中国に行ってきた その4

(前回までのあらすじ)
荷物検査と出国手続きを済ませてエアサイドへ。
いろんな飛行機が駐機しているのが見えたので、搭乗ロビーから飛行機撮影してきました。



一通りの飛行機撮影をして、さぁ、いよいよラウンジへ。

まずは京九快速さん的に「初」のユナイテッド航空のラウンジへ入ります。
2012shanghai-038.jpg

2012shanghai-039.jpg
ユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッドクラブ」。
前は「レッドカーペットクラブ」という名前だったみたいですが、コンチネンタル航空との合併で「ユナイテッドクラブ」の名称に変更したみたいです。

入口すぐの受付カウンターで、搭乗券とANAのプラチナカードを見せる。
すぐにOKでが出てラウンジ内へと通されました。

「ユナイテッドクラブ」の中は・・・
2012shanghai-040.jpg

2012shanghai-041.jpg

2012shanghai-042.jpg

2012shanghai-043.jpg

・・・・・なんか、「アメリカ人の描く日本」がそのまま具現化されたようなインテリア。日本人からすると、ちょっと香港チックなオリエンタルな雰囲気があって「不思議空間」である。

トイレへ続く通路には、鯉を描いた屏風とか。
2012shanghai-045.jpg


ラウンジ内のあちこちにある日本人形が怖い(笑)
2012shanghai-044.jpg


軽食コーナーは2ヶ所にに別れていて、それぞれで置いてあるものが異なるので、一度にいろいろ食べたい場合は、ちょっと面倒。
ラウンジの奥のほうにあるのは、ホントに軽食。
2012shanghai-046.jpg

2012shanghai-047.jpg

2012shanghai-049.jpg


2012shanghai-050.jpg

このロールケーキは人気みたいで、補充してもすぐ無くなる。

ぶっちゃけ、味は「あーアメリカ人が好きそうな味だわ」って感じ。

バナナが丸ごと置いてあるのは笑った。
2012shanghai-051.jpg

あとは、アルコール類がいろいろ。
2012shanghai-048.jpg

私は全然「飲まない」ので、そのへんのありがたみは全く無いのだが。

ラウンジの入口に近いほうのももう1ヶ所軽食コーナーがあって、
2012shanghai-052.jpg
ここには寿司とかおにぎりがあった。
けど、寿司とか、「アボガド巻き」みたいなメリケン趣味な寿司。

ここまで読めばもうお分かりかと思いますが、ラウンジ内の利用者の8割方はアメリカ人です。いろんな意味で「海外の空港のラウンジ気分を体験したーい!」という人にはオススメ。
日本らしい繊細さと日本人の口にあった軽食を望むのなら、間違いなく「ANAラウンジ」のご利用をおすすめいたします。

ソファーコーナーのほかに、カフェテリアみたいなスペースも。
2012shanghai-053.jpg

ラウンジの奥のほうには、ビジネススペースもあった。
2012shanghai-054.jpg


あと、ソファー席も含めてほぼ全席にこんな電話機が置いてある。
2012shanghai-055.jpg

東京「03」エリアへの通話は無料。
国際電話も主要各国へは簡単なボタン操作ですぐ繋がるすごい電話機らしいです。

さて、前回の台湾行きでは使いそびれた「シャワールーム」を使ってみることにしました。
入口の受付で「シャワー使いたい」というと使えるシャワールームの番号カードが渡されます。
このカードをシャワールームのドアの外に掛けて「使用中」札にする仕組み。

さっそくシャワーコーナーへ行ってみた。
2012shanghai-056.jpg
一目見た感じ、中は普通のシャワールーム。


洗面台もそれなりに豪華。トイレはウォシュレットじゃなかった。
2012shanghai-057.jpg


置かれたアメニティはホテル向け業務用の汎用品。
2012shanghai-059.jpg

シャワーブースと着替えスペースの間にはドアなどの仕切りは無い。
2012shanghai-058.jpg

というか、シャワーブース内がすんげぇカビ臭いぃーー!!
これには参りました。結局ここのシャワーを使うのはやめました。

あと、トイレには歴代横綱の大きな写真が飾ってあるとネット情報で見たので楽しみに(?!)してたのですが、見にいったらそれらしきものはありませんでした。
「ユナイテッドクラブ」に変更する時に取り去ってしまったのかな?



窓側のソファー席に陣取って、軽食をつまみつつ、窓の外を眺める。

ちょうど27番スポットの真正面になるみたいです。
ANAのB767-300が停まっていましたが、じきに出発。
2012shanghai-060.jpg

2012shanghai-061.jpg


駐機している飛行機がいなくなると、誘導路を行く飛行機やA滑走路から離陸する飛行機がよく見えます。


2012shanghai-062.jpg

2012shanghai-063.jpg

2012shanghai-064.jpg

2012shanghai-066.jpg

2012shanghai-067.jpg
ANAのロゴが塗りつぶされたA320が離陸していきました。

仙台空港でのしりもち事故を起こした後、旅客便運用から外れ、エアアジアジャパンのテスト機に従事しているらしいですね。




さっき展望デッキで着陸してくるところを見たKLMオランダ航空のジャンボ機が出発していきました。
2012shanghai-068.jpg

これを見送ってから、「ユナイテッドクラブ」を出ました。

あ、ちなみに「ユナイテッドクラブ」ラウンジ内では、自社便(つまりユナイテッド便)の案内しか放送されません。出発案内ボードにも自社便しか表示されてません。
スターアライアンス便くらいは案内・表示してくれよぉと思いますが・・・注意が必要です。


さて、まだまだ出発時間まで余裕があります。
このあとはもちろん・・・「ANAラウンジ」へ行くとしましょう♪



(つづく)

この記事へのコメント

ちゅう : 2012/08/17 (金) 01:38:00

こんばんは。
ラウンジも航空会社に寄って随分違うんですね、今回のはアメリカから見た日本らしさなのか?相撲取りの写真が過去に有ったというのも、「いかにも」、といった感じです。

しかし、かび臭さというのは、欧米人にはあまり感知されにくい「匂い」みたいですよ。
ハワイなどのホテルの部屋でも、水廻りで感じる事もありましたが特に対策をしている様には感じませんでした。最も、高温多湿な日本みたいな所に住んでいる者は、常にその様なものに接しているから、なのかもしれませんが…

こちらでは、KLMオランダ航空の画をよく見るのですがこのマークって昔からですよね。実は、このマーク大好きです。羽田で観ていた子供の頃から引きずっているのかも…

へなおじさん : 2012/08/17 (金) 09:11:51

ウィングレット付きの767は初めて見ました。
ANAに登場するとは聞いていたのですが、まだ見たこと無かったです。
767好きの私としては「カッコイイ」と思っています。

京九快速 : 2012/08/17 (金) 09:51:12

ちゅうさん こんにちは
ネットでいろいろなラウンジ体験記を読むと、各国、各航空会社によって家具からソファーの置き方、雰囲気の出し方がまるで違うので、こういうのを体験するためにラウンジ入室資格を得る(=マイル修行をする)という人も多いようです。
ここのラウンジは妙にオリエンタルな雰囲気で、日本人からすると日本というより「古きよき時代の香港」のイメージが強かったですね。なんだか映画のセットみたいな感じでした。

>かび臭さ
シャワー室に入室してすぐに、安ビジホ特有のあの匂いがしました。
「もしかして・・・」とシャワー室本体の方へ入ってみるとちょっと強烈でしたね。
ここのラウンジにいた人は欧米人がほとんどだったので、あまり苦情にならないのかもしれません。(私は一言伝えようと思ったのですが、受付のお姉さんが忙しそうだったのでそのまま札だけ返してきました。)

>KLM
今のロゴは1962年からずっと変わらずに使い続けている、歴史あるロゴだそうです。
あ、ちなみにコチラ↓の本、オススメです。
http://books.google.co.jp/books?id=_xo557NTpHAC

京九快速 : 2012/08/17 (金) 09:54:56

へなおじさん こんにちは
B767にもウイングレットが付くと聞いた時は「本当に?」とちょっと半信半疑でしたが、成田で見かけるANAのB767はほとんどがウイングレット付きになりましたね。
B737-800みたいにピン!と立ったデザインがかっこよく、外観を撮っているとつい垂直尾翼と絡めて「W・ANA」に構図で撮りたくなります。

HS-TJE : 2012/08/17 (金) 10:02:48

http://press.jal.co.jp/ja/release/201208/002216.html
 JALのビジネスにも、フルフラットシート導入だそうですね。23インチの画面が設置されるそうです。ANA同様エコノミーもピッチ拡大みたいですねー。

 そういえばSFC会員の方ってプレミアムエコノミーの当日アップグレードができるんですよね? もっと近距離路線にも設定され、その威力を発揮できたらいいですねぇ…。

KUTAMUKI : 2012/08/17 (金) 20:34:04

香港のユナイテッドのラウンジは香港らしさが全く無いんですよ。食べ物的には成田より香港のほうが良いです。

京九快速 : 2012/08/17 (金) 20:35:13

HS-TJEさん こんばんは
ビジネスでフルフラットで個室感覚というと・・ANAと同じスタッガードタイプの座席になるのでしょうか。
9月の詳細が待ち遠しいですね。

今回はマイル特典を使っての旅行でしたので、アップグレード権は使えませんでした。
上海あたりまでの短距離でもプレミアムエコノミーがあったらいいですよね。

京九快速 : 2012/08/17 (金) 21:57:46

KUTAMUKIさん こんばんは
香港のユナイテッドのラウンジ、ググってみたら成田と全然違って、開放的で近代的な雰囲気ですね。
フードバーも成田より香港の方が量も質もかなり上みたい・・。

スタアラ系だと、UAのほかにSQとTGもラウンジを構えているようなので、ぜひ香港でラウンジのハシゴなんかしてみたいです。

curoka : 2012/08/18 (土) 09:09:55

こんにちは。中国ではお世話になりました!

ユナイテッドラウンジはアジアごちゃ混ぜといった感じで、ANAラウンジとは全く異なる雰囲気でした。眺めはよかったですが、食事類は・・・でした。

ANAロゴなし機は新鮮です!

次回はぜひ羽田の方を取材しましょう(!?)

京九快速 : 2012/08/18 (土) 11:03:36

curokaさん こんにちは
ユナイテッドラウンジの内装は、いろんな意味で「独特」でしたね。
家紋の壁飾りや恋の錦絵の屏風など「なんじゃこりゃ?」状態でしたが、面白かったです。ところどころに飾られている日本人形は冗談抜きで怖いですけど(夜な夜な髪が伸びたりしてそう~)

ANAタイトルが消された機体は、尻餅事故直後からあちこちで目撃情報があり、調べてみたらちょうど就航目前だったエアアジアジャパンの操縦テスト機に使われているということでした。

羽田のラウンジも気になりますね。アライバルラウンジもありますし!

PMダイエット : 2012/08/19 (日) 00:57:32

 やっとシャワーブースがって、カビですか残念。
無理してブース設置してるだろうし、メンテナンスの人間雇う規模でもないんでなかなか難しいでしょうねぇ。
 しかしドーナツと言いアメリカンな感じがひしひしと感じますねぇ。

京九快速 : 2012/08/19 (日) 09:08:48

PMダイエットさん こんにちは
シャワー室のカビに匂いは鼻にツンとくるほどちょっと強烈でした。
となりのシャワー室もこっそり入ってみましたが、ちょっと臭かったですね。部屋によって匂いの程度は違えど、基本的に臭ちゃってるみたいです。
ちなみにシャワーはこの後のANAラウンジで無事に浴びることができました。

ラウンジに用意されている食べ物はアメリカ人好みのものが多かったです。
唯一のスープも、真っ赤なミネストローネだけでした。(これもけっこう匂いきつかった)
なんでか「枝豆」が人気ありましたね。補充してもすぐに無くなってました。アメリカ人は枝豆好きなのかな?

管理人のみ通知 :