Vエアー茨城空港就航初便搭乗記 その1

2016年3月15日、台湾のLCC「Vエアー」が茨城空港に定期便を就航させました。

就航記念セールで、茨城→台北桃園の片道が4,000円という運賃が出ました。
就航初便でしかも片道4,000円という超・格安運賃あっては即完売だろうと思い、発売開始と同時に予約を入れました。
取れないだろうと思っていた、足元の広い非常口席も追加料金を払って購入することができ、窓側席を押さえることができました。
あっさりと予約ができたので、まずは一安心。
2016vax241ibr-047.jpg


ところが、発売開始から何時間経っても、1日過ぎても、完売するどころか4,000円の運賃がずっと予約可能な状態。
それどころか、その数週間後に、バーゲンセールで同じ日の同じ便が2,000円で販売されるという事態になり、開いた口がふさがらず思わず唖然・・・・。


出発を数日後に控えたある日。
Vエアーからメールが来ました。
全文中国語で、日本語が全く書かれていないメールです。一瞬スパムメールかと思いました。
2016vax241ibr-046.jpg

読んでみると、「機材が変更になったので、座席を変更しました。ホームページからログインして、変更になった座席位置を確認しておいてね」という内容でした。
さっそくログインしてみると、予約の時点では機材がエアバスA320だったのが、エアバスA321に変更となったようです。
ところが、変更された座席番号を確認して、Vエアーのホームページに載っているエアバスA321のシートマップを見てみると、なぜか非常口席ではなく普通席の座席番号になっていました。

さらにその数日後、再びログインして予約確認をすると、なぜかちゃんとA321の非常口席に座席指定位置が変更されていましたが、Vエアーからのメールはありませんでした。
ところが! 予約確認画面に出ている運賃明細をよく見ると、非常口席の追加料金がなぜか二重加算されています。
どういうこと??!!



・・・・・・そんなわけで謎だらけのまま、搭乗日当日を迎えました。




当日は、同じ便に乗るというお友達さんが茨城空港まで車で行くというので、途中で拾ってもらって一緒に空港まで乗せてもらいました。

空港ターミナル内は、Vエアー就航でお祭り騒ぎのような賑わいでした。
2016vax241ibr-001.jpg

就航記念式典のステージも、大掛かりなものがしっかり組まれていました。
2016vax241ibr-008.jpg

ステージ脇に並んでいた来賓用の椅子です。県知事やVエアーのCEOも式典に出るみたいです。
2016vax241ibr-009.jpg

Vエアーから日本側の来賓へ渡される記念品かな?
2016vax241ibr-010.jpg

とりあえず、搭乗手続きをします。
茨城空港で国際線の搭乗手続きをするのは今回が初めてです。
2016vax241ibr-002.jpg

機内持ち込み手荷物についての案内です。中国語と英語だけで、日本語での記載が無いです・・・
2016vax241ibr-003.jpg
機内持ち込み手荷物のサイズは大手の航空会社とほぼ同じで、重さが10Kgまで。
キャリーバッグ1個と、ハンドバッグやハンドバッグなどの大きさのものの組み合わせで最大2個まで無料で機内に持ち込めます。

カウンター頭上のモニターには、Vエアーのマスコット「Vベア(威熊)」が大きく映し出されていて、かわいくてカジュアルなLCCのイメージを前面に押し出しています。
2016vax241ibr-004.jpg

カウンターでは「威熊」のぬいぐるみがお出迎え。
2016vax241ibr-005.jpg

発券されたチケットは、白ベースのシンプルなものでした。
2016vax241ibr-006.jpg

機内持ち込みする手荷物には、重さと大きさのチェック済みを証明するバゲージタグが括り付けられましたが、ここにも「威熊」。
2016vax241ibr-007.jpg

搭乗手続きの際、非常口席を予約しているので「中国語での会話が可能か」「非常時の誘導役になることに了承できるか」などが確認されました。

手続きが終わったあとに、係員さんに予約確認表を見せて非常口席の料金が二重取りになっていることを伝えました。
5分ぐらいすったもんだがあった後、結局「ここでは払い戻しはできない」「台湾に着いてからVエアーの本社に電話して相談して欲しい」ということになりました。うわ~めんどくさいー・・・・・


(つづく)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :