パンフレットに見るJR特急ヒストリー -Vol.1 1988

ご無沙汰してます。前の記事アップから間が空きました。
どうもすいません。


ネタが切れました(笑)

手持ちで残っていた旅行記ネタも全部アップしちゃいまして。



そんな頃ちょうど、我が家にネット革命来たる!

私の住む僻地にもようやくJ:COMさんがケーブルテレビを引いてくださいましてね。
ネット環境も、Y!BBからケーブルテレビに変えたんですが。



今までのY!BBでは、1分の動画のD/Lに3分掛かるというアホーな環境だったんですが、
J:CONさんのウルトラ160M、速ぇぇぇ~~~~~よォーーーーー!!!!


ネット速度上がる
  ↓
これまで全然見られなかったYoutubeとかニコ動に入り浸る
  ↓
なついファミコン動画にハマる
  ↓
さっそく中古でファミコンソフト買う
  ↓
久々のファミコンにハマる


というカンジでですね。自分のサイト・ブログへの新規記事アップ放置状態(笑)






サイト管理人、失格です!




そんな京九快速さんのプライベートな話には誰も興味ないですかそうですか。






しかし、ネタがありません。(大事なことなので以下略)





そこで、私の手持ちコレクションをアップして時間稼ぎをしようという暴挙に出てみることにしました。

駅なんかで配っている「今度こんな新しい特急が登場します!」的なパンフレットもマメに集めてきましたが、今見返してみるとなかなか「歴史」を語れるくらいのコレクションになってましたので、手持ちで一番古い1988年の頃からJR特急ヒストリーを紐解いてみようかと。


初回は1988年です。国鉄がJRに分割民営化されて2年目。



■ハイパーサルーン(JR九州)
1988-783-1.jpg

1988-783-2.jpg
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/collection/783.jpg

■オランダ村特急(JR九州)
1988-hve-1.jpg

1988-hve-2.jpg
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/collection/holland-village-exp.jpg

4両編成化後、表紙イラストが水戸岡氏なので1989年頃のものと思われます。
これら九州の列車のは、当時文通で写真やパンフを交換していた九州の鉄友達が送ってくれたものです。(文通とか懐かしいすなぁ。)
ハイパーサルーンとオランダ村特急も、関東在住の私には全く縁がない存在だったので、パンフレットを眺めては「ふ~ん」としか思ってなかったです。ぶっちゃけ。
まさか、後年になってドーンデザイン・マジックに取り付かれ、年1~2回の九州詣を繰り返すようになるとは露知らず・・・・


■北斗星(JR東日本)
1988-hokutosei-1.jpg

1988-hokutosei-2.jpg
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/collection/hokutosei-1.jpg

1988-hokutosei-3.jpg
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/collection/hokutosei-2.jpg

近所の駅に置いてあったものです。
ここからパンフコレクションが始まってしまった、記念すべき?1枚。

表紙の写真がカッコよすぎー! EF81-95って、なにげにレインボー機ですな。
JR東日本のパンフなので、東編成の紹介となっています。
グランシャリオが全て4人掛けテーブル。3・4号もまだ季節列車のモノクラスです。

「大人になったら絶対北斗星乗るんだ!」と心に決めた当時、初乗車までまさか10年以上も要するとは思わなんだ(笑)



次回は、翌年の1989年。
アレとかアレが出てくる年ですね。

この記事へのコメント

くずはEX : 2010/10/28 (木) 01:13:58

こんばんは。

ハイパーサルーン、A室とかB室って言ってた記憶が…

喫煙&禁煙や自由席&指定席を完全に分離出来るアイディアだと当時は感心しました。

こんな風に色々と振り返ることが出来るからこそ、なかなか捨てられないんですよね~、パンフレット。




QUWA : 2010/10/28 (木) 09:24:18

こうしてみると、デビュー当時のサービスの確固たるポリシーと、今の様子とを比較すると…(汗)。

北斗星の表紙は、EF81の写真の撮り方が絶妙ですが、パンフそのものはちょっと時代を感じてしまう気がします(キャッチフレーズの書体とか…あの斜めはバブルの象徴だったかも(笑))。一方で、オランダ村特急、水戸岡先生の作品だけあって、今、駅のパンフ棚に置いてあっても、そんなに違和感がないような気がしますね。

たっくん : 2010/10/28 (木) 22:19:50

 今日、EL群馬県民の日号に乗ってきました、と思ったら話題は既にパンフレットに(笑)。

 カシオペアのパンフレットはあまりに処分し難く結構長い間持ってましたが、結局処分してしまったことを未だに悔やんでます。
 なぜか日光・きぬがわ直通運転のパンフレットは未だに持ってますが、これはいいや(爆)。今朝見た新宿出発直後の日光1号はほぼ無人でした。

京九快速 : 2010/10/29 (金) 12:51:10

くずはEXさん こんにちは

ハイパーサルーンを初めて雑誌で見た時は、JR(国鉄)の電車というより、私鉄の・・・というか外国の電車か?というくらい、垢抜けた印象でした。
個人的にはデビュー当時より今の水戸岡リメイクの783系の方が好きですね。力強い感じがして。

>A室B室
5両編成なのに10両編成に見えるようなボリューム感。
車内移動も何両も渡り歩いているような気がしてきます。

京九快速 : 2010/10/29 (金) 13:02:00

QUWAさん こんにちは

この頃はいろいろなサービスを模索している段階で、オーディオだったりテレビだったり、座席周りの装備や人的サービスも「いろいろやってみよう」的にてんこ盛り。
それらが徐々に落ち着いてきたのは、例えば携帯電話や携帯音楽プレイヤーの普及だったりと世相の変化に沿ってきたからかなー?と。

パンフレットに大きく書かれたキャッチコピーは、昔の方が大げさで派手なものが多かったですね。その分、新車への期待感も大きかったと思います。

京九快速 : 2010/10/29 (金) 13:05:23

たっくんさん こんにちは

新車やダイヤ改正などのパンフレットは手元で時代を振り返るのに手ごろな「資料」となるので、1部取って置くといいですよ。

「カシオペア」のは後日やるつもりですが、年代によって表紙写真が大きく変わり、サービス内容も徐々に変化が生じているのが分かります。

ちゅう : 2010/10/29 (金) 23:23:39

こんばんは。
話には聞いていましたが、やほーってホントに遅かったんですね・・・
わが家は、ADSL時でもフルスピードに近い速度出てたのでNTT光に変えても有難みがそれほど感じませんでした。

J:COMさんですが、同じですね。というか、一年ほど前に地元局が吸収合併されて現在では”関東制覇”してるかも。横浜では、30分の地元向け番組も多いです。J:COMさんなら他県のU局も入るんじゃないですか?「チバテレ」「テレ玉」とか入るようでしたら 金・土辺りで Railway Story とか ぐるり日本 鉄道の旅 とかが見られますよ。

さて本題のパンフは余りもらってくることが少なかったですね。「北海道行のお得なきっぷ登場」みたいなのは逃さず取ってありましたが(笑)、その他はJR北海道の毎年発行している(していた?)企業方針のパンフ(今年は、どこの路線に新型車入れるよ~みたいな)は、一年毎に貰っていたのでどっかに埋もれています。

さて、益々バブリーになる気配が楽しいです(ニヤリ)

OK : 2010/10/29 (金) 23:34:37

京九快速さまこんばんわ。
83年生まれの子が見たら興奮せざるをえないものを引っ張り出してくれましたね。

「オランダ村特急」
そんな風に言われてた時期もありましたなぁ~(遠い目で…)
ちなみに私が乗った時のお名前はゆふDXでした。
次は何DXなんでしょう?(笑)

ではでは。

京九快速 : 2010/10/30 (土) 15:42:52

ちゅうさん こんにちは

J:COMは引越し前の家でも加入していたんですが、今住んでいる引越し先がエリア外だったので、この日を5年間待ちました。
ケーブルチャンネルのMONDO!TVやヒストリーチャンネルで鉄道番組が時々放送されているので、暇な時はよく見てます。これだけでもケーブルTV引いた甲斐があったなぁ。
他県モノだと千葉テレビが見られます。こちらのチャンネルでも鉄道番組やってるんですね。さっそくチェックです!

「北海道モノ」のパンフは、東京駅地下の「JR北海道プラザ」で貰ってきてました。昔は北海道への旅先案内所のような感じで、北海道内の列車のパンフやオレカもありましたが、最近見に行ったら単なる旅行センターって感じになっちゃってましたね。東海道や東北新幹線の切符販売がメインみたいな。

この後の続き、ご期待通りにバブリーな展開になっていきますよ!

京九快速 : 2010/10/30 (土) 15:46:06

OKさん こんにちは

「オランダ村特急」
私が初めて出会った時には「シーボルト」なる名前になっていました。次に出会った時は「ゆふDX」に改名していて、また次に出会った時は赤から黄色に変身していました。出会う度に違っている・・・。

次に会う時は、阿蘇高原線のパノラマ特急かな・・?!

スレタイ職人 : 2010/11/04 (木) 15:05:26

ここまで、NOEがシベリア鉄道と海路を経由して来日し、
JR路線を走った事が出てこなかった。

1988年はこういう年でもありました。

路線も車両もイベント多い年でしたねえ。

京九快速 : 2010/11/04 (木) 21:20:31

スレタイ職人さん こんばんは

オリエント急行inジャパン。フジテレビが企画したんですよね。
1テレビ局が各国の鉄道会社の協力を得ながら、ヨーロッパの車両を日本まで走らせて来て、さらに日本国内でも走らせる。おそらく今後には有り得ないプロジェクトでしょうね。いったいいくらの金額が費やされたんだろう・・!?

管理人のみ通知 :