fc2ブログ

05

03

コメント

【2002年3月】九州旅行 その3:宮崎-<特急きりしま>-西鹿児島-<特急つばめ>-熊本



(約20年前のネガフィルムをデジタルサルベージした画像で、当時の模様をお伝えする旅行記です。
 一部の画像はフィルムの劣化や退色などでかなり見難いことをご了承ください。)


前回からのつづきです


「ドリームにちりん」号で博多から宮崎までやって来ました。
200203kyushu-049.jpg




次の乗り継ぎ列車の時間まで、宮崎駅で電車撮影。


日南線のディーゼルカー。2両編成のうち、日南方の車両はイエロー1色にロゴを配した、JR九州っぽい姿にリニューアル。
200203kyushu-050.jpg

200203kyushu-051.jpg


日豊本線の普通電車。
200203kyushu-052.jpg
元々は、国鉄時代に急行電車で使われていた電車です。


急行電車のグリーン車を先頭車に改造した電車も走ってました。
200203kyushu-055.jpg

車内は、当時の急行電車のグリーン席そのまま。
200203kyushu-056.jpg
リクライニングできないように背もたれはロックされていて、ボックスシート状に固定されていました。


日豊本線の特急「ひゅうが」号。
200203kyushu-053.jpg

200203kyushu-054.jpg
この当時、「ひゅうが」号は基本的に485系が使われていましたが、ごく一部の列車にハイパーサルーンが使われていて、乗り得列車となっていました。




宮崎からは、日豊本線の特急「きりしま」号に乗って、西鹿児島まで向かいます。
200203kyushu-048.jpg
「きりしま」号にグリーン車は連結されていなかったので、普通車指定席です。


真っ赤に塗り替えられた485系特急電車。
200203kyushu-057.jpg
「きりしま」号と「ひゅうが」号のどちらにも運用されるので、車体に書かれたロゴは2列車をまとめて「KIRISHIMA &HYUGA」。

ヘッドマークも「K&H -KIRISHIMA &HYUGA-」で、2列車共通のデザインになっています。



宮崎方の先頭車のヘッドマークは「きりしま -KIRISHIMA EXPRESS-」で、「きりしま」号専用のマークを掲出していました。
200203kyushu-058.jpg


200203kyushu-059.jpg


特急「ハウステンボス」で使われていた485系を宮崎・鹿児島エリアに持ってきたもので、「ハウステンボス」時代のカラフルなブロック塗装に「KIRISHIMA & HYUGA」のロゴが描かれています。
200203kyushu-060.jpg

この当時、九州に残る485系が活躍していたのは、ここ宮崎・鹿児島エリアが最後の地で、この9年後の2011年3月に九州新幹線全線開業に伴い、九州から485系は姿を消しました。


「きりしま」1号は宮崎駅を出発。 すぐに大淀川に架かる鉄橋を渡ります。
200203kyushu-061.jpg

指定席車両は先頭の1号車の1両のみ。後2両は自由席となっていました。

指定席の乗客はわずか4人という寂しい人数の一方で、自由席のほうは宮崎発車時点で全ての窓側席が埋まるくらいの乗客がいて、かなり盛況のようでした。


途中の駅で、上り列車と行き違い。
200203kyushu-069.jpg
特急列車かと思いきや、「さわやかライナー」のヘッドマークを掲げた通勤ライナーでした。
この日は土曜日だったんですが、日豊本線の最南端区間に当たるローカル線で、特急車両を使ったこんな立派な通勤ライナーが走っているのに驚きました。


青井岳駅で、西鹿児島始発の特急「きりしま」2号と行き違い。
200203kyushu-070.jpg

先ほどの「さわやかライナー」と、この「きりしま」2号の先頭車には、運転室窓下に「KIRISHIMA & HYUGA」のロゴがなく、なんだかのっぺらぼうな感じです。


車体も、なにやら青いテープで目隠しされています。
200203kyushu-071.jpg

「ハウステンボス」用の編成を南九州に転属させてきた際、しばらくは車体の「HUIS TEN BOSCH」のロゴを応急処置的に色テープで目隠しして、「きりしま」号と「ひゅうが」号で走っていました。


485系の車内。 JR発足後から2000年代までは、各地の特急電車ではごく当たり前の光景でした。
200203kyushu-062.jpg
外観はド派手な原色塗装に塗りかえられましたが、車内には、エアコンの吹き出し口や窓のカーテンなど、485系独特の雰囲気がまだまだそこかしこに残っています。

リノリウムのテカテカに光る床も、今ではなんだか懐かしいですね。座席のリネンは、使い捨てのものでした。


座席も、フリーストップリクライニングシートに交換された485系では、この型の座席が定番でしたね。
200203kyushu-063.jpg

今時の新型特急と比べると、窓の位置がだいぶ高いように感じます。
200203kyushu-064.jpg

デッキに立っていて感じる無機質な空気感は、「THE 国鉄型特急」そのもの。
200203kyushu-065.jpg
ステンレス剥き出しの乗降ドアに、そっけないゴミ箱、。取って付けたような、だけど誰も使わない緑のカード式公衆電話。

JR化後、485系を引き渡されたJR各社は、一様に「国鉄時代」生まれを引き摺りながらも このような改造を施していました。


洗面台もこんなのがまだ残っていました。
200203kyushu-066.jpg



乗降ドアの窓ガラスには「RE」のロゴ。
200203kyushu-067.jpg
一時期「RED EXPRESS」塗装だったことがある車両なのかな?
前の日に乗ったハイパーサルーンの「にちりんシーガイア」にも、乗降ドアの窓に「KAMOME」のイラストとロゴが残っていました。

JR九州は車両のリニューアルの際に、こういう細かなロゴを入れるのが好きなので、車両がその次またその次と活躍の場を移した時に、こういう「ロゴと列車名が一致しない」ことが多々ありました。




錦江湾沿いに桜島が見えてきました。
200203kyushu-072.jpg


西鹿児島駅に到着です。
200203kyushu-073.jpg
カラフルな原色ブロック塗装なのがよく分かりますね。


当時の西鹿児島駅は、赤い駅舎に大階段と大広場が健在でした。
200203kyushu-074.jpg
今はもう、この駅舎も駅前広場も風景が一変していますね。


西鹿児島駅に発着する電車も、この頃はまだまだ国鉄型が主力でした。
200203kyushu-075.jpg
後方に見える、線路を跨ぐ駅舎兼大連絡橋の上部では、九州新幹線の乗り場建設工事が始まっています。

200203kyushu-076.jpg

200203kyushu-077.jpg

たまたま、DE10型ディーゼル機関車に牽引された軌道検測車が見られました。
200203kyushu-078.jpg

200203kyushu-079.jpg



西鹿児島からは、特急「つばめ」10号で熊本に向かいます。
200203kyushu-081.jpg


西鹿児島駅近くの車両基地から回送されてきた787系。これがそのまま「つばめ」10号になります。
200203kyushu-080.jpg

200203kyushu-082.jpg

200203kyushu-083.jpg


「つばめ」10号のグリーン車は、個室を除いて西鹿児島から満席。 トップキャビンも進行方向向きの席は満席でした。
200203kyushu-084.jpg


西鹿児島駅を発車すると、グリーン席ではすぐに「つばめレディ」による車内サービスが始まります。
1人1人に挨拶をして、おしぼりとミュージックサービスのイヤホンを配りつつ、ドリンクとひざ掛け毛布のリクエストを聞きます。

ドリンクのリクエストは、ホットコーヒー・緑茶・紅茶、アイスコーヒー・冷たいウーロン茶・オレンジジュースから選べました。


ドリンクは、このような「TSUBAME」のロゴとキャラクターが入ったオリジナルデザインのカップでサービスされます。
200203kyushu-085.jpg

特急「つばめ」のグリーン席のドリンクサービスは、季節によっては、沿線の特産品を使ったジュースや温かいコンソメスープがサービスされていた時期もありました。

そのほか、お願いすると車内販売のお弁当を確保して席まで持ってきてくれたり、途中駅で積み込む駅弁の予約を取ってくれたり。

2004年に九州新幹線部分開業で、新八代までの「リレーつばめ」となってからもしばらくは、この国内の在来線特急最高峰のグリーン車サービスは続きました。



そして、この頃の特急「つばめ」の4号車には「ビュッフェ」が連結されていました。
200203kyushu-086.jpg
写真は西鹿児島駅発車直後で、まだ営業開始前の準備中のビュッフェ。
西鹿児島を発車してだいたい15分後くらいにビュッフェの営業が始まりました。

この頃は「つばめオリジナル」の「チャオファン」の販売は終了していましたが、「チャーハン」「焼きそば」「スパゲティ」「ミックスピザ」「ホットケーキ」など、多数のホットミールがメニューにラインナップされていて、まだまだビュッフェサービスは充実した内容を誇っていました。

そして「つばめのビュッフェ」というと、「焼きつくね」「さつま揚げ」「かしわの炭火焼」「鳥栖焼売」といったおつまみ品に、オリジナルワインや日本酒、焼酎、生ビールなどのアルコール類が充実していたので、出張帰りや旅行中にこのビュッフェを「居酒屋」代わりによく利用したという人も多いのではないでしょうか。


2号車の普通車指定席。 モノトーンの色調と蓋つきの荷物棚で客室は非常に落ち着いた雰囲気です。
200203kyushu-088.jpg
西鹿児島発車直後の様子ですが、かなりの席が埋まっているのが分かります。


薩摩高城駅を通過すると、窓には東シナ海が広がる絶景が広がります。
200203kyushu-089.jpg
海沿いギリギリに敷かれた線路を、急カーブの連続でゆっくり走る、特急「つばめ」の旅の一番のハイライトシーンでしたね。


車内で昼頃を迎えるので、「つばめレディ」さんにお願いして車内販売のお弁当をひとつ確保しておいてもらいました。
200203kyushu-087.jpg

購入したのは特急「つばめ」の車内限定販売の「つばめ弁当」。
鹿児島本線沿線の名産品がいろいろ詰まったお弁当です。掛け紙も787系「つばめ」に合わせたデザインになっています。

ちゃんと「お品書き」も入っていました。

ふきの油炒め/蓮根の辛し和え/茄子の中華煮/焼明太子/出し巻き/シュウマイ/鰤照り焼き
豚の角煮/松茸いも/あげまき/インゲン/季節のデザート/高菜の御飯/梅しそ御飯/白御飯




西鹿児島から約2時間で八代駅に到着。 西鹿児島-博多の所要時間でちょうど半分まで来たぐらいです。
200203kyushu-090.jpg

まだ鹿児島本線の主力がこの特急「つばめ」だった頃なので、この駅でも下車する人、乗車する人がたくさんいました。




熊本駅に到着。 沿線で一番大きな駅・大きな都市ということもあって、乗降する人も大変多かったです。
普通車のほうはここでお客さんが大きく入れ替わる感じでしたが、グリーン車は鹿児島から福岡まで乗り通す人がほとんどでした。
200203kyushu-091.jpg

ここで特急「つばめ」号を下車して、次の列車に乗り換えです。







つづく


関連記事

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad