E3系 R1編成ラストラン その2

盛岡駅を出ると、秋田新幹線は東北新幹線から枝分かれして、地上走行になります。
E3R1-017.jpg


在来線区間(田沢湖線)は、山あり谷あり。
山中の秘境を走っているかのような風景が目の前に広がります。
E3R1-018.jpg

グリーン席のドリンクサービスと車内ワゴン販売は終点の秋田駅まであります。
青森県産の林檎を使った「りんごアイス」を食しました。
E3R1-014.jpg
けっこうリンゴの味が濃くて、値段のわりに(260円)には高級感あるアイスでした。

単線の田沢湖線内では、「スーパーこまち」も行き違いで上り列車の退避待ちをします。
E3R1-019.jpg

山中を抜けると、あとは終点の秋田駅までのどかな風景の中を走っていきます。
一面の水田の中を一直線に走る秋田新幹線。
外から見たら、緑の中を真っ赤なラインが突っ切って行く光景が見られるのでしょうね。
E3R1-020.jpg

秋田新幹線は大曲駅でスイッチバックして進行方向が変わるので、すべての「こまち」号が停まります。
秋田発の「こまち」号の到着を待ってからの発車とのことで、外に出て新幹線の顔を拝んできました。
E3R1-021.jpg

大曲駅ではスイッチバックして進行方向が変わるので座席を回転させようと思ったら、みんな後ろ向きのままで、誰一人として座席の向きを変える人がいません。
普通車のほうはどうなのかと見に行ったら、こちらもみんな後ろ向きで何事もないかのように座っています。
九州の特急「ソニック」が、小倉駅手前で乗客みんなが座席を回転させているのが普通のことと思っていたのですが、秋田新幹線では逆向きが普通のことなんですね。
大曲と秋田間は駅が無いとはいえ、30分ほど掛かるのでちょっと意外でした。
(ちなみに秋田発のこまちに乗ると、座席が逆向きにセットされて回送されてきます。)

東京駅から約4時間で、終点秋田駅に到着しました。
E3R1-022.jpg

到着後、新幹線はしばらくホームに据え置かれているので、先頭のところで記念写真を撮ったり、反対側のホームに回って写真を撮ったりできます。

てっきり秋田駅に着いた新幹線は、車内清掃をして折り返し上り列車になるのかと思ってましたが、秋田着の全ての新幹線は一度車両基地に帰るみたいですね。
ホームの先端から基地に引き上げていく新幹線が見られました。
E3R1-023.jpg

秋田新幹線のホームでは、R1編成の引退セレモニーの準備が進んでいました。
E3R1-024.jpg

E3R1-085.jpg

E3R1-084.jpg

近い将来E3系が秋田新幹線から全廃された時のための記録写真を撮っておきます。
E3R1-029.jpg

E3R1-030.jpg

秋田駅の売店では「スーパーこまち」グッズがズラリと一角を占拠。
E3R1-086.jpg


セレモニーの写真も撮りたいけど、R1編成が入線してくるところも撮りたい。
結局、R1編成の入線シーンを撮ることに決めて、となりのホームの先端で待ち構えることにしました。
E3R1-026.jpg

E3R1-027.jpg

E3R1-088.jpg


在来線のほうに特急「いなほ」号が到着するところが見えました。
E3R1-028.jpg


セレモニー参加のゆるキャラ「すぎっち」とあきた観光レディーさん。
E3R1-087.jpg


いよいよ「R1」編成が車両基地から回送されてきました。
E3R1-089.jpg



(つづく)




この記事へのコメント

管理人のみ通知 :