台湾に行ってきました・2015 その14

「The STAR」ラウンジに入りました。
tw201505-359.jpg
全てのスターアライアンス便のゴールドメンバーがこのラウンジに案内されるためか、中はけっこう混んでいます。


ラウンジスペースの右側はガラス戸で仕切られていて、カフェテリアのようなスペースになっています。
tw201505-360.jpg
奥に見える、緑色のネオンがちょっと妖しく見える空間は、ビジネススペース。
無料で使えるデスクトップパソコンが設置されています。
tw201505-361.jpg

ラウンジスペースの一番奥は、照明が若干暗めで、落ち着いた配色のインテリアになっている「リラックスゾーン」とでも呼ぶような雰囲気の空間になっています。
tw201505-362.jpg

フードエリアには、いろいろな食事が用意されていました。
tw201505-363.jpg

中華料理が多く、台湾を発つ前におなかいっぱい中華料理を楽しむことができます。
tw201505-364.jpg

tw201505-365.jpg

牛肉麺(ニューローメン)もありました!
tw201505-367.jpg

台湾夜市の屋台を思わせる食べ物もあって、見ているだけでも楽しめます。
tw201505-368.jpg

tw201505-366.jpg

パンは数種類が用意されていて、トースターももちろん設置されています。
tw201505-369.jpg

サラダバーです。
tw201505-371.jpg

ご飯を食べるほどお腹は空いていない・・・という場合は、ポテトチップスとクッキーとビスケットをどうぞ。
tw201505-370.jpg

ケーキもありました。
tw201505-372.jpg

前回台湾に来た時は、帰りの機内食を楽しみにしていたのでラウンジではあまり食べずに飛行機に乗りました。
そうしたら、機内食があまりに不味くて、「ラウンジの美味しい食事をいっぱい食べればよかった~」と大後悔。
そんな経験から、今回はラウンジでいろんな種類の食事を満足するまで食べました。
tw201505-373.jpg


ラウンジから搭乗便の出発ゲートまではかなり距離があるようなので、時間早めにラウンジを出ました。
エバー航空196便で、成田空港へと帰ります。
tw201505-374.jpg

機種はエアバスA330-200型です。
tw201505-375.jpg


スターアライアンスゴールドメンバーも優先搭乗対象だったので、先に飛行機に乗り込みました。
日本発の便だと、スタアラゴールドの優先搭乗のコールが掛かるとかなりの乗客がゲート前に集まるのですが、台湾発だと数人しかゲートを通過しなくて、その少なさに驚きです。
tw201505-376.jpg

隣の飛行機はキティージェット。韓国のインチョン空港行きです。
tw201505-377.jpg

桃園空港をほぼ定刻に出発しました。
tw201505-378.jpg

機内食の時間です。
以前、同じフライトに搭乗した時、機内食よりもラウンジの食事の方が美味しかったので、今回はラウンジで腹いっぱい食べて、機内食はスペシャルミールで軽く済ませようと考えました。
(エバー航空の特別機内食のご案内→http://www.evaair.com/ja-jp/flying-with-us/dining/special-meals/

というわけで、これが事前注文しておいた特別食の「フルーツプレート」です。
tw201505-379.jpg

これは、お友達さんが注文しておいた「生野菜ミール」です。
tw201505-380.jpg

エコノミークラスの普通の機内食です。
tw201505-381.jpg
成田発の便ではアイスクリームのサービスがありましたが、桃園発ではアイスクリームは配られませんでした。
キティージェット限定のサービスなのかな?

食事のあとは、機内エンターテインメントサービスをいじくりまわして暇つぶし。
アニメチャンネルの「しまじろう」。日本語のストーリー紹介がなんか変です。
tw201505-382.jpg

懐かしい香港映画をやっていたので、しばらく見てました。
「つきせぬ想い」
tw201505-383.jpg
もう20年以上も前の映画です。
日本語のストーリー紹介がものすごく大雑把ですが、まぁそんな感じのストーリーです。
話の展開に劇的な盛り上がりもなく、ストーリーは淡々と進むのですが、それが却ってラストシーンを強烈にしています。
主演のアニタ・ユンは、「元気印がトレードマーク!」といった役どころが多い女優さんですが、これがデビュー作だというのだから驚きです。
ちなみに私は、香港映画祭で見て号泣、NHKの深夜放送で見て号泣、中国でVCDを買って見て号泣、と3度泣きました。


トイレに立ったついでに、ギャレイのCAさんに「搭乗の記念になる物をもらえませんか?」と聞いてみました。
微妙に日本語が通じていなかったので、北京語で話しかけてみると・・・・

こういう場合、エアラインの絵はがきを1~2枚「はい、どうぞ」と渡してくれるのが普通なのですが、「こんなのでいいですか??」と恐縮そうに出してくれたのが、なんだかすごく豪華だったのでビックリしてしまいました。
tw201505-384.jpg
エバー航空の最新鋭機「ボーイング777-300ER」ポストカードセットと、しっかりした厚紙に入ったレターセット。
ずうずうしくも「一緒に乗っている友達の分もいいですか?」とお願いしたら余分にくれました。
もちろん何度も感謝の言葉を伝えたのは、言うまでもありません。



今回、機内販売のプリオーダーも予約しておきました。
キティージェットの1/500サイズの模型です。
ボーイング777-300の「サンリオファミリー」塗装。日本でも人気のある、有名どころのサンリオキャラクターが勢揃いのペイントが施されています。
tw201505-390.jpg



途中居眠りしたりしてると、飛行機は海上で大きく旋回。
tw201505-385.jpg
成田空港はもう目の前と言うところまで来ていました。
tw201505-386.jpg

成田空港の着陸はB滑走路でした。
B滑走路からだと、第1ターミナルまでの地上走行の時間が長いんですよね。

成田空港に到着しました。4日ぶりの日本です。ただいま~!
tw201505-387.jpg
ターミナルのメインビルに一番近いスポットに入ったので、入国審査と税関までの距離が短くて助かりました。

到着便のインフォメーションボード。上から4番目の「エバー航空 BR196便」に乗ってきました。
予定より10分ほど早い到着だったみたいですね。
tw201505-388.jpg

4日間一緒に台湾を旅行してきたお友達さんたちとは、ここでお別れです。お疲れ様でした。

さて、私はどうやって自宅まで帰ろうか。
行きと同じく、帰りも「成田空港-<N'EX>-東京-<ひたち>-土浦」のルートで帰ろうと思ったのですが、時間を調べてみるとN'EXからひたちへ東京駅での乗り継ぎ時間が2分しかないので、これは断念。

結局、京成スカイライナーで上野へ出て、そこから常磐線の特急に乗り換えるルートで帰ることにしました。
tw201505-389.jpg


おわり。

この記事へのコメント

ロック : 2015/12/21 (月) 21:57:44

格好いいポストカードとレターセットですね。
自分も今年国内線のある飛行機に乗った際CAさんに同じようなお願いしたところ、想像以上のものが来て逆に恐縮してしまいました。
CAさんの厚意に感謝です。

京九快速 : 2015/12/25 (金) 11:33:24

ロックさん こんにちは
絵はがきは各社で趣向を凝らしたデザインのものが多いので、貰うのが楽しみですね。
ANAやJALだと、こっちが飛行機好きだと分かってくれると、絵はがき以外にミニモデルプレーンやバルーン型の飛行機をくれることが多いです。

管理人のみ通知 :