グランクラス・リレー Vol.5

つづきです。


盛岡駅からは「はやぶさ」7号に乗り換え。
先頭が「スーパーこまち」7号で入ってくるので、盛岡駅でE6系とE5系の切り離しが見られました。
GCrelay045.jpg



「スーパーこまち」を先に発車させて、「はやぶさ」はその2分後に盛岡駅を発車。

東京から北上するに連れて、徐々にグランクラスの乗客も少なくなってきた感じでしたが、「はやぶさ」号のグランクラスはほぼ満席でした。
GCrelay046.jpg

もうお腹いっぱいなのでお茶だけもらいました。
GCrelay047.jpg

最速達列車のイメージが強い「はやぶさ」ですが、盛岡を出ると、いわて沼宮内、二戸、八戸とこまめに停車。
さらに七戸十和田にも停まって、盛岡から新青森まで各駅停車です。
「はやぶさ」と「はやて」の違いは、盛岡まで320Km/hに達する高速運転をするかどうかだけで、停車駅の多さは関係ないみたいです。

「はやぶさ」7号を八戸で下車します。
GCrelay048.jpg

GCrelay049.jpg

八戸からは30分後の「はやて」73号に乗換えです。

グランクラスに乗り込むと、乗客が誰も乗っていません。
GCrelay050.jpg

アテンダントさんに「自分1人だけですか?」と思わず聞いてしまいました。
八戸から新青森まで30分ほどの短い時間ですが、グランクラスの貸切が楽しめました。

・・・といっても、時間も短いし腹いっぱいなのでドリンクサービスを受けただけですが。

トンネルに入るとグランクラスの車内は照明が煌びやかでとてもゴージャスです。
GCrelay051.jpg

で、終点・新青森駅に到着。
GCrelay052.jpg
6列車を乗り継いでも東京から新青森まで約6時間ですから、乗換え待ちの時間を省くともっと短い時間で移動してきたわけで、新幹線の速さには本当に驚きです。

新青森ではE5系の3本並びが見られました。
GCrelay053.jpg
新青森まで到達するE2系列車はもう無いそうで、そのうち東北新幹線の全列車E5系化もあっという間に実現しそうです。



おまけ画像。
グランクラス車内でもらったパウンドケーキとおつまみ。
GCrelay054.jpg


とりあえず、連続乗り継ぎはグランクラスでも疲れました。
東京→新青森を直通して乗ってこそ、その真骨頂が味わえるというものかもしれません。


おしまい。