勝田車両センターまつりに行ってきました

常磐線を走る電車の総合基地である、勝田車両センターで公開イベントが行われたので行ってきました。
katsu2016-001.jpg
ポスター左上に書かれている通り、今回から往復はがきによる事前申し込みが必要となり、先着3000名のみが入場できる完全予約制となりました。



勝田駅から勝田車両センターまでは、徒歩で約20分。
特急に乗って10時頃に勝田駅に着きました。会場に着いたのは10時30頃です(開場は10時)。
もうすでにけっこうな人数でにぎわっていました。

入り口に入ると、左右に大行列。
左側の行列は、ミニE6系新幹線に乗る人の行列でした。
katsu2016-004.jpg

右側の行列は、鉄道廃品を買う人の行列でした。
katsu2016-006.jpg


とりあえず、いつものようにお弁当販売の列に並んでお弁当を買っておきました。
東北地方の駅弁や、北海道のかきめしも売っていましたが、イベント記念の特製弁当を買いました。
10分ほど並んですぐに買うことができたのでよかったです。
katsu2016-002.jpg

あとで、お昼に食べた時に開けたお弁当の中はこんな感じでした。
katsu2016-003.jpg
ちなみにお弁当は昼の12時前には全てが完売となっていました。

車両展示と撮影コーナーには、歴代の常磐特急が並べられていました。
katsu2016-007.jpg
右側のE653系は、今は新潟をベースに特急「いなほ」として活躍していますが、かつては特急「フレッシュひたち」として常磐線で大活躍していた特急車両です。
今回のイベントで「里帰り」を果たし、丸っこい顔を久しぶりに見せてくれました。

katsu2016-008.jpg

E657系は、特急「ひたち」「ときわ」で活躍中。
katsu2016-009.jpg
昨年あたりから先頭正面に妙なマスクをした編成が次々と増えていますが、これは踏切などでの衝突事故の際に先頭部の損傷を軽減させる緩衝パネルです。
E657系の先頭部はFRP製。
踏切事故に遭った編成が損傷箇所の修復のために長期間運用を離脱してしまい、予備編成が足りなくなる事態が立て続けに起こったため、このような措置を行うことになったそうです。

E653系1000番台。今回新潟から来たのはU-108編成。
katsu2016-010.jpg

「フレッシュひたち」として活躍していた頃のこの車両は、4両付属編成のK354編成でした。
katsu2016-011.jpg
見比べてみると、スカート周りがかなりゴツく改造されています。
スノープラウも大きくて、雪国仕様に生まれ変わっています。


651系は、現在運用が全く無い4両付属編成のK205編成。
先頭部のLED表示装置が久しぶりに稼動していて、チカチカ賑やかな様子を見ることができました。
表示は20分~30分おきくらいに変更され、かつて走っていたいろいろな列車名が表示されました。
katsu2016-012.jpg

katsu2016-013.jpg

katsu2016-014.jpg

側面の行先表示機は、「スーパーひたち 仙台」。
katsu2016-015.jpg
奇しくもこの日は、安倍首相が訪問先の福島で、常磐線を2020年までに全線復旧開通させると発表した日でもありました。
早期復旧を願う人々の思いを乗せた表示のようにも見えました。

E531系の増備にともない、いよいよ2016年3月で定期運用から離脱する415系1500番台。
長年、常磐線・水戸線沿線民の足として親しまれてきた415系も終焉です。
かつての花形運用「通勤快速」を表示を出して展示されていました。
katsu2016-035.jpg

651系のLED表示の変更とともに、415系の幕回転も行われました。
katsu2016-036.jpg


JR水戸支社のマスコット「ムコナくん」の撮影会も行われました。
katsu2016-016.jpg

ネコ目のE657系をモチーフにしたキャラクターです。
katsu2016-017.jpg

車両展示の脇では、普段どおりに電車の出入庫が行われています。
勝田止まりの電車が帰ってきては、整備を終えた電車が出発していくシーンが頻繁に見られました。
katsu2016-018.jpg

katsu2016-019.jpg

偶然、お座敷電車「華」の入庫も見られました。
katsu2016-037.jpg

研修庫の中では、「リゾートエクスプレスゆう」が休憩用電車として開放されていました。
651系の運転台見学や、E653系の車内見学が行われるのを期待したのですが、残念ながらありませんでした。
katsu2016-020.jpg

研修庫の奥にいたE531系には、「笠間ひまつり号」のヘッドマークが掲げられていました。
ヘッドマークのマスコットは、笠間市のゆるキャラ「笠間のいな吉」です。
katsu2016-021.jpg

Nゲージの走行展示もありました。
katsu2016-005.jpg

午後になると、651系のヘッドマークがなんとフルカラーLED表示に切り替えられました。
最初のうちは、試験表示中の様子の目撃情報がネットに上がって話題になった「JR」表示でしたが、
katsu2016-022.jpg

次には、なんと「梅まつり」表示に切り替わり、どよめきが起こりました。
katsu2016-023.jpg

フルカラーLEDの美しさが際立ちます。651系のイメージを大きく変えてしまうほどのインパクト!
katsu2016-024.jpg

左がフルカラーLED、右が登場当時からの3色LED。
katsu2016-025.jpg

その後も「こんなの作って、いつ使うんだ?!」と思わせる、フルカラーLEDによる謎表示が次々と出てきました。
katsu2016-026.jpg

katsu2016-027.jpg

katsu2016-028.jpg

katsu2016-029.jpg

車両展示と撮影の時間が終了になると、ミュージックホーンを鳴らしながら前照灯が全て消され、イベント終了となりました。
katsu2016-030.jpg

勝田駅へ戻る帰り道に、車両センターの脇を通ると、再び前照灯が点灯していました。
katsu2016-031.jpg

katsu2016-032.jpg

勝田駅脇の留置線には、651系のK105編成が留め置かれていました。
勝田車両センターにK103・K105・K205を並べた651系イベントを、いつの日か見てみたいですね
katsu2016-033.jpg

イベント会場で思わず買ってしまった1枚。
「フレッシュひたち」「14両」「自由席」・・・全てが過去のものとなったキーワードが1枚に凝縮されています。
katsu2016-034.jpg


おわり。

この記事へのコメント

ハイパーかもめ : 2016/03/20 (日) 18:41:54

こんばんは、ご無沙汰しております。

私も行ってきました。フルカラーの偕楽園表示は見逃してしまったんですが、
久々に点灯した651系のヘッドマークには感動しました‼︎
鎌倉臨や川越臨でも是非点灯してもらいたいですね。

ところで、前に震災直前に「Sひたち7号」で仙台まで乗ったとコメントさせていただいたんですが、
その時先頭に立っていたのが今回展示されたK205編成でした。しかも乗車日は3月5日。
5年後の同じ日に、同じ編成に出会った事に何かの縁を感じてしまいました。

京九快速 : 2016/03/21 (月) 12:44:00

ハイパーかもめさん こんにちは
もしかすると会場ですれ違っていたかもしれませんね。
K205もフルカラー表示ができるように改造されているとは思いもしなかったので、いきなりフルカラーに切り替えられた時は大変驚きました。
午前中で帰ってしまって、午後からのフルカラー表示が見られなかったということをブログなどで書いている人も多かったですね。
せっかく美しい表示が出せるようになっているのだから、臨時列車で運転する時も表示を出して欲しいですね。

はじめまして : 2016/03/21 (月) 17:15:33

初めまして。以前からサイトを拝見しております。

既にお気付きかもしれませんが、ここしばらく
Webサイトの座席探訪のコーナーが閲覧できない
状態になっています。

tok2の障害に関係しているのかもしれませんが、
復旧のメドなどは情報おありでしょうか?

京九快速 : 2016/03/22 (火) 15:51:10

はじめまして様 はじめまして
いつも弊サイトをご覧下さりまして、誠にありがとうございます。

TOK2サーバーに何らかのトラブルが発生しているようで、現在「座席探訪」をはじめとする、弊サイトのほとんどのページが閲覧できない状態となっております。

現在TOK2のほうへは至急のトラブル解決と回答を伝え、それを待っている状態です。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちくださいませ。

なお、TOK2サーバーはこうした障害やトラブルが非常に多く、またそうしたことへの対応へのレスポンスも非常に遅いため、今後別サーバーへの移転を検討しております。
他社サーバーへの移転やURL変更などが決まった際には、こちらでご報告いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

管理人のみ通知 :