FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

21

コメント

ANA A380初号機日本上陸  撮れたてフライングホヌ


さくらの山はもう駐車場が満車だっていうんで、自宅から成田に向かう途中で撮影。

小雨が降り続く中、突然豪雨になったりと、最悪な天候でしたが、飛来まで1時間を切った頃に雨は止み、30分前には奇跡の青空。

20190321A380-001.jpg

20190321A380-002.jpg

20190321A380-003.jpg

20190321A380-004.jpg




このあとは「ひこうきの丘」へ移動。


セレモニーとかはすっかり終わった後だったみたいで、報道陣の撮影タイムになってた模様。
20190321A380-005.jpg

JALのボーイング787との並び。
20190321A380-006.jpg



ダメ元で航空博物館へ行ってみたら、展望台からの眺めが予想外に良かった。
20190321A380-007.jpg
うしろの金色のアトラスエアは、メジャーリーグのシアトル・マリナーズ御一行様を乗せて飛んできたチャーター機。
元ANAの747-400、JA404AとJA405Aだそうです。
うしろにこっそり、エバーの787がいるのは仕様です。


亀の顔。コックピットの窓がちょうど鼻に見えますな。
20190321A380-008.jpg

小亀2匹。
20190321A380-009.jpg


商業運行開始は、今年の5月24日から。
それまでは、成田ベースでテストフライトが何度も見られそうですね。


実機に乗れるのは・・・・・いつかなぁ~??

スポンサーサイト

03

08

コメント

韓国に行ってきました その9  仁川国際空港1タミ アシアナラウンジ East


せっかくアシアナ航空の本拠地の仁川国際空港に来たのだから、「アシアナラウンジ」に寄らなくては!
2018korea282.jpg


仁川国際空港のアシアナラウンジは2ヶ所あります。
1ヶ所は26番ゲート近くの「アシアナラウンジ セントラル」。
もう1ヶ所は11番ゲート近くの「アシアナラウンジ イースト」。

もちろんラウンジのハシゴも可能ですが、バカでかい仁川空港なので、ラウンジ間の移動距離がハンパない。
最初は、買い物ついでにまず「セントラル」に寄って、そのあと「イースト」寄って、それから搭乗ゲートへ・・・と考えてたんですが、途中で「セントラル」に行くのを諦めました。

どう考えても、搭乗開始時間の1時間30分前では2ヶ所寄るのは無理。

というわけで、帰り便が出発する7番搭乗口に近い「アシアナラウンジ イースト」を利用しました。
2018korea283.jpg


エスカレーターで2階に上がると、受付カウンター。
エスカレーター正面がファーストクラスラウンジ、右側がビジネスクラスラウンジです。
2018korea284.jpg
ちなみに、ラウンジの入り口には自動改札機があり、搭乗券のバーコードをかざすとゲートが空いて入室できる仕組み。
入口にあるカウンターに寄る必要は、ほとんどありません。
(にもかかわらず、中国人のグループ客がこの入口カウンターで吼えてるのを、帰りがけに見かけたが)


エスカレーターホールの天井には、アシアナ航空のシンボルマークの大きなネオンサイン。
2018korea285.jpg
あらー、しゃれおつ!



スタアラゴールド会員は、ビジネスクラスラウンジが利用可能です。

中に入ると、書斎のような落ち着いた雰囲気のエリアが続きます。
2018korea286.jpg

2018korea287.jpg

2018korea288.jpg


奥まで進むと、窓ガラスから外の光が差し込む、巨大なラウンジスペースが。
2018korea289.jpg
木目のパーテーションで囲まれた「お一人様個室席」は人気のようで、全席満席でした。

ほぼ全席にコンセントを設置。ユニバーサルタイプなので、日本から持ち込んだ充電器もアダプター無しで使えるよ。
2018korea290.jpg


なんか、アシアナ航空のサイトでラウンジ紹介ページを見ると、グランドピアノがあったり、バーカウンターがあったり、すげぇ高級そうな雰囲気のラウンジ画像が出てくるんですが、それらの写真は昔のラウンジのもの。
仁川2タミオープンでアシアナラウンジが1ヶ所から現在の2ヶ所に変わった時に、昔のラウンジは閉鎖された模様。
ですので、「グランドピアノ、ドーン!」なあの光景はもう見られないんですねぇ。



ラウンジスペースが広大な割には、フードカウンターはコンパクトです。
2018korea291.jpg

ホットミールは4品だけ。
2018korea292.jpg
特に「韓国料理」を意識したメニューではなく、普通の西洋料理。


パンも、まぁごく普通の品揃えです。
2018korea293.jpg
クロワッサンが大好きなので頂きましたが、これといって特徴の無いクロワッサンでした。

カップメンは、韓国の特産品?「辛ラーメン」がいっぱいありました。
2018korea294.jpg
「ラウンジで辛ラーメンとかねーわ!」と思ったら、意外と食べてる人が多くて、結果ラウンジ内がそこはかとなく「辛ラーメン」臭い。


ドリンクは缶やペットボトルではなく、ジューサーやドリンクバーにて提供。
2018korea295.jpg

2018korea296.jpg


スイーツにはエッグタルトがありました。(というか、甘いものはエッグタルトしか無かった)
2018korea297.jpg
わりと美味しかったです。これ食べたら、無性にまた香港に行きたくなりました。

スナック類はナッツ、クッキー、プレッツェルなどなど。
2018korea298.jpg

2018korea299.jpg

ラウンジエリアを挟んで、フードカウンターの反対側にはバーコーナーもあります。
2018korea300.jpg




巨大な窓は、紫外線カットの色つきガラス。
2018korea301.jpg
ラウンジから窓までけっこう距離があるので、外を行き交う飛行機を撮影するには望遠レンズが必要です。


窓から見えるのは、ほとんどがアシアナ航空の飛行機。タキシー中の大韓航空機も時々こっちにやって来ます。
2018korea302.jpg
ご覧のとおり、色つきガラスの緑色が画像にモロ出るので、正常な色合いにするためには画像処理ソフトなども必要です。

(以下画像は、Photoshopにて画像の色合いを調整しました)


Asiana Airlines  Airbus A350-900 【HL7578】
2018korea303.jpg
日本では滅多に見る機会のないアシアナのA350を偶然見られて感激!


Korean Air  Airbus A330-200 "SkyTeam Livery”  【HL8212】
2018korea304.jpg


Korean Air  Airbus A380-800  【HL7627】
2018korea305.jpg
日本には定期飛来していない大韓のA380。


Korean Air Airbus A380-800 【HL7627】  &  Asiana Airlines Airbus A380-800 【HL7626】
2018korea306.jpg
2機のA380がワンフレームに、しかもどちらも韓国のキャリアってのがなんかすげーな、と。

他の国のキャリアのA380だと、いかにも「フラッグシップ」って感じがするんだけど、韓国系のこの2社の場合、A380は「財閥様の『メンツ』」の象徴感がハンパない。


Asiana Airlines Airbus A380-800 【HL7626】
2018korea307.jpg




(つづく)

03

02

コメント

韓国に行ってきました その8  韓国観光3日目 vol.2(SCATで出国手続き)

SRT試乗後は、SRT水西(スソ)駅から再び地下鉄で1時間かけてソウル駅へ。

午後のフライトで帰国するので、そのまま仁川空港へ向かうため、空港列車「A'REX」の乗り場へ。
2018korea260.jpg

改札の近くには、「A'REX」利用者向けのラウンジがありました。
2018korea261.jpg
ラウンジって言っても、ご覧のとおり、椅子が並んでるだけですが。


「A'REX」のソウル駅にはインタウンチェックインカウンターがあります。
そうえば、香港のエアポートエクスプレスの駅や、台北の桃園MRTの駅にもこういうのがありました。
2018korea262.jpg
ここで搭乗手続きができるのは、「大韓航空」「アシアナ航空」「チェジュ航空」「ティーウェイ航空」「イースター航空」。
全て韓国系のエアラインで、日系をはじめとする海外エアラインと、韓国系でも「エアソウル」は利用できません。
(ただし、アシアナ・ティーウェイ・イースターの各航空会社で運航するコードシェア便は利用可能)


アシアナ航空のカウンターには、ビジネスクラス・スタアラゴールドの優先窓口もありました。
2018korea263.jpg

インタウンチェックインカウンターの隣りには、出国審査カウンターを併設。
2018korea264.jpg
インタウンチェックインで搭乗手続きをして搭乗券を発券したあとは、ここで出国手続きを済ませてしまうことができます。
ここで出国手続きを済ませておくと、仁川空港に着いた後、手荷物検査場の先にある出国審査場をパスすることができます。
(正確には、出国審査カウンターの一番端にある「出国済」レーンから、ほぼ素通りでエアサイドに出られる)

空港での長い行列に並ばずに済むので、時短にもなりますし、進まない行列にイライラしなくて済むので、韓国系エアライン利用の際はぜひオススメです。


今回はここで出国審査を済ませたので、まだソウル駅(つまり韓国国内)にいますが、出国済みのハンコが搭乗券に押されました。
2018korea265.jpg


・ソウル駅インタウンチェックインカウンター 5:20~19:00
・ソウル駅出国審査サービスカウンター  7:00~19:00



出国手続きを済ませたら、そのままA'REXに乗車。
2018korea267.jpg
進行方向とは反対向きの席は全部空席でした。
おそらく、進行方向向きの席から席を埋めていって、それが満席になったら逆向きの席も売るというシステムだと思われます。


空港に着くまでの40分の間に車内で軽食を。
2018korea266.jpg
車内でハンバーガーとか、ホント周りの人に申し訳ないのですが・・・・

SRTの水西駅からソウル駅に着いた後、ちょっと時間があったので自由行動の時間になりまして、「ソウルでご当地なファーストフード食べてみたーい!」と思い、駅ナカのロッテリアで「プルコギバーガー」のセットを購入。
集合時間まで余裕があったので、店内で食べていこうと思ってました。

ここのロッテリアは、レジカウンターで金払った後、その隣りの受け取りカウンターで注文したものを渡されるシステムなんですが、いくら待っても注文したものが出てこない。
店内もレジもすごい混んでたので、注文が多くて大変なのかな?と思ってしばらく黙って待ってました。


10分待っても出てこないのはさすがにおかしいだろ!?と思って、カウンターのお姉さんに英語で「もう10分待ってるけど、まだ?」と、レシートを見せて聞いたら、「確認します」みたいな韓国語を言って厨房の奥に行ったまま戻ってこない。
別のスタッフの人に「まだですか?もう電車が出ちゃうんだけど!」と言っても、「確認します」でまた放置。

もうホントに集合時間になっちゃうんで、「いらないから金返せ!」と英語で言うと、「もうできるから!」と言われ、結局20分近くかかってやっと注文したものが受け取れたって次第。
何で遅くなったのか理由を聞く余裕も無かったのですが、確実にオーダーを忘れられてたっぽい。

しかも商品を渡された後、謝罪なし。
渡された、と思った次の瞬間にはもう、すぐ次の作業に移っているというクソな接客レベル。


で、プルコギバーガーのお味は・・・・ 
パンもレタスもシナシナで、ミートパティもパサパサ。
プルコギのタレ?みたいなのもちょろっとしか掛かってなくて、マジで嫌がらせか?!と思うような出来でした。

2日目KTXに乗る前に買ったコンビニパンと比べても、今回の旅行で最もカスな食い物だった。




まぁ、そんなカスなロッテリアの話題は置いといて、

A'REXは順調にかっ飛ばして、仁川空港駅に到着。




仁川空港にはリニアも走っているらしく、空港ターミナルに行く前にそれを見てきました。
2018korea268.jpg
自動改札機は開放状態で、今は無料で乗れるらしいです。

ちょうどタイミング良く、リニアが空港駅に入ってきました。
2018korea269.jpg
愛知の「リニモ」と同じ構造らしいです。車両は何だか遊園地の乗り物みたい・・・・


空港ターミナルへと向かいます。
2018korea270.jpg


仁川空港の旅客ターミナルは、想像以上にデカくて驚きました。
2018korea272.jpg

2018korea273.jpg

ディパーチャーズボードは、字が小さくてちょっと見にくい。
2018korea274.jpg
まぁ、でも日本語表示もしてくれるので助かります。


ソウル駅で搭乗手続きと出国審査を済ませているので、カウンターには寄らずそのまま手荷物検査場へ。

ソウル駅で出国手続きが完了している利用者は、手荷物検査も一般レーンとは別の専用レーンを利用できます。
主にエアラインのパイロットやキャビンアテンダントが通るレーンで、「都心空港ターミナル利用者」みたいな案内表記があるのでそこから中へ。

一般向けの手荷物検査場は大混雑でも、こちらの専用レーンはほとんど並んでいる人も無く、あっという間に通過できます。

そのあとの出国審査場も、同じくエアライン関係者向けのレーンがはじっこにあり、「都心空港ターミナル利用者」みたいな案内が併記されているので、そこから。

パスポートとソウル駅でチェックインして出国済みのハンコをもらった搭乗券を係員に見せれば、ほぼフリーパスのごとく通過できます。


あっという間に韓国を出てしまったので、「出国したー!」という実感も無いままにエアサイドへ。


仁川空港の制限エリアのショッピングモールのデカさには唖然。
2018korea275.jpg

ド田舎にドカーン!と立ってるデカいイオンモールを、横に4つくらい繋げたくらいの大きさ。

2018korea276.jpg

行っても行っても、奥が見えない。
ずーっとショップモールが延々と続いていて、最初のうちは華やかで楽しい気分ですが、段々恐ろしくなってきます。
そう、それはまるで「底なし沼」のごとく・・・・


「出発まで時間があるから、ゆっくりお買い物でも楽しみましょ!」なんて軽い気分でショップ巡りなんか始めたら大変です。

ショップの数が多くて困っちゃう!とか言う以前に、広すぎてヘトヘトになります。
自分の乗る飛行機の搭乗ゲートの場所を考えずに、どこまでも歩いていってしまうと、今度は搭乗ゲートに戻るまでに時間と体力をとんでもなく要するので、事前に行きたいショップ、買いたい物を下調べして、そこに狙いを定めておくのがヨロシイかと。


こちらは韓国伝統文化体験コーナー。
2018korea277.jpg
外国人は無料で、韓国の伝統的な小物への絵付けなどが体験できる人気スポット。
絵付けのほかにも版画だったり、木彫りだったりと、その日によってメニューが異なるようで、行く度に違った体験が楽しめるようです。
自分で手掛けた作品は、無料で持ち帰れます。

自分はお土産購入で免税品店で買い物してる間、Kさんはここでキーホルダー作成を楽しまれていたようです。

のまゆ 2回目の韓国~その5・日本のカードは役に立たない?~ [2018年12月韓国]



空港内の巨大なぬいぐるみ。人気の記念写真スポットです。
2018korea278.jpg
韓国ではLINEキャラクターをこうした公的な場所でも多く見かけました。

仁川空港のインフォメーション冊子の表紙も、LINEのキャラクター。
2018korea279.jpg


仁川空港といえば、コレってイメージが強いんですけど。
2018korea280.jpg
王宮行列のアトラクション「王家の散歩」
お散歩中以外の時は、気軽に記念撮影に応じてくれます。

王様と王妃様との記念撮影はやっぱり一番人気で、順番待ちが出来るほどの人だかり。


お散歩ルートに決まりがあるのか無いのか・・・・けっこう神出鬼没という感じです。
2018korea281.jpg
仁川空港にいても、「見られなかった~!」という人もけっこういるようで、自分はこの日運良く買い物中に3回見かけました。





(つづく)

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。