IBR!! リベンジ その2


茨城空港の展望デッキは、ターミナル2階に。屋外でけっこう広々としています。
展望デッキは羽田のような金網や、セントレアのようなワイヤ張りではなく、全面が透明なアクリル板によって囲まれています。


もうかなり話題となっているのでご存知の方も多いと思いますが。

右を向くとこんな感じ。
20100408-044.jpg

が、左を向くと、
20100408-045.jpg
アクリル板の向こうがボヤけて、視界はほぼゼロ。

では、真正面向きに見ると、
20100408-046.jpg
こんな感じ。
左側の視界だけが完全に遮られるようになっています。

展望デッキからは航空自衛隊の百里基地が見えるため、そこを見えなくするためにこんな特殊加工が施されているそうです。
ちなみに、デッキのどこに立っても基地の方が見えないという徹底した加工。デッキの一番左端から見ても、やはり基地の方はしっかりと見えません。

しかし、この特殊なアクリル板の下には隙間があり、
20100408-047.jpg
ここから覗くと、基地の方も丸見えです。
だから空港見学に来た人は、みんな腰をかがめてこの隙間から飛行機の様子を見ています(笑)


300mmくらいまでの望遠レンズなら、この隙間から撮影が可能。

20100408-048.jpg

20100408-049.jpg

なんか物々しい雰囲気だけど、ヲタの血沸き肉躍る光景がこんな間近にーーー!!!


つーか、こんな中途半端にやるんだったら、最初からこんな特殊な曇りガラスをはめなければいいのにね。





さて、




旅客機が一日一便、12:00~13:00の1時間しかいない茨城空港は、


完全に「JASDF祭り」です。


てか、これもう完全に「航空自衛隊の雄姿、見てくれ!」のために作った空港といって過言ではない。


なにこれ、毎日が航空祭? みたいな。


20100408-050.jpg

20100408-051.jpg

20100408-052.jpg

20100408-053.jpg

20100408-054.jpg

20100408-055.jpg

20100408-056.jpg

20100408-057.jpg

20100408-058.jpg

すいません。
戦闘機に関しては全く知識がありませんので機種とかわかんないです。

しかし、旅客機とはまた違った魅力に取り付かれた男がここにいますよ。


30半ばにして百里デビューとかしていいんですか?

20100408-059.jpg

20100408-060.jpg

20100408-061.jpg

20100408-062.jpg

20100408-063.jpg

20100408-064.jpg

20100408-065.jpg

20100408-066.jpg

20100408-067.jpg

20100408-068.jpg

20100408-069.jpg


ヤヴァイよー! 迷彩柄とか、もう鼻血出過ぎるほどの興奮で失血死寸前!

こんなカコイイ飛行機が毎日拝み放題なところの近くに住んでいたなんて・・・

オイラこの地での数十年をムダに過ごしてきてしまったようで、悔やみきれんですわ。


(ちなみに百里基地航空祭、一度も行ったことなくてゴメンねー)






・・・・・・。




・・・・・・。





・・・・・・。





・・・・・・あれ?






なにこの聞き覚えのある重低音サウンド。










20100408-070.jpg






・・・・は?








YSじいちゃん、降臨!!!???





20100408-071.jpg



この日は、入間基地の飛行点検隊のYS-11が見られました。

けっこう頻繁に飛んできているのかな?それともこの日は偶然に?

20100408-072.jpg


あぁ・・・・そのフォルムと独特のダートサウンド。

4年前のJACでのYS-11感動の引退劇が目に浮かぶ・・・


20100408-073.jpg

20100408-074.jpg

20100408-075.jpg


なんか、「やったるでー!」というトガった感じの戦闘機もいいけど、

やっぱYS-11のような旅客機で見慣れた、丸っこい飛行機が一番なごむわー。


20100408-076.jpg

20100408-077.jpg

20100408-078.jpg





今回は(自分でもよく分かってない)戦闘機の画像ばっかりでスイマセンね。


みなさんも、ぜひ百里基地を見に、茨城空港に遊びに来て下さい☆
           (↑ここ、ちがうぞ!)

この記事へのコメント

- : 2010/04/11 (日) 16:54:05

単座はF-15、複座はF-4ですね。

APORO : 2010/04/11 (日) 21:47:33

京九快速さん、はじめまして。APOROと申します。日々楽しく拝見しております。

しかし、YS-11が未だ現役で、それも一般の人が常に見れる茨城空港(正確には百里基地ですが)にも来るとは驚きですね!自分も引退直前のYS-11を見に行ったクチですので、こうして現役で働いている姿を見ると感激ですね。

くずはEX : 2010/04/12 (月) 00:13:43

こんばんは。

以前に青森県の三沢空港を訪れた際に、誰もいないだろうと思って展望デッキへ行ったら、「戦闘機マニア」がいました。


JALのMD90の出発時だったのですが、それには目もくれず、頭上を飛び交う戦闘機に望遠バズーカを向けていました。

SKYの定期便も、目前ですね。
また、レポをお待ちしております。

京九快速 : 2010/04/12 (月) 14:28:49

****さん こんにちは (お名前の記入がなかったので・・)

機種のご説明ありがとうございます。
百里ベースの機体の勉強中です。今まで名称としては「ファントム」と「ブルーインパルス」しか知りませんでした。しかも名前知っているだけでどんな飛行機なのかまでは知らず・・・

旅客機に興味を覚えた頃も、手探りながらでいろいろとWEBや本で知識をつけました。あの頃の「最初」を思い出させる今日この頃です。

京九快速 : 2010/04/12 (月) 14:34:12

APOROさん はじめまして

いつもご覧下さってありがとうございます。
今回は偶然にもYS-11が見られました。
機体のカラーリングは航空自衛隊独自のチェッカーカラーでしたが、あのずんぐりとした機体に独特なエンジンの音は、すぐに旅客機の頃のYS-11を思い出させてくれました。
ジェット機で旅客機デビューした私には、初めて乗ったプロペラ機がYS-11でした。

茨城空港にも各地の空港で見られるようなモニュメント的なYS-11の機体展示とかやらないかなぁ・・・(ヲタの独り言です・笑)

京九快速 : 2010/04/12 (月) 14:40:03

くずはEXさん こんにちは

茨城空港もデッキでカメラを構えている人は、戦闘機メインで旅客機はついで・おまけって感じでした。
旅客機メインで撮りに来てた私は、周囲からなんだかちょっと違う趣味人のように見られたかも。
(飛び交っている光景を撮ろうともせず・・・コイツなんでここにいるんだ?みたいな)

百里は周辺に撮影ポイントがいくつもあるようなので、今度ボチボチと回ってみようかなと思っています。

>SKYの定期便
今年いっぱい定期便としてもつかどうか分からないので(笑)、こちらも早めに記録しに行っておきます!

curoka : 2010/04/12 (月) 21:53:49

こんばんは。
戦闘機の方は頻繁に飛んでいるのですね。
外国で基地なんか撮影したら命の保証もなさそうですが、日本は安心!?アクリル板は不思議ですね。さすが自衛隊~お金をかけてます!
戦闘機マニアの方々もいるので、まあ大丈夫なのでしょう。


PS:表紙ページの画像うちのと被ってしまいました。狙ったわけではなくたまたまです^^;

京九快速 : 2010/04/12 (月) 22:10:45

curokaさん こんばんは

展望デッキには常に警備員さんがいるのですが、アクリル板の下の隙間から戦闘機をバシバシ撮っていると注意されるかな・・・とちょっと心配でしたが全然気にすることもありませんでした。
もちろん進入禁止の場所で撮っていれば怒られそうですが、そうでなければ日本の場合は基地周辺での撮影というのはオープンみたいですね。
あのヘンな仕掛けのアクリル板のおかげで戦闘機ファンからは不評の茨城空港。いっそのこと、フルオープンで見せちゃって、年間を通してこうした撮影派ファンの安定した集客を狙うコンセプトにしてしまえばよかったのに、と素人の私は思います(笑)

>表紙ページの画像うちのと被ってしまいました
驚きの偶然ですね!「さらば」を表現するのなら、curokaさんの画像のような後追いの方がイメージとしてピッタリですね。
どうやら私は18日の最終日は400系の雄姿を見送ることはできなさそうです。。。

curoka : 2010/04/12 (月) 23:02:53

こんばんは。

>表紙ページの画像うちのと被ってしまいました
SONIC RAIL GARDENのTOPページの方の画像のキャッチフレーズ素敵です!
思わずググッてしまいました~


京九快速 : 2010/04/13 (火) 20:15:47

curokaさん こんばんは

>キャッチフレーズ素敵です!
高校時代に演劇をやっていて、その時に読んだ脚本の英文タイトルに使われていました。

管理人のみ通知 :