スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1985に見た2001

南東北の旅行記をちょっとお休みして、本日は違うネタで。


唐突ですが・・・

「科学万博・つくば85」をご存じ無い方には、このブログの記事はさっぱり分からんちんだと思うので、とりあえずそゆことで。


1985年につくばで開催された「国際科学技術博覧会」。
つくばが今のようなインテリジェンス溢れる(?)街に変貌したキッカケが、このEXPOの開催だったんじゃないかと思います。
立体映像に、回転劇場、滝に映像を写すシアターやらいろいろありましたが、多種多様な「ロボット」が各パビリオンで公開され、様々なショーを演じたのが印象に残っていると言う科学万博体験者は多いのでは?
似顔絵ロボット(松下館)やコマ回しロボット(東芝館)、氷柱削りロボット(日立館)、エレクトーン演奏ロボット(テーマ館)などなどが思い出されますが、科学万博でロボット・・・といえばあそこですよね~。

「芙蓉ロボットシアター」

他のパビリオンのロボットが、関節剥き出しのいかにも「工業用」「業務用」といった風貌だったのに対して、この「芙蓉シアター」のロボットはすごかった!!
200910fuyo021.jpg
(↑ 当時のパンフレットより)

機器の部分を全て覆い隠し、キャラクター性を持った風貌のロボットが20種類50台。
これら全てが全自動で動き出し、インプットされた演技をシアターで演じ、終わると自動でダグアウトに戻るという驚きのショーを繰り広げていました。

メカニックな点でもスゴイですが、それ以上に各ロボットのデザインがスゴかった。
ロボットのデザインは「曲線の魔術師」と呼ばれるルイジ・コラーニ氏。
当時小学生だった私ですが、このロボットを見て、もうブッ飛びでした。
多分、「脳天に雷が落ちる」という感覚を初めて味あわせてくれたのがこのロボットではないかと思います。

今はデザイン関連の仕事に携わっているわけではないですが、興味を大いに持ってデザイン本を読んだりしているのは、1985年にこのロボットたちに出会えたからじゃないかな、と。


さて、相変わらず前置きが長いですね。どーもすいません。
そのロボットたち、科学万博が終わってどこに再就職したのかも分からず、おそらくは解体されたんだろうと思っていました。

そしたら! なんとつくばに里帰り(?)してましたよ!


つくばエクスプレス「研究学園」駅前にあるショッピングセンター「イーアスつくば」
その2階にある「サイバーダインスタジオ」にロボットたちはいました。

入り口で入場券(大人は500円)を買って、中に入ると・・・

「フラッグ・リーダー」がお出迎え! いきなりテンション上がりまくり!!
200910fuyo001.jpg

200910fuyo002.jpg
赤いバトンをクルクル回しながら、その後ろのフラッグロボットを率いてマーチするロボットでした。

ボディには「ロボットファンタジー2001」(ショーの題目)のロゴ。
200910fuyo003.jpg
若干掠れていますが、しっかりと読み取れます。

「フラッグリーダー」の後ろには、当時の編隊のままに「フラッグロボット」が。
200910fuyo004.jpg
棒状の部分に旗を付けて、音楽に合わせてその旗を振るロボットでした。

「フラッグリーダー」と「フラッグロボット」の隣には「ファミリーロボット」。
200910fuyo005.jpg
こちらはメインシアターの前にあるエントランスショーで「ロボット村の一日」みたいなお芝居を演じていたロボットです。親機が2機と子機が3機で、画像のブルーのほかもう一家族のレッドがありました。


そして、さらに先へ進むと・・・・
200910fuyo006.jpg
おおおぉ! 当時のメインシアターを髣髴させる展示ホールがぁ!!

ロボットショーのメインであった「フレンドロボット・マルコ君」!!
200910fuyo007.jpg

200910fuyo008.jpg
24年の時を経て、こんなところで再会できるなんて!!感激すぎる~!!
しかも、マルコ君が牽引して走る「カート」まで!!

こうして見ると、24年前に「ゆるキャラ」の下地としてなるものがあったのかも。
200910fuyo009.jpg
今、なにかのマスコットとして採用されたら、けっこうウケるかも?

「カート」は、もうね、ルイジ・コラーニデザインの真髄炸裂。
200910fuyo011.jpg
この流麗なカーブライン。先生の得意とするところですね。
てか、これだけのデザインなのに、今もう全然使われてないところがもったいねぇー!!

ドア部分にはコラーニ氏のサイン。
200910fuyo012.jpg

マルコ君の左腕?にはこんなスイッチがありました。当時は全然気がつかなかった。
200910fuyo010.jpg
「FRIEND1」「FRIEND2」のスイッチは、1号の「ミライ君」と2号の「マルコ君」のデータの切り替えスイッチとか、かな?(そういえばお兄さんの「ミライ君」はどこに行ったんだろう)

当時のパンフレットより。
200910fuyo024.jpg

200910fuyo025.jpg
カバーを外すと、けっこうグロい(笑)

「マルコ君」の反対側には、ドピンクの目玉ロボット(笑)
200910fuyo013.jpg
「チアガール・ロボット」です。
ショーでは、「フラッグリーダー」や「フラッグロボット」たちとシアターに登場し、マーチングを演じていました。両脇のポンポンを振りながら腰を回したり、首をくねらせたりして踊っていました。

個人的に「オバケのQ太郎」の「U子さん」を思い出すのですががが(笑)
200910fuyo014.jpg

大きな目玉は、腰や首の動きにあわせてキョロキョロ動きます。
200910fuyo015.jpg

とにかく曲線の滑らかさが美しいです。無駄な凹凸が無く、光の反射が艶かしい。
200910fuyo017.jpg

当時のパンフレット画像。
200910fuyo022.jpg
24年経った今でも、その姿が全く変わっておらず、保存状態の良さが感じられます。

「チアガール・ロボット」も、その曲線カバーを外すとこんな感じ。
200910fuyo026.jpg
中はとってもメカニカル。

チアガールに圧倒されて、その足元で目立たないのが「ベビーロボット」。
200910fuyo016.jpg
ブルーとピンクの2色がありましたが、居たのはピンクだけ。
こちらはちょっと状態が厳しく、ヘコミやひび割れが見られました。

ちなみに、このベビーロボットはショーの始まりにナビゲーターのコンパニオンさんとステージに登場し、全てのロボットたちを眠りから起こして動き出させるという(ストーリー上の)重要な役を担っていました。

展示ホールを離れて次の展示へ向かう途中に、ひっそりと「デュエット・ロボット」。
200910fuyo018.jpg
見たまんま、男性と女性を模したロボットで、ショーの中ではロマンスを演じるロボットでした。

200910fuyo019.jpg

200910fuyo020.jpg


これらのロボット、科学万博の会期終了後にアメリカのディズニーから譲って欲しいと言うラブコールがあったそうです。結局はボディを覆うFRPの耐久性とメンテナンスの面でディズニー側の要求を満たすことができずに、ロボットたちは海を越えることはなかったそうな。


「サイバーダインスタジオ」の館内は写真撮影が禁止されていますが、この「科学万博ロボットコーナー」だけは写真撮影ができるようになっています。
当時は客席から遠目に見ることしかできなかったロボットたちですが、ここではすぐ目の前でみることができます。

思わず、24年前の「童心」に返ってしまった一日でした。

この記事へのコメント

くずはEX : 2009/10/31 (土) 00:47:45

こんばんは。

私はつくば万博は行くことが出来ませんでした。

(583系を使った現地の駅で宿泊の列車みたいなのがあった気がします)


「マルコ君」を始めとしたロボットたち、いい雰囲気ですよ!

今すぐにでも「ゆるキャラ」デビュー出来るルックスを
持っていますね。

ちゅう : 2009/10/31 (土) 05:04:51

おはようございます。かな?

科学万博・つくば85は、国を挙げて実行した最後の万博だったですよね。それほど遠くなかったのに行かなかったのは、丁度その分野に近いものを学校で学んでいたからかもしれません。それにバイトのお金は、最後の夏休みの北海道行きに温存したかったから。(笑)

万博の展示物が稼働状態を保ち、今でも在るというのは奇跡です。かなり前に話題にしました、計画倒れの新都市交通システムの残照とかもそれに関係していたモノとしては興味深いですね。(中途半端に近いと、行くタイミングが...)

たしか、輸入の連接バス(国内初)とか無かったですか?

Kimi : 2009/10/31 (土) 16:08:06

こんにちは。

つくば万博懐かしいです。自分も2回ほどいきました。といっても当時は幼稚園児で記憶に残っているのは連接バス、くるま館、大きな蛇口(?)くらいだったり。ロボット系では星丸(て公式キャラじゃん)くらいしか記憶にないです。

京九快速 : 2009/11/01 (日) 14:10:13

くずはEXさん こんにちは

国鉄のホテルトレインありましたね~!
「ドリームエキスポ」号でしたっけ? 私は思いっきり地元だったのでこのホテルトレインはおろか、「エキスポライナー」すらも乗ることはありませんでした。

数年前の愛知万博のロボットもそうでしたが、最近のロボットは「人間」の風貌に近くて、それはそれですごいのですが、この芙蓉シアターのロボットは当時の最新テクノロジー+コラーニデザインなのに「おもちゃ」のような風貌と言うのがすごいです。

京九快速 : 2009/11/01 (日) 14:17:12

ちゅうさん こんにちは

24年も前のロボットが、朽ち果てることなく当時の輝きのままに残っていたことがまず驚きでした。
会期終了後は、芙蓉グループの企業が引き取ったとか、売却されたとか、解体されたとかいろんな噂を耳にしましたが、こんなキレイな状態でいったいどこに隠れていたのか・・・?!
(一時期、名古屋でロボットを集めた期間限定の博物館がオープンして、そこにいたという話は聞きました)

>計画倒れの新都市交通システムの残照
土浦市内の高架道路ですね。
無駄に広いバス停(→駅として計画)など、今でも残っています。多分再整備などされることもなく、この状態のままで残っていくと思うので、気分と足が向いた時はぜひ。
ちなみにTXの「万博記念公園」駅から記念公園はかなり距離があるのでご注意!

京九快速 : 2009/11/01 (日) 14:32:41

Kimiさん こんにちは

幼稚園の時の記憶でそれだけ残っているものがあるのはすごいですよ!
私は地元だったので、たいてい親に車に乗せられて連れてってもらいました。ですので連接バスは一度も乗る機会が無かったんです。
友達にはやっぱり乗った子が何人かいて、すごく羨ましかったです。

「くるま館」は、建物の外側のチューブの中から見える万博会場の眺めが徐々に高くなっていくのが面白かったですね。

にゃり : 2010/03/07 (日) 23:31:17

偶然にもこのページを見つけ懐かしく思っています。実は私はこのショーでローラースケートを履いて司会進行をしていました。当時のビデオも残っています。今度つくばを訪ねてみたいと思っています。

京九快速 : 2010/03/08 (月) 20:28:48

にゃりさん はじめまして

なんとあのシアターでコンパニオンさんをされていらっしゃったのですね。すごい!
芙蓉シアターは2度行ったかな。もしかするとにゃりさんが司会進行した回を見学していたのかも?!
2度ともマルコ君のイベント、そのあとのサッカーゲームイベントにも選ばれなかったのが悔しかったです。

あのシアターのロボットショーを最初から最後まで収めたビデオが存在するとか噂で聞いたことがありますが、もしあるならもう一度見て、あのショーの興奮を体感したいですね。

ぜひつくばへ!ロボットたちに触れて、20数年前の思い出に浸ってみて下さい。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。