中国に行ってきた その12

(前回までのあらすじ)
上海2日目は南京へ向かうべく、中国の高速列車に初乗車!!



車内に入ると、

運転室の真後ろには「観光区」という特別席のスペースがありました。
2012shanghai-187.jpg
この「観光区」とは反対側に、私たちが今回乗る「1等座」があります。
アプローチ部分もなんか、オッシャレー。
2012shanghai-186.jpg

これが中国高速鉄道の「一等座」です!
2012shanghai-190.jpg

2012shanghai-191.jpg
新幹線で言うところの「グリーン席」です。
・・・というか、座席もE2系のグリーン席そっくりなんですけどね。
2012shanghai-192.jpg



そして、一番豪華な「ビジネスクラス(商務座)」
2012shanghai-188.jpg
現地の人の収入からしても、とてつもなく高い運賃らしいです。
あ、ちなみに比較として「はやぶさ」の「グランクラス」の写真も。
2012shanghai-189.jpg




列車は上海駅を出発。新幹線同様にスムーズな走り出しです。

この列車が走る「滬寧高速鉄路」は南京までの間、これまでの在来線とほぼ並行して走っていくので、在来線の「機関車に引っ張られる客車」という昔ながらの中国の鉄道も時折見受けられます。
上海駅を出てしばらくすると、巨大な貨物ターミナルが見えました。
2012shanghai-193.jpg
日本では鉄道貨物が衰退してしまいましたが、中国ではまだまだ鉄道貨物輸送が国の経済を支えているほどに主力です。

都市部を過ぎると、窓の風景は農村が延々と続きます。
2012shanghai-194.jpg

列車は常に300Km/hにちょっと届かない程度の速度で走り続ける。
2012shanghai-205.jpg

滬寧高速専用線は、在来線と並んで敷設されているようで、ほとんどの区間でとなりに在来線の線路が並んで走ります。
2012shanghai-477.jpg


突然大きなビルが立ち並んでいるのが見えてくると・・・
2012shanghai-195.jpg


駅に到着。
2012shanghai-196.jpg


車内には液晶テレビが付いてます。
時々ドキュメンタリーやトークショーっぽい番組やが流れますが、画面に流れているのはほとんどが「CRH和諧号」のイメージ広告。
2012shanghai-197.jpg

2012shanghai-198.jpg


このほか、座席のポケットには雑誌が用意されています。
2012shanghai-199.jpg
この雑誌も、座席によってあったりなかったり、また種類が全然違う雑誌が用意されていたりと、サービス基準がよく分かりません。 チャイナクオリティってとこでしょうか。

座席下にはコンセントもついている。
2012shanghai-200.jpg
差込口が丸い形か、3つ口のコンセントがつかえます。


車内はドイツの「ICE」のインテリアをそのまま使ってるんでしょうかね。
2012shanghai-202.jpg
デッキ仕切りのドアは無く、曲面ライン仕上げの木目調壁で仕上げられています。

こちらは1等座専用のトイレ。
2012shanghai-201.jpg
意外とキレイでした。
それもそのはず、1車両に1人は必ず列車員が乗務していて、洗面台やらトイレやらを常にキレイにしている。
人口の多い国じゃないとさすがにそこまではできんなー、と中国のすごさをちょっと思い知る。



常州駅に停車。
在来線ホームのほうには、客車列車が見えました。
2012shanghai-203.jpg



鎮江駅では、発車したと同時に・・・
2012shanghai-204.jpg
同一方向へ向かう後続列車が入線。
高速列車にしては、すごい列車間隔ですね。
(おそらく上海虹橋駅発漢口行きの高速列車)


鎮江駅の次は終点南京駅。およそ20分で到着です。
車窓に見える風景も、徐々に大都市っぽくなってきました。
2012shanghai-206.jpg

南京駅に到着です。
2012shanghai-207.jpg
南京駅も高速鉄道と在来線が一緒になった駅。

在来線ホームのほうには、緑色に黄色のラインが入った客車が停まっていました。
2012shanghai-208.jpg


よく見てみると・・・
2012shanghai-209.jpg
なんとチベット「拉薩(ラサ)」から来た上海行きの列車。
中国はスケールがデカいなぁ・・・。

---------------------------------------

今回乗った、CRH3の1等座はこんな感じです。
2012shanghai-210.jpg
たぶん、ほかの「CRH2」「CRH2C」「CRH380A/AL」も同じ仕様だと思われます。

---------------------------------------
今回乗った列車と、私が留学してた1998年頃の時刻を比較してみる。

(2012年6月)
G7038次 上海8:05→昆山南/蘇州/惠山/丹陽/鎮江→南京10:01
所要時間:1時間56分

(1997年7月)
K4次(最速列車)上海9:00→無錫→南京11:49
所要時間:2時間49分

今回乗車した「G7038」次の時刻表です。
G7038.jpg



(つづく)

この記事へのコメント

スレタイ職人 : 2012/09/11 (火) 22:57:44

載っているラサ行きの車両ですけど、高地走行に対応するために車内は与圧されてますよ。
それから貨物列車が中国は本当に多くて、10年前くらいは、戦車や装甲車を積んだ人民解放軍の
専用貨物列車も地方の駅で見かける事がありましたが、今もそういった特殊な荷主の貨物列車の数も多いんでしょうか。

QUWA : 2012/09/12 (水) 08:46:38

一等座、中央の肘掛けがちょっと寂しい+床は絨毯じゃあなさそうですね。

赤い単色だけの座席ってのも中国らしい感じが(汗)。一方でもし、日本の国鉄が今も存在していたら、座席はこんな感じになるのだろうか…。



ところで…中国での座席の採寸、怪しまれませんでしたか!?(笑)

京九快速 : 2012/09/12 (水) 18:11:28

スレタイ職人さん こんにちは
ラサ行きの客車は特別装備の専用車両らしいですね。酸素の出てくるチューブが客室にあるとか。

10数年前に北京西駅発九龍行き列車に乗った時、北京西駅を出てすぐに戦車をたくさん載せた長い貨物列車を見かけました。あと、長い鉄橋の入口には小屋が必ずあって、銃を持った兵士がいましたね。さすが中国!と思いました。
今回はそのような貨物列車も見なかったですが、「毛沢東」のレリーフを先頭につけた「毛沢東号」なる機関車は高速列車の窓から見ました。

京九快速 : 2012/09/12 (水) 18:19:21

QUWAさん こんにちは
中央肘掛だけは、なぜか日本のE2系よりも小さいものでした。
それ以外の寸法は、たぶんE2系のグリーン席そのまんまだと思います。
座席は形式によっては、E2系と同じストライプ模様のものもあるようです。(curokaさんのサイトを見たほうが良いかも)

>中国での座席の採寸、怪しまれませんでしたか!?(笑)
怪しまれてた・・・かも?! テキパキとメジャーで測ってメモったので、多分乗務員さんには見つかってないはず。乗務員さんも1両に1人という人数で乗り込んでいるわりには、デッキで座り込んでケータイいじったり、無人の1等車では乗務員さんが座席に座ってましたから・・(笑)
あまり仕事をしているという感じではなく、座席画像の撮影も怒られるかと思ったら、全然何も言われませんでした。

curoka : 2012/09/12 (水) 20:31:00

こんにちは。
>中国での座席の採寸、怪しまれませんでしたか!?(笑)

怪しまれていました^^;;;
端の誰もいない席で寸法やら写真やら撮っていましたが、やはり通路からジロジロと見られていました。とくに止めには来なかったので、気づかないフリしていました。上級席利用であれば、よほどのことがない限り問題ないと思います。(逆に一般席利用の時には・・・(以下略))

京九快速 : 2012/09/13 (木) 19:13:06

curokaさん こんばんは

ゲゲッ!怪しまれてましたか!次回の訪中では自重しなければ・・。
座席の寸法まで測っていたら「産業スパイ」とか思われかねませんね。
座席の撮影に関しては、となりの無人の車両で撮影しましたが、通り掛った乗務員さんに何も言われなかったので大丈夫でしょう。(いちおう一等座の乗客でもあったし)

QUWA : 2012/09/14 (金) 16:47:31

なるほど、何となく雰囲気は分かりました。ありがとうございます。

とはいっても…昨今の事情云々で余計行く機会はなくなっていますが(そんな中、某家族が今頃中国に行ってるのですが…)…あの国のことですから、ダメならすぐにダメだと言ってきそうなのを、ジロジロ見られてただけだったということは、「変な日本人がいる」くらいにしか思っていないのか、それともアタリクルー(某○社風)だったのかもしれませんね。スーツだったら怪しまれたりとか、そういうのもあるかもしれません。

あとは…逆に、乗務員自身も見られたくない側なのかも(汗)。


>無人の1等車では乗務員さんが座席に座ってましたから・・(笑)
10年以上前のにちりん(全車グリーン車の485系で、乗客は私だけ)でも、そんな光景が…(笑)。

京九快速 : 2012/09/14 (金) 20:41:49

QUWAさん こんばんは

ここ最近の日中両国の緊張状態を考えると、今また中国旅行をするのはかなり怖い気がします。上海で日本人への嫌がらせ(ペットボトル投げつけられた)とかあったと報道されてますし、「上海うまや」の店舗が変な標的にされなければいいのですが・・・。

大きなリュック背負って一眼レフカメラ抱えてましたので、乗務員さんのみならず周囲の乗客全員からも「日本人旅行者だ」と認識されてたと思います。
座席の写真をバシバシ撮っていて、へんな記念写真を撮る日本人もいるんだな、程度に思われてたら、ちょっと一安心?

>逆に、乗務員自身も見られたくない側なのかも
食堂車が乗務員の溜まり場みたいになってたりするので、中国で食堂車の写真を撮るのは一苦労です。(全景などは始発駅入線直後に撮るしかないかも?)

管理人のみ通知 :