エアアジア・ジャパン+北斗星で北海道 その2

(つづきです)

上空に出て安定飛行になると、機内販売が始まるより前に、ネット予約で食事をオーダーした乗客には先に食事が届けられます。

機内に入った際、非常口席のレクチャーと同時にネットで事前に予約した食事のオーダー確認もされたので、その時にシナモンロールも追加してお願いしておきました。
lcchokuto016.jpg
別々に出てくるかと思ったのですが、一緒に持ってきてくれました。
ネット注文したのは「イングリッシュマフィンセット」。
けっこう美味しかったです。マフィンもシナモンロールもホカホカで大満足。
ちなみに、画像にやたらと紙コップがいっぱいあるのは、どちらにもコーヒーか紅茶がついてくるので、紅茶が2杯もあるということです。


前回オーダーしてガッカリだったチキンは内容が変わっていました。
lcchokuto017.jpg
ほぼ同じ値段ですが、パンと水がついてくるようになっていました。


座席のポケットに入っているもの。
lcchokuto018.jpg

機内誌はほとんどが英語です。
結局メニューを何度も見返してみたり、iPodで音楽を聴いたりしてました。

機内はガラガラです。
lcchokuto019.jpg
各列に2人か3人座っているという程度。
2列ある足元の広い非常口席のホットシートは、私を含めて3人しか座っていませんでした。

お客が少なく余裕があるから、というのもあるかもしれませんが、機内サービスはかなり良かったです。
食事の提供もすぐ出てくるし、こまめに機内を回ってドリンク販売とゴミ回収。

機内販売ではCAさんが手にランプベアのぬいぐるみや飛行機の模型を持って、時には座って子供の目線で商品を子供に見せてあげたり。数列前の座席のお客さんが子供にクマのぬいぐるみを買ってあげていました。

さすが機内販売の売り上げが歩合制なだけはあります。でも、不快感のある押し付けがましさもなければ、商品をカートに載せてフラッと機内を一周して終わりというやる気の無さもないし、エアアジアのこのような販売戦略(個人のスキルに任せているのかな?)は、なかなか簡単にできることではないですね。


新千歳空港の到着すると、
lcchokuto021.jpg
となりのスポットにエアドゥの新塗装機がいました。
新塗装の実機を初めて見たのですが、なかなかいい感じの塗装ですね。


(つづく)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :