首都圏民鉄ロマンスカー・ワンデーコンプの旅 その7

「首都圏ロマンスカーを一日で全車種コンプしちゃうぞみたいなムチャ振りワンデー乗り鉄」も今回でなんとか最後です。あ~長かった。

スペーシアを北千住まで乗りましたが、次はこちらです。

201006romancecar136.jpg

【11th ランナー】 「メトロホームウェイ」71号 北千住18:33→新百合ヶ丘19:33
MSE/VSE/EXE/RSE/HiSE/LSE/371/SPACIA/RYOMO/AE100/NRA

201006romancecar137.jpg

北千住の地下鉄ホームはラッシュの時間が始まっていてかなりの混雑。
そこへ警報チャイムを鳴らしながら登場のMSE。
日中に太陽の下で見るMSEのフェルメールブルーは、けっこうドギツいメタリックブルーに見えるのですが、地下鉄の暗いホームで見るととても上品な色合いに見えます。

201006romancecar138.jpg
北千住から乗る人はごくわずか。
ラッシュの地下鉄電車のダイヤに挟まれて運転されるロマンスカーなので、入線してすぐに発車です。

201006romancecar139.jpg
座席は固めの仕上げ。イヤイヤ、ホントに固いです。板張りに直に座ってるような感覚です。
ガッカリーな座席である一方で、室内はあちこちが木目調仕上げで統一されていて「特急」らしい上質さが漂っています。ラッシュの地下鉄線をこの客室の電車で座って移動できたら、それはもうかなり優雅なひととき。

201006romancecar140.jpg
売店コーナーもありますが、メトロホームウェイ号では営業はなし。

201006romancecar141.jpg
売店カウンターの対面には自動販売機があって、飲み物はいつでも買えます。
商品のラインナップが、小田急ロマンスカーにしては意外と地味ですね。
通勤客ターゲットにした品揃えにしているのかな??

地下鉄駅を次々に通過。
201006romancecar142.jpg

201006romancecar143.jpg
でも、途中駅で前を走る地下鉄電車を追い抜いたりはしないので、そのへんの優越感はあまりないです。
前の電車がノロノロ運転になったりするとこっちもそれに合わせる様にスピードを落としてトロトロ走ります。

201006romancecar144.jpg
北千住発の時点ではガラガラでしたが、大手町駅・霞ヶ関駅でいっぱい乗ってきました。
乗っていた1号車とお隣の2号車は、ほぼ満席になるくらいの盛況ぶりです。

201006romancecar145.jpg
代々木上原駅の手前で地下から地上に出ます。
まだ空が明るい~!

201006romancecar146.jpg
小田急線に入って最初の停車駅は成城学園前駅。
基本的に朝夕のメトロ号しかロマンスカーが停まらない駅ですが、ここでお客さんが大挙して下車。

201006romancecar147.jpg
そんなわけで車内はまた一気にガラガラになっちゃいました。

201006romancecar148.jpg
天井は、VSEほどではないものの緩やかなヴォールト形状になっています。
椅子に座っていると天井がかなり高い感じがして、客室全体に開放感があります。

201006romancecar149.jpg
運転席直後の壁に貼られているブルーリボン賞とブルネル賞のプレート。

201006romancecar150.jpg
ブルーリボン賞受賞については、歴代のロマンスカーが受賞してきたロマンスカーファミリーにあって、MSEでもそれを最も誇るかのように外観の先頭部分や客室ドア全てなど、至るところにこのようなステッカーを貼ってその栄誉を誇示しているかのようです。

201006romancecar151.jpg
座席には東京と小田急沿線・箱根の情報を載せた情報誌「メローダ」。
ほかのロマンスカーでは配布されていない、メトロ乗り入れロマンスカーでしか手に入らない冊子です。

201006romancecar152.jpg
すっかり夜になった中を走って、新百合ヶ丘駅でメトロホームウェイ号を下車。
MSE乗車はここまでです。
このあとメトロ号は多摩線を唐木田まで走ります。


新百合ヶ丘からは、新宿から来た後続の急行電車で町田へ移動。


町田からは、いよいよ本日の最終ランナーに乗車です。
あー、一日長かったー。

201006romancecar153.jpg

【12th ランナー】 「はこね」42号 町田19:57→新宿20:35
MSE/VSE/EXE/RSE/HiSE/LSE/371/SPACIA/RYOMO/AE100/NRA


201006romancecar154.jpg
小田急ロマンスカーの、そして民鉄ロマンスカーの「女王」として容姿・人気と共にトップに君臨する「VSE」に最後の最後に乗車です。別にもったいぶって最後に持ってきたわけではないのですが、たまたま行程作成の上でそうなっただけ。

201006romancecar155.jpg
箱根から走ってきたVSE「はこね」号ですが、平日の夜の上り列車はガラガラです。

今回はこちらに乗車。
201006romancecar158.jpg
最後尾の「後展望」、しかも最前列でトリを飾ります。

201006romancecar156.jpg
トリを飾るにふさわしく、トリ飯弁当です(寒)
あ、でもドリンクはホットな日本茶をオーダーして、身も心も中からあったかです。

201006romancecar157.jpg
値段の割にはボリュームがあって、おいしいお弁当でした。
掛け紙やパッケージがレトロな雰囲気満点ですね。

201006romancecar162.jpg
VSEの座席は、見た目にあっさり風味なシンプルデザイン。
こちらも室内の細かいところまで木目仕上げで、その雰囲気の中にある座席は、ちょっとした「オシャレ家具」な感じもします。

リクライニングすると座面も後方にチルトしてお尻を包むように支えます。
でも全体的に座面も背面も固めの仕上げ。新宿から箱根まで乗ると・・・・

201006romancecar163.jpg
座席が窓に向かって5度傾けて据え付けられているのは有名ですね。

201006romancecar164.jpg
全体がオレンジ色なのは、小田急ロマンスカーの伝統色「バーミリオンオレンジ」をフューチャーしての選色なのかなーとか思ったりもする。

ついでに「オッシャレー」で「お上品」な、VSEのいろんなところを見て廻る。

デッキ。
201006romancecar167.jpg

デッキの通路。
201006romancecar168.jpg

カフェ脇の小さな客室。
201006romancecar166.jpg

客室の端っこはここまで「ウッディー」な作り。
201006romancecar165.jpg

カフェコーナー。(営業終了後)
201006romancecar159.jpg

デッキの車内案内は、ステッカーではなくステンレスのパネル。
201006romancecar169.jpg

展望席の入り口にはブルーリボン賞受賞記念のプレート。
201006romancecar170.jpg

201006romancecar160.jpg

201006romancecar161.jpg
どんどん駅を通過して、ホームの蛍光灯が光のスジになって遠ざかってゆきます。


201006romancecar171.jpg
時間ぴったりに新宿駅に到着。
帰宅の足である「ホームウェイ」号が次々と発車していく中、VSEは折り返し「ホームウェイ」には使われずに回送電車で基地へと帰ります。

これにてワンデー・ロマンスカーフルコンプの乗り鉄終了です。


一日で全部乗るなんてできるのかなーと軽い気分でやってみました。
結果「できちゃった」わけですが・・・どの特急も始発から終点までのんびり乗って、それぞれの雰囲気や旅気分を味わうのが一番楽しいんじゃないかなーと感じました。短時間乗車は慌しくて、特に「スペーシア」や「VSE」はやっぱり長い時間乗って、ビュッフェやカフェの食事と絡めて「移動そのもの」を楽しむのがこれら列車の醍醐味ですしね。


てなわけで、今回の旅の行程をおさらい。

新宿7:15   → 松田8:27      あさぎり1号(RSE)
松田8:52   → 本厚木9:13     あさぎり2号(371)
本厚木9:17  → 小田原9:48     はこね7号(HiSE)
小田原10:05  → 町田10:47     はこね6号(EXE)
相模大野11:07 → 新宿11:39     えのしま24号(LSE)
(西武新宿12:30→ 所沢12:58     小江戸13号(NRA)当初予定)
所沢13:24   → 池袋13:46     ちちぶ24号(NRA)
京成上野14:35 → 京成船橋14:59   スカイライナー29号(AE100)
京成船橋15:07 → 京成上野15:32   スカイライナー18号(AE100)
浅草16:10   → 東武動物公園16:45 りょうもう27号(Ryomo200)
春日部17:11  → 北千住17:32    スペーシアきぬ130号(SPACIA)
北千住18:33  → 新百合ヶ丘19:33  メトロホームウェイ71号(MSE)
町田19:57   → 新宿20:35     はこね42号(VSE)



さて、次はどんなムチャ企画にしようかなー(←もうやめとけ!)

この記事へのコメント

ロック : 2010/07/15 (木) 21:44:34

こんばんは。

今度はこれから始まるポケモン新幹線を1日で何編成制覇できるかというのはいかがでしょうか?
土日きっぷや三連休パスがなくなったので費用は結構かかると思いますけど^^;

ちゅう : 2010/07/15 (木) 23:32:30

こんばんは。
私鉄系の優等列車は、地元関東ではあまり縁がないことに気が付きました。
(関西や中京では乗りまくってたりしますけど...)

「唐木田」行、ってのも有るんですね。トラウマになった仕事先があるから、あの支線には乗り入れない様に気をつけていたりします...汗;;

ニッポンの駅弁で安価でもハズレが少ないですよね、鶏飯!!
過去、駅弁記録派テツとして、しばらくの間やっていましたが、その時のクセが抜けません。
駅弁買うと、写真撮って→バイブルサイズの手帳に配置図描いて→おかず毎の感想を図からラインを引き出して書く。なんてことを繰り返しやってます(笑)

京九快速 : 2010/07/16 (金) 12:30:06

ロックさん こんにちは

ポケモン新幹線乗車を一日で制覇・・・ダイヤが前日に公表されるので、行程を組むのが大変そう!でも短区間乗車などでの消化もあわせればやれなくはなさそうですが・・・やはり新幹線も追加料金なしで乗車OKなフリー切符じゃないとお金がハンパなく掛かりそうです。

旧土日きっぷ・・・いい切符だったのに。。。

京九快速 : 2010/07/16 (金) 12:38:20

ちゅうさん こんにちは

お弁当のスケッチ記録すてきですね。手帳への記録なら、旅先で買った駅弁を見て「あ、これって前に食べたアレに似てるな」と思った瞬間に見比べたりできそう。
旅行先ではホテルででも駅弁食べたりするので、そういうことって時々あるんです。でもすぐに思い出せない。で、結局そんなことも忘れてしまって調べないままとか。

ロマンスカーでは事前予約のお弁当とかもあって、けっこう車内弁当の種類が豊富で楽しいです。
スペーシアでは「レンジでチン」でも温かいものが食べられるのが乗車時の一番の楽しみですね。

管理人のみ通知 :