Airline timetable history -ANA1998 その1

新シリーズ、スタートです。

以前に手持ちコレクションの中から、JR特急のパンフレットを年代順にご紹介するシリーズを上げましたが、今回はエアライン各社の昔の時刻表から、当時の運航ダイヤや機材・どんなトピックがあったのかを見てみよう、みたいな。



第1回は、ANAの1998年ごろのタイムテーブルを開いてみます。

近年のもので、一番古い手持ちコレクションのは、1998年5月号でした。
(これよりもっと古いコレクションは、一気に1980年代前半まで遡ってしまい、これはまた後日・・)

ANAtimetable1998-001.jpg

「ALL FOR YOU. ANA」のキャッチコピーがなんとも懐かしいですね。


この頃のANAグループで使われていた機種です。
ANAtimetable1998-002.jpg


では、羽田発着の幹線のダイヤがどんなだったか見てみましょう。


日本の大動脈、羽田-大阪線。
ANAtimetable1998-003.jpg
本数、少なッ!!
その上、1日わずか9便を関空と伊丹で半分ずつに振り分けているのが驚き。
黒い字の「軽食」「飲物」は普通席でのサービス。朝便では普通席でも「軽食」付き。



羽田-札幌線
ANAtimetable1998-004.jpg
朝と晩のそれぞれ1本を除いて、全便がジャンボ機での運航。
さすが世界一の旅客数を誇る路線です。
朝便以降では、全便の普通席でお茶菓子もサービスされていたみたいですね。



羽田-福岡線
ANAtimetable1998-005.jpg
こちらも朝と晩のそれぞれ1本を除いて、全便がジャンボ機での運航。
しかも、東京発はB747SR(LR)スーパージャンボ便は無く、全てがB747-400テクノジャンボ。
今ではジャンボが1日1本しか飛んでいないのがウソのような時代です。



羽田-沖縄線
ANAtimetable1998-006.jpg
こちらも、今と比べると本数がすごく少ないですね。
(2011年10月は、初便6:05~最終20:00で、この頃の2倍の10本の設定)
全便がジャンボかと思いきや、トリプルセブンやB767-200なんかも飛んでます。



この頃は、国内線でまだまだB747SR(LR)「スーパージャンボ」が準幹線で活躍中。
羽田-函館線に1本
ANAtimetable1998-007.jpg

羽田-秋田線にも2本。
ANAtimetable1998-008.jpg
ちなみに、秋田新幹線は前年の1997年に開業済み。

羽田-小松線には3本。
ANAtimetable1998-009.jpg

羽田-長崎線には2本。
ANAtimetable1998-010.jpg

羽田-鹿児島線にも2本。
ANAtimetable1998-011.jpg


こちらはANK運航による、羽田発の離島便。まだまだYS-11が主力です。
ANAtimetable1998-012.jpg

エアー北海道(ADK)も、稚内と函館をベースにして、こんなに飛んでました。
ANAtimetable1998-013.jpg


「スーパーシート」のサービス案内です。
ANAtimetable1998-014.jpg
空港ラウンジ「ANAラウンジ富士」があちこちの空港で使えたんですね。
専用カウンターを設置した空港も、今のプレミアムクラスより多いですね。


今では当たり前の「事前座席指定」が、この頃は話題のサービスだったよう。
ANAtimetable1998-015.jpg

ANAマイレージクラブの「プラチナ」サービスの案内。
ANAtimetable1998-016.jpg
現在のサービスの“原型”のような内容ですね。



次回では、続けて1998年の他の月の時刻表から、当時のANAのサービスを紐解いてみます。


この記事へのコメント

QUWA : 2011/10/17 (月) 11:22:08

スーパーシートは全便軽食付きですね。次回の記事に期待です(笑)。(JALでも全便軽食があったのは覚えてますが)この頃は滅多に全日空には乗ってなかったから知らなかったなぁ...。

京九快速 : 2011/10/17 (月) 12:29:05

QUWAさん こんにちは

時刻表は当時の様子を知るにふさわしい「歴史書」のようですね。
今、手元にある「今月号」も10年20年後には・・・・

この頃のスーパーシートは、実は今のプレミアムクラスよりも手厚いサービスが受けられていたのかも・・・?もっとも、今は今で特色あるサービスが受けられますが。
この時代のスーパーシートを一度でいいから体験してみたかったですね。

くずはEX : 2011/10/17 (月) 23:28:44

こんばんは。

これは面白い!(^^)

大阪線や沖縄線の便数の少なさにはビックリです。

この頃は「ダイヤ」サービスはなかったんですかね?

次回も楽しみです!

QUWA : 2011/10/18 (火) 10:18:59

>この頃のスーパーシートは、実は今のプレミアムクラスよりも手厚いサービスが受けられていたのかも・・・?
御意の通りです。
機内食も和洋から選べたという話も聞いたことがあります(ソースは両親)。私自身も、普通席ですが(※修学旅行だったので、仕方なく)、羽田~沖縄線を使ったとき、軽食が出ましたが、そのときサンドウィッチかおにぎりか、みたいに選べた覚えがあるので勘違いの類ではないはずです。

なので、(プレスリリースに出ている)従来よりサービスアップという表現が、どうも私としてはしっくり来ないんです…(汗)。

京九快速 : 2011/10/18 (火) 13:41:19

くずはEXさん こんにちは

引越しの時やコレクション整理の時に、大胆に捨ててしまったことがあるので、それをちょっと今後悔しています。

今後のシリーズ展開は・・・JALのはあまり出てきません(汗)
元々JALのは集めていなかったんですね。JASっ子だったのでJASのはかなりあったんですけど、えいやぁ!と大量廃棄してしまい・・・ヤッテシマッタ

>この頃は「ダイヤ」サービスはなかったんですかね?
「ダイヤ」はなかったみたいですね。それどころか「ブロンズ」もまだサービス開始前だったようです。


京九快速 : 2011/10/18 (火) 13:46:27

QUWAさん こんにちは

機内食が和洋から選べたなんてすごいですね。果たして「全部」は通用したんでしょうか!?
今は「匠味」で機内食のレベルアップ、座席間隔もかなり広いので、料金的にはその分の上乗せかな?と思いますが・・・それでも4,000円台の追加料金でこれだけのサービスが受けられたなんて、今年修行でプレミアムクラスに乗りまくった身としては羨ましい限りな話です。

管理人のみ通知 :