fc2ブログ

12

07

コメント

Boieng787 国内線就航初日初便ツアー 本編その4

(続きです)

機内はどこに行っても大混雑。
(機長さんは飛行中の機体のバランス取るのに大変だったろうな~・笑)


座席には個人モニターが付いているので、フライト後半はこれをいじって遊んでました。
B787tour-090.jpg

モニターはタッチパネル式で、メニューに軽く触れるだけで操作できます。
中には「映画チャンネル」や「キッズアニメチャンネル」がありましたが、これは国際線運用のための準備設定ということで、国内線運用のこの日は見られないようにロックが掛かっていました。

通常の国内線のスカイビジョンで上映されているプログラムとそのバックナンバーが見られるようになっていました。



右上の「通信・接続」のアイコンをタッチしてみると・・・
B787tour-091.jpg
「シートtoシートメッセージ」というプログラムが。

これも国際線用のプログラムでロックが掛かってるんだろうなと、ダメ元でタッチしてみたら、
B787tour-092.jpg
立ち上がりました!

これは、離れた席に座っている友達や同行者にメッセージを送れるというもの。
今回、一緒に乗りに来たお友達さんの座席番号が分かっていたので、メッセージを送ってみることに。

メッセージはコントローラーで入力します。
B787tour-093.jpg
コントローラーの裏面がキーパッドになっています。ローマ字入力への変更も可能です。

メッセージを送ってしばらくすると、お友達さんからメッセージが返ってきました!
B787tour-094.jpg
長距離路線でお互い退屈した時に、チャット感覚で使えそうですね。

「USBメディアプレーヤー」というのもあったのですが、あいにくメディアプレーヤー自体を手元に用意しなかったので、こちらは試せませんでした。
B787tour-095.jpg
チューイングガムなiPodを持ってるので、今度乗る時に持っていってみよう。


フライトマップは、非常に精密な地図が表示されます。
B787tour-096.jpg
現在、京都上空を飛行中ですね。

もっと拡大して表示することもできます。
B787tour-097.jpg

現在のフライトの状況も一目で分かる。(マニア向け?)
B787tour-098.jpg

このへんになると国際線向けのインフォメーションですね。
B787tour-099.jpg
現在、飛行機がどの方角を向いて飛んでいるのかの方位情報。

さらにはこんなのも。
B787tour-100.jpg
世界のどこが昼で、どこが夜なのかが一目で分かる世界地図。


ボーイング787ドリームライナーの紹介ビデオもメニューに組み込まれていました。
B787tour-101.jpg


アナログなところに戻って、ボーイング787の安全のしおり。
B787tour-102.jpg
当たり前っちゃ当たり前ですが、基本的なところは他の機種のものと同じ内容です。




羽田→岡山の路線は初めて乗りましたが、羽田→伊丹よりほんのちょっと長いかなって程度で、「あっという間に着いちゃった」という感覚では同じぐらいの距離感かも。

そんなわけで、ボーイング787はあっという間に、いよいよ岡山空港に向けて着陸体勢に。






(続く。)

関連記事

muratalove

さすが新型航空機ですね!メッセージが送れるなんて、楽しそうですね^^

車内のデザインも魅力的です!

12

08

23:31

PMダイエット

折り返し便の岡山発の歓迎式典を見てたら、横の人が関係者らしく、安全のしおりが思った以上に無くなっていたと愚痴ってましたね。
メッセージ機能は一人だったので試せませんでしたが楽しそうな機能ですよね。

12

09

17:30

スーパー雷鳥 立山行

はじめまして。

さてさて、今回の内容とは全く関係ないのですが(汗)
元「レッドアロー」こと富山地方鉄道16010形が、あの水戸岡鋭治氏の手に
よりリニュアールされ今月下旬から、運行開始されます!
詳しくは「KNBニュース レッドアロー」と検索」してみてください。

富山にこられ^^ (富山に来てみてください)

12

10

01:05

京九快速

murataloveさん こんばんは

こんな機能があるなんて、飛行機の機内サービスもIT化が進んでますよねぇ。ビックリしちゃいました。
ビジネスクラスとエコノミークラス同士でも「会話」できるんでしょうか?!

機内はどこもが柔らかい曲線デザインになっていて、未来の飛行機って雰囲気たっぷりです。




12

10

21:05

京九快速

PMダイエットさん こんばんは

安全のしおりは、機内放送でしきりに「搭載が義務付けられているので持ち帰らないで下さい!」としきりに案内していました。
こういう持ち帰りの事例が後を絶たないのならば、海外のエアラインみたいに、思い切って機内販売品として揃えて、販売すればいいのにとも思いますけどね。

メッセージ機能は、最初は機能しているのか半信半疑だったのですが、お友達さんから返信が返ってきてビックリでした!


12

10

21:09

京九快速

スーパー雷鳥 立山行さん こんにちは

お返事遅れまして、スイマセンでした。
ニュースサイトの映像、拝見しました。レッドアローが水戸岡デザインになるとは驚きでした。外観はあまり変わらないみたいですが、中身は九州のリゾート特急のようになるみたいですね。

富山は、だいぶ前にポートラムに乗りに行ったきりなので、この水戸岡レッドアロー絡めてまた近いうちに行ってみたいです。

12

14

13:44

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad