fc2ブログ

08

23

コメント

ロマンスカーミュージアムに行ってきました vol.7



(前回からのつづきです)


一通りミュージアム館内を見学してきましたが、1時間30分ほどであっさりと見終わってしまいました。


通常営業では一度出口から出た後の再入館はできないようですが、この日は最初の入場の時の説明で「再入館の際は、係員に入場券をお見せください」と言われていたので、もう一度ロマンスカーの展示スペースを見に行こうという話にまとまって、再入場をしました。

202107romancecar136.jpg



再びロマンスカーの展示ギャラリーで車体を間近に見たり写真を撮ったり。
202107romancecar137.jpg

202107romancecar138.jpg

202107romancecar139.jpg

202107romancecar140.jpg

202107romancecar141.jpg

202107romancecar142.jpg

「LSE」の展望席。
202107romancecar143.jpg

「NSE」の展望席。
202107romancecar144.jpg

左が「NSE」、右が「LSE」
202107romancecar145.jpg

202107romancecar146.jpg

202107romancecar148.jpg

202107romancecar147.jpg

202107romancecar149.jpg

202107romancecar150.jpg

202107romancecar151.jpg

202107romancecar152.jpg

「HiSE」の展望席
202107romancecar153.jpg

202107romancecar154.jpg

「HiSE」のハイデッカー普通席
202107romancecar155.jpg







ミュージアムの屋上には「ステーションビューテラス」という展望デッキがあります。

ミュージアムの見学順路からはなぜか外れているので、気が付かずにミュージアムを出てしまう人も多いんじゃないでしょうか。
我々もうっかりこの展望デッキを見ずに一度ミュージアムから出て、そのまま帰ってしまうところでした。
再入館のついでに、この展望デッキにも行ってみました。


鉄道系の博物館の屋上にある「展望デッキ」というと、すぐそこを通る線路が遠くに伸びているのが見えて、電車が遠くから走ってきて自分のすぐ目の前を走っていく・・・なんていう光景を想像すると思いますが。

ロマンスカーミュージアムの展望デッキからの眺めは、どんなもんでしょうか?


遠くから走ってきたロマンスカーを望遠レンズで撮影(さらにトリミングしてます)
202107romancecar156.jpg

202107romancecar157.jpg


が、ロマンスカーがミュージアムの目の前まで走ってきて見える光景がこれです。
202107romancecar158.jpg

本線と留置線の架線と柱とビームで、視界がゴッチャゴチャ。
写真に撮って若干クリアにした画像でこれなので、肉眼で見ると「障害物だらけの向こうをなんか電車が走ってる」ぐらいにしか見えないのが実のところです。



下りのロマンスカー「VSE」がやって来ました。
202107romancecar159.jpg
シルバーの「EXEアルファ」に比べると、真っ白な「VSE」は走っているところがまだよく見えるほうですが・・・・


遠くへと走り去っていくロマンスカー「VSE」を望遠レンズで撮影(さらにトリミングしてます)
202107romancecar160.jpg

202107romancecar161.jpg
望遠での撮影も、圧縮効果で架線の柱と手前の電柱がビッチリ林立してしまうので、電車の顔を柱の隙間で抜いて撮るタイミングが非常に難しいです。

ちなみに、この距離に見えるロマンスカーは、肉眼だと米粒くらいにしか見えません。
真っ白で目立つVSEや真っ赤なGSEなら「お、ロマンスカーが来たぞ!」となんとか分かりますが、メタリック系のEXEやMSE、通勤電車なんかは気が付きません。


あんまり撮影向きではありませんが、ミュージアムで歴代ロマンスカーを見た後に、現役のロマンスカーの生の走行シーンを見るというにはオツな展望スペースです。

展望デッキには、海老名駅を停車(通過)するロマンスカーの時刻表が用意されているのも親切ですね。
202107romancecar162.jpg
ご丁寧に、車種までわかるようになっています。
平日の上り14時ちょうどと、下り15時41分は「G/M/V/Eα/E」の全車種対応便になってるのがすごいですね。








帰りに再びミュージアムのカフェで軽食を食べながら、ダベッって今日の反省会。

今回も運良く窓側のボックス席が取れました。
202107romancecar165.jpg
ちょうど、海老名駅始発のEXEアルファ「さがみ」号が発車していくところでした。


ロマンスカードッグの「チーズホットドック」を注文。
202107romancecar163.jpg

注文カウンターでレシートを渡すときに「ホットドックは切ってください」とお願いすると、希望の数に切り分けてくれます。
女性が一人で1個食べる時や、何人かでシェアして食べる時は便利なサービスですね。


「今日は久しぶりのお出かけで散財デー!」ということで、お高い「飲む電車図鑑」をまた注文。
202107romancecar164.jpg
アイスココアの「LSE」をオーダー。

先にカフェで注文した「RSE」の時は、ドリンクの氷がRSEの運転席の窓ガラスを突き破って大惨事になってしまったので、今度は「氷無し」で注文しました。

そのおかげで、ドリンクの上に浮かぶLSEのきれいな姿を楽しむことができました。
(まぁ、混ぜて飲んで腹の中に入ってしまえば全部同じことなんですがね)


回送電車で海老名駅に入線してきたMSE。
202107romancecar166.jpg
通常、上りのロマンスカーは海老名駅のこの外側のホームには入線しないので、カフェの窓側席に座っていてもなかなかロマンスカーが目の前で走っていくというところを見ることができません。
立て続けにロマンスカーをカフェの窓から至近距離に見ることができてラッキーでした。



この日は一日、小田急ロマンスカーを堪能できて楽しい一日でした。







(なんでか、まだつづく)



関連記事

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad