「トワイライト」への道 その4

つづきですよ。

千歳駅から程近い(地元の人の足では徒歩5分。雪慣れしていない私には徒歩10分)ホテルに宿泊。
翌朝も早くから起き出して、こんなマニアックな列車で活動開始です。
201001hok-046.jpg
青森からやってきた夜行急行「はまなす」号。

カーペットカーのゴロ寝を体験してみたかったのですが、昨夜に続いてやはり満席。
人気なんですねー、カーペットカー・・・・。

で、今日もここに座る。(画像は札幌駅到着後に撮影。)
201001hok-047.jpg
ドリームカーですよ。急行「まりも」とか思い出した人は確実にオッサンです(笑・といいつつお前もな!)
車内はすでに減灯明けで蛍光灯が明るく煌々と照っていましたが、車内はまだ寝ている人多数。
というか、床に新聞敷いて寝ている人とかいてかなりビビッた。
あと、通路側の肘掛を頭にして、窓の框のところに足を掛けている人とか。
・・・・足先が寒くないのだろうか、とか見ているこっちが寒くなってきたよ!(←足先冷え性の人)

しかし、人間って睡眠という欲求のためなら「見た目」とか全く気にしなくなる生き物だったのですね。
旅って勉強になるわー。

で、札幌駅到着。意外とギリギリまで寝ている人、多数。
てか、回送されるドアクローズ直前まで寝てて、見回りの駅員に起こされる人、多数(笑)
北海道の人って、のんびり屋さんが多いのかな。
首都圏早朝着のブルトレでは見たこと無い光景に軽くカルチャーショック。

札幌からは普通電車で、また手稲に向かう。
性懲りもなく「ホームライナー」狙いなんですが、今日の「ホームライナー」は確実な狙い撃ち。

お前に照準ロックオン!
201001hok-048.jpg
JR北海道の新鋭車「キハ261系1000番台」車両です。
この新型車両も100円で乗れちゃうわけですよ。

しかもここも100円。
201001hok-049.jpg
グーーーーーリーーーーーーンーーーーーーーしゃーーーーーーー!!!!!!
乗り込んだ人がみんな脇目も振らずに1号車に向かうのがなんか笑えた。
みんな知っているんですねー。私も負けじと脇目も振らずに1号車に着席してきましたよ。


----何の肥やしにもならない、JR北海道「ホームライナー」情報----
札幌発20:30→手稲着20:44 使用車両:789/785系(スーパーカムイ車)
札幌発21:32→手稲着21:44 使用車両:789/785系(スーパーカムイ車)

手稲発7:24→札幌着7:41 使用車両:キハ261系(スーパーとかち車)
手稲発7:52→札幌着8:08 使用車両:キハ281系(スーパー北斗車)
手稲発8:22→札幌着8:39 使用車両:キハ283系(スーパーおおぞら車)
小樽発8:04→札幌着8:48 使用車両:789/785系(スーパーカムイ車)

全列車とも土曜休日は運休。



・・・閑話休題。

20分足らずの時間ですが、100円でセレブ気分味わってきました。
しかし、驚いたのが札幌着後。
ある種、「100円でグリーン席に着席できちゃう」より驚きました。

札幌到着直前の車内放送です。
「まもなく札幌に到着です。どなた様も(以下略)
なお、この列車はそのまま帯広行き特急「スーパーとかち1号」となります。車内にはゴミなどを残さず、またリクライニングは元の位置にお戻しになり、回転させた座席は元にお戻しいただきますようご協力お願いいたします。」

で、札幌到着後。

ドア開放のまま、車内整備もなく、
そのまま「スーパーとかち1号」に!!!!!


フツーなら一旦ドア閉めて、車内清掃と整備してから特急のお客さんを迎え入れるってもんじゃないか?
スゴすごる、JR北海道・・・・・

しかし、北海道の方はみんなマナーが良い方ばかりで、ちゃんとゴミは車内持ち出ししてたし、リクライニングも見た限りでは全席元の位置に戻ってた。(さすがに朝のライナーで座席を回転させてた人はいなかったようだが)
北海道ではこれが朝のライナー利用者の間で暗黙の掟みたいになっているんでしょうか。
首都圏ではマネできない芸当だ・・・・・

それにしても・・・・「スーパーとかち」1号、札幌から誰も乗ってこないのだが・・・・・
おかげで車内の画像を一通り撮影できてしまいました。嬉しいんだけどなんかヘンな気分。

201001hok-050.jpg
札幌駅では「キハ261系ブラザーズ」が並びました。
左が「スーパーとかち」、右は「スーパー宗谷」

さて、私はこの「スーパーとかち」1号に乗車です。
そのままグリーン席に座って行きたかったのですが、「グレードアップ指定席」とやらを体験したかったので普通車指定席へ移動。
201001hok-051.jpg
・・・・まんまスーパーカムイのUシートです。ガッカリだよォーーーー!!!

車内はご覧の通りガラガラ。
このまま発車するんじゃないかと、あまりの無人っぷりにドキドキしてしまいました。

結果、発車5分くらい前にドカドカ乗って来て、あっという間にほぼ満席に。
やっぱり北海道の人はのんびり屋がなまら多い。しかも発車1分前だって車内放送してるのに余裕で「売店で買い物してくる!」とかホームに出る旅行者もいるし!! 見てるこっちがヒヤヒヤだ!

で、「スーパーとかち」1号、札幌発車。
隣のおじさん(通路側席)すぐに居眠りしはじめちゃったので席を立たずに座って窓の外を眺めてました。
石勝線に入るといかにも「北海道ーーー!!」って感じの眺めで心ウキウキ。
一面の雪原とか、ホント心が洗われる風景だわー。

ここで、スーパーとかち下車。
201001hok-053.jpg
個人的にはもっと先まで行きたかった!できれば帯広まで行きたかった!

【なぜ追分ターンなのか】
今回はトワイライトエクスプレスがメインなんですけど、日頃の行いの悪さか、はたまた旅の神様に呪われているのか、連日の悪天候(日本海側がスゲェ豪雪)でトワイライトも連日運休だとか途中運転打ち切りだとか、12/31と1/1にすら走らない(走れない)という状況もあって、ぶっちゃけ半ば「ウヤ覚悟」で渡道したわけですが。
この前日のトワイライトは無事に大阪を出たところまでは確認できてましたが、そのままちゃんと札幌まで来てくれないとこの日に乗る上りトワイはウヤる=きっぷを払い戻して、翌日の伊丹からの航空券の予約解除と払い戻しを受けて、当日中に新千歳から飛び立てるように航空券を手配なければならない・・・・という綱渡り的な一日になりそうな予感って感じ?
とりあえず下りトワイライトが札幌に着くのをこの目で確認しないと気が済まなかったんですが、トワイ到着まで時間もあるし、じゃぁ空き時間で特急乗車でどっか近場を往復して北海道をちょっとでも楽しんどく?みたいなー。・・・という理由で追分ターンなのでした。説明長すぎでどうもすいません。

201001hok-052.jpg
追分からの戻りは「スーパーとかち」2号です。(写真は下り1号)

追分から札幌への戻りはこちらにしました。
201001hok-054.jpg
グリーン車。
さっき100円で乗ってしまったので、なんか複雑な気分・・・・
でも特急グリーン車だけのドリンクサービスもあったし(お替りOKだったのが驚き)、さっきのライナーとは違ってお客も少なくて「真のグリーン車」の雰囲気味わえたし、何より特急らしいハイスピードで雪原のド真ん中をカッ飛ぶ速さで走るのが気分爽快でした。

201001hok-056.jpg
↑ドリンクサービス。温かい飲み物がコーヒー・紅茶・お茶から選べるのが冬の北海道では何より嬉しい♪

「スーパーとかち」のグリーン車はこれがスゴイ。
201001hok-055.jpg
天井が一面のコバルトブルー。
座席もコバルトブルーの牛革シート。
空間全体で見ると天井と座席の「青」と壁の「白」の対比というか、コントラストがもう惚れ惚れするくらい。
デンマーク国鉄との共同デザインワークらしいです。
なんか、IKEAの家具とか持ち込んでセットしたくなります(笑)
こういう北欧デザインのお部屋が憧れですわ~。

グリーン車は最後尾なので、席を立って一番後ろの展望スペースにも行ってみた。
201001hok-057.jpg
スノーシェードを通過。
画像では分かり難いですが、高速で走る列車は線路に積ったパウダースノーを巻き上げて、それが太陽に照らされてキラキラ光るのがすごく幻想的な風景でした。
冬の北海道に来てよかったー!と思う一瞬ですね。

で、「スーパーとかち」2号は定刻に札幌到着。

数分後にはアレがやって来るはず・・・・!!


































































201001hok-059.jpg

トワイライト、キタ━━(゚∀゚)━━ !!!
しかもほぼ定刻運転で札幌到着。
これで本日の上りトワイライトエクスプレスは運転決定確実。
旅の神様ありがとうーーーー!!!!!
(というか内心では、払い戻しとか飛行機の予約解除さらに当日便の手配とか、めんどーなことをせずに済んだというほうが気分的に大きかったかもー。)

201001hok-060.jpg
上り列車では拝めないスイート側の写真も撮っておく。


さて、ここでトワイライトエクスプレス札幌発車の時間まで、また空き時間ができました。
昨日買った「Sきっぷフォー」がまだ2回分残っているので、また岩見沢往復してきます!!

の前に、札幌駅でみかけたスゴイ電車の画像を。

201001hok-061.jpg
785系の先頭車同士の連結部分ですが・・・運転席をツブした上で無理矢理に中間車化改造。
JR北海道ムチャぶりすぎやーーー!!!!!
足元のスカートも外されちゃって、なんとも間抜けな風貌に。
先頭車時代には風切って走ったであろう流麗なカーブデザインに哀愁が漂います。

その上、こんなのまで。
201001hok-062.jpg
「SWAマーク」!!!! (SWA=スーパーホワイトアロー) まだ残っていたのか!!!
周囲の目(乗務交代の乗務員さんたち)も気にせずに激写しまくりだー。

そこへお隣に「エアポートのちスーパーカムイ」登場。新旧並びが見られました。
201001hok-063.jpg
右側の「スーパーカムイ」に乗って、再び岩見沢へ。
札幌から乗る人でかなりの行列だったのですが、エアポートを札幌で降りる人がかなり多く、心配するまでもなくあっけなく空席にありつけました(自由席ね)。
満席になることもなく、かなり余裕のある状態で札幌駅を出発~。

岩見沢からは再び「スーパー宗谷」で札幌へ。
(ホントただの時間つぶしの乗りつぶしだなコリャ)
201001hok-064.jpg

また料金券上乗せでグリーン席に座ってきました。(画像は札幌到着後に撮影)
201001hok-065.jpg
昨日のスーパー宗谷のグリーン席はガラガラでしたが、今日のスーパー宗谷は満席でした。
運良く1人掛け席を取れました。旭川で下車した人がいたのかな?

岩見沢からの乗車でもちゃんとツインクルレディさんがやって来てドリンクサービスしてくれました。
201001hok-066.jpg

札幌駅到着。
201001hok-067.jpg
この日の「スーパー宗谷」2号は後ろに増結した6両編成でした。
流線型の先頭車に中間車を繋げるところがなんとなく「スゴイ光景だなー」と。
北海道ではなんちゃない普段のことのように見られますが、関東圏ではこういうのあんまり見ないですね。

上野からの「カシオペア」が到着。
201001hok-068.jpg
本来ならさきほどのトワイライトエクスプレスより先に札幌に到着してるのですが・・・
この日は3時間遅れでの札幌到着でした。(ちなみに北斗星は運休してました)







さて、ちょっと話が脱線しますが・・・・
札幌駅構内のロッテリアでこんなん見つけました。

201001hok-069.jpg

ちょっ、これ!ロッテリア限定のエヴァカレンダー!!!
発売後早々に完売したというあの幻のかーーーーー!!!!!????

201001hok-070.jpg

すいません、エヴァヲタの京九快速です。
(アニメの話を振られてもエヴァ以外のアニメは全然知らないので、そっち方面でコメント書かれても返答に困るので、とだけ言っておきますよ、念の為)

なんで今頃こんなとこで売ってるのかー!
北海道だけ発売が遅かったのか?でもそれにしたってすでに2010年も始まって1週間が過ぎてますが・・・
しかし人通りが多い札幌駅構内で今頃売ってるとは、北海道でのエヴァ熱はそれほどじゃないのか。。。





さて、トワイライトエクスプレス入線の時間が近づいてきました。
ホームへ上がるとしましょう。

201001hok-071.jpg

(・・・・そして旅はこちらへと続くわけです。)

この記事へのコメント

ちゅう : 2010/02/19 (金) 07:23:00

おはようございます。横浜、寒いです。
昨日は、この時間同じ様な気温でしたが、雪降ってる方が暖かく感じます。

追分駅って、ホームから細い階段と通路だけ(バリアフリー化したかな..)の乗換のためだけの駅ですね。大昔、千歳空港駅からおおぞらに乗ったはいいのですが夏の常軌を逸した混雑で閉鎖中の食堂車の通路までも灼熱地獄。さすがに「死ぬ」と思って追分で降り、1時間後のとかちが拍子抜けするほどのガラガラだった経験をした駅でした...

う~ん、やっぱり方向性は違うけど、根は私と同じだなぁと感じます。帯広に連泊して、朝一バスで襟裳岬に向かい、昼過ぎてから様似経由で苫小牧。スーパー北斗とスーパーとかちのG車で夜中に戻るみたいな事もしてたもんで。
急行「まりも」ドリームカーで、ピクっとしましたおじさんです。しかし、実は乗った事が有りません。だって、北海道Gきっぷで寝台使ってたから...

いいわけですが(笑)、卒業で入社したところが出来立てのエンジニアリング会社でした。何しろ人がいないのに仕事は多く、元々旅好き・話し好きなので出張も嫌がらないから、一人で現場に入ってました。今じゃ許されない残業時間数がずっと続くけど、終われば代休も「消化しろ」って言われるもので、貯まった残業代持って北海道へリフレッシュ。「北海道Gきっぷ」や「北斗星」ロイヤルを多用してた分けは、精神と体を正常に保つ為だったんですよ。(それでも10年ほど前に点滴半月で、計一ヶ月の入院してますし...)

・ドリンクサービスのおかわりは、おおぞらやオホーツクなどの長距離列車では行われていました。(但しホットコーヒーのみ)ワゴンサービスの方の裁量だった様な気がします。小心な内地の者は、次の巡回でビールと大地鳥ジャーキーとか買ってしまう、撒き餌と考えて下さい(笑)
・札幌駅構内でカレンダー。年末、忙しくて買いに行けず売り切れた「JR北海道カレンダー」が何故かこの構内ではゲット出来たものです。(北海道の方々は駅の売店は立ち読みする場所、と考えているんじゃないか、と推理してました)

長文、失礼しました。

すーさん@お気楽 : 2010/02/19 (金) 23:45:14

こんばんは、ご無沙汰しておりました(・∀・)

北海道には函館に1度行っただけ。
しかもJR北海道には未乗ということで、この夏あたりに乗り鉄に北海道に行こうと考えておりましたんで、こーいう記事は参考になります♪
グリーンのシートってすごい重厚な造りですね。
こりゃますます乗ってみたくなりましたヽ(゚∀゚)ノ

京九快速 : 2010/02/20 (土) 00:25:25

ちゅうさん こんばんは

今回はトワイに乗るためだけの渡道だったのですが、前日に北海道入りできたのでここまでいろいろと乗ることが出来ました。本音ではもっと時間を効率的に詰めて、遠出をするとか(最初の段階では帯広往復の予定でした)、札幌の六花亭カフェに行ってみようかとも計画したんですけど・・・その場所に辿り着ける時間も、空いている時間も中途半端で、結局近場で乗り鉄するぐらいしかできませんでした。
ゆえに、余計に「北海道行きたい病」が悪化してしまったような感じが・・・。

>急行「まりも」ドリームカー
DD51に掲げられたドデカいヘッドマークが印象的でした。「夜行オホーツク」も「大雪」でしたよね。
いずれもリアルでは乗っていませんでして、本の中で知ったという存在です。ドリームカーのフルリクライニングに座席改造の極限を見たような気がしました。

>大地鳥ジャーキー
懐かしいですね。車内販売で買って食べました。大地鳥の卵のケーキなんてのもありましたよね。JR北海道が大地鳥ビジネスから手を引いてすぐに車内販売からも姿を消しましたよね。

今回、今さらながらに知ったのですが・・・北海道では冬の中途半端な時期でも繁忙期扱いなんですね。こっち(東日本)では閑散期なのに。

京九快速 : 2010/02/20 (土) 00:31:24

すーさん@お気楽さん こんばんは

北海道のグリーン車はけっこう頑張ってます。
座席もサービスも「グリーン車」たるレベルの高さを感じさせてくれるので、長距離になればなるほど乗って損は無いと思います。(北海道の場合、この「長距離」の距離が東日本あたりの特急とは比べ物にならないほど長いですから)

夏の北海道、いいですね~。
ここ数年のうちの北海道行きはなぜか冬場ばかり。
寒い時期にわざわざなぜ・・?と周囲から言われます。「しばれる北の大地こそが北海道の醍醐味じゃぁ!」と言い張ってますけど(笑)

ちゅう : 2010/02/20 (土) 21:03:49

こんばんは。
北海道の話題は、なかなか話せる方がいないので嬉しいです。(初めに長文ごめんなさい...)

>札幌の六花亭カフェ
閑静な環境の丸山に有る(地下鉄駅から徒歩5分)直営店がお薦め! 本店に劣らない規模で2Fがカフェになっています。北海道に通っていた頃(笑)、いつも最終日にここで大量に買い込み北斗星で帰っていましたよ。最終日は、フリーきっぷの期限切れてるから市営交通フリーカードで市内ぶらりしてました。

>「まりも」「大雪」
一気に距離を稼ぎたい時に有効な移動手段でした。夏の休みにはCyberStationのネット予約で早めに下段を抑えられる(ネットで上下指定出来るのはここだけだった)は助かりましたよ。
それに今は亡き深名線の始発に乗るには、上りの「大雪」(深川4時着)しか無かったのです。最後の冬にも訪れましたが、何も遮るモノの無い大雪原から昇る朝日が創る、様々な色の変化する光景は、もう見られないです。夜行列車もみんな無くなって、「旅人」も減ってしまったんでしょうね。

>繁忙期扱い
JR化後、いつから変わったか定かではないのですが国鉄時代は画一的だったはず。でも、北海道の繁忙期は、短い夏より冬の方が長い様な気がしますね、観光資源からしても。

見逃していました、クリスタルEXPには乗れませんでしたか。私は「ぐるり北海道(?)」みたいな名前の夏期臨時列車(旭川~釧路!)で乗った事が有ります。原生花園で列車を停車させ、乗客は展望台まで歩いて楽しんでくるという...超ローカル線ならでわのギミック付き。途中で昼食の特製弁当の注文を取り、網走駅で積み込むという力の入った企画。しかし、乗客は...

JR北海道は優等列車で次々と新型を出しますが、普通型は増備されたんですかねぇ。登場時、驚きで迎えられた気動車+電車の協調運転はもう止めちゃったのかなぁ?

sk : 2010/02/21 (日) 20:54:41

はじめまして。いつも拝見しております。朝のホームライナーですが、私が高校のときに初めて北海道に行ったとき(昭和62年頃!、まだ札幌駅は高架ではなかったw)すでに設定されており(ちなみに車両は新鋭183系!)同じように札幌到着時の整備はありませんでした。手稲からの送り込みを兼ねているというか、回送列車でひと稼ぎという感じです。夏季など混雑期に自由席を利用する場合手稲からそのまま乗り続ければホームに並ばなくても容易に席が確保できるのではないでしょうか。

京九快速 : 2010/02/21 (日) 21:39:11

ちゅうさん こんばんは

>札幌の六花亭カフェ
本店の方しか調べていませんでしたが、丸山店のほうがちゅうさんおすすめならぜひ行ってみたいです。
札幌も今までは結局乗り換え駅程度にしか使っていなかったので、市内を見て回ってみたいです。(時計台すら生で見たこと無いですし・・)

>道内夜行
「まりも」「利尻」は特急時代に乗りましたが、いずれも座席より寝台の方が混んでいましたね。
北海道も秀逸な愛称がたくさんありましたが、かなり整理されてしまいましたね。「大雪」のほか「礼文」とか「天北」「そらち」とか。
時刻表上でずらり並んだ愛称では「らいでん」とか印象深いです。
北海道のエース級はやっぱり「おおとり」「北海」が一番のイメージですね。

>クリスタルエクスプレス
「ぐるり列車」はすごいですね。途中駅でのエクスカーションがあるとか、海外のクルーズ列車みたいです。積み込み弁当とかも楽しそう!北海道はやっぱり駅弁が楽しみですよね。今回は駅弁が全然楽しめなかったのもちょっと心残りだったんです。
クリスタルEXPは私が北海道に行く時はなぜか毎回運転していない時期で・・・。2階建て車が組み込まれたのも、初代「スーパーとかち」の頃ですよね。

>JR北海道の新型普通列車
札幌駅では出入りしている列車のほとんどが721系や731系でしたが、学園都市線のディーゼルカーは古い感じでした。客車を気動車に改造したっぽいような外観。学園都市線は真新しいポールが立ち始めていたので、電化→一気に新型化になるのでしょうね。
711系は岩見沢や苫小牧など、札幌をちょっと離れると至る所で見られましたよ。
気動車+電車の協調運転は、調べてみたら朝の3本だけみたいですね。意外とレアな運用かも。どんな走りなのかちょっと乗ってみたいです。

京九快速 : 2010/02/21 (日) 21:43:08

skさん はじめまして
いつもご覧下さりましてありがとうございます。
手稲からのホームライナーはそんなに昔から走っていたんですね。
183系が「新鋭」というところに時代の流れを感じます。いまや新型車から追い出しを食らっているような感じに見えてしまいます。
札幌駅での「整備なし→そのまま特急運用突入」という流れに本当にビックリしました。

毛玉@雪まみれ : 2010/03/03 (水) 00:05:23

初めまして。いつも楽しくHPを拝見させていただいています。

トワイライトの乗車日記素晴らしかったです。私も今年の夏に往復トワイライトで北海道に旅行へ行ったので懐かしくなりました。(次に乗れるのはいつかなぁ・・・)

私だけかもしれませんが、トワイライトほど『遅れてほしい』列車はありません。もっと乗っていたいなぁ・・・いっそ北海道の稚内から鹿児島の西大山まで文字通り日本横断!なんて企画があれば嬉しいです

京九快速 : 2010/03/04 (木) 22:46:55

毛玉@雪まみれさん こんばんは

いつもご覧下さっているとのことで、ありがとうございます。
この冬は日本海側で大雪や強風の影響で、トワイライトエクスプレスも運休や大幅遅れ、途中で運転打ち切りなどが頻発していて、私が乗った時に無事に大阪まで辿り着けたのは運が相当良かったのかもしれません。

途中運転打ち切りはご勘弁願いたいですが、心の中では大幅な遅れをちょっと期待していたところもあります。

また機会があれば、今度は下り列車にも乗ってみたいと思っています。

管理人のみ通知 :