FC2ブログ

04

01

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その18

まだ続いてます。
しかも「JR四国の周遊旅行」のタイトルなのに、舞台は完全に九州に移ってます。
分かりにくくてホントすいません。



駅構内で電車を待つ乗客の約9割が中国人という状態のハウステンボス駅からは、後続の「シーサイドライナー」に乗車。
大村湾沿いに進むので、景色は大変美しいです。
201707shikoku453.jpg


長崎駅に到着。
201707shikoku454.jpg
長崎からは特急「かもめ」に乗り継ぎますが、右側の885系「白いかもめ」は見送って、

次の787系「黒いかもめ」に乗ります。だって787系乗りたかったんだもん。
201707shikoku455.jpg

201707shikoku456.jpg

201707shikoku457.jpg
787系、やっぱカッコいいわ~。


個人的に「水戸岡デザイン」って、2000年代初頭の885系が出てきたあたりまでが「前・水戸岡時代」、それ以降の各地で水戸岡デザイン車両が増えだした頃から「後・水戸岡時代」に分かれるような気がする。
ここを境目に、大きく潮流が変わったと思うのです。

「前・時代」はパンチを効かせたデザインで鉄道車両の世界に殴り込みを次々に仕掛けてきた荒々しい時代で、
「後・時代」はここまでに生み出したモノをベースにして、それを武器に地方鉄道に手を差し伸べる救済の時代、
みたいな?

自分なんかは、アクアエクスプレスで「お!何か出てきた?」、赤い485系で「485ってこんなに生まれ変われるもんなの?」と驚かされて、787系でぶん殴られて、883系で脳天にいかづち落ちて完全にノックダウンされた人間なので、やっぱり787系や883系は水戸岡時代初期の頃の車両なんですが、これらが「水戸岡車両の真骨頂」と思ってしまうわけです。



で、グリーン車。
201707shikoku458.jpg

観光・ビジネスともに博多に戻るにはちょうどいい時間の列車だと思うんですが、グリーン車は自分以外誰も乗ってきません。
201707shikoku459.jpg

グリーン個室も無人。
201707shikoku462.jpg


振り子運転ができない787系は、多停車タイプの「かもめ」号に使われているため、停車駅のほか単線での対向列車待ちも多めです。
201707shikoku460.jpg

夕食は、車内で「大村ずし」。
201707shikoku461.jpg

今の787系の行先表示幕対照表。
201707shikoku463.jpg
「特急つばめ 西鹿児島」 「ドリームつばめ 西鹿児島」の幕がまだ残っているみたいですね。


結局、長崎から博多までグリーン車貸切という、最高に贅沢な気分が味わえる半面「JR九州大丈夫か?」と心配にもなるステキな時間をすごせました。
乗車後半なんか、車掌さんが「もう誰も乗ってきませんから、デラックスのほうに座っててもいいですよ」
201707shikoku464.jpg


博多駅に到着です。
201707shikoku465.jpg


今夜は、博多駅近くのビジネスホテルに宿泊です。
201707shikoku466.jpg

何度か使ったことあるビジホですが、今回も窓から新幹線が見える部屋でした。
201707shikoku467.jpg

201707shikoku468.jpg




(つづく)

QUWA

グリーン貸切状態の787系と座席(客室)ごとに違う座席の柄の783系
車内撮影組としてはものすごく特徴的な光景ですね...。

04

06

13:37

京九快速

QUWAさん こんにちは
コメントありがとうございます。
783系・787系ともいろんな意味で撮影のし甲斐はあったんですが、783系のほうは「あれ?この柄は前の車両にもあった?」と思って戻ってみると微妙に柄が異なっていて「じゃ撮っておこう」とさっきの客室に戻るにも「あれ?どこだったっけ?」みたいなことが数回・・。
787系のほうはせっかく貸切だったんですが、夜間で揺れる車内だったためボケボケ画像を増産しまくりでアウトでした。

04

07

18:01

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad