水戸岡鋭治の大鉄道時代展を見に行く その3

おまたせしました。やっと本題に突入です。


福岡空港から地下鉄に乗って、博多駅にやって来ました。
鉄道展の会場は、駅ビルの9階です。


1階のエレベーターから乗った人がみんな、会場の9階を目指すのでビックリでした。
「鉄」な感じの人は少なくて、女性グループとか老夫婦とか多かった。

201108kyushu025.jpg

当日券を入口で購入しましたが、来場者が3万人突破だとかで、前売りと同じ割引料金で入れました。

というか、1ヶ月よりも短い会期で来場者3万人突破とかスゴいな。
九州ではテレビCMもやってたらしいですね。


入口から入ると、エントランス部分にはこんな「屏風」ちっくなものがドドーンと。
201108kyushu027.jpg


九州のみどりの窓口で切符買うともらえるチケットケースの絵柄ですね。
201108kyushu028.jpg


エントランスの真ん中では、ドーンデザインの手掛けた車両のプラレールが走ってました。
201108kyushu026.jpg


その先には・・・
201108kyushu029.jpg
「ベネトンつばめ」のポスター。

これ、つばめのビュッフェが健在だった頃に、同じ絵柄のテレカがビュッフェで売ってた。
あまりのキッチュさに(イイ意味で)、脳天に稲妻が落ちたような衝撃を受けました。


この先は、A会場・B会場・C会場の3空間に分かれます。
館内では、先に来ていたお友達さんと合流。途中まで一緒に見て回ります。


A会場は主にイラストのパネル展示。(パネルの撮影は禁止だったので画像はありません)

ここではJR九州以外の、岡電のMOMOや和歌山のたま電車、富士急の登山電車などの鉄道車両のイラストや、緑化フェアや街並みのプレゼンテーションイラスト、さらには水戸岡先生の個人的な趣味?の車やブルートレイン「あさかぜ」のイラストなんかが所狭しと並んでいました。



続いて、メイン会場のB会場に入ります!


201108kyushu030.jpg

椅子キター!!

手前から

・「なのはなデラックス」
・817系コミューター
・883系1000番台車
・885系「白いソニック」
・800系新幹線
・800系新幹線
・800系新幹線(カーボン素材使用の試作品)


壁面には、座席のモケットなどの使われている柄模様が一面に。
201108kyushu031.jpg


こちらは、「クルーズトレイン」のイメージモックアップ。
201108kyushu032.jpg
展望車のサロンスペースをイメージしているそう。

同じく「クルーズトレイン」のイメージモックアップ。
201108kyushu033.jpg

九州一周の「クルーズトレイン」、すでに「構想」の段階から進んで、実現に向けた現実的な準備段階に入っているそうです。

パネルによる紹介によると、数両編成の列車はほとんどがサロンや食堂車などのスペースに割かれ、寝台個室の設定数からすると、1回の運転で乗車できるのはごくわずかな人数に限られそう。
運転開始から数年以内は、なかなか乗車することが叶わないプラチナトレインになりそうです。


もちろん、これまでに登場した列車の紹介も。

883系ソニックのコーナー。
201108kyushu034.jpg
現在の姿になる前の、初期時代の座席やアメニティ類が展示されてました。
電解着色のメタメタなアルミパーツがステキすぎます。


こちらは、787系「つばめ」。
201108kyushu035.jpg
ドーンデザインと水戸岡鋭治の名を世界にまで轟かせた名車両。
もう20年近い活躍をしてきていますが、いまだに「色褪せた」感が全くしないのはスゴイ。



787系つばめのコーナーの近くには、こんなものがー!!



201108kyushu036.jpg

「サハシ787」のビュッフェカウンター!!!

鹿児島の車両工場で保管されていた1台で、「保存」として残っているのはこれが最後の1台だそうです。
この展示会のために、ボロボロだった部分をレストアして新品同様にまで復元したとのこと。





会場でなにげに一番人気があったのはコレかも。

201108kyushu037.jpg

観光特急「あそぼーい!」の、世界初の親子シート「白いくろちゃんシート」。

201108kyushu038.jpg

実際に座ったり、向きを転換させたりできました。
座り心地は、見た目よりもなかなかのもの。
大げさすぎな感じもするランバー部分の張り出しも、気持ち良く腰骨のラインにフィットします。
頭でっかちに見えるヘッドレストも、腰の出っ張りとのバランスがなかなかのもの。


B会場内にも、たくさんのイラストがパネルで紹介されていましたが、こちらも撮影は禁止だったのでご紹介できないのが残念・・・。
個人的には、ジェットフォイルの「ビートル」のイラストの中に初めて見るものがあって、それがものすごく衝撃的なイラストでした。



(続く!)


この記事へのコメント

univ : 2011/09/24 (土) 21:58:00

こんにちは。
私が行った時に偶然JR九州のクルーズトレインを担当されている方がいらっしゃったのですが、
あれはまだプレゼン段階のスケッチで、実際にはかなり変更されているようですよ。
もちろん席もスイートから一般席まで色々あるとか。
再来年あたりの運行予定らしいですね。
…なんて話をしていたら、隣になんと水戸岡先生が!!
思わずサインもらっちゃいました。

京九快速 : 2011/09/24 (土) 22:32:04

univさん こんばんは

クルーズトレインのお話が聞けたとは、貴重な情報源ですね。
パネルで紹介されていた内容だと、個室がわずかに数室程度だったので、これはチケットの争奪戦になりそうだなと思いながら見ていました。
いろいろなタイプの席も用意されるということで、私にも乗れるチャンスがあるかな?!

いろんなブログを拝見していると、会期中は水戸岡先生はほとんど会場にいらっしゃったみたいですね。

OKA : 2011/09/27 (火) 11:07:20

先日博多駅に行ってきました。
あまり期待していなかったのですが、行ってみて予想外の良さに感激しました。東急ハンズが福岡にきてくれてうれしいです。アミュプラザ最上階の食堂街は、ガーデンニングと眺めが楽しめていいですね。阪急百貨店のセンスの良さにも満足です。

余談ですがハイパーサルーンが絶滅しそうなので早く乗っておきたいです。佐賀を全速力で駆け抜けるハイパーサルーンのずっしりとした乗り心地は、最高だと思います。やはり前面展望を楽しめるハウステンボス号に乗りたいです。みどり号は前面展望なかったと思うので。カラーリングはみどり号が好きですが。

京九快速 : 2011/09/27 (火) 14:16:08

OKAさん こんにちは

博多駅ビル、今年は数回訪れましたがまだしっかりと中を見ていないので、いつか時間をとってゆっくり見てみたいですね。

ハイパーサルーンの展望席は何回乗っても最高の気分です(窓ガラスをもうちょっとキレイにしてくれるといいのに・・とは毎回思うのですが・笑)
3月の改正で、北半九と南半九で活躍の場が大きく分かれましたが、いずれのタイプもまだ健在のうちにしっかり乗って記録しておきたいです。

管理人のみ通知 :