FC2ブログ

11

27

コメント

Boieng787 国内線就航初日初便ツアー 本編その1

日本中の、世界中の、飛行機ファンみんなが待ちに待ったこの日。

「ボーイング787 ドリームライナー」の初就航。


ボーイング787は、日本の「ANA」がローンチカスタマーとなり、また機体の35%にも及ぶ部分が日本製ということもあって、日本の飛行機ファンには格別の思いを持ってこの日を待っていた人も多いかと思います。



全く新しい、しかも世界を代表する「ボーイング」の新世代旅客機の初フライトが日本のキャリアによって、世界中のどこよりも一番に早く、日本を基点に飛び始める。

そして、世界中の誰よりも、日本に住む自分が「世界初」というチャンスを手に入れられる一番近いところにいる。

こんなにワクワクする、こんなにラッキーなことって、多分この先自分が死ぬまでに訪れることがあるかといえば、きっと限りなく「まさに一生のうちに出会えるたった一度の大イベント」っていえるんじゃないかと。



しかし、世界中が注目している「ボーイング787」の初就航。
世界初の有償運航となる「香港チャーター便」は別格として、誰でも予約を入れることができる(であろう)世界初の定期便運航の初日初便は、きっと予約が瞬時に埋まるのは予想するまでも無く・・・・。

そんな感じで諦めていた中、ANAが「ボーイング787国内線定期便初日便」に搭乗できるツアーを発表。
これなら自分にも僅かにチャンスがあるかも・・・!?


と、ツアー受付開始日は仕事の関係で受付開始時間に申し込みできず・・・
やはり東京発岡山行きの定期便初便の絡むツアーはすぐに売り切れとなってしまいました。

結局、岡山発東京行きの便に乗れるツアーに空きがあったのでそちらを申し込み。

初日の「初便」には乗れないけど、「初日」に乗れるだけでも、これから世界中のキャリアが導入して世界中をくまなく飛び回るボーイング787の歴史が始まる、まさにその日に乗れるっていうことがけっこうスゴイことなんじゃないかと思って、わりと満足してました。



お友達さんの中には、初日初便乗れるツアー取れた!という人も何人かいて、私のツアーは岡山発なので「岡山空港で会いましょう♪」なんてメッセージのやり取りをしたりしてたのですが・・・・


と、ある日。

朝にお友達さんから私のケータイ宛にメール。

「京九さん、今、例のツアーの初便に空き出てますよ」


実はその日は遅い出勤の日だったので布団の中で惰眠を貪っていたのですが、そのメールを見て飛び起き、すぐさまANAサイトにアクセス。


なんか、あっさりと予約完了できてしまって、ボーイング787初日初便に乗ること確定。みたいな。


お友達さんにすぐ「予約できました!ありがとう感謝感謝です」とお礼のメールしたものの、全然実感沸かず。



何日か経って、じわじわと実感が沸いてきたというか・・・・
もしかして、もしかしなくても、俺って世界の歴史の証人になれちゃう?とか(笑)


その2週間後くらいに、ANA向け初号機のデリバリーフライトの羽田到着を見にいったのですが、「これが世界初の商業向け第1号機の、日本初着陸かぁ~」という感慨深さと共に、「11月1日にはあれに乗れるんだなぁ~」とか、なんかすごい、この時から妙にジンワリと心にくるものがあったり。



デリバリー後のマスコミ報道や新聞記事、ANAサイトでの787スペシャルサイトや、雑誌での特集なんかを見ては、11月1日が楽しみで楽しみで仕方ないほどにワクワクしてきました。






そして、その日はついにきた。



--------------------------------------------------------------------



早朝の羽田空港。

思ったより出発ロビーを行き交う人影はまばら。
B787tour-048.jpg
ボーイング787目当てのファンや搭乗客でもっと賑やかなのかと思ってました。


吹き抜けの壁面には、ボーイング787のバナー広告。
B787tour-049.jpg

さらに、液晶の案内モニターは、何も表示していないところは787のCG動画を流してました。
B787tour-050.jpg

B787tour-051.jpg


プレミアムチェックインで搭乗手続き。
カウンターのお姉さんは、私の予約便を見て「ドリームライナーの初フライト便ですね!」とマニアバレバレ(笑)

「6時30分からゲート前でセレモニーがありますので、ぜひご参加下さい!」と教えてくれました。


セキュリティチェックを抜けてラウンジ前に出ると、同じツアーで同じ便に乗るお友達さんと遭遇。
2人でそのままラウンジへ。
B787tour-052.jpg
早朝なので、ラウンジ内はガラガラでした。

セレモニーが始まるちょっと前まで、しばしラウンジでお茶してました。


セレモニー開始の10分くらい前にゲート前へ。
指定されたのは501番搭乗口で、ここはバス搭乗のゲート。
ということは、搭乗前に機体を外から眺めることができるかも!?と、期待が高まります。

デパーチャーズボードには、祝賀の看板が掲げられていました。
B787tour-053.jpg


ここで、あとから来た別のお友達さんとも合流。
じきにセレモニーが始まりました。

壇の真正面はマスコミ関係や早めに来ていたファンでいっぱい。
私は隅っこの方でその様子を見てました。

まずは、ANAの伊東社長のご挨拶。
B787tour-054.jpg
ついに定期便運航による初日が迎えられたことや、(初就航まで予定よりも)お待たせした分、素晴らしい飛行機に仕上がっています!と、ローンチカスタマーらしい誇らしげな挨拶がカッコよかったです。

続けて脇にいた人の挨拶が続くのかと思ったら、伊東社長の挨拶で終わり。

すぐにテープカットが行われました。
B787tour-055.jpg

最後は、社長を中心にパイロットさんやCAさんとの並び写真の撮影。
B787tour-056.jpg

これでセレモニーは終了。
思ってたよりあっさり。時間にして30分も掛かってません。

どうやら、世界初就航フライトの「香港チャーター」の時にかなり盛大にやったみたいで、国内線定期便就航の初日のこの日はあっさりと、オマケって感じだったよう。

酒樽を「せーの!ヨッ!」で鏡開きとか、ゲート前で酒枡が振る舞われたり・・・なんていうのがあるのかと思ってたのですが、こういうのは全部「香港チャーター」の時に成田空港でやってたんですね。


その後は、すぐにボーディング開始。

といっても、バス搭乗なのでバスが満席になると、次のバスまで待ちぼうけ。
バスが来るまでしばらく待つことになったので、写真撮ってました。

B787tour-057.jpg

B787tour-058.jpg

バスに乗り込む前に、ANAのロゴ入り紙袋を受け取ります。
この中には初便搭乗の記念品がいろいろ。復路の外側にはナンバーが書かれた謎のカード。


このアングルで飛行機を見られるのは、バス搭乗ならではのお楽しみ。
(以下3枚の画像はバスからの写真。バスは遮光フィルム窓のため色合いがおかしくなってます)
B787tour-059.jpg

ソラシドエアの飛行機。
B787tour-060.jpg
B737-800かと思ったら、「JA737B」で、B737-400の従来機。
こちらも新塗装機が出てきたんですね。トロピカルなスカイネット塗装も見納め近し?!


VIPスポットにはベトナム航空の飛行機がいました。
その向こうに見えてきたのは・・・・


B787tour-061.jpg

おおぅ!! ついにボーイング787が目の前にー!!


バスを降りると、巨大な翼が目の前に!!
B787tour-062.jpg
翼下の「JA801A」と「IOJスキーム」を入れたアングル。こんな時でしか見られません。

大きなエンジン。
B787tour-063.jpg
ツルンとしてタマゴみたい。「ロールスロイス」のロゴマークが眩しい~!
エンジンの後ろが波形になってますが、これが787ご自慢の特徴のひとつ「シェブロンノズル」。
騒音の発生が低減されるという効果があり、これは実際に乗ってすぐに分かるほど実感できました。


「787」と「ロールスロイス」
B787tour-064.jpg

奥にはボーイング787の2号機「JA802A」が並んでいました。
B787tour-065.jpg
この初便は初号機「JA801A」が充てられていましたが、初号機の万が一のトラブル発生の時のために、2号機がすぐ脇で待機していたのかも・・・と思いましたが、787が並んで見られる「お祭り」の素敵な演出と受け取りましょう♪

あらためて、ボーイング787を前から見渡してみる。
B787tour-066.jpg

ここは、B747SR「スーパージャンボ」のラストフライトで、羽田着後に退役式典が行われた場所。
個人的に、とてもとても思い出深い場所です。

B747SRとお別れしたこの場所から、次世代の新機種の初フライトに乗ることになるとは。
あの日の光景がジワジワと蘇ってきて、あの時には思いもしなかった今日のこの光景が目の前に・・・



タラップカーの脇には、初就航の記念幕を持ったパイロットさんやCAさんからグランドスタッフさんに整備士さん、そして伊東社長がお客さんの搭乗を見送っていました。
B787tour-067.jpg

飛行機の周りはどこもすごい人なので、とりあえず機内に入っちゃうことにしました。
「787」の巨大なロゴをこんな間近で見られるチャンスも、そうそう無いかも?!
B787tour-068.jpg



(続く)

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad