プラチナへの道 vol.21

2011年4月1日からANAプレミアムクラスのサービスが一部新しくなりました。

朝食-昼食 と 昼食-夕食 の「中間帯」にあった「プレミアムデリ」サービスが、朝食-昼食の間の時間帯はブランチタイムとして「スープブランチ」に、昼食-夕食の間の時間帯はカフェタイムとして「マグカフェ」にそれぞれ生まれ変わりました。


この先の予定では、この「スープブランチ」「マグカフェ」の時間帯に当たるフライトスケジュールが入っていないので、この2つの新サービスを体験してみたいー!!ということで、急遽羽田-伊丹を往復して両方の新サービスを楽しんできました。







まずは午前中の「スープブランチ」を体験すべく、羽田空港へ。


いつもの修行だと早朝から飛ぶのですが、「スープブランチ」は朝食時間帯終了後のフライトからなので、この日は朝ゆっくりめのスタート。
時間に余裕もあるので、制限エリアに入る前に展望デッキで飛行機撮影してきました。









■ANA B777-200 STAR ALLIANCE
anapl-21-001.jpg


■AIR DO B737-500 ベア・ドゥ ドリーム号
anapl-21-002.jpg

■ANA B747-400D
anapl-21-003.jpg

anapl-21-004.jpg


■JAL B777-200 Samantha Thavasa
anapl-21-005.jpg





いつもは「旅割」とか「スーパー旅割」で予約して、当日にプレミアムクラスにアップするのですが、今回はプレミアムクラスに乗れなかったら意味無しなので、「プレミアム特割」で予約しておきました。


さっそくこちらからチェックイン。
anapl-21-006.jpg

本館南のラウンジが改装で閉鎖になっていたので、南ピア側の新ラウンジへ。
ここって伊丹便の定番ゲートからビミョーに遠いんですよね。
anapl-21-007.jpg

朝のピークも過ぎた時間帯は、さすがにラウンジも人が少なくて静か。
anapl-21-008.jpg


「スープブランチ」開始ピッタリの10:00発の便に乗ります。
anapl-21-009.jpg


機材はB777-200。 機体番号はJA8199でした。
anapl-21-010.jpg


この飛行機、登場当初はこんな塗装でした。
anapl-21-011.jpg
(画像はANAのポストカード)
「トリプルセブン」導入の初号機~3号機までは、垂直尾翼の「ANA」が「777」でした。
このJA8199は、導入3号機目の機体です。


4月からは機内での電子機器の取り扱いも変更になりました。
出発時は、ドアが閉まるまで携帯電話やデジカメの利用がOKに。
デジカメでプレミアムクラスの出発前のキレイな状態を撮ってみました。
anapl-21-012.jpg
携帯電話で話しながら機内に入ってくる人や、携帯のカメラ機能で機内で記念撮影している旅行者もいました。
ドアが閉まると「ただいまドアが閉まりました。携帯電話や電子機器の電源はお切りでしょうか?当機はまもなく出発となります」という放送に変わったことも新鮮でした。


離陸は新しいD滑走路から。
ここはスポットを出てから滑走路到達までに、普通に走っても10分以上かかりますね。


上空はいくつもの飛行機雲が流れていました。
anapl-21-013.jpg


4月からはプレミアムクラスのドリンクメニューの仕様も新しくなっていました。
anapl-21-014.jpg

今までは紙製の見開きメニューでしたが、新しいメニューは4つ折りのものに。
anapl-21-015.jpg


いよいよ新サービス「スープブランチ」のお出ましです。
anapl-21-016.jpg

スープを全席分、一気にギャレイで用意してくるようで、ベルトサインが消えてからサービスが始まるまでちょっと時間がかかります。
スープとボックスミールをカートに載せて一気に全席に配布。この時にドリンクサービスも行われます。


スープとボックスミールのフタを開くと・・・・
anapl-21-017.jpg
こんな感じ。


本日のメニューです。
anapl-21-018.jpg


新サービスのメインの「コンソメスープ」は、ANAご自慢のあのコンソメスープ。
量は見た目にちょっと少ないかな・・・と思いましたが、具の量やフライト時間からちょうどいいくらいでした。(もっと長距離路線になると、思わずおかわりをお願いしたくなるかも)
具のキノコや鶏肉もザックリと大き目なので、スープでも「食事した」って気分になります。


一方でちょっとガッカリだったのが、ボックスミールのパンとサラダ。
これは明らかに以前の「プレミアムデリ」のほうがよかったです。
パンはバターロールが入っていましたが、何の味も無い上にパサパサで固い。
バターやジャムが一緒に入っているのかとも思いましたが、入っていませんでした。
コンビニで売っている3個で100円のバターロールのほうが、まだバターの風味があって美味しいです。
サラダもなんとなく「やっつけ仕事」的に添えている感じで、以前の「デリ」に入っていたシーフードマリネが懐かしく感じられました。



新サービス「スープブランチ」、今後の展開にも期待を持たせつつ、マイチョイスに新商品をチェック!

4月のご当地飲料は、「山形代表 ら・ふらんす」
anapl-21-019.jpg
山形産「ラ・フランス」の果汁100%ジュース。かなり濃かった!!
まさにストレートジュース。キャップを開けた瞬間に、あの独特な香りが広がります。



スターバックスコーヒーに続いて、スタバの「ミニスコーン」も新登場。
anapl-21-020.jpg
私は普段からコーヒーを飲まないので、スタバにもめったに行かないのですが、実際の店舗にもこんなスコーンがあるのでしょうか。機内のカフェタイムにつまむにちょうどいい大きさでした。
パッケージがかわいいので、ちょっとしたお土産にもいいかも。


羽田から約1時間、上空ブランチタイムは約30分ほどで伊丹空港に到着。
anapl-21-021.jpg
新作「スープブランチ」は、1ヶ月の上半期と下半期で内容が異なり、さらに路線によっても内容が異なるので、違う路線発で乗る時には、楽しみになりそうですね。




---------------------------------------


【第21フライト】
 ・ANA19便 羽田→伊丹 (プレミアム特割)
 ・ボーイング777-200 JA8199
 ・獲得PP 1,100 PP
 ・累計PP 38,820 PP
 ・PLTまであと・・・・11,180 PP

この記事へのコメント

特急アクア : 2011/05/13 (金) 23:39:01

どうもこんばんは。頭の中がまだ1割だけ7時間前の特急アクアです。

まだ5月…搭乗の時点でまだ4月で、まもなく40000ポイントってのはさすがですね。
マイルの方もなかなか貯まっていると察しますが。

>スープブランチ
量的にはプレミアムデリの中が3等分された箱の1つ分がスープになったというような感じでしょうか?
見た目的にはカンペキに思えるんですが、どうもそうじゃないようで…。

ちなみにですが、おとといまでフランス行ってました。
帰りはあの新シート体験したくて無理やりフラ経由にしたんですが、あれがほぼカンペキな内容でした。

シェル型シートなので全リクOK、座席の包み込みが絶妙な感じで、普段機内では3時間も寝れない私が初めて4時間半寝れました。
モニターはコントローラーとタッチパネルどちらでもOKでした。音楽や映画のほかにも機内食のメニューなんかも見ることができちゃったりして便利。

ただ1つ難点は、可動式のヘッドレストがちょっと硬いので、寝るときはマクラ使ったほうが良かったです。

ちなみに全部エコノミーの話です。

京九快速 : 2011/05/16 (月) 11:42:56

特急アクアさん こんにちは

スープブランチは付け合せのパンやサラダが「あれれ?」って感じでしたが、種類がいろいろと変わるようなので、今後の展開に期待ですね。
軽食にスープとパン、悪くない組み合わせだと思います。


新型シートさっそく乗られて来たのですね。私の海外デビューはまだまだ先のことになりそうです・・・・

だどぅ : 2011/05/19 (木) 10:09:31

こんにちは。
電子機器の取り扱い方が変わって、窓越しに駐機中の他の飛行機の写真とか撮ることができるようになったことは嬉しいですね。

そういえば、AIR DOのHPにあるベア・ドゥ ドリーム号のコーナーに初便のチーフパーサーの記事が載りましたね。

京九快速 : 2011/05/21 (土) 13:12:08

だどぅさん こんにちは
これまではフィルムカメラに頼るしかなかった部分がデジカメでできるようになったので、機内設備や座席の記録も格段にやりやすくなりました。
出発前に隣りのスポットに珍しい飛行機が止まっていても、目に焼き付けるしかできませんでしたものね。


エアドゥサイトの特集ページ、見ましたよ! 最後まで更新が残されていたところがチーフパーサーさんの記事でシメとなるとは予想外でした!

管理人のみ通知 :