中国に行ってきた その24

(前回までのあらすじ)
北京の灼熱にやられてダウン。他メンバーと離れて一人先に北京駅で休むことに。



北京駅。ここも久しぶり。
2012shanghai-361.jpg

異国のターミナル駅という雰囲気があって、昔から大好きな風景です。

ちなみに、1996年当時の北京駅。
2012shanghai-362.jpg

外観はほとんど変わっていませんね。
上海駅のように改装されて未来的な雰囲気な駅舎になってたら、きっとガッカリだったと思います。やっぱり北京駅は北京駅だぁ。

ちなみに駅舎内へ入る前に「関所」のようなゲートが設けられていました。
何かと思ったら、パスポートと切符に印字されたパスポート番号はちゃんと合っているか(=不正にダフ屋から購入した切符じゃないかかどうか)のチェックでした。
今までの旅程には無かったシーンなのでちょっとビックリ。
もちろんその後には、荷物のX線検査もあります。
首都「北京」ということで厳しく取り締まっているのでしょう。


北京駅の駅舎内に入ると、中も昔ながらのレトロな雰囲気でした。
2階建て構造で、乗り場(乗車待合室)は1階と2階に分かれています。

駅構内の列車発車案内の電光表示板は、昔に比べて新しくなって見やすくなってました。
2012shanghai-363.jpg
北京駅から乗車するのは、表示板一番上の「D311次 上海行き」。
北京から上海へと走る夜行列車です。

それ以外に表示されている列車も、全て遠方へ向かう夜行列車。
日本では夜行列車が絶滅寸前ですが、中国ではまだまだ星の数ほどの夜行列車が国内中を走り回っています。
「ハルビン」行きの列車なんか、21:14発・21:20発・21:26発と6分おきに発車。
21:14発は「Z1次」のエース番号を与えられて、乗り場も1番線(=ホームに入るのに階段の昇り降りが無く直接ホームは入れる)ということでかなり優遇されている花形列車のよう。

駅の構内も、今まで見てきた駅が空港のようなデカさだったのに対して、ここ北京駅は昔と変わらない狭さで、懐かしさにちょっとホッとする。


発車時間まで4時間以上あったのですが、とりあえず熱中症で頭が熱い。
軟座専用待合室という、ソファーが並んだ特別な待合室が北京駅にはあるのを知っていたので、そこでまったり(ぐったり)していることにしました。


とりあえず食料。みなさんが北京の吉牛なら、俺は北京のマックで対抗じゃぁ!
2012shanghai-364.jpg
昔は駅舎内にはこんなファーストフード店なんか無くて、市場みたいに果物やら菓子やカップメンを広げて売っているお店ばっかりだったんですけど、こういう点では北京駅は本当に便利になったと思いました。

マクドナルドで「マックチキンセット」と「ストロベリーサンデー」を購入。
2012shanghai-366.jpg
中国のマクドナルドは味が濃い!
その上、ポテトには全然塩が振ってありません。
ケチャップを渡されたので、どうもケチャップをつけて食べるという習慣のようです。

普段、日本を旅行している時には、「わざわざここまで来てファーストフードってのもなぁ」と躊躇いがちですが、外国では日本との違いをカルチャーショックとして楽しむため、むしろファーストフード店も使ったほうが面白そうです。

さらに売店で冷たい水とポカリみたいなドリンクを買って、軟座専用待合室へ。

軟座専用待合室の入口で乗車券を見せる。
乗車するのは軟臥寝台だったので問題なく入れました。
2012shanghai-365.jpg


上海虹橋駅の商務座ラウンジのような、ガラガラで人の少ない状態を予想していたのですが、意外にも乗客でごった返していました。
昔はここはほとんど人がいなかったのになぁ。
中国も「軟座」「軟臥」のチケットを気軽に買えるお金持ちが増えたってことですかねぇ。

とりあえず、なんとか空いているソファーを見つけ、座る。
フカフカのソファーで、ぐでぇ~としてました。
買ってきたマックチキンのセットを半分くらい食べ、水をガブガブ飲んで、一寝入りしようかと思ったのですが、周囲がうるさくて眠れねぇ!
iPodで音楽聴きながらボーッとしてました。
(今回の旅行の中で、最も「何してんだ俺は」と思った瞬間であった)

ちなみに軟座専用待合室の画像はありません。人大杉で撮るのを躊躇われたので。



・・・・・・・・。



うっすらアナウンスが聞こえる。
「上海行きD311次は、1階2番改札口から只今より乗車改札を開始します」

あー、D311号列車かぁ・・・







って、自分が乗る列車じゃん!!


「うおぉぉ!」と本当に声にしながら、身支度を整えて2番改札口へダッシュ。
2012shanghai-367.jpg
発車までまだ1時間近くあるのに、もう改札開始とな?!


上海行きの夜行列車ですが、車両はCRH2E型。
2012shanghai-368.jpg
なんと、日本には無い「寝台新幹線」です!


---------------------------------------------------------
ちなみに1996年当時の北京駅の構内はこんなでした。

2012shanghai-369.jpg

2012shanghai-370.jpg

夜で暗かったのすが、当時と比べても駅の中はだいぶ変わりました。
ところどころ古めかしさは残っていましたけどね。

---------------------------------------------------------

これから乗る車両の車体番号。
2012shanghai-371.jpg
「軟臥車」は日本のブルートレインでいうところの「A寝台」相当になります。

それはそうと、王府井で分かれたメンバー3人が見当たらない・・・・。
私が改札に若干出遅れたので、もしかするともう車内で待ってるのかな?


(つづく!)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :