FC2ブログ

06

22

コメント

ニュージーランド航空搭乗記 その2  プレミアムエコノミー篇 Vol.1

ニュージーランド航空で飛ぶ、初めてのロングホールフライトの旅。
今回は成田空港から出発です。
ニュージーランド航空はスターアライアンス加盟航空会社なので、第1ターミナルの南ウイングへ。
201805NZ-021.jpg

ニュージーランド航空のカウンターオープンは、15時30分から。
何時からカウンターオープンなのか分からなかったのと、座席位置を空港調整席に変更してもらうため一番乗りでカウンターに入りたかったので、早めに空港に来ておいたのですが、ちょっと早く来すぎたみたいです。
201805NZ-022.jpg

自動チェックイン機で座席指定を変更できないかと思い、試しにチェックイン端末をいじってみました。
チェックインはできてボーディングチケットは発券されたのですが、空港調整席への変更はできませんでした。
やはり座席変更はカウンターで直接申し出るしかなさそうです。
201805NZ-050.jpg





時間が余ってしまったので、展望デッキで飛行機撮影。
この日は運良く、スペシャルマーキング機をたくさん見ることができました。

エティハド航空  Boeing787-9
201805NZ-023.jpg

シンガポール航空  Boeing777-300ER  STAR ALLIANCE livery
201805NZ-024.jpg

アリタリア-イタリア航空  Boeing777-200ER  SKYTEAM livery
201805NZ-025.jpg

201805NZ-026.jpg

オーストリア航空  Boeing777-200ER  My sound of Austria livery
201805NZ-027.jpg
2016年9月をもって日本への乗り入れを終了したオーストリア航空ですが、2018年5月のちょうどこの日から日本線の運航を再開しました。
画像の飛行機は、記念すべき運航再開の初日初便です。


ブリティッシュ・エアウェイズ  Boeing787-9
201805NZ-028.jpg

デルタ航空  Airbus A350-900
201805NZ-029.jpg

ユナイテッド航空  Boeing777-300ER
201805NZ-030.jpg

デルタ航空  Boeing777-200LR  The Spirit of ATLANTA livery
201805NZ-031.jpg

フジドリームエアラインズ  Embraer ERJ-175STD
201805NZ-032.jpg
成田には定期就航していないフジドリームエアラインズのエンブラエル機が突如姿を見せました。
何かと思いすぐにフライトレーダー24をチェックしましたが、こちらにも表示されません。
なにかのフェリーフライトなのか、それともチャーター便?


ANA  Boeing787-8   787ロゴの入った機体もだいぶ少なくなってきましたね。
201805NZ-033.jpg

201805NZ-034.jpg

アエロメヒコ  Boeing787-8
201805NZ-035.jpg

エバー航空 Airbus A330-300  
201805NZ-036.jpg
BR197便、この前日までは連日キティジェットが入ってましたが、今日に限ってノーマル機・・・・


エアカナダ  Boeing787-9  
201805NZ-037.jpg
黒覆面の新塗装機、まだ数が少ないのか、なかなか巡り合わないですね。


ユナイテッド航空  Boeing787-9
201805NZ-038.jpg

シンガポール航空  Boeing777-300ER  STAR ALLIANCE livery
201805NZ-039.jpg

201805NZ-040.jpg



成田に飛んでくる飛行機のほとんどがB787かB777になり、ボーイング747ジャンボはすっかり姿を消してしまった中、この日はなんと、アレが飛んで来ていました!




チャイナエアラインズ  Boeing747-400  SKYTEAM livery
201805NZ-041.jpg

201805NZ-042.jpg

201805NZ-043.jpg


ANA  Boeing787-9   ANA STARWARS JET R2-D2 livery
201805NZ-044.jpg

201805NZ-045.jpg


そろそろカウンターオープンの時間です。
Iカウンターではすでに、ニュージーランド航空の搭乗受付の準備が整っていました。
ニュージーランド航空の受付担当をするのは、同じスターアライアンスのANAのスタッフさんのようです。
201805NZ-048.jpg
「プレミアムチェックイン」の専用レーンもありました。
「プレミアムチェックイン」はビジネスプレミア、プレミアムエコノミー、ニュージーランド航空の上級会員、スターアライアンスゴールドメンバーが利用することができます。


受付開始と同時に一番乗りでプレミアムチェックインカウンターに入り、プレエコ最前列の23K席への変更を申し出ましたが・・・・


「こちらの席はすでに別のお客様が指定済みになっております」




どうもこの席、空港の当日調整席ではなく、訳有り客にあてがう「ブロック席」の模様。

あとで搭乗してから分かったのですが、この日この席には乳児をカゴに入れて足元に置いている夫婦が座っていました。
プレミアムエコノミーでベビーベッドが設置できるバルクヘッドの席は反対側の23A席のみなのですが、多分想像するに「乳児がいるけどベビーベッドの設置できる席がもう埋まっているので何とかならないか」と航空会社に問い合わせて、航空会社側からこの23K席側を指定されたのではないかと。
ですので、東京オフィスの「空港の当日調整席」というのはどうも間違いのようです。

ついでなので、帰りのNZ90便のビジネスプレミアの席を6Aに変更できるか聞いてみたところ、これも東京オフィスの回答とは違う答えで、オークランド空港側の調整席ではなく、ブロック席になっているとのことでした。


カウンターの上には、キーウィとヒツジの可愛らしいぬいぐるみが置いてあり、搭乗前からニュージーランド気分が盛り上がります。
201805NZ-049.jpg



この時間はアメリカ方面行きのフライトが出発ラッシュのピークなので、手荷物検査場はとんでもない大行列になっていました。
今日この時ほど、待ち時間ゼロで華麗に出国審査場へ通過できる「ゴールドトラック」の有り難味を感じた日はありませんでした。
201805NZ-051.jpg

出国審査場の行列で10分ほど掛かりましたが、思ったより早くエアサイドに出ることができました。
免税店街は華麗にスルー。
201805NZ-052.jpg


ANAラウンジへ。
201805NZ-053.jpg

スターアライアンス加盟航空会社のほか、エティハド航空、MIATモンゴル航空、ウズベキスタン航空もここが指定ラウンジになってるようです。
201805NZ-054.jpg

今日はこれからオーバーナイトフライトなので、搭乗前にシャワーを浴びておきたいところ。
いつもならラウンジに入ってすぐダイニングスペースへ向かいますが、今日はシャワーへ直行。
ちょうど時間帯がアメリカ方面への出発便と重なるので、シャワーもやはり混んでいました。
20分ほど待って、シャワーを浴びることができました。
201805NZ-055.jpg

シャワーでさっぱりしてからラウンジスペースへ。
いつものおきまりの定位置、窓側のカウンター席も今日はずらっと利用者がいて満席。
ダイニングスペースからちょっと遠い、はじっこの窓側席になんとかありつけました。
201805NZ-056.jpg

席を確保できたら、軽食を。
201805NZ-057.jpg

201805NZ-058.jpg

201805NZ-059.jpg

201805NZ-060.jpg

201805NZ-061.jpg

201805NZ-062.jpg

201805NZ-063.jpg

窓の向こうを行き交う飛行機を眺めながら、お食事をいただきます。
201805NZ-064.jpg

今日はこれから機上でプレミアムエコノミーの食事(ビジネスクラスとほぼ同等のディナー)が楽しめるので、ラウンジでの軽食は控えめにしておきます。
201805NZ-065.jpg

ANA Boeing787-8
201805NZ-066.jpg

ANA Boeing787-9
201805NZ-067.jpg


オークランドから飛んできたニュージーランド航空のボーイング787-9が目の前を横切りました。
201805NZ-068.jpg

今日これから乗るのは、折り返し便となるこの飛行機です。
201805NZ-069.jpg
真っ黒な「オールブラックス」特別塗装のB787-9初号機が飛んでくるのを期待しましたが、一般塗装の機体でした。
(ちなみに、この時オールブラックス塗装のB789初号機は、ロールスロイス製エンジンのトラブルのため数ヶ月間飛べず、オークランドの駐機スペースで留め置かれていた模様)


垂直尾翼の「コルー(シダの新芽)」模様と、機体後部の「シルバーファーン(シダの葉)」の模様は、ニュージーランドの「精神的象徴」。
201805NZ-070.jpg
企業のマークとして、このコルーとシルバーファーンをイメージしたものを使えるのは、国が認めた企業のみだそうで、この象徴を使うことが許されたニュージーランド航空は、言うなれば「ニュージーランド国民の誇りのフラッグキャリア」ということになります。




となりの席に座っていた外国人が、あんまりに美味しそうに豚骨ラーメンを食べていたので、自分もついついヌードルバーへ。
201805NZ-071.jpg


シンガポール航空  Boeing777-300ER
201805NZ-072.jpg

ルフトハンザ・カーゴ  Boeing777F
201805NZ-073.jpg

キャセイパシフィック航空  AirbusA330-300
201805NZ-074.jpg


ラウンジから搭乗ゲートまではちょっと距離があるので、早めにラウンジ滞在を切り上げて、時間に余裕を持って搭乗ゲートへと向かいました。






(つづく)


プレモル

15:30カウンターオープンでそれからラウンジへ入った頃ですと、欧米路線の出発ラッシュが落ち着きはじめた頃ですから、ラウンジのシャワー待ち20分はまだいい方です。
14時〜15時台ですと、ANAラウンジでも席を探すのすら苦労することありますよ。
シャワー待ちも搭乗開始時刻に間に合わないんじゃ無いかと不安になることもありますよ。

06

23

13:29

京九快速

プレモルさん はじめまして
コメントありがとうございます。

私がANAラウンジに入った頃は、一番混んでいる時間からちょっと空いてきた頃なんですね。
それでもあの混みようですから、一番の混雑時はラウンジでゆっくり落ち着くのも難しそうですね。

06

23

23:33

タムタム

一度も空港のラウンジを利用したことが無いので、このようなブログや雑誌から情報を仕入れては妄想ばかりしています。「ジャルのカレーがおいしい」「香港のキャセイのラウンジのヌードルバーが凄い」とかね。自分だったらきっとラウンジでたくさん食べて腹が膨れた状態で搭乗し、それでも機内食を食べるだろうなぁ。こういう時は胃が二つ欲しいなぁとかきっと思うはず。

06

24

21:39

京九快速

タムタムさん こんにちは
コメントありがとうございます。

私も、いつも特定のラウンジしか使う機会がないので、雑誌のビジネスクラス特集を読んでは世界各国のビジネスクラスラウンジに憧れています。
ラウンジの食事も各社で特徴があって、行ったらぜひいろいろ食べたくなるだろうけど、機内食が出ることも考えると・・・悩ましいですね~。

06

25

11:27

LHR-LAX

管理人さんこんばんは
自動チェックイン機で発券される感熱紙のチケットは、早いと半年後ぐらいには残念ですがほぼ真っ白に字が消えてしまいます。

昼過ぎ頃から午後早い時間にはANAラウンジは混雑がピークに達します。ここの唐揚げ、以前の記事で管理人さんも好きと書かれてましたが、私もここの唐揚げの味付け結構好きです。
ピークタイムに補充が間に合わなくて唐揚げ食べられなかった時はちょっと損した気持ちになりますね。

06

26

00:49

京九快速

LHR-LAXさん こんにちは
コメントありがとうございます。
この感熱紙の搭乗券、やっぱり早い段階で字が消えてしまうんですね。
そうかなぁとは思ってコピーを取っておきましたが、今思うとチェックインカウンターで改めて発券しなおして貰えば良かったなぁと後悔してます。

ANAラウンジのカラアゲ美味しいですよね。
この時も実は写真に写ってないだけでもっと食べてました。
ラウンジ内に人が多いと、入り口に近いダイニングコーナーは食事の補充が間に合ってない感じですね。

06

26

20:37

JQ

どうやって公式の格安ビジネスクラス見つけられたのですか?
よほど巡回していないと見つけられないのではないんですか。
それにしてもニュージーランドは意外ですね。
他に長距離で格安のビジネスクラスに乗れる航空会社はあるんですか?
次は機内食が楽しみです。

06

28

19:46

京九快速

JQさん こんにちは
コメントありがとうございます。

以前から「乗ってみたいな~」と思っているエアラインのサイトを、時々チェックしてはバーゲンセールやってないか確認しています。
あとは、エアライン系のニュースサイトに広告バナーが出るときがありますね。
頻繁にこまめにチェックしているわけではないので、見逃している格安バーゲンとかあるかもしれません。

個人的に次は、引退が相次いでいるボーイング747-400で運航しているエアラインのビジネスクラスに乗ってみたいなぁと思っています。

06

28

22:47

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad