寝台特急「日本海」に乗ってきた その3

続きです。

やっとメインの列車のご登場です。ここまで引っ張っちゃってスイマセン。



と、その前にお風呂屋さんへ。
201007nihonkai-040.jpg

「日本海」号には車内シャワー設備がありません。
真夏なので日中に汗かいてもいいように着替えはカバンに入れてきましたが、できればさっぱりと汗を流して夜行列車に乗り込みたいもの。
駅前の観光案内所で駅近くにお風呂屋さんは無いか聞いてみたところ、駅から歩いて10分ほどのところに「青森まちなかおんせん」という施設があると教えてくれたので行ってみました。

「青森まちなかおんせん」→http://www12.ocn.ne.jp/~machinak/

朝早くからやっているので、下りの「日本海」「あけぼの」や、札幌発の「はまなす」で青森に到着した時にも有意義に利用できそうです。

内部はちょっとしたスーパー銭湯のような施設で、汗を流すどころか泡風呂や露天風呂で思いっきりのんびりリラックスしてきちゃいました。ヤベェ・・これから寝台特急に乗るのに、もう眠くなってきた・・・。

1時間ほどまちなかおんせんでゆっくりしてきて、再び青森駅。
201007nihonkai-041.jpg

改札口の上の電光表示板には「寝台特急日本海 大阪」の文字。
201007nihonkai-042.jpg
行先は八戸ですが、「特急 白鳥」の文字も一緒に並んでいると、なんだか日本海縦貫線が特急花盛りだったころのようですね。

発車30分前ですが、ホームに行くともうすでに日本海号は入線済み。
201007nihonkai-043.jpg
客用ドアもすでに開放されていて、ホームのキオスクは日本海号の乗客で賑わっていました。

見た感じ、年配の利用者が多いかな。あと5~6人くらいのグループ客がけっこう多い。お母さんと子供さんという組み合わせも意外と目に付くほど乗ってました。あとはカメラ持った自分と同属のおじさんね(笑)
予想していたよりも「乗っているなぁ」という印象でした。もっとガラガラで侘しい雰囲気かと思ってた。

私もキオスクでミネラルウォーターやおつまみを購入。
缶ビールがものすごい勢いで売れていました。自分の前で精算していたグループ客は20本くらい買い込んでいたかな。車内ではものすごい宴会が催されそうな予感~!(これが寝台特急でのんびり行く醍醐味なのかも)

行先表示機の「大阪」の文字。
201007nihonkai-044.jpg

今晩、私がお世話になる“走るお宿”はこちらです。
201007nihonkai-045.jpg

201007nihonkai-049.jpg


201007nihonkai-046.jpg
A寝台車「オロネ24」。
日本国内に僅かに残っているいくつかの寝台特急で使用中の24系客車でも、日本最後の存在となる「開放型A寝台車両」です。

「日本海」号は、このA寝台と、あとは開放型のB寝台があるだけ。
個室寝台の存在が当たり前、むしろ個室寝台でなければ寝台特急としての需要が見出せない状況で、個室ゼロ・オール旧式でよく生き残ったなと思ってしまいます。

A寝台・B寝台とも全て2段式。今日はA寝台の下段寝台を買っておきました。
201007nihonkai-047.jpg
2ヶ月ほど前に乗った急行「きたぐに」号とほとんど同じスタイルです。
「きたぐに」号の車両はJR西日本の担当でしたが、「日本海」号はJR東日本の担当。
よく見るとセットされたアメニティに差があったり、上掛け布団がターンダウン風になっていたり、会社それぞれでの特色がありますね。

下段寝台は、物置き場が豊富なのと窓が独り占めできるので快適。
天板までの高さもそこそこありますし、通路からすぐに寝台に入れるのも便利です。
201007nihonkai-048.jpg
この日のA寝台は、青森発車時点で下段が半分くらい埋まっていました。(上段はお客さんゼロ)
B寝台の下段とほとんど変わらない居住性なので、A寝台を利用するのはそれこそ趣味人くらいな感じがしますが、鉄道ファンとおぼしき人は私のほかにもう一人くらいで、意外と一般の人にA寝台が支持されているのが驚きでした。

1両のA寝台以外は、全てB寝台。
201007nihonkai-050.jpg
全く同じ作りの車両が延々と続いて連結されていて、なんとも「国鉄時代の寝台特急」な雰囲気。
ホームに買出しに出ている人の姿がそのままB寝台へと移り、車内では発車前からすでにあちらこちらでビールやワンカップを開けておつまみを広げて宴会が始まっていました。

一部に無人の車両が数両ありましたが、これは秋田まで座席車扱いの車両だそうで、秋田から寝台を使う乗客が乗ってくると車内放送で案内していました。

全ての車両の洗面台で、冷水機が元気に稼動中だったのは驚きました。
201007nihonkai-051.jpg
これって「O157」が流行った辺りから、衛生面と保守面で次々に撤去されましたよね。
試しに紙コップを引き出して飲んでみましたが・・・なんか薬品くさい?
でも昔に飲んだことがある記憶が蘇ってくるような味でした。

途中に「日本海」のイラストマークが拝めるところがありました。
201007nihonkai-052.jpg

ドン詰まりの機関車との連結面まで来ました。
201007nihonkai-053.jpg
機関車はどちら側にも日本海のヘッドマークを装着しているようで、客車側のデッキからも日本海のヘッドマークを見ることができました。
暗い青を背景に、銀文字と白波の意匠が日本海側特有のイメージを醸し出しています。
文字の上に飾られた星のマークがなんだか妙にかわいらしく見えます。



・・・続く!

この記事へのコメント

curoka : 2010/08/21 (土) 08:48:44

こんにちは。
まちなか温泉よられたのですね。夜行列車始発駅周辺の温泉は重宝します。特に日本海はシャワー設備もないですからね。

東日本持ちの客車ですが、冷水機は未だに稼働していたとは!新幹線から消えただけでしたか~

明良 : 2010/08/21 (土) 21:00:23

こんばんわ。 
>>自分の前で精算していたグループ客は20本くらい買い込んでいたかな。

えええw そんなに買い込むのかwww
自分、コンビニのアルバイトしてるんですが、
こんなに買われたら袋がいったいいくつ必要になるのやら・・・

>>車内では発車前からすでにあちらこちらでビールやワンカップを開けておつまみを広げて宴会が始まっていました。

ま、マジですかwww何という宴会列車ww
まぁ自分も嫌いではないんですけどねw宴会の雰囲気。 

んー・・でも、死ぬ前に一度でいいから機関車が牽引する列車に乗ってみたいです。。。

めがねざる : 2010/08/22 (日) 00:22:24

良いですね~開放式A寝台。

実は、来月「きたぐに」のA寝台に乗ろうと計画していたのに、発売日の昼休みにサイバーステーション見たら…

「×」

なんじゃ、そりゃぁぁぁぁ!

その後「△」になったけど、下段は期待すべくもなく…仕方ないので、計画変更(涙)いずれ、リベンジせずにおくものか…

京九快速 : 2010/08/22 (日) 21:42:39

みなさま こんばんは

★curokaさん
まちなか温泉のことは、青森に着くまで知らなかったので、駅から10分という至近距離にこんな施設ができていたことに驚きました。おかげで昼間の汗をさっぱり流して日本海号に乗り込めました。
(本音では日本海号にシャワー設備があればいいのですけどね~)

冷水機は最初、設置してあるだけで「使用できません」状態なのかと思っていました。でもその脇にしっかり紙コップがセットされているし・・・試しにボタンを押してみたら、水が出ましたよーー!!

★明良さん
>ビール約20本
キオスクのレジのおばちゃん大変そうでした。お店の冷蔵庫に入っている分だけじゃ足りなかったみたいで、奥のほうからさらに出してきてました。

>宴会列車
B寝台が賑やかでしたが、A寝台は静かでした。

★めがねざるさん
>サイバーステーション見たら「×」
夜行列車そのものが貴重なものになってきたせいでしょうか。
私が「きたぐに」のA寝台下段に乗った時は最後の1枚でしたし、今回の日本海も海側の寝台を希望したのですが満席で、山側も残り2区画しか空いていませんでした。

Te2_10 : 2010/08/23 (月) 21:33:12

先日、私も青森→大阪へ向けて、日本海に乗車しました。
ねぶた祭りの時期で、残念ながらA寝台下段は満席でした。
実際乗車したら、空きがありましたけどね。

青森駅の近くにまちなか温泉というのがあるのですね。
浅虫温泉まで行ってしまいました。
今度、機会があったら、行ってみます。

続きを楽しみにしています。
解○するのかな?

ちゅう : 2010/08/24 (火) 22:35:25

こんばんは。
青森のホテルも老舗は軒並みボロボロな状態になってしまったんですが、新たな業態で頑張ってる所も有るんですね。

>これって「O157」が流行った辺りから、衛生面と保守面で次々に撤去されましたよね。

これはどうでしょう? 昼行列車や東海道方面の寝台車では、一部撤去されたものを見かけましたが東北方面は、ブーム?が過ぎた冬には休止していたものが復活されて各車両に有りました。
なにしろ自販機積んでる列車が極少数だったので、いくら我慢強いと言われる東北人(笑) でも喉の渇きは死活問題ですし、冬の暖房のキツさは並じゃないですから。

そういえば、当時の厚生大臣が「かいわれ大根」で失言。謝罪会見でかいわれ大根をTVカメラの前で食べていました。
そのお方は今の総理。相変わらず”失言”で墓穴掘ってる・・・進歩してない(笑)

京九快速 : 2010/08/26 (木) 00:03:47

Te2_10さん こんばんは

青森駅周辺で銭湯はないかとネットで探してみたところ、1件の銭湯がヒット。電話で定休日や営業時間を確認してみたら・・・電話は繋がったものの「もう数年前に廃業しました」とのことでした。

まちなか温泉があるとは知らなかったので、夏の暑い日の寝台特急乗車前には大変助かりました。

京九快速 : 2010/08/26 (木) 00:20:14

ちゅうさん こんばんは

「まちなかおんせん」も営業母体はその脇の(というか建物自体は一体なのかも)ホテルのようですね。
ホテルのほうは前を通り掛った時に人影が見えませんでしたが、この温泉の方は大盛況でした。露天風呂の長椅子で寝ちゃっている人多数(笑)

>冷水機
昔は485系特急の洗面台のところにもデッカイのが置かれていたような記憶もあります。
東北への寝台特急は「はくつる」「あけぼの」に乗っていますが、「はくつる」にはあったかなぁ・・・?
「あけぼの」は・・・写真を見返してみたら、ありました!なるほど、ちゅうさんのとおり、たしかに飲み物の自動販売機は両列車とも見かけなかったし、冬場の乾燥っぷりは北斗星でも体験済みなので、あの環境で飲み水すら手に入らないのはかなりキツいですね。

>かいわれ大根
あのパフォーマンス的な会見は、学生だった私も「なんだかなー」な目で見ていました。
1996年のことでしたか・・・そんなに昔のことではないような気がするんですけど、当時の管さんの画像を見ると年月の流れを納得。

管理人のみ通知 :