台湾行ってきた その22

(つづきです)

台湾新幹線を「新竹」で下車。
「新竹」は「台湾のシリコンバレー」として有名だそうですが、「ビーフンが名物」のほうが知られているかも?


新幹線の「新竹」駅。
201103taiwan313.jpg

201103taiwan314.jpg

なんだかすごい迫力あるデザインの駅舎です。
台湾高鐵の駅舎の中でも、一番凝った意匠だそうで。

駅前には台湾高鐵アクセスのシャトルバス。
201103taiwan315.jpg
台湾高鐵の700T系のカラーリングがあしらわれてます。



新幹線の「新竹」は、新竹の中心部からかなり離れています。
在来線の「新竹」までは、六家線と言う路線でアクセス。

日本だったら、すでにある「新竹」駅に対して「新新竹」とか「東新竹」とかって駅名になるんだろうけど、台湾高鐵と在来線(台湾鉄路局)は別会社なので、高鐵駅は後発なのに堂々と「新竹」を名乗り、鉄路局の六家線のほうの駅名は「六家」という別の駅名に。
うん、とってもややこしいぞ!
201103taiwan316.jpg

でも、新幹線の駅舎と六家線の駅舎はこんな感じでつながっています。
201103taiwan317.jpg



六家線の電車に乗る。
201103taiwan318.jpg
韓国製の通勤形電車でした。

中はオールロングシート。
201103taiwan319.jpg

ドアの上に、山手線みたいな液晶画面が付いてる。
201103taiwan320.jpg

車番プレート。
201103taiwan321.jpg
600形のファーストナンバーカーでした。


六家駅を出ると、電車はしばらく高鐵と並んで高架線を行く。
次の「竹中」駅でディーゼルカーが接続していました。
201103taiwan322.jpg
こちらは内湾線という別路線。あとで乗りに来るので端折ります(笑)


六家駅からまったり走る電車に揺られること約20分。
在来線の西海岸線が寄り添ってきて、新竹駅はもうすぐです。

途中、新竹駅まで「ぶたちゃん特急」と併走。
201103taiwan323.jpg

201103taiwan324.jpg


新竹駅です。
201103taiwan325.jpg
1913年に建てられた、バロック様式の駅舎。
「街の玄関口」にふさわしい、堂々の佇まいですな。


これから新竹の街中をブラブラします。



(つづく)


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :