E657系新型特急デビュー列車に乗ってきた Vol.2

(続きです)


土浦から水戸までは普通車に。
201203iwaki-006.jpg
座席は背面の背が高くなって、可動式のマクラもフカフカなのでとても快適。
リクライニングも余裕の傾斜量でゆったりできます。
「霞ヶ浦のうねり」とイメージしたというライン模様がポップな感じです。

普通車は意外と空席がありました。
駅の指定席券売機で買ってシートマップから座席を選んだのですが、空席の多い表示の号車でもけっこう埋まってました。私の隣も最後に確認した時は埋まっていたのですが、結局誰も来ませんでした。
列車名の表示された切符だけを記念に買ったという人が多かったのかな?

座席の背面はこんな感じ。
201203iwaki-007.jpg
普通電車の2階建てグリーン車と似てますね。
テーブルは、ノートパソコン対応サイズでかなりワイド。大きいテーブルは弁当食べたりするにも便利です。


テーブルに貼られた「車内設備のご案内」
201203iwaki-008.jpg
飲み物の自動販売機はもちろんですが、車内のカード式公衆電話が無くなりました。
3月1日からJR東日本では特急列車の車内公衆電話サービスが全廃となったので、それに合わせて製造時から公衆電話が設置されていません。
AEDがあったり、バリヤフリー対応スペースが大きく確保されているのは最近のトレンドですね。

肘掛の先端にはコンセントが付いています。もちろん全席対応。
グリーン席でも指定席でも自由席でも、誰もがコンセントを使えるのはとても便利。
これは一般のお客さんからかなりウケがいいんじゃないでしょうか。
201203iwaki-009.jpg
私もさっそくiPhoneを充電しながら・・・・

車内WiFiに接続してみました。
201203iwaki-010.jpg
ネットワークには「UQ WiFi」を感知、受信。
WEPキーやパスワードなんかが必要なので、乗車する前にUQ WiMAXプロバイダ契約しておく必要があるみたいです。
JR東日本オリジナルの車内WiFi装置を積んで、WEPキーとパスワードを車内販売したら手軽に使えて便利だと思うんですが、どうでしょう。


デッキと客室の仕切りドアの上部には電光情報表示装置。
651系やE653系の表示機より大型になり、多色表示が可能となって見やすくなりました。
201203iwaki-011.jpg
おそらくE5系新幹線のように2段表示が可能な大きさ。
この日はデビュー前の臨時列車ということで、左側の「指定席」以外の表示は全く出ず、真っ黒なままでした。


座席まわりをあちこちいじっている間に、電車はあっという間に水戸駅に到着です。


(続く)


この記事へのコメント

muratalove : 2012/03/10 (土) 19:53:42

早速乗られたんですね!普通車には可動式枕も取り付けられたので、成田エクスプレスより質が高いのでは?

乗車レポートの続き楽しみにしております?

京九快速 : 2012/03/11 (日) 13:21:44

murataloveさん こんにちは

普通車の可動式枕は新型NEXにも付いていますが、E657系の方が柔らかで質が高い感じです。

続きは順を追って公開していきますね。

OK : 2012/03/12 (月) 21:46:04

京九快速さまこんばんわ。
随分とお久しぶりです(笑)

もう臨時運用始まってたんですね。
こうやって車内を見てみると651系はもちろん653系からも
ずいぶん進んだなぁと感心せずにはいられません。
普通車でも全席コンセント完備なんて新幹線以上じゃないでしょうか?

続き楽しみにしてます
ではでは。

京九快速 : 2012/03/12 (月) 22:39:31

OKさん こんばんは こちらこそご無沙汰しております

ダイヤ改正からの本運用開始前に一般向けの臨時列車に新型特急を充てるのは、JR東日本史上初のことだそうです。
ちなみに、先代のE653系はデビュー前に団体専用列車で先行運転してました。

外見も中身も651系~E653系からかなり進化したという感じがしますね。
先頭部は651系の流麗さには敵わないかなという印象ですけど、新型車のあの顔のインパクトはものすごい破壊力(笑)

普通車の快適さにはホクホク顔でした。コンセントがどこに座っても使えるのが便利ですね。
つい最近iPhoneデビューしたのですが、充電の減りが予想以上の早さだったので、全席コンセント付きならお出掛けの時も安心です。

管理人のみ通知 :