台湾行ってきた その14

(つづきです)

花蓮駅前からタクって、約10分ほど。一軒の小さな店にやってきた。

「戴記扁食」
201103taiwan186.jpg

「扁食」はワンタンのこと。ここはワンタンが有名なお店です。
というか、「ワンタン」しかメニューがありません。
「なんとか味のワンタン」とか「なんとかスープのワンタン」とかではなく、ただの「ワンタン」1種類があるだけ。すごッ!!

店内に入って、「3人です」と言うだけ。
つまり、同時に「ワンタン3つ」という注文。
201103taiwan187.jpg

いやぁ、実にベーシックな「ワンタン」です。

しかし!これが激ウマー!!
これは今思い出しても「ぜひまた食べに行きたい!」と思うほどです。

このあと、また別のところで台湾グルメが待っているので、ここではこのワンタン1杯だけにしておきます。

駅へ戻るのに再びタクるのですが、なかなかタクシーが来ない。
タクシーを捕まえるために、しばらく花蓮の街中を歩くことにしました。

201103taiwan188.jpg

いかにも中華な雰囲気。


プラプラ歩きながら、途中でなんとかタクれました。


で、捕まえたタクシ-の車内がすごかった。
201103taiwan189.jpg

天井一面に、なんかシールみたいなのが貼ってある。
台湾のセブンで昔オマケに配っていた、スヌーピーと台湾の観光名所のシールだそうです。

いいなぁ、これ。全種類コンプしたいな。

タクシーは途中で裏路地みたいなところをショートカット。
洗濯してたり、軒先で座り込んでダベッてたり、現地の人の生活が垣間見えて面白かったです。


で、再び花蓮駅に戻ってきました。
201103taiwan185.jpg

花蓮駅は自動改札ではないので、自由にホームへ出入りすることができない。
(台湾は、有人改札駅では基本的に列車の入線時間が近くならないとホームに入れない。だいたい入線の10分くらい前?から改札が始まります)
列車の時間よりちょっと早く駅に戻ってきてしまったので、台湾の皆様に混じって待合室で改札が始まるのを待つ。


駅の中には踏切の実物?が置いてあった。
201103taiwan190.jpg
「緊急ボタン」が押せる実物大模型のよう。
押してみたい衝動に駆られますが・・・「ポチ」と、その一押しの勇気は出なかった(笑)



(つづく)

この記事へのコメント

univ : 2012/05/15 (火) 09:47:21

これは食べてみたいです。
欧米と違ってアジア圏に旅行する時は、
口に合う食事が多いので良いですよね。

OKA : 2012/05/16 (水) 11:00:12

台湾には台湾素食という野菜料理があるそうです。
それが肉料理と見間違うほど良くできていておいしいそうです。
自分が台湾に行って一番食べたいものがこれです。

北陸本線 : 2012/05/17 (木) 18:35:55

いつもブログを読ませていただいております。
台湾シリーズその14まで・・・すごい長いですね。
台湾シリーズまだまだつずくのですか?

京九快速 : 2012/05/17 (木) 22:57:39

みなさま こんばんは コメントありがとうございます

>univさん
主食にお米が食べられるのが日本人には嬉しいですよね。
台湾はどこで何を食べても日本人の口に合うものが多いように感じました。
食が自分の口に合うかどうかって、けっこう旅行の楽しさを左右するかも。

>OKAさん
台湾素食とは初めて知りました、また台湾へ行く機会があったときは試しに食べてみたいですね。
台湾グルメのガイドブックを見返してみると、まだまだ食べたことのない美味しそうなものがいっぱい載っています。

>北陸本線さん
いつもご覧下さっているとのことで、ありがとうございます。
3泊4日の旅行でしたのでまだまだ続きます。
比較的「鉄分」の濃い旅行でしたので、楽しく見ていただけると思いますが・・
興味がありましたら、どうぞ最後までお付き合いくださいね。

管理人のみ通知 :