fc2ブログ

10

13

コメント

中国に行ってきた その19

(前回までのあらすじ)
上海から北京へ向かうべく、中国高速鉄道の中枢路線「京滬高速鉄路」に乗る!



外観の撮影もそこそこに、商務座車内へ。
2012shanghai-303.jpg

2日目に乗ったCRH3タイプですでにどんな車内かは見ていたのですが、今から自分がここに座って移動すると思うと感動はケタ違いです!

(↓ちなみに比較用にJR東日本のはやぶさ号のグランクラス)
2012shanghai-304.jpg


座席は2+1のゆったり配置。
丸いのシェル型シートは、まるで「繭玉」に包まれるかのようです。
2012shanghai-305.jpg
高額な「商務座」は、利用者が大変少ないというウワサでしたので、もしかすると自分たちだけの貸切になっちゃうかも~?なんて思っていたのですが、我々4人を含めて車内の半分くらいの座席は埋まっていました。

上海虹橋駅を発車すると、右手に高速列車の基地が見えてきました。
2012shanghai-306.jpg


日本では見られない「E2系+E2系」で組まれた編成も。
2012shanghai-307.jpg


しかし、こうして見ると、どれも同じ「白に青いライン」の車両ばかり。
2012shanghai-308.jpg
JR東日本の多彩多色な新幹線を見慣れていると、もっと車種ごとにカラフルにすればいいのになぁ、なんて思います。
(東海道新幹線を見慣れている人には、逆にこれが普通に見えるかも?!)


列車は加速をし続け、あっという間に300Km/h台での安定走行に。
2012shanghai-309.jpg


じきに商務座の専属アテンダントさんの車内サービスが始まります。
まずは、おしぼりとウェルカムドリンク。
2012shanghai-310.jpg


そのあとに、小菓子としてクッキーの詰め合わせ。
2012shanghai-311.jpg
クッキーは、上海の老舗ホテル錦江国際飯店のもの。

スリッパももしっかりしたフカフカの生地の物が用意されています。
2012shanghai-312.jpg
ANAのプレミアムクラスのスリッパとほぼ同じ履き心地。

座席ソデ体正面には電源パワーポートも付いてます。
2012shanghai-313.jpg

もちろんパソコン利用を考慮しての装備でしょうが・・・
肝心の車内LANは、
2012shanghai-332.jpg

「CRH2」という電波をキャッチするんですが、ネットには繋がりませんでした。

片方の肘掛には折り畳みテーブルが収納されていますが、もう片方の肘掛にはなんと液晶テレビが収納されていました!
2012shanghai-315.jpg


液晶画面はタッチセンサー式。
映像は「映画」「TVドラマ」など、音楽は「最新流行」「クラシック」「外国ポップヒッツ」など、意外にも多彩なチャンネルが用意されています。
映画チャンネルを見ていくと何本かの映画が収録されていていて、
2012shanghai-316.jpg
なんと、「タイタニック」もありました。
「映画」だけではなく「音楽」のほうの収録数も聴ききれないくらいの曲数があり、ビックリ。もちろんオンデマンドで、好きな時に好きな所から見て、聴くことができます。

音楽を聴くためのイヤホンは座席に備え付けてないので、サービス員さんにお願いします。
2012shanghai-317.jpg
すると、こんなちゃんとしっかりしたヘッドフォンが出てきました。

ちなみに、座席の装備などをフル展開させるとこんな感じに。
2012shanghai-314.jpg


競合する上海-北京線の航空機のファーストクラスを意識して開発されたという「CRH商務座」、さすがのフルサービスで対抗です。
無愛想で無気力全開なイメージしかなかった中国の鉄道サービスですが、少なくとも私が中国にいた15年前と比べると、かなりソフト面でいい方へ変わってきているなと感じました。

ちなみに、航空の上海-北京線では中国南方航空が、あのエアバスA380をなんと国内線に投入して運航中
個室タイプの「ファーストクラス」まで設定していると言うから、中国では陸VS空の争いが日本以上に熾烈かもしれません。
(現在は、中国南方航空のA380は、北京-上海線では飛んでいないとのことです。情報元:スレタイ職人様より。ありがとうございます)




(つづく!)

関連記事

スレタイ職人

南方航空のA380は、現在北京〜上海線には入っていませんよ。
今は広州を中心に北京とロサンゼルスで運航中です。
何でも南方航空のA380の設備が、従来の機材より充実過ぎるのが目立ってしまって、
高速鉄道と価格競争を仕掛けられなかったとか何とか。
高速鉄道と競合する区間は、正直設備より時間とそれに見合った価格が、
選択の基準になりがちなんですよねえ。
まあどっちにしろ南方航空のA380はもう、北京〜上海線には戻らない可能性が高いでしょう。
北京〜広州の航空路は、北京〜武漢の高速鉄道が開業して北京〜武漢〜広州〜香港が全通しても、
総所要時間で差が付けられるんで、余程ヘマな対策をとらない限り棲み分けが出来て、
航空路も安泰だと考えますが。

10

15

16:55

京九快速

スレタイ職人さん こんにちは

中国南方航空のA380が国内線で、しかもファーストクラスも使って飛んでいると知った時は驚きでした。
現在は北京-上海線では飛んでいないですね。記事もそのように変更いたします。情報ありがとうございました。
北京-上海間は価格競争で航空機のほうが速くて安いらしいですね。2等座で北京-上海を乗り通すなら飛行機のほうが楽チンそうです。

10

15

18:09

ブルーインパルス大好き

京九快速さんご無沙汰でございます中国新幹線のファーストクラスと東北新幹線はやぶさのグランクラスはどちらも快適ですが、はやぶさのグランクラスと中国新幹線のファーストクラスどちらが一番快適ですか?後中国南方航空にA380が飛んでいること今で知りました(^_^;)しかも国内線で飛ぶとは中国南方航空は大胆ですね(笑)京九快速さんはA380とB787のファーストクラスはどちらが快適ですか?

10

15

18:13

京九快速

ブルーインパルス大好きさん こんばんは
「はやぶさ」のグランクラスと「CRH」の商務座は、甲乙つけがたいですね。
どちらも快適で、気分よく過ごせる空間・座席だと思います。
ただ、ソフト面でもっと低レベルかと思っていた「CRH」の商務座が予想に反してサービスがかなり良かったのが驚きでした。

10

16

21:47

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad