FC2ブログ

08

02

コメント

新型新幹線「はやぶさ」乗ってきた vol.8

続きです。


新青森発車の時点で空席がチラホラあったグリーン車ですが、盛岡で完全に満席になりました。
2011granclass-92.jpg




今回の青森旅行で買ったお土産品。
2011granclass-94.jpg
地元のお菓子を中心にいろいろ買ってみました。
(りんごクッキーとかジュースは首都圏でも売っててショックでしたが・笑)


ドリンクサービスのお替りをもらって、アップルスフレでティータイム。
2011granclass-93.jpg

ちなみに、グリーン車のドリンクサービスはこんなラインナップから選べます。
2011granclass-95.jpg



行きの「はやぶさ」号ではグランクラスに浸って、あまり車内見物しなかったので、帰りに車内をぐるっと見て回ってきました。


普通車です。
2011granclass-96.jpg
「はやぶさ」号では、普通車の座席にもピローが付いてます。
2席だけ空席があったので、ちょっと座ってみました
リクライニングはけっこう倒れるし、頭の部分のピローも頭を乗せやすい形状になってるし、背ずりは両脇から背中を包むような形成になっているので、かなり快適。
足元も「はやて」に比べて、ぐーんと広くなりました。
グレー系の色調も落ち着いていて、すごくいいですね。

さらに、窓下の床面近くにはコンセントも付いてる!!
2011granclass-97.jpg


トイレやデッキは明るい色調の木目柄で、ナチュラルな雰囲気。
2011granclass-99.jpg
「はやて」号では、プラスチックの素材感が剥きだしなので、「はやぶさ」号だと乗った瞬間にまずデッキのこの雰囲気から「変わったな」と実感します。

トイレには女性専用のスペースも設けられています。
2011granclass-98.jpg
女性専用洗面台は広く、小物置き場も大きく取られているので化粧直しや髪形を整えたり便利に使えそう。
トイレの中には、着替えができるように踏み台まで付いているそうです。




普通車もほぼ満席でした。
「はやぶさ」よりも遅い時間の「はやて」でも、まだ充分に東京に帰れる時間帯なのですが、後続の「はやて」にまだ空席があって「はやぶさ」が満席というのは、まさにみんな「はやぶさ」目当ての旅行と言うことでしょうねぇ。
(ま、自分もその1人ですが・笑)

普通車の中ほどの3両は、クラブツーリズムのツアーで完全に貸切になってました。スゴイッ!!







自席に戻って、夕食の駅弁を。
2011granclass-100.jpg
「しゃけいくら釜飯」
新青森駅1階の店舗にはこれしか残ってなかった。というかこれがあと2個ほど残っているだけだった。
改札内の弁当屋にはサンドイッチが残っているだけだったので、なんとかギリギリ入手できたお弁当。





大宮に到着。グリーン車は1/3くらいの乗客がここで降りていきました。


大宮からは、東京の夜景を眺めながら。
2011granclass-101.jpg




東京駅に到着。
2011granclass-102.jpg
壁を隔てて、東海道新幹線のN700系と並びました。
もうすっかり夜ですが、「はやぶさ」人気は時間帯を問わないようで、東京駅到着後も見物客でいっぱいでした。

「はやぶさ」号はこのあと車内清掃をして、折り返し仙台行きの「はやぶさ」号になります。
見たところ、仙台行きの列車はグランクラス・グリーン車・普通車とも空席がかなりあるようでした。
「はやぶさ」号を試乗程度で乗ってみるなら、仙台行きの列車がオススメかもです。




まだデビューから日が浅い(震災後の東北新幹線全線復興からもまだ数日後)ためか、「はやぶさ」人気で利用者が集中して、まだまだ混乱の中という感じでした。

震災被害の大きかった区間の徐行運転も解除されて、利用者が「はやぶさ」に殺到する状態が落ち着いてきた頃に(本数が増えるまではまだこの状態が続くかな?)、もう一度まったりと乗ってみたいなと思います。



muratalove

私は折り返し仙台行きのはやぶさの普通車に乗りました。やっぱり可動式枕がキーですね。乗り心地もすごいアップしてます。

お土産品の中のりんごジュース。私も買いました。おいしかったですね。

08

03

06:57

京九快速

murataloveさん こんばんは

「はやぶさ」乗ってこられましたか!
普通席、なかなか快適ですよね。東京から仙台くらいだったら、あの普通席でも充分なように感じました。

青森で買ったお土産が、東京駅でも全く同じ物が売られていたのはショックでした。
やっぱり現地でしか買えないのがお土産ですものね。

08

04

21:52

ちゅう

こんばんは。
「しゃけいくら釜飯」まだ残っていたんですね、この駅弁は悪くないです。
でも新幹線の終着駅で残2個って、暫定終点だった八戸駅での常態と変わり無いんです。知ってた私は青森のホームで買っていたのですが(笑)、車販でも直ぐ売り切れちゃうんですよ。

お土産で見たこと有るのは、小さいりんごジュースとクッキーかな?パッケージは違ったけど、中身は同じだと思います。りんごジュースは連絡船の昔から高価で、当時一般の100%ジュースが250ccで80円位だった時200cc未満で120円だった記憶が…
また、連絡船の船内では買えるけど、函館駅では売ってない。まるで空港の免税品か?

パッケージは違うかも知れませんが、同じものが東京・飯田橋のアンテナショップに有るかも知れません、商売っけが少ない方々だから。
今月中に船の科学館に行くので、ついでにお風呂に入れるヒバ玉買ってこようかと…

08

04

23:59

OKA

昔500系のぞみのグリーン席に乗ったとき、終点までピローを動かさずに乗ったことがあります。どこかのホームページであれを動かせると知って驚いた記憶があります。まさか動かせるとは思いませんでした。あれを動かせて乗っていたらもっと快適に過ごせたのかなと思いました。あのピローってどうやって固定されているんですかね?仕組みが知りたいです。

08

05

15:11

京九快速

ちゅうさん こんばんは

「しゃけいくら飯」を見て、初めてなのになんだか前に食べたことあるような・・・と思ったら、容器がこの時(http://b747sr100.blog33.fc2.com/blog-entry-233.html)の駅弁と同じだった。製造元が同じ伯養軒ですね。

新幹線の始発駅ですし、もうちょっといろいろな種類・個数が揃っているかと思ったのですが・・・この時の混雑が異常すぎたのでしょうか。
何はともあれ、食いっぱぐれなくてよかったです。車内販売のお弁当もNREのお約束な種類しか積んでいませんし。

あ、ちなみに青森駅では・・・駅弁らしきものをついに見かけなかったです。大判時刻表の欄外にある駅弁案内では、青森駅ではまだ多くの種類が健在のようですが・・・全ての種類が出回るのは年間でもごく限られた日だけかもしれませんね。

>東京・飯田橋のアンテナショップ
有楽町の「北海道」「鹿児島」のアンテナショップは、東京に行くとちょくちょく。

>船の科学館
そうだ!今月いっぱいでしたよね。
現役時代の青函連絡船には全く縁のなかった私ですが、最後にもう一度見物しておきたいです。


08

05

21:12

京九快速

OKAさん こんばんは

JR西日本は、特急や新幹線のグリーン席にマクラを付けるのが好きみたいですね。在来線特急のグリーン席は今でも3列配列を守っていますし、東の住人からすると羨ましいです。(東ではその分グリーン料金が安いんですけどね)


08

05

21:17

ミヤリー

はじめまして。
はやぶさの車内は快適そうでいいですね。
一度でいいから乗ってみたいのですが、うちの50万都市は通過なので気軽には乗れないのが残念です。

はやくE5系がやまびこ運用にも投入されて欲しいものです。

08

06

23:40

京九快速

ミヤリーさん こんにちは はじめまして

E5系が増えて「やまびこ」や「なすの」でも走るようになると、手軽にE5系に乗れるチャンスが増えますが、グランクラスやグリーン車のサービスはどうなるのでしょうね。

普通席のあのグレードで、「やまびこ」「なすの」でも利用できるになるのは嬉しいですね。


08

07

12:41

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad