プラチナへの道 vol.15 番外編その1

--------------------------------------------------------------------

【お知らせ】
震災が起こる前に行って来た、ANAプラチナ修行のブログ記事になります。
書き溜めてあった記事を少しずつ公開中です。

--------------------------------------------------------------------










今までは、到着空港からすぐに折り返しての単純往復で、まさに「修行」って感じでしたが、今日は新千歳空港からお出掛けします。



まずはコチラに乗車。
anapl-15-101.jpg
JR北海道の特急「なまらゴッド」こと「スーパーカムイ」(もとい快速エアポート)



うおー! 車窓は一面の銀世界だー!
anapl-15-102.jpg


で、札幌駅で乗り換え。







お乗換え先はこちらだー!

anapl-15-103.jpg



クリトマー!!




「クリスタルエクスプレス トマム・サホロ」
やっと会えたよ、お前に!
夏冬、何度か北海道に来ているものの、いつもタイミング悪く大抵が「ノースレインボー」で運転の日ばかりだった・・・・。





初対面のクリトマの印象は・・・・


anapl-15-104.jpg

意外とくたびれてた・・・。



正式な列車名は「トマムサホロスキーエクスプレス」。スキーリゾートへ走る臨時特急。




さすが平日。
anapl-15-105.jpg


ガラガラだぜ!
というか冗談抜きで、指定された4号車は南千歳駅まで貸切だった。
4両編成を歩いてみたけど、全体で10人も乗ってなかった。
札幌-南千歳間は回送電車みたいなもんか?


さて、このクリトマ(←というかこの愛称ホントに使われてるのかな?昔、JR北海道の社内では通称でこう呼ばれてるって聞いたことあるのだが)、外観からもお分かりのように「名鉄パノラマカー」の遠い親戚というか、「小田急ロマンスカー」の突然変異種というか、まぁ、「展望席」がウリなわけですが。





anapl-15-106.jpg

もう、ガッカリー!!

踏切での特急電車とダンプカーの激突事故以来、展望席閉鎖。
座席は撤去され、台座だけ残っているのが物悲しい空間になってしまいました。




気を取り直して、いろんな客席設備を誇るクリトマの車内をご紹介!



中間車には、なんと2階建て車。
気動車初の2階建て車だそうで、「旧スーパーとかち」の2階建グリーン車の兄貴分です。

弟は不運な運命でしたが、兄貴は今も現役バリバリ。
2階部分はボックス型に座席が配置された「セミコンパートメント」
anapl-15-107.jpg
ここは指定席として売りにくいからか、自由席として使われることが多いようです。
この日も自由席となっていました。



2階建て車の1階には、壁とドアで仕切られた完全な「個室」
anapl-15-108.jpg
室内には大きなテーブルや液晶テレビ。ソファーもふかふか。
登場当時は「グリーン個室」だったみたいですが、今はグリーン料金は不要の普通席扱い。
3室がありますが、この日は1号室が着替え室(授乳室)、2号室が一般販売用、3号室が「JALパック」利用客専用個室になってました。


2階建て車のはじっこは、サロンコーナーになってます。
anapl-15-109.jpg

サロンコーナーのとなりにはギャレイを備えたビュッフェコーナー。
anapl-15-138.jpg
しかーし、残念ながら臨時特急で運転の時は使われていないみたい。
レンジとかコーヒーメーカーとか流し台とか、一通りの設備が揃っているのに勿体無いね。


さらに、2階席のボックス席のとなりもフリースペースのラウンジコーナー。
anapl-15-139.jpg
なんとも贅沢な列車だなぁ。


2号車は、床がかな~り高い「ドームカー」。
anapl-15-137.jpg
座席の上の天井までが窓になっています。
実は2階建て車の2階席よりも眺めが良いという「隠れた穴場」的な車両。


普通席には天井から吊り下げられた液晶モニターがあり、運転席からの走行展望が中継されるほか、南千歳駅発車後にはトマムリゾートとサホロスキー場の観光案内ガイドが放映されていました。
ま、おいらの席のモニターはこんなだったけどな!!

anapl-15-110.jpg



さて、「こんなんで採算取れんの?」な空気輸送っぷりのスキー列車ですが、空港とのアクセス拠点である南千歳駅で状況は一変。
1号車と4号車は半分くらい埋まり、2階建て車も自由席はほとんどのボックスが埋まり、階下の個室も満室に。
(ただ2号車だけは終点まで乗客ゼロでしたけど)



南千歳からは石勝線へ。
anapl-15-111.jpg


ちょうど昼時に掛かるのですが、車内販売はありません。
空港駅の窓口で車内販売があるか念の為聞いたら「ないです」とのことだったので、空港駅で弁当買っておきました。
anapl-15-112.jpg
「北海道十勝 いけだ牛弁当」 駅弁ではなく空弁かな?キオスクで買ったんだけど。


あと、こんな甘~いのも買ってきたよー!
anapl-15-113.jpg


車掌さんは、車内改札よりもオレンジカード販売営業のほうが一生懸命だった!
いや、こうしてオレカ販売に頑張ってるのはこの会社が最後かもしれない。
anapl-15-114.jpg
よし!クリスタルのオレカ1枚くださ~い!!



スイマセン、売り切れです。






なんなのこのお約束的な展開。



「ほかにもいろいろありますよ~」と車掌さんが出してきたのは、オレカ収集家みたいなコレクションアルバム。中には「スーパーおおぞら」とか最新鋭特急のほか、「なつかしの特急ライラック」「なつかしの急行大雪」とか、なんかすごい幅広い品揃えっていうか、こんなに種類いっぱい作って「北海道ってもしかしてまだオレンジカードが電車乗るツールとして主流なの?」みたいな感想。



とりあえず、こんなの買ってみたよ!


anapl-15-115.jpg


「北海」とかマニアックすぎ?微妙に「リバイバルトレイン仕様」ですがねハハハー!




さて、「占冠」駅で運転停車です。

anapl-15-134.jpg


「占冠」




「しむかっぷ」。なんか北海道って感じの駅名だよねぇ。


「しむ」ときて「かっぷ」。もうドコをとっても北海道以外じゃありえない響きです。
ステキ!



単線なんで「スーパーとかち」との行き違い通過待ちでした。
anapl-15-116.jpg



ひたすら雪山の中を走る列車ですが・・・・毎回北海道に来る度に思うのですが、車窓に全く人家が見られない原野と森が延々と続くのはスゴイなと。
途中にある数々の信号所は、元々は駅にする予定だったらしいです。結局住んでいた人たちが離農しちゃってこのあたりの居住する人がいなくなっちゃったので、信号所になったらしいですが。
ぶっちゃけこんなところに駅があっても、誰が乗り降りするんだ?と思っちゃうほど「生活観」からかけ離れた世界。







で、列車は「トマム」駅到着。
anapl-15-117.jpg
ここでほとんどの乗客が降りていきました。


トマムリゾートの最寄り駅なんで、きっとロッジ風のステキな駅舎があって、ホームも煌びやかな飾りがされたりするんだろうな~ウットリ・・・・とか勝手に思ってました。

anapl-15-136.jpg

anapl-15-135.jpg


俺の中の「素敵なトマム駅像」、返せ!!!(笑)





「トマム」の次の駅「新得」がこの列車の終点。
最終区間に入って空が晴れてきて、雪晴れの雄大な車窓が楽しめました。
anapl-15-118.jpg


終点「新得」駅に到着です。
anapl-15-119.jpg

上り「スーパーおおぞら」と並んだクリスタルエクスプレス。
anapl-15-120.jpg
「スーパーおおぞら」がさらに細長い顔に見えるな。



クリスタルエクスプレス乗車が目的だったの、新得での用事は特に無いのですが、とりあえず改札の外に出てみることにしました。
anapl-15-126.jpg



(つづく!)

この記事へのコメント

よしりん : 2011/04/08 (金) 22:35:19

こんばんは
冬の北海道って、いいですよね。
私も先々月の2月に嫁さんと行ってきましたが、雪原の中を粉雪を舞い上げながら走る列車はなかなか東京近郊では見れない光景です。
もっと早くに行って、色々な所に行っておけば良かったかなって思ったね。

しかし、昨日は余計な事を書いたかなって思ったねぇ。
コメントを書いた後に、余震が起きるなんて・・・
今回は、3.11の時に比べると、揺れは小さかったけど、長い時間揺れていたように感じたし。
そちらも大丈夫だったみたいでなによりです。

十二宮の人 : 2011/04/09 (土) 07:50:34

ついにクリスタルに初乗車を果たしましたか!だが、展望席が撤去されたのは残念…
ゆふDXは一度事故起こしたものの撤去されなかったのに…

京九快速 : 2011/04/09 (土) 20:21:23

よしりんさん こんばんは
後展望は、線路の雪を跳ね上げて走るのでまったく見通し効かず・・・真冬に下りトワイライトやカシオペアの展望スイート乗っても同じ感じなんでしょうね。
今日も夕方にドカン!大きな地震がありました。もうホントに勘弁して欲しいです。。。

京九快速 : 2011/04/09 (土) 20:24:19

十二宮の人さん こんばんは

やっとクリスタルエクスプレス確保!
北海道に来る度にリゾート特急運転の季節ではあったのですが、毎回クリスタルは出番無し、「ノースレインボーで運転」の日ばかりでした。
今回は「クリスタルで運転」の日を狙って北海道入りしました。
できれば展望席健在のうちに乗りたかったですね。

スレタイ職人 : 2011/04/09 (土) 22:36:05

どうも。
あの座席を撤去した展望室は、走行中の一般乗客の立ち入りは出来るんでしょうか?
クリスタルエクスプレスに乗る時は、いつもあの展望席ばかり座っていたものですが。

北海道新幹線が開業する際は、ドイツ鉄道のICE3の様な
先頭展望席がある新幹線を、JR北海道には期待したいです。

京九快速 : 2011/04/09 (土) 23:42:30

スレタイ職人さん こんばんは
展望室と一般客室の間には、膝の高さくらいまでの小さな柵が設置されてしまい、展望室への立ち入りはできなくなっていました。(「乗務員以外立ち入り禁止」のようなステッカーも貼ってありました。)

ただ、それ以上の高さで展望室方向への視界を遮るものは無いので、4番列の進行方向右2席を指定して買えば、ちょっと遠いながらも展望席として楽しめます。

yusuke : 2011/04/10 (日) 02:16:19

こんばんは
確かトマム駅は、駅舎の中はログハウス風になっていて
リゾートっぽい感じでそこにリゾートインフォメーション等が併設されていたはずです
行ったのがずいぶん前なので記憶が曖昧ですが
過去にトマサホ乗った時はせっかくクリスタルエクスプレスだったのに
この設備を知らず座席で過ごしてしまいましたorz

OK : 2011/04/10 (日) 22:22:49

京九快速さまこんばんわ。
何事もなかったようでよかったです。

クリスタルエクスプレスですか。
小さい頃はフラノやニセコに比べてゴツいデザインがイマイチでしたが今はコレはコレでアリなのではと思います。
それにしても展望に普通車パネル装備に液晶テレビで個室のハイデッカー。

すごく、バブル期です。(笑)

バブル期の展望付きつながりではありませんが今日、花見の帰りにリニューアルさくらライナーのDX乗ってきました。
(まぁ、こっちが目的ですが…)
ULに比べて色んなところでカイゼンが見られる感じなので今回は京九快速さまにも満足していただけるのでは?と思ってます。
というかあの座席と設備でJR北海道もビックリなチャージ代では文句言う気になれません。(笑)

ではでは。

QUWA : 2011/04/11 (月) 11:01:49

京九(※訂正しました・すみません)さんらしい旅行だなぁ~(笑)。
いかにも北海道らしい写真(雪、車両、駅名)、ありがとうございました。

オレンジカードの黄色い紙に「リゾートチーム」…一体どんな部署なんだろう...。臨時列車の乗務が主だったりするのでしょうかね。

- : 2011/04/11 (月) 16:37:25

最後の写真を見て思ったのですが、やはりCRYSTAL EXPRESSの文字にひび割れが入ってますね。 まぁこれは経年劣化なので仕方の無いことですがw
あと、グットデザインのマークがついてる・・・?

京九快速 : 2011/04/11 (月) 22:12:00

yusukeさん こんばんは

トマム駅では降りなかったので、駅舎の中の様子まではうかがえませんでしたが、リゾートチックな内装なのですね。
車内では各ホテルからの出迎えバスのアクセスをこと細かに案内していました。ホテルとJRが一体となって運転している特急というのが印象深かったです。

京九快速 : 2011/04/11 (月) 22:14:55

OKさん こんばんは
「さくらライナー」がさくら色に変身したのはネットニュースで見ましたが、DX車まで登場したのですね。
「さくらライナー」は久しく乗っていないので、これはさっそく見に行きたいです!

京九快速 : 2011/04/11 (月) 22:19:07

QUWAさん こんばんは
クリスタルは多彩な設備が楽しい列車でした。ガラガラだったので札幌→南千歳の間に全ての車内設備の写真を撮影できたので、石勝線内ではのんびりまったりと冬の北海道の鉄道旅が楽しめました。空の旅もいいですが、陸を行く鉄道旅行もいいですね。


京九快速 : 2011/04/11 (月) 22:22:54

#mdgUF9TIさん(名前の記載が無かったので・・) こんばんは

クリスタルエクスプレスは1990年のグッドデザイン賞を受賞していますね。

ちゅう : 2011/04/12 (火) 02:50:59

こんな時間にこんばんは。

地震のおかげで新居での光待ちになりまして、しょうがないからドコモのスマートフォンをチューンアップして、納得出来るレベルになったので書き込みに来ました。

私が乗ったのは、10数年も前ですけど設備はまだ新しく、夏の原生花園を巡り途中下車も数10分ずつ、特製駅弁を注文すると途中駅から積み込んで席まで運んでくれるという、至れり尽くせりでした。

旭川発の釧路行き釧網線経由、ていうあり得ない列車で堪能したクリスタルエクスプレスが健在なのは、嬉しいレポートでした。

京九快速 : 2011/04/13 (水) 14:50:17

ちゅうさん こんにちは

久々の北海道でした♪
あの、肌にピリッとくる冷たさがなんとも心地よかったです(ものの5分で屋内に退散でしたが・笑)
クリスタルエクスプレスは念願かなっての乗車でした。この日に合わせて飛行機も予約したので、もし急な車種交換とかになったらどうしようとかいろいろ心配でした。


>あり得ない列車
アルコンからノースレインボーまで全世代勢揃いだった頃は、シーズンごとにいろんな経由・行先でリゾート特急が走っていましたね。札幌~小樽間の短距離を走る「マリン・クリスタル号」なんてのが手持ちのパンフレットに載ってました。

管理人のみ通知 :