーナーが用意されます。
201805NZ-425.jpg
フルーツやスナック菓子、チョコレートなどが常時置いてあり、トイレに行ったついでに自由に自席に持っていくことができます。




(つづく)

タムタム

機内でフルフラットのベッドで寝るって最高の贅沢ですね。しかもベッドメイキングがあるなんて。
ビジネスに乗るならフルフラットではなく、一昔前のがっしりしたシートがいいなぁなんて思ってましたが、長距離便はフルフラットがいいですね。乗れるなら・・ですけど。

10

24

07:23

JQ

思ったより座席幅があることに驚きました。ベッドメーキングはボタンで呼び出してやってもらうのですか。ベッドから座席にする時は自分で行うのですか。
ここまで機内食が出るとラウンジで食べる必要ありませんね。
自分もブログ主さんと同様の旅がしてみたいです。

10

24

18:21

京九快速

タムタムさん こんにちは
コメントありがとうございます。
今回の「ビジネスプレミア」は、朝出発の夕方到着のフライトで完全に昼間のフライトでしたが、フルフラットベッドで旅の疲れを癒すことができて、とても快適でした。
夜行便で寝ながら移動にももちろんですが、こういう使い方もなかなか便利に感じました。

「寝台列車で寝ながら移動」というのと違って、飛行機で寝ながら移動というのは、あまり「動いている乗り物に乗っている」という感覚が無いので、風切り音を除けば、それこそホテルのベッドでダラダラのんびりしている感覚とそう変わらない気がしました。

10

24

21:40

京九快速

JQさん こんにちは
コメントありがとうございます。

見た感じベッド幅は狭そうですが、実際に横になってみると寝返りも余裕で打てる、かなりワイドなベッドでした。
ベッドメイキングは通りすがりのCAさんにお願いしました。
シートを倒してベッドにするには、コントロールパネルのボタンの隠しコマンドみたいな操作が必要みたいで、乗客が自分で行うことはたぶんできないと思います。
同じくベッドを座席に戻すのもCAさんにやってもらいます。

今回のNZ99便では、出発後すぐの食事が朝食で、量・品数共にさほど多くはありません。
朝食ということで軽めの提供なのかもしれませんが、航空会社的には「乗客はたぶんラウンジである程度食べてくるだろう」という計算も入れてメニューを作成しているようにも感じました。

10

24

21:45

PMdiet

気が付いたら帰りの飛行機に乗っていた。
このシートみたいにひっくり返して?ベッドを出す方が理に適ってますよねぇ、椅子とベッドに求められる座面が一緒なら椅子のメーカーとベッドのメーカーは同じになってるはず。
 しかし鹿児島・宮崎とみそ汁とか醤油は甘くなってるけど、南半球になるともっと甘くのか?
トイレの扉、日本風だと漢字一面になるのかな?スズキの湯飲みみたいだ

10

26

14:41

niko

ベッド幅が狭くなりやすいヘリンボーンタイプでも快適に寝れるのは大きいですねぇ
そして海外特有の激甘系…こればっかりは食べてみないと分からないですから仕方ないのかな?

10

27

16:17

京九快速

PMdietさん こんにちは
コメントありがとうございます。
シートをそのままズズルズルズル~・・・とリクライニングからベッドにすると、どうしてもベッド面にデコボコが生じるので、寝ているときに気になります。
このビジネスプレミアのように背もたれを前に倒すタイプだと、ベッドの快適性がかなり高く感じられました。
シートメーカーもいろいろとアイデアを絞って、いろんな新型シートが次々に登場するので、利用者側もどんな寝心地だろう、どんな座り心地だろうと楽しみになりますね。

10

28

17:43

京九快速

nikoさん こんにちは
コメントありがとうございます。

ビジネスクラスのシートタイプとしてはだいぶ旧式になってしまった感が否めない元祖ヘリンボーン式ですが、一人旅なら意外とまだまだ快適に感じられました。
ANAのスタッガードと比べると、ベッドモード時に頭周りの空間が広くて寝返りを打つときに窮屈さがなかったです。
リバースヘリンボーンだと足元の空間が狭くなりますが、元祖ヘリンボーンだと足元も広々してます。

チョコレートクリームを挟んだ激甘フレンチトーストですが、メニューをよく読むと「チョコレートクリームチーズ入り」と書かれているんですよね。完全に私の見落としでした。

10

28

17:49

LHR-LAX

長い上海出張からようやく解放、日本に帰ってきたらニュージーランド旅行記も進んでましたね。
なぜかあちらのWifiからはコメントの書き込みができず・・。
そして浦東空港のエアチャイナラウンジは相変わらず食事が不味かったです。

チョコレートソースのサンドをフレンチトーストにしてラズベリーソースかけるって、すさまじい調理法ですねぇ。甘さで歯が軋みそう!

ヘリンボーンスタイルだと、キャビン内に開放感があっていいですね。
やっぱり目線より上の視界に入ってくるものは圧迫感を感じさせてしまいます。

次の記事にもコメントいたします〜〜。

11

06

23:58

京九快速

LHR-LAXさん こんにちは
コメントありがとうございます。

中国出張お疲れ様でした。
旅行記はボチボチ進んでおります。気が付けばもう半年もチマチマと続いています(^^;

メニューを見て、すぐにフレンチトースト一択即決だったんですが、日本のカフェで食べるようなフワフワ卵味のフレンチトーストのつもりでかじりついたら、激甘のチョコレート味だったので「何じゃこりゃー!」とビックリでした。
結局、サンドの中のチョコレートソースをフォークでそぎ落として、ラズベリーソースをふんだんに絡ませて食べました。

今流行の個室タイプのシートに比べて、このヘリンボーンタイプは適度なプライベート感と開放感が両立されてて、居心地が良いです。

11

09

11:03

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad