中国に行ってきた その18

(前回までのあらすじ)
上海2日目は、高速鉄道を堪能して南京と上海をそれぞれプチ観光。



はい、上海3日目です。。
今日は中国の東海道新幹線ともいうべき「京滬高速鉄路」で上海から一気に北京まで行っちゃいます!

北京行きの高速列車は、上海駅からではなく、上海虹橋駅という空港隣接の駅が基点。
2012shanghai-294.jpg


中は相変わらずデカくて広い。
2012shanghai-295.jpg


これから乗るのは、電光表示板の一番下の段の、
2012shanghai-296.jpg
9:00ちょうど発の「G2次」北京南駅行きの高速列車です。
列車番号の数字が小さいほど、途中停車駅が少ない最速達タイプの列車。
この「G2次」は上海虹橋発の最速達列車の1番手です。
日本でいえば「はやぶさ2号」とか、トップスピード最速達列車ってとこでしょうか。
上海から北京までの1300Km余りの距離を4時間48分で駆け抜けます。

ちなみに今さらですが、「G2次」などの「次」は日本での「号」にあたります。つまり「G2号」。
Gは「高速=Gao su」の意味で、この列車は「高速列車2号」というワケ。


「G2次」の切符。
2012shanghai-297.jpg
最高速列車のVIPクラス車両「商務座」を購入しました!
「1等車」よりさらに上のランクで、JR新幹線で言えば「グランクラス」みたいなもんですね。
価格もそれなりにすごい。「1,750元=約21,000円」
東京からほぼ同距離の熊本までグランクラスで21,000円・・・と考えると安いような気もするけど。

「商務座」の乗客は、上海虹橋駅と北京南駅ではラウンジサービスが受けられます。
2012shanghai-298.jpg
さっそくエレベーターで上のフロアーへ。


ラウンジフロアに着くと、まず係員さんに切符を見せて中に入ります。
ラウンジはけっこう広くて、ゆったりした空間。
パソコンコーナーやセルフサービスの軽食・ドリンクサービスもあります。
2012shanghai-299.jpg

2012shanghai-300.jpg

しかし・・・客が我々以外に誰もいないのですが・・・。

乗車前に見たインターネット情報だと、発車時間が近くなると係員さんが呼びに来てくれ、ホームに優先的に通してもらえるということだったのですが・・・・係員さんは携帯を見たりおしゃべりに夢中で、呼びに来てくれる気配は全くなし。
結局、「G2次列車の改札を始めます」というコンコースアナウンスを聞いて、自分たちでホームに下りていきました。
2012shanghai-481.jpg


ホームに下りると、CRH380AL型が待ってました。
2012shanghai-302.jpg
「塗装が500系に似ているからパクリだ!」とか言われてるけど・・・そんなに500系の塗装に似てるかな?と個人的には思う。全然別モノじゃない? もうちょっと前面を覆うシルバーの塗装をどうにかすれば、もうちょっとかっこよく見えるスタイルになったんじゃないかなーと思います。

駅やホームは、あいかわらずの巨大さである。
2012shanghai-482.jpg


他のホームを見渡すと、いろんなタイプのCRHがたくさん停まっています。
2012shanghai-301.jpg
手前から、シーメンス「ICE3」ベースが2本、その奥はボンバルディア「レジーナ」ベースが2本、さらにその奥には、日本の川崎重工「E2系1000番台ベースが1本・・・・

各国の技術供与によって生まれた「中国版新幹線」を印象付けるワンシーンですね。




(つづく)

この記事へのコメント

だどぅ : 2012/10/10 (水) 21:44:44

こんばんは。
中国の話からは外れてしまいますが、鶴丸のMD90、登場しましたね。最初にネットで見たときから、退役までに見ることができたらいいなと思ってました…
話は変わり、MD90に乗ったことがなかったので、乗り納めに行ってきたのですが、なんと鶴丸MD90でした。見るだけでなく、実際に乗るとは思ってもいませんでしたね。席はもちろんエンジン横の窓側です。

京九快速 : 2012/10/11 (木) 13:07:13

だどぅさん こんにちは
鶴丸のMD90の登場には私も驚きました。
雑誌によると営業運航で稼働している機体は4機しかないそうですね。
ほぼ引退間近の状態で鶴丸登場とは、JALからのファンサービスでしょうか?!

だどぅ : 2012/10/13 (土) 23:47:06

鶴丸をつけて最後の花道を飾らせたかったのかもしれませんね。M90の窓からJAではなくNレジの同じM90を見たときは何とも言えない感じがしました…

空港に着いてから降りたのは自分が最後だったので、後片付けやら折り返しの準備に取り掛かるのが邪魔しては悪いなと思いつつも機内の写真を撮っていたらCAさんが「もう少しでなくなってしまいますから、ゆっくりどうぞ」と言ってくれました。
自分も「M90に乗るのは初めてで、鶴丸が登場したときから乗れたらいいなと思っていたこと、羽田の展望デッキで鶴丸M90が前運用から戻ってきたのを見たときから余計に楽しみになった」など話しながら、最後にCAさんから「ここの展望台からも見れるといいですね」と言われてM90を後にしました。

京九快速 : 2012/10/14 (日) 18:50:55

だどぅさん こんばんは
最後に機内をいろいろ撮影することが出来たようで、よかったですね。
CAさんによっては「早く出てください」オーラが全開な人もいるので、この点では「当たりクルー」だったのかもしれません。

管理人のみ通知 :