台湾行ってきた その5

(つづきです。キティジェットで台北桃園空港に向かってGoGo!)


ギャレイに篭ってたCAさん。
ギャレイのカーテンをバッ!と開けて、重そうなカートを引きながら登場!
緑色の制服からピンク色のエプロン姿になって、エプロンにももちろんキティーちゃん。
(エプロン姿撮らせて!と言い出せなかった恥ずかしがり屋さん)


さぁさぁ、アレの時間がやってまいりました!


「お飲み物は何にいたしますか?」
「肉料理と魚料理、どちらにしますか?」

中国語で訊いてくるのを期待してたけど、英語だった。




ちなみに、中国留学に行く時に初めて乗った国際線。
機材は、今や懐かしい、中国国際航空のボーイング747SPであった。
北京までの4時間は緊張しっぱなしだったが、機内食の時間がきてその緊張もちょっと柔らぐ。

ここでも「肉料理と魚料理、どちらにしますか?」 だった(もちろん中国語)


とりあえず「肉」と答えると、「没有(メイヨー、つまり「無い」)」。


てめぇ、無いんだったら最初から「どっちにするアルか?」なんて聞くんじゃねぇ!!


と、早くも機内で中国の「メイヨー」の洗礼を浴びたのも今ではいい思い出!



閑話休題。





で、肉料理にしてみました。

出てきたの、こんなの。
201103taiwan065.jpg
いわゆる「魯肉飯」というやつか?

トレイに敷いてあるマットもナフキンも何から何までがキティー攻め。
ナイフ・フォーク・スプーンも全てドピンク色でキティの頭付き。
201103taiwan069.jpg
台北へ商談に行くビジネスマンもこのスプーンでこの飯を食っているのか。かなりシュールな光景だな・・・。
あ、いや、御年三十ウン歳の私もこのキティー飯食ったのだけれどな。

ニンジンが、よく見るとキティー型。
201103taiwan067.jpg


カマボコにもキティー。
201103taiwan068.jpg

「いやーん!こんなの可愛くて、かわいそうで食べられないー」みたいな。

いや、成田のANAラウンジでガッつき過ぎて、機内食半分くらいしか食べられんかったのはこの私だ。

というかだな、15時頃にこんなの食ったら、魅惑の台北ナイトでウマーな台湾料理が食べられないじゃないか。
そんなわけで、もったいないながらも半分くらい手をつけたところで「ごちそうさま」とする。


ちなみに、お隣の席のCさんは魚料理をチョイスされていたので、写真撮ってもらいました。
201103taiwan066.jpg
エビフライ?・・・・エビのすり身を揚げたものらしい。
てかこれって「魚料理」っていうの?


ちなみにビジネスクラスの「プレミアムローレル」では、なんと鼎泰豐のコース料理が出るらしいぞ。
羨ましす・・・。



食後のドリンクサービスには「烏龍茶」もらいました。
「ジャスミン茶」があるかと思ってたんだけど、頼んでみたらエコノミーでは出してないらしい。
というか、紙コップがこんなのなんですが。
201103taiwan070.jpg


Kさんはコーヒーを注文。
そしたら、砂糖とマドラーがこんな。
201103taiwan071.jpg
感覚がマヒってきたのか、もうだんだん何が出てきても驚かなくなってきた。


海外旅行に慣れているCさんアドバイス。
「国際線では、食事の後はトイレが混雑して行列することもしばしば」
ということで、食後早めにトイレに行っておくことにする。

エバー航空のA330-300はエコノミーゾーンのトイレが意外と少ない。
前方にはたった1ヶ所しかトイレがない。おい、国内線並みの少なさだぞ!


トイレの中は、壁一面がキティー柄・・・・なんてのを想像したけど、意外と普通のトイレだった。
しかし、備え付けのハンドソープや消臭スプレー、コロンは・・・
201103taiwan073.jpg
キティーボトルであった。


トイレットペーパーが、なんか「ほんのり青っぽいなー」と思ってよく見たら
201103taiwan074.jpg
これで拭くのか、いいのかそれで!!?



トイレの後、エコノミーの機内を一周してみた。

カーテンの隙間から見えたビジネスクラスは半分くらいの乗客だったが、

エコノミーは、THE満席。
201103taiwan072.jpg

後方席はツアー客と思われる集団が乗ってました。



後方のギャレイで食事の後片付けをしていたCAさんに話しかけてみる。
1人だけ日本人のCAさんがいました。
日本路線だと、ビジネスとエコノミーに1人づつ、または両方かけもちで1人の日本人CAさんが必ず乗っているそうです。

エバーのCAさんの印象。
なんかみんなチャイナっぽいメイクでちょっと気高い雰囲気が漂ってるけど、話しかけてみると気さく過ぎるほどにくだけてる。
乗り慣れたANAのCAさんだと、仕事上気さくにしてるって感じがどっかあるんだけど、エバーのCAさんはなんというか田舎の旅館のキャピキャピした若い女将さんって感じ(笑)

台湾人CAさんのたどたどしい日本語と、私のたどたどしい中国語で、2ヶ国語チャンポンでの会話は、外から見てさぞ滑稽であったろうなー。


席に戻って、しばらくおとなしくしていることに(笑)
窓の外はだんだん単調になってきて眠気を誘う。
201103taiwan076.jpg
よく見ると、翼の先にウィングレットが付いてる。



飛行機はどんどん先へと飛び続け、熊本と鹿児島の県境あたりから日本海側へと出ました。
201103taiwan075.jpg
羽田→那覇線と同じ航路で飛んでいくかと思ってましたが、同じ南方を目指しても全然違うところを飛んでくのだな。






(次回あたりでやっと台北桃園空港に到着・・・・・できるのかなーつづく。)

この記事へのコメント

ちゅう : 2012/04/21 (土) 16:58:43

こんにちは。今年になってからは、初だと思います。まぁ、色々大変でして…(笑)

台湾ですか、行きたいとは思っていますがなかなか機会が無くて行けてないです。小学1ー2年の担任の先生が台湾出身の方で、色々なお話を聞いていたので興味はとても有り、電気街やあちらの新幹線にも乗ってみたいです。大陸の方は、人多過ぎて持て余し気味だったけど、台湾なら丁度良さ気な気も…

よしりん : 2012/04/21 (土) 21:54:52

こんばんは
ここまで、キティカラー一色って言うのも凄いですね。
ある意味、痛飛行機みたいな感じでw
何か、京阪のけいおん電車を思い出します。
ここまで来ると、どこまでキティが続くのかも楽しみになってきたりw

京九快速 : 2012/04/22 (日) 12:57:00

みなさま コメントありがとうございます

>ちゅうさん こんにちは
こちらこそご無沙汰しております。
何やらいろいろと大変なご様子ですが・・・お暇な時に覗いて軽くコメントでも残して下さると嬉しいです。
台湾は思ったよりも日本から近くて、飛行機代も安かったし、国内旅行行くのと変わらないくらいお手軽でした。
看板やら案内表示も漢字なので、日本人にはなんとなく意味が分かるし治安も良いし、こんなことならもっと早くから台湾デビューしておけばよかったです。

>よしりんさん こんにちは
You tubeに台湾のニュース番組で放送されたキティージェットの特集が上がっていますが、エバー航空だけではなくサンリオもかなり力を入れて一緒に作り上げたデザインのようです。
ANAのポケモンジェットもここまでやってくれたら面白そうですよね。

OK : 2012/04/22 (日) 22:17:15

京九快速さまこんばんわ。
台湾でバカンスとはいいですなぁ~。
こちらも昨日は去年に続いて吉野に花見でした。
(もちろん真の目的はアレですが)
ようやく乗れた16600系は個人的にモノクラス特急としてはかなりのモノではないかと思いました。
それはそうとキティジェット。
せいぜいリネンにイラストがあるぐらいだろう思ってたらこの手の込みよう。
というかアレで〇ツを拭くのかと思うと…
子供の夢をぶち壊すのではないかと心配しますがまぁいいか(笑)
続き楽しみにしてます
ではでは。

HS-TJE : 2012/04/23 (月) 01:12:42

  時間が時間なんですが(笑)、こんばんは

 エバー航空の機内はとても快適そうですね! あらゆるところまでキティちゃん一色ですか~。素晴らしい凝りようですね(笑)

 お手洗い、国内線だと短いので、そこまで気になりませんもんね~…。ちなみにANAの787長距離機のYクラスキャビン、110ほどの座席数にお手洗いがL3/R3ドアの所に3箇所しかなく、大体混雑していました(汗) 客室最後方のクルーバンクをお手洗いと勘違いされる方も…。CAさんが文句言われてて、かわいそうでした。

だどぅ : 2012/04/23 (月) 09:24:50

ここまでこっているんですね。スプーンやフォークなら分かりますが、ボトルまで持って行ってしまう人がいそうですね。紙コップもレベルが高い…AIR DOの紙コップもあれはあれで好きですが。

univ : 2012/04/23 (月) 10:16:27

いい歳のオジサマ方にはシュールな光景ですな(笑)
ここまで徹底できるものなんですね。
凄い。
どこかガンダムバージョン作ってくれないかなぁ…。

京九快速 : 2012/04/23 (月) 14:19:13

みなさま こんにちは コメントありがとうございます

>OKさん こんにちは
キティのあのトイレットペーパーには度肝を抜かれました。
まさかこんなところまでとは。ちょっとあのトイレットペーパーを使うのには、違う意味で勇気が要りますね(^^;

>HS-TJEさん こんにちは
成田から台北だと、「羽田-那覇よりちょっと時間が長いかな~」という程度にしか感じませんが、それでも機上では2回トイレに行きました。やっぱりCさんの教えの通り、食事が終わってしばらくしてからだと混みあいますね。前方ゾーンのトイレがなかなか空かないので、後方キャビンまで歩いていきました。

>だどぅさん こんにちは
キティマニアだったら、この飛行機ごとお持ち帰りしたくなっちゃうんでしょうね。
キティ柄のトイレットペーパーは、実際にお持ち帰りが絶えず補充してもすぐなくなっちゃうとか。でもあれを手にしてキャビン内を歩いて自席に戻るのはかなり目立つと思うんですけど・・?!(笑)
ちなみに、キティジェットではCAさんも心得ているのか「余分にちょうだい」とお願いすると、消耗品の類は未使用のキレイなのを手渡してくれます。

>univさん こんにちは
キャビン内にはビジネスで搭乗と思われる人もいたので、確実にシュールな光景は展開されています(笑)
まぁ、退屈な機内時間を過ごすより、こうしたエンターテインメント性があったほうが楽しいことは楽しいでしょうね。




管理人のみ通知 :