fc2ブログ

12

15

コメント

36ぷらす3に乗ってきました  Vol.2-「36ぷらす3」の車内を簡単に紹介



前回からのつづきです



福岡空港から博多駅にやって来ました。

ネット予約しておいた「36ぷらす3」のグリーン指定券を発券して、改札内へ。
202111-363-034.jpg




「36ぷらす3」は電車基地から博多駅に回送されてくるのかと思ってたら、もうすでに吉塚方の電留線に待機していました。
202111-363-035.jpg


お友達さんの「36ぷらす3」ブログ乗車記などで、車体のその黒さは知っていたのですが、実物を初めて見て、予想以上の黒さにちょっと驚きました。

202111-363-036.jpg



「36ぷらす3」が入線してくるホームの反対側には、先行して発車する特急「みどり」。
202111-363-037.jpg
「ハウステンボス」を併結していない、「みどり」単独編成。 しかも「みどり」専用の783系ではなく、きらめき編成でした。

783系ハイパーサルーンも、2022年の長崎新幹線の開業で長崎・佐世保線の特急再編によって、どのようになるのでしょう。
特急「かもめ」がリレー特急になると885系・787系の運用にも余裕が生まれるでしょうから、廃車になる編成がかなり出てくるのではないでしょうか。



「36ぷらす3」の乗り場には、乗車目標が「A」と「B」の2パターン設定されています。
202111-363-038.jpg

202111-363-039.jpg

「36ぷらす3」は、日曜日の大分→博多の運転時に、途中で門司港駅を経由するため編成の向きが逆転します。
そのため、博多発の先頭車が1号車の週と、先頭車が6号車の週が交互に運転されるため、運転日によってこのように乗車位置が異なってしまうわけです。


いちおう、ホームの電光表示板では、このように、
202111-363-040.jpg
『乗車位置「B」をご覧ください』と表示が流れるのですが、一般の乗客には分かりにくいようで、「ホームのどのあたりに停まるんですか?」と駅員さんに聞く人や、乗車目標「A」のところに並んでるグループ客がいたりと、乗車前からけっこう混乱している状況が見受けられました。

特別な観光列車なんだし、博多駅を発車するのは木曜日と月曜日だけなので、乗車目標の立て看板などを用意してもいいんじゃないかなぁと思いました。




ちなみに、月曜日の長崎行き「36ぷらす3」の博多駅入線は10時30分頃で、事前にお友達さんに「発車20分前には入線してくるので、博多駅で車内外の写真はゆっくり撮れますよ」と聞いていたので、特に車内の写真の撮影は博多駅で一気に済ませてしまおうと考えていました。

ところが、入線予定時刻になっても「36ぷらす3」が入線してくる気配がありません。
ホームの電光表示板にも「入線時刻は10時30分頃」のスクロール表示が流れるのですが、この日は鹿児島本線の小倉-博多間で列車が軒並み10-20分の遅れとなっていて、そのあおりで「36ぷらす3」の入線も遅れてしまい、結局入線してきた頃には発車10分前を切っていました。


「36ぷらす3」は博多駅始発なので、鹿児島本線のほかの列車の遅れと「36ぷらす3」の入線時刻は関係なさそうな気がするんですが、「36ぷらす3」が電留線からホームに入ってくるまでに途中で鹿児島本線と平面クロスするポイントがあり、遅れでダイヤが乱れている列車の合間を縫うように本線を横切って入線するかたちになるためと、「36ぷらす3」が入線する5分ほど前に特急「ソニック」の回送列車が出て行くんですが、この「ソニック」の到着が「36ぷらす3」の入線時刻とほぼ被ってしまったため、結局、博多駅でゆっくり写真を撮る余裕はほとんどありませんでした。




787系 特急「36ぷらす3」 博多駅入線



入線後は、発車までの間に多くの乗客が先頭車や車体のエンブレムやロゴの前で記念撮影をしているので、その間にささっと無人の車内の撮影しておきます。


・1号車 グリーン個室

【4番個室】
202111-363-041.jpg

(参考画像1:「36ぷらす3」改造前の、「リレーつばめ」~現行の787系編成の「サロンコンパートメント」)
202111-363-122.jpg

(参考画像2:西鹿児島特急「つばめ」時代の「サロンコンパートメント」)
202111-363-123.jpg

4番個室は、改造前の「サロンコンパートメント」をそのまま「36ぷらす3」仕様に改造したので、ここだけ天井まで壁で仕切られて、通路を隔てるドアも付いている完全な個室となっています。
広さ的にも、ここが一番ゆったりしているように見えました。

もし「36ぷらす3」で個室に乗車できる機会があるなら、ぜひこの4番個室に乗ってみたいです。



【3番個室】
202111-363-042.jpg

202111-363-049.jpg



3番個室と2番個室の間で、通路がかぎ型となっていて、個室の窓側の向きが入れ替わるような形になっています。
202111-363-045.jpg

1番個室~3番個室は、通路との仕切りは鏡面パネル。このパネルは天井まで届いていないためこの部分はスカスカです。
また、通路と個室を仕切るドアも付いていません。

完全な「個室」ではないのですが、通路側の窓の障子を開けておけば、左右どちらの車窓も楽しめる「開放感」があります。



【2番個室】
202111-363-043.jpg

202111-363-048.jpg


【1番個室】
202111-363-044.jpg

202111-363-046.jpg


1番個室と2番個室は、改造前の「デラックスグリーン」(旧トップキャビン)と開放グリーン室の仕切っていた部分を両個室で分け合っているため、窓割りが若干微妙です。



1番個室の奥にはさらに通路が続いていて、一番奥まで行くと運転室につながっています。
202111-363-050.jpg

運転室の仕切りドアには、以前の787系には無かった窓が付けられていて、運転室越しに前(後)展望を見ることができます。
202111-363-051.jpg


1号車のどこかにいる、「隠れミッキー」ならぬ「隠れつばめ」。
202111-363-054.jpg


1号車は全体的にシックな色合いで、使われている木材も濃い色調の物が多いです。
202111-363-053.jpg
以前の「サロンコンパートメント」脇の開放グリーン室につながるアプローチ部分は、デザイナーズホテルのような凝った暗さが演出されていて、西鹿児島時代の「787系つばめ型」の頃とは違ったワクワクする高揚感があります。


1号車は通路から個室内まですべて畳敷きなので、ここで靴を脱いで車内に進みます。
202111-363-052.jpg
靴を脱いだり履いたりする時に腰掛けるスツールや手すりが用意されているのはさすがですね。





・2号車 グリーン個室

2号車もグリーン個室ですが、こちらは6人用個室が3部屋と、車いす対応個室1室で構成されています。

【1番個室】
202111-363-055.jpg

【2番個室】
202111-363-056.jpg

【3番個室】
202111-363-057.jpg

202111-363-059.jpg

202111-363-058.jpg

見た感じだと、横3人掛けで、大人6人めいっぱいで使うとかなり窮屈そうかなぁ~という印象です。
子供二人にお父さんお母さん+お爺ちゃんお婆ちゃんのファミリー利用で使うのを想定して作った個室なのかな?

2号車の個室も、通路との仕切りは鏡面パネルのみで、ドアは付いていません。


【車いす対応個室】
202111-363-060.jpg
ここはソファーではなく、座席を2脚、窓に向かって設置したカウンター席のような個室になっています。


2号車のデッキには車いす対応の大型トイレが設置されています。
202111-363-061.jpg

202111-363-062.jpg

1号車と2号車のグリーン個室車両のトイレは、ウォシュレット完備。
202111-363-063.jpg





・3号車 グリーン個室+ビュッフェ

3号車は、以前のセミコンパートメントを2人用グリーン個室に改造。
202111-363-064.jpg

202111-363-065.jpg

202111-363-066.jpg

元々の「セミコンパートメント」が4人用簡易個室だったので、2人で使うには狭すぎず広すぎずで、ちょうどよさそうな広さ。
隣りの個室との仕切りは、元々の「セミコンパートメント」時代から天井まで仕切られていたので、1・2号車の個室よりも「個室感」があります。
さらに、通路との仕切りには、1・2号車の個室にはないカーテンが設置されています。



3号車の半分は、「ビュッフェ」が復活しました。
202111-363-067.jpg

(参考画像1:西鹿児島特急「つばめ」時代のビュッフェ)
202111-363-125.jpg


202111-363-068.jpg

(参考画像2:西鹿児島特急「つばめ」時代のビュッフェ)
202111-363-124.jpg


202111-363-069.jpg

(参考画像3:西鹿児島特急「つばめ」時代のビュッフェ)
202111-363-126.jpg


ビュッフェについては、乗車中に何度か利用したので、感想などはまた後ほど。




・4号車 マルチカー

この車両は1両まるごとがフリースペースになっています。
202111-363-070.jpg

202111-363-071.jpg



・5号車 グリーン席
202111-363-072.jpg



・6号車 グリーン席(畳敷き)
202111-363-073.jpg

6号車の運転室寄りには、畳敷きのフリースペースがあります。
202111-363-074.jpg




つづく

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad