fc2ブログ

08

12

コメント

エアドゥ特別塗装機「ベア・ドゥ北海道ジェット」 就航初便搭乗記 その2

いよいよ「ベア・ドゥ北海道ジェット」の就航日です。

初便のエアドゥ15便は、エアドゥのサイトから予約したので、エアドゥのカウンターでチェックインします。
夏休みに入って最初の金曜日の朝7時台ということで、羽田空港第2ターミナルはビジネスでの利用者のほか、子供を連れたファミリーや大学生くらいのグループ客でかなり混雑していました。

しかし、搭乗客でごった返しているのはANAのチェックインエリアだけで、エアドゥのカウンターはご覧の通りです。
adohokkaidojet001.jpg

カウンターの奥には、ベアドゥのぬいぐるみが大中小サイズ揃い踏み。
adohokkaidojet002.jpg

そして、その脇には「ベア・ドゥ北海道ジェット」の模型が飾られていました。
adohokkaidojet003.jpg

カウンターの荷物置きにはこんなパネルが。このほかにも、カウンターのあちこちにベアドゥを使ったアイテムが隠れています。
現金やカードを受け取る革製のお皿にも、よく見るとベアドゥの顔が描かれていたり、エアドゥのフライトは乗る前からベアドゥに囲まれて楽しい気分になります。
adohokkaidojet068.jpg

これから乗るエアドゥ15便は、前日まで空席がけっこうあって、シートマップを見ると私が指定した席のとなりの通路側もずっと空席のままでした。
搭乗手続きの際に空席状況を聞いてみると、ほぼ満席とのことで、空席だったとなりの席も予約がすでに入っていますということでした。
航空ファンだったら、「就航初便」のようなイベント的なフライトなら早い段階で予約を入れるでしょうから、ギリギリで満席になるということは、ファンより一般客の方が多いということかもしれません。


保安検査場はANAの利用客でけっこう混んでいました。
私の前に並んでいる人は、みんな新千歳行きのANA便に乗る人のようで、特に子供が多くて、検査場で何をどうすればいいのか分からなくて戸惑っている子が多く見かけられました。
保安検査員の方は、機械的に流れ作業で搭乗客を捌くのですが、それは子供や空港を使い慣れていない人に対しても同じで、笑顔ひとつも無く、あの若干高圧的な態度ですから、慣れてないと特に子供には恐く感じるんじゃないかなと思いました。

行列に並んでから制限エリアへ抜けるまで15分くらい掛かりました。
エアドゥ15便は、新千歳行きのエアドゥ便の定番である北ピアの55番ゲートから出発です。


就航告知のプレスリリースでは、出発前にセレモニーなどが行われるということは書かれていませんでしたが、就航記念の看板が出ていたり、歴代の制服を着たCAさんやベアドゥの着ぐるみが来てたりしないかな・・・・と期待を胸に、まず55番ゲートへと向かいました。

ゲート手前からは、ボーディングブリッジが邪魔で機体は全然見えませんでしたが、垂直尾翼に描かれたベアドゥがよく見えました。
adohokkaidojet012.jpg

55番ゲートまで来ると、セレモニーらしきものが行われそうな雰囲気は全く無く、就航記念の看板もCAさんもベアドゥもいませんでした。
搭乗開始までまだ時間があるとはいえ、ゲートにはなんの装飾も、それらしき準備も見当たらなかったので、羽田では出発式のようなことは一切やらないみたいです。
羽田で何もやらない分、エアドゥのお膝元である新千歳空港でエアドゥ16便の出発セレモニーを大きくやったりするのかな?と、そっちに余計に期待が膨らみます。


搭乗開始時間までまだ余裕があるので、カードラウンジに寄ってきました。
adohokkaidojet004.jpg
コードシェアのANA便で購入していれば、SFCなのでANAラウンジが使えるのですが、今回はエアドゥ便で購入したのでSFCゴールドカードを見せてカードラウンジに入りました。

カードラウンジの中はけっこう混雑していましたが、窓から外が見えるソファー席に座ることができました。
朝だとパンのサービスがあるみたいです。クロワッサンとオレンジデニッシュがありました。
adohokkaidojet005.jpg

ソフトドリンクとパンで簡単に朝ごはんにします。
adohokkaidojet006.jpg

カードラウンジはゲートラウンジエリアよりひとつ高いフロアにあるので、空港のエプロンがよく見渡せます。
私が座った席からは、北側の駐機エリアが見えました。
VIPスポットも目の前に見えるので、政府専用機なんかが羽田空港に来ていると間近に観察できそうです。
adohokkaidojet007.jpg

カードラウンジから見える駐機エリアにいるのは、ANAやエアドゥ、ソラシドエアといった第2ターミナルを利用している航空会社の飛行機がほとんどですが、一機だけワンワールド塗装のJAL機が駐機していました。
adohokkaidojet008.jpg

カメラを海側のほうに向けると・・・・見えました!「ベア・ドゥ北海道ジェット」です!
adohokkaidojet009.jpg

北海道の四季の風景を描いた機体デザイン。
イラスト原画を作成したのは、ベアドゥをデザインした札幌のデザインハウス「3KG」です。
adohokkaidojet010.jpg

そして垂直尾翼には、雲に乗って空へと舞い上がるベアドゥの姿が描かれています。
adohokkaidojet011.jpg




数多くの特別塗装機を就航させていたANAでは、最近はカンパニーイメージの統一ということでか、「ポケモンジェット」「ゴールドジェット」「モヒカンジェット」「ビジネスジェット」などの特別塗装を止め、次々とトリトンブルーへの通常塗装に戻してしまいました。
一昔前の羽田空港では、それこそ特別塗装機が何機も行き交う賑やかな光景が日常的に見られましたが、最近ではそんな光景もすっかり影を潜めてしまい、ノーマルなカラーリングの飛行機しか見られないようになってしまいました。

・かつて、頻繁に見られた特別塗装機同士が行き交う様子
adohokkaidojet069.jpg

adohokkaidojet070.jpg

adohokkaidojet071.jpg

adohokkaidojet072.jpg

adohokkaidojet073.jpg

adohokkaidojet074.jpg

adohokkaidojet075.jpg

adohokkaidojet076.jpg

adohokkaidojet077.jpg



今回登場したこの「ベア・ドゥ北海道ジェット」は、ANAのB767の特別塗装機が日本全国をランダムに飛び回っているのに比べ、ほぼ必ず羽田空港をベースに北海道各地へ飛ぶので、羽田空港で見られる機会もかなり多いはず。
しかも、機体全体にイラストを描いた本格的な特別塗装機なので、久しぶりに羽田空港に華のある飛行機が戻ってきたような嬉しさを感じます。



(つづく)

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad