fc2ブログ

03

16

コメント

E657系新型特急デビュー列車に乗ってきた Vol.4

(続きです)

いわきからは、普通電車に乗って常磐線を数駅逆戻り。
E501系の普通電車でした。なんかまだ土浦以南で通勤輸送に使われてる電車ってイメージのほうが強い。


で、やってきたのは湯本駅。
下り線のホームには温泉が湧いてた。
201203iwaki-018.jpg

駅のあちこちには、新型特急を宣伝するPOPがいっぱい。
201203iwaki-019.jpg

湯本では、フラガール号の運転記念のスタンプラリーが開催されているので、それに参加しに来ました。
201203iwaki-020.jpg
「景品に新型特急グッズをプレゼント!」というので、まぁ、それ目的ですが(笑)

スタンプラリーといっても、駅から程近い観光ポイントのわずか2ヶ所に立寄ってスタンプ押すだけという、簡単かつゆるーいもの。

まず1ヶ所目。童謡館。
201203iwaki-021.jpg
北茨城出身で、数々の童謡を生み出した野口雨情が一時期ここ湯本に住んでいたことから、この記念館が湯本にあります。「赤い靴」「七つの子」「しゃぼん玉」といった有名な童謡は野口雨情が作詞したものですね。
館内はとてもささやかな広さですが、ぎゅっといろんな展示が詰め込まれているので、けっこう見応えはあります。
館内の展示物の写真撮影は禁止だったのかな・・・?なんかそういう雰囲気じゃなかったので写真撮ってない。

スタンプは入口にありました。さっそくスタンプシートに押す。
入場料払おうと思って財布出したら「入場無料です」でした。

「湯本温泉 野口雨情記念童謡館」→http://www.iwaki-cc.ac.jp/douyou/index.html

童謡館のすぐ裏手に温泉の公共温泉があるので行ってきた。
湯本まで来たんだから温泉温泉!

「さはこの湯」。
201203iwaki-022.jpg
かなり前にも来たことあるんですが、前と変わらず独特な匂いのする温泉です。
しかもかなり熱い温泉なので、ぬるめでまたーりの温泉が好きという人にはキツいかも。
あ、私は熱いのに浸かって「ういー!」と唸るタイプなので(笑)

観光客が多かったけど、地元の常連さんっぽいお客さんも多かったです。

「さはこの湯」→http://www.iwakicity-park.or.jp/sahako/

お昼ごはんは、商店街からちょっと入ったところにある地元の食堂で海鮮丼食べてきた。
201203iwaki-023.jpg
写真だけ見ると全然たいしたことないようだけど、食べ始めたらすごいボリュームだった。
というか、どんぶりのほかに味噌汁とシーザーサラダと茶碗蒸しにお新香付いて、さらに食後のコーヒーまで出てくるという。


腹ごしらえしたら、次のスタンプポイントまで歩きます。
線路を挟んで反対側にあるので、ちょっと距離があります。(といっても歩いて20分も掛からない)

途中でスーパーひたちが走っていくのが見えました。
201203iwaki-024.jpg
正面の窓下にエアダムが装備された最終増備編成ですね。レアレア。


「いわき市石炭・化石館 ほるる」に来ました。ここでスタンプを押す。
201203iwaki-025.jpg
中を見学しようかとも思ったのですが、このあともう1ヶ所温泉に寄りたいのと、いわきに戻って行きたい所があったので館内見学はパス。スタンプだけ押して駅のほうへ戻る。

「いわき市石炭・化石館 ほるる」→http://www.sekitankasekikan.or.jp/index.html
駐車場にはSLが展示されていました。
201203iwaki-026.jpg

この地方の石炭輸送に従事し、街の発展に貢献したSLということで、ここで展示されているそうです。
201203iwaki-027.jpg


駅へ戻る途中で、もう1ヶ所の公共温泉に寄ってきた。
201203iwaki-029.jpg
「湯本駅前 みゆきの湯」→http://www.gurutto-iwaki.com/detail/index_225.html

ここの温泉もけっこう熱めでした。湯本温泉は熱いのが特徴なのかしら?
湯本駅から歩いてすぐのところにあるので、途中下車や電車のちょっとした待ち時間に「湯本温泉」が楽しめます。


さて、1時間ほど温泉でまったりして駅へ戻る。

湯本駅の待合室にある特設受付(といっても長テーブルが置いてあるだけ・笑)でスタンプを押した用紙を提出して景品を貰います。


↓景品
201203iwaki-028.jpg
新型特急のイラストが入った定規でした。

いわき行きの電車がついさっき行ってしまったばかりだったので、次の電車まで30分以上待ちぼうけ。
201203iwaki-030.jpg
電車待っている間に、上りのスーパーひたちが来ました。


で、いわきへの戻りの電車もE501系でした。
このローカルな雰囲気に、ステンレスで209系顔で10両編成とか、シュール(笑)


(続きます)

関連記事

muratalove

こんばんは^^

E657系の定規、うらやましいですね~。私は水戸駅で何やら1000円以上買うとE657系のオリジナルクリアファイルが1500名様にその場で当たるとかあったので、早速記念弁当を買ってゲットしました(笑)

あとさはこの湯の情報ありがとうございました★熱いお湯が苦手なのでこのブログを見ていくのを断念しました。

03

18

22:46

京九快速

murataloveさん こんにちは

スタンプラリーの景品は、てっきりNREが販売しているグッズかと思っていたので、今回の定規のような非売品かつ実用的な品物は嬉しいです。
でも勿体無くて、まだ袋から開けて使っていません・・。

湯本の町はこじんまりとした雰囲気の中に温泉やいろんなお店に観光スポットがギュッと詰め込まれているので面白いところです。
ぜひ行ってみてください。

03

19

21:22

OK

京九快速さまこんばんわ。

常磐線はいわき過ぎてから風景がずいぶん変わるイメージがありますね。
水戸までノンストップでビュンビュン飛ばしてたのが嘘みたいなローカル特急ぷりに
「さっきまでと同じ電車?」と思ったもんです。

ノンストップつながりではありませんが昨日の名阪ノンストップ特急最終運転に乗車してきました。
嬉しいことに21000系でした。
同世代のライバル651系は引退の時が迫ってきてるようですがそれまでにもう一度、
仙台まで乗ってみたいものです。

ではでは。

03

20

01:24

京九快速

OKさん こんにちは

以前に上野から仙台までスーパーひたちを乗り通したときに、上野~水戸~いわき~仙台のエリアごとに車窓やすれ違う電車の雰囲気がかなり変わるなぁと感じました。
水戸から北は、個人的にまだ元急行型がローカル電車で走っているイメージが・・・それゆえE501系なんかが10両で走っているのにはいまだに慣れません。

21000系も途中でプラスに更新されているとはいえ長寿の域になってきましたね。同年代の小田急HiSEやJR651系の引退が続いているのとは反対にまだまだ活躍しそう。
久しぶりにアーバンライナー乗りたくなってきました!

03

20

12:54

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad