Airline timetable history -ANA1998 その2

前回に続いて、ANAの1998年頃の時刻表をご紹介。


表紙に大きく「エアバスA321」。この年の3月に初号機を受領、運航を開始しています。
ANAtimetable1998-017.jpg

最終的に10機が揃うA321ですが、この頃はまだ2機体制。
時刻表上からは、簡単に2機の一日の運用が読み取れます。

・羽田を基点とした運用
ANAtimetable1998-018.jpg
羽田-青森-羽田-岡山-羽田-山形-羽田-関空で一日を終了。

・関空を基点とした運用
ANAtimetable1998-019.jpg
関空-松山-関空-稚内-関空-鹿児島-関空-羽田
一日で北の最果て「稚内」から南国「鹿児島」まで飛んじゃうのがスゴイ。

羽田基点の便は、975便で関空到着後に1日の運用を終了。
一方の関空基点の便は、826便で羽田到着で1日の運用を終了。
関空で双方の機体を入れ替えして、2日に1回のペースで羽田に戻るようにしていたんですね。



夏休みの7月13日~8月31日の時刻表。沖縄キャンペーンの「キンキキッズ」が登場。
ANAtimetable1998-020.jpg


繁忙期ならではの、すごい運航が見られます。
ANAtimetable1998-021.jpg

ANAtimetable1998-022.jpg
羽田-函館・羽田-鹿児島線。一日中全便が「スーパージャンボ」。



1998年10月の時刻表。
いまや、ANAのフラッグシップの地位を確立したB777-300も、この年の7月に登場したばかり。
ANAtimetable1998-023.jpg

羽田-札幌線ですが・・・機種表示欄に何やらヘンなマークが。
ANAtimetable1998-026.jpg

その正体はこちら。
ANAtimetable1998-027.jpg
オレンジ色のキツネのマークは、北海道路線のお得なきっぷ「キタキップ」設定便。
黄色の星のマークは、羽田-札幌線の最終便限定の激安運賃「ほしぞらきっぷ」設定便。

あ、ちなみに70便と71便の丸いマークは「ポケモンジェット」運航便。
このマークは、わりとお馴染みの方も多いのでは?



変わりまして、「スーパーシート」のサービス案内です。
ANAtimetable1998-024.jpg
「ANAラウンジ富士」のご利用案内が消えていますね。

実は、
ANAtimetable1998-025.jpg
この年の9月いっぱいで、スーパーシートの空港ラウンジサービスは終了してしまいました。
そのかわり? スーパーシート料金が4,600円→4,200円(3,550円→3,200円)と僅かに安くなりました。


一気に1年ほど時間が進みまして、1999年11月号。
ANAtimetable1998-028.jpg
いよいよ、ANAが「スターアライアンス」に加盟。
表紙にも、初代スタアラ塗装機が大きく使われています。

国際線のページには、小さく「スターアライアンス」の紹介が。
ANAtimetable1998-029.jpg
今では20社を超えるメガ・アライアンスに成長した「スターアライアンス」。
この頃の加盟会社は、ANAを含めてまだ9社。
「アンセット・オーストラリア」や「ヴァリグ・ブラジル」の名前も載っていますね。

ちなみに、スタアラ塗装機は同年の8月からすでに国内線で飛んでいたようです。


で、翌12月の時刻表の表紙。
ANAtimetable1998-030.jpg
右下に「A STAR ALLIANCE MEMBER ★」の記載が加わっています。




この記事へのコメント

Kimi : 2011/10/18 (火) 22:08:30

A321、773風塗装、初代スタアラ。
どれも懐かしい塗装ばかりですね。
特に773の軽快感のある風塗装は好きです。

この頃はA321にもスーパーシートがあったんですよね。
見たことも乗ったこともありませんが、一度座ってみたかったです。

京九快速 : 2011/10/18 (火) 22:15:39

Kimiさん こんばんは

主に表紙に飛行機が写っているものを手元に残しておいてました。
A321とB773は特別塗装機全盛期らしい仕上がりのデザインですよね。B773の風塗装は撮影できましたが、A321のフィルムスリット塗装は生でお目にかかることはできませんでした。

A321のスーパーシート。今の73Pのような感じだったんでしょうか。

管理人のみ通知 :