台湾行ってきた その25

(つづきです)

再び台湾高鐵の新竹駅に戻ってきました。
201103taiwan312.jpg


新竹からは北上して、台北へと帰ります。
台北までは30分ちょっとの乗車ですが、ビジネスクラスにしました。
201103taiwan368.jpg


ホームの端っこで、新幹線が入線してくるところを撮影。
201103taiwan369.jpg

201103taiwan370.jpg

あいぽんで撮った、新幹線が走ってくる動画 →http://www.youtube.com/watch?v=cyjh-OVv63o


座席に着くと、じきにアテンダントさんが車内サービスに来ました。
201103taiwan371.jpg
さっきと同じく、紅茶クッキーとドリンクサービス。
ミネラルウォーターも貰いました。


あんまり天気が良くないですね。
201103taiwan372.jpg
雨が降ったり止んだりが続きます。


台北駅に着きました。
201103taiwan373.jpg

これで、2日掛けて台湾を一周してきたことになります。やったね!



台北駅からMRTに乗って、本日の宿泊先のホテルへ。
雨脚が強くなってきて、MRTの駅からホテルまでの移動がちょっと難儀でした。

今晩のお宿はこちら。「神旺商務酒店(サンワン・レジデンスホテル)」。
201103taiwan374.jpg

こちらもCさんが見つけてきてくれたホテルです。


ホテルの中に入ると、なんかすごいゴージャスな雰囲気のラウンジコーナーがあった。
201103taiwan375.jpg

201103taiwan376.jpg
宿泊者はここでドリンクとお菓子が終日無料サービス。すげぇ!!

チェックインして部屋に入ります。

泊まった部屋。
201103taiwan377.jpg
どっしぇー!すさまじく高級感。

これで1泊15,000円もしないとか安すぎです。


部屋にはウェルカムフルーツが!
201103taiwan378.jpg
私、別にこのホテルの上級会員とかじゃないです。全然偉い人じゃないです。
日本から来た、ただのヲタです。

なのに、このおもてなし!! (多分全室このハイグレードなサービスなんだと思うけど)

お茶とかいっぱい。
201103taiwansanwan001.jpg
「立頓」は「リプトン」のことね。

このホテルは親会社がアジア圏で一番大きい?お菓子会社の経営。
その親会社のお菓子(せんべい)が部屋やラウンジにいっぱい置いてありました。(部屋のは有料)

冷蔵庫のミニバー。
201103taiwansanwan002.jpg
中は思ったよりも少なめ。周辺にはコンビニとか多いし、持込を考慮してかな?
チョーヤの梅酒のミニボトルがあったです。


こちらはバスルーム。
201103taiwan379.jpg

アメニティはロクシタン!!
201103taiwansanwan003.jpg

トイレとバスは別、さらにシャワーブースもあった。
201103taiwan380.jpg
トイレは近づくだけでフタがシャコーン!と開くスゴイやつ。
近づいたらいきなりフタが開いたので、超ビビった!!

バススペースは石造り。
201103taiwansanwan004.jpg
ゆっくりお湯に浸かるというよりも・・・「バスソルト」が置いてあったのでセルフエステスペースみたいなもんか?





さて、


部屋に荷物を置いて、3人で台湾の夜の街へ繰り出す!

私のリクエストで、下町にあるちょっと面倒な場所へタクシーで。
「Air shop 飛機館」
201103taiwan381.jpg

飛行機模型のお店です。
台湾の飛行機ショップってどんな品揃えなのか見てみたくて来ました。

品揃えは・・・ご当地のチャイナエア・エバーエア・キャセイが充実してたけど、他は日本とそんなに変わらない感じ。

キャセイの特別塗装のジャンボの模型を買いました。
201103taiwan382.jpg
日本で買うよりもちょっと安い程度かな。価格帯は日本で買うのとさほど変わらないと思います。


同行のCさん、Kさん、お付き合い下さりありがとうございました。
(ちなみにこのお店は、台北の松山空港のすぐ近くにある。松山空港を利用の際は寄ってみてはいかがでしょう)



このあとはMRTに乗って、晩飯食べに行く。

やってきたのは、ここだー!!

201103taiwan383.jpg
「鼎泰豐」

超有名な台湾の名店。エバー航空のビジネスクラスの機内食にも採用されてます。
ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界10名店にも選ばれたお店です。



店外には順番待ちの客があふれてました。

整理番号を貰って、メニューを見ながら店外のベンチに座って順番を待つ。
201103taiwan384.jpg
30分くらい待って、ようやく店内へ。

外で待っている間にあらかじめオーダーを取りに来るので、席に着くとすぐに料理が運ばれてきます。


もちろん「小籠包」(ショウロンポウ)を食う!!
201103taiwan385.jpg

普通のと蟹肉(蟹粉小籠包)の2種類食べました。

上海にいた頃によく小吃でショウロンポウ食べたけど、美味しさが全然違う!!
201103taiwan386.jpg

溢れる熱々の肉汁もジュウシィ~!


これは、「炸排骨」(パイコー)
201103taiwan387.jpg


あと、チャーハンも美味しかったです。(蝦仁蛋炒飯・エビとタマゴのチャーハン)
201103taiwan388.jpg


小籠包がけっこう腹にたまるので、3人で小籠包2種と排骨とチャーハンで腹いっぱいになった。



鼎泰豐のサイト→http://www.dintaifung.com.tw/jp/index.asp
(画面を見て、ぜひヨダレを垂らして下さい)


帰りがけに、店の並びに鼎泰豐キャラクターショップがあった。
201103taiwan389.jpg

文房具やらTシャツやらいろいろ売ってた。買わなかったですが(笑)

そんなこんなで、台湾最後の夜は更けてゆくのであった。





(次回からはいよいよ台湾最終日だ! つづく。)


この記事へのコメント

univ : 2012/06/12 (火) 08:54:47

あ~、美味そうだぁ。
鼎泰豐は日本の支店と味が違いましたか?
順番待ちって現地民も多いのかな?

ユーロえぼし : 2012/06/12 (火) 18:20:26

お久しぶりです。

神旺商務酒店に泊まられたのですね。私も初海外、初台湾はこのホテルにしました。なんといっても豪華なことと、ホテルマンの日本語が堪能であることに驚かされましたね。値段は高かったですけれど(笑)。

台湾は近くて食べ物美味しくて、気軽に鉄道の旅を満喫できるのがいいですよね。

京九快速 : 2012/06/12 (火) 20:41:32

みなさま こんばんは コメントありがとうございます。

★univさん
画像を今見ても、あの時のおいしさが口の中に広がってくるように思い出されます。
日本に出店している鼎泰豐の支店には行ったことが無いのですが、行ったことある友人の話では、味は台湾より下なのに値段は台湾の数倍、だそうです。
ほかの順番待ちの人を見ていると、地元人っぽそうな人もいましたが、ほとんどが観光客のような気がしました。
いわゆる「おのぼりさんルート」なのかもしれませんが、それでも並んで待ってまで食べる価値はあると思います!

★ユーロえぼしさん
おぉ!同じホテル泊まられたことがあるのですね!
フロントさんもドアマンさんも日本語が上手でしたね。私は日本語と北京語のチャンポンで話してました(笑)
お部屋もラウンジも豪華で、朝食のバイキングも種類豊富。私の時は同行のCさんがネットで予約してくれたので、割と安く泊まれたのかな?
また今度台湾に行くことがあれば、ぜひ泊まりたいホテルですね!

管理人のみ通知 :