FC2ブログ

09

27

コメント

ニュージーランド航空搭乗記 その9  オークランド空港「インターナショナルラウンジ」vol.2

オークランド空港のニュージーランド航空ラウンジ「インターナショナルラウンジ」の続きです。

ダイニングコーナーは、ラウンジの広さと収容可能人数からするとこじんまりとしています。
201805NZ-319.jpg

ラウンジオープンと同時に入室したのですが、オープン直後はまだミール類は出揃っていない感じでした。
徐々に、後からいろいろとキッチンからミール類が運ばれてきていて、ダイニングテーブルに一通り揃ったのはオープンから1時間後くらいという感じでした。

時間的に朝食なので、ライトミールが中心で、こってりごってり系のお食事モノは少なかったです。

フルーツ盛り合わせと、それにかけるラズベリージャムやヨーグルト。
201805NZ-320.jpg

小さな瓶に入っているのは、レモンソースやグラノーラがトッピングされたヨーグルト。
201805NZ-321.jpg

パンとトースター。右側にある細かいのはマーガリンやジャム。
パンの種類が貧弱で、「え?NZの旗艦ラウンジなのにこんなパンしか置いてないの?」とビックリ。
201805NZ-322.jpg

そうしたら、あとからクロワッサンやデニッシュがちゃんと出てきました。
リンゴやバナナ、オレンジがそのまま提供されてるのを見ると、「海外の空港のラウンジにいるんだなぁ」と実感。
201805NZ-323.jpg

ソーセージとハッシュポテト。
201805NZ-324.jpg

スクランブルエッグと・・・右側のは何だろう・・・?
201805NZ-325.jpg

普段からシリアルなんて食べ慣れていないせいか、ビジュアル的に全然旨そうに見えないんですが・・・
201805NZ-326.jpg


ここのラウンジを利用した人のブログなどを拝見すると、昼や夜にはもっとたくさんのミール類が用意されていて、ニュージーランド産のチーズなどもいっぱい並ぶみたいです。
早朝の利用の場合はミール類が少ないので、ちょっと損な感じです。


ドリンクサーバーもこじんまりとしています。
201805NZ-327.jpg

ソフトドリンク。炭酸飲料とオレンジジュースとトマトジュース。
201805NZ-328.jpg

ドリンクコーナーで幅を利かせているのは、ビールサーバーでもコーヒーメーカーでもなく、ずらり並んだニュージーランドワインの数々。
201805NZ-329.jpg

冷蔵庫の下の段は、端から端まで、全部ニュージーランドワイン。
201805NZ-330.jpg
ワインが好きな人には、ここは天国なんじゃないでしょうかね。
私は酒飲まないし、ワインの知識も全く無いので、このワインの揃いっぷりにもありがたみが全く無かったです。


ラウンジの随所に、ニュージーランド航空の昔懐かしい頃の写真が飾られています。
201805NZ-331.jpg

社名がまだ「TEAL」だった頃の写真。制服もミリタリー調の厳ついイメージです。
201805NZ-333.jpg

ミニスカートが世界的に流行した頃でしょうか。今見るとむしろ新鮮でカワイイ感じです。
201805NZ-332.jpg

冬のニュージーランドへ誘うイメージの「TEAL」時代の広告ポスター。
201805NZ-334.jpg

201805NZ-335.jpg


ラウンジのあちこちに、なぜか機内サービス用のカートが置かれていました。
201805NZ-336.jpg
ラウンジ内での使用済みの食器やグラスを回収する台というわけでもなさそうですし、何のために置いてあるのか不明でした。


窓側席に陣取って、朝食をいただきます。
この後は、「ビジネスプレミア」の機内食が待っているので、ラウンジでの食事は軽めに済ませておきました。
201805NZ-337.jpg

ラウンジの窓の外は駐機スポットがすぐ目の前。
ニュージーランド航空のボーイング777-200ERが出発準備中です。
201805NZ-338.jpg

オープンスポットには、シンガポール航空のフレイター。
SQの旅客型747は全機退役しましたが、貨物型747はまだ健在です。
201805NZ-339.jpg

新ロゴになったカンタス航空のエアバス330-300。
201805NZ-340.jpg

ラタム・チリ航空のボーイング787が到着。
201805NZ-342.jpg

オープンスポットに入ってきた、ニュージーランド航空のボーイング777-300ER。
回送の機体かなと思ったのですが、フライトレーダー見たらなんとロサンゼルスからのNZ1便でした。
201805NZ-341.jpg

夜明け前の暗い中でしたが、空港内の飛行機の行き来がけっこう頻繁だったので、窓からの眺めについついクギヅケになっちゃいました。



オークランド空港の「インターナショナルラウンジ」の見取り図です。
201805NZ-343.jpg
①エントランス
②メインラウンジ
③コンシェルジュデスク
④バーラウンジ
⑤ビジネスラウンジ
⑥クワイエットラウンジ
⑦エクステリア・テラスラウンジ
⑧シアターラウンジ
⑨ファミリーラウンジ
⑩キッズゾーン
⑪シャワールーム
⑫メインダイニング
⑬ミールコーナー
⑭トイレ


不思議なことに、ラウンジ内には出発便のインフォメーションを流すモニターがありません。
エアサイドのショップで買い物もしたかったので、出発の1時間30分前くらいにラウンジを出ました。

「これから乗るニュージーランド99便は何時ごろから搭乗開始なのかな?」とインフォメーションボードを見ると・・・
201805NZ-344.jpg
「Relax」ってどういうことよ?!

日本語表示に切り替わったら「もう少しお待ち下さい」だった。
201805NZ-345.jpg
しかも、まだ何番ゲートから出発なのか決まっていない模様。





ニュージーランド航空のラウンジから離れた場所に、別の航空会社のラウンジがあります。

カンタス航空はオークランド空港に多くの便が乗り入れているので、自社ラウンジを構えています。
ワンワールド加盟航空会社は、まとめてここが指定ラウンジなのかな?
201805NZ-346.jpg

オークランドには一日一便しか飛んできていないのに、専用ラウンジを構えているエミレーツ航空。
世界一の金持ちエアラインは、やっぱやることがハンパないわー。
201805NZ-347.jpg

ドアのガラス越しに中を覗いて見る。
201805NZ-348.jpg

すごい豪華そうなラウンジなのに、開いている時間はたったのこれだけ。もったいないー!
201805NZ-349.jpg

もうひとつ「ストラタ・ラウンジ」というのがありました。
201805NZ-350.jpg

スカイチーム系と、アライアンス非加盟エアラインのラウンジのようです。
201805NZ-351.jpg



東京行きのNZ99便の出発案内がいつまでたっても「Relax」のままなので、搭乗ゲートをプラプラと回っては飛行機の写真撮ってました。
201805NZ-352.jpg

旧塗装の機体も1機だけいました。これはレアレア!
201805NZ-353.jpg


あとは、ショップをプラプラと見て回って、お土産に良さそうなものを買い物。

おお!飛行機の模型を発見!
201805NZ-354.jpg

もちろん免税価格なのですが、日本円換算すると、日本で買うよりも高めの価格設定。
201805NZ-355.jpg






次回、いよいよ(やっと?)「ビジネス・プレミア」に搭乗します!!





(つづく)

09

15

コメント

ニュージーランド航空搭乗記 その8  オークランド空港「インターナショナルラウンジ」vol.1

ニュージーランド時間の朝4時です。
これから日本へ帰ります。

空港ターミナルすぐ脇の「ノボテル」に泊まっていたのですが、シャワー浴びたり準備したりで、午前3時には起きていました。

しかし、前の晩は荷物を整理したり、窓の外にすぐ見える空港を行き来する飛行機の動きが気になって空港をずっと眺めてたりして、寝付いたのは24時近く。
実質3時間ほどしか寝てなくて、前の日のオーバーナイトフライトでは2時間ほどしか寝てないので、この2日間で5時間の睡眠。
「いやぁ、きついですわー」と言いつつ、変に心躍る妙なハイテンションはいったい・・・・。


オークランド空港は24時間空港ですが、さすがにこの時間は人影もまばらです。
201805NZ-280.jpg

ニュージーランド航空の搭乗手続きエリアは、有人カウンターなどは無く、全て自動チェックイン機。
(奥のほうに見えるカウンターは、荷物預けのバゲージドロップ)
201805NZ-281.jpg
老若男女、誰も何も言わず、誰の助けも得ずに自動チェックイン機で搭乗手続きをしています。
ニュージーランド航空のスタッフさんもちらほら姿が見えますが、端末の操作が分からなくてスタッフさんを呼び止める搭乗客は全然いません。
いろんな意味で「ニュージーランドは日本よりもかなり進んでるなぁ」と思いました。


天井には、各国の言葉で「こんにちは」を書いたウェルカムボード。
201805NZ-282.jpg


国際線出発便のディパーチャーズボード。
201805NZ-283.jpg

これからニュージーランド航空NZ99便、東京行きに乗って帰ります。
201805NZ-284.jpg



一般の搭乗手続きエリアのとなりに、パープルのネオンが煌々と光る妖しいブースが・・・
201805NZ-285.jpg

ニュージーランド航空の「プレミアムチェックイン」カウンターです。
201805NZ-286.jpg

「プレミアムチェックイン」の対象となるのは、これらの乗客。
201805NZ-287.jpg
ニュージーランド航空の「プレミアムエコノミー」でも「プレミアムチェックイン」が使えます。
下のほうの注意書きに「お友達や家族は外でお待ち下さい(=該当する乗客以外は中に入らないでね)」と書かれているあたり、「利用資格のある乗客のためのプレミアムな空間」で特別な利用客をもてなそうとするニュージーランド航空の姿勢を感じますね。


今日はこれからニュージーランド航空のビジネスクラス「ビジネスプレミア」に乗って成田まで帰るので、遠慮なく「プレミアムチェックイン」を利用させてもらいます。
(スターアライアンスゴールドでも使えるんですけどね。)




中はどんだけセレブゥ~な空間が広がっているのかと、ドキドキしながら奥へ進むと・・・・!







一般のチェックインゾーンと同じく、自動チェックイン機しか置いてないという、驚きのあっさり仕様。
201805NZ-288.jpg


中に入ると、髭をたくわえたマネージャーっぽいおじさんのスタッフが「搭乗手続きですか?」と寄って来ました。
手に持っていたEチケットとパスポートを見せると、そのおじさんが機械で搭乗手続きを全てやってくれました。


発券された搭乗券は、ペラペラの感熱紙。
あんまり「ビジネスプレミア」の重みが感じられなくて、ちょっと残念・・・。
201805NZ-289.jpg

そのおじさんに「6A席に席を変えられますか?」と聞いてみると、「(ボーイング)787の6Aはみんな指定したがるねぇ」とニコニコしながら、別の端末を操作して6Aが空いているかチェックしてくれました。


★なんで「6A」を希望するのか
 ・窓が背中側にあるヘリンボーン席にあって、ちょっと体をよじれば真横に窓が大きく1枚占有できるのが6A
 ・ビジネスプレミアのトイレ・ギャレイは前方にあるので、最後方の6Aなら真横を行き交う人が少ない
 ・朝の東京行きの場合、A席側が西側にあるので、日中のフライトでも太陽の日差しが直射しない


しかし、「6Aはもう指定済みになってるね」とのことで、残念ながら希望する席への変更はできませんでした。
最初の予約時に東京オフィスで言われた「6Aは空港調整席」はやはり違うようで、訳あり客にあてがうブロック席のようです。



2階に上がり、手荷物検査~出国手続きをします。

すでに50人くらいの人がゲートオープンを待って行列していました。
ニュージーランド航空のプレミアムチェックイン対象の乗客は、搭乗券に「EXPRESS LANE」のシールが貼られ、その行列に並ばなくても、優先レーンから手荷物検査場へと入ることができます。
201805NZ-290.jpg
手荷物検査場のオープンは、事前にネットで見た情報では朝4時30分オープンという話でしたが、実際にゲートが空いたのは5時過ぎでした。


入国の時は手荷物に食品が入ってないか、厳しくチェックされましたが、出国の際は驚くほど簡単な検査でセキュリティーゾーンをパス。あまりに簡単すぎて、「え?ザルすぎじゃね?」と若干不安になるくらい。

入国審査では短い滞在期間(1泊2日)をちょっと疑われましたが、出国審査はパスポートと搭乗券をチラッと見ただけで「バイバ~イ」と笑顔でエアサイドに送り出されました。

日本人がよほど信頼されてるのか、出てく人間はカンケー無ぇ!というスタイルなのか・・・・果たして?!





出国審査場を抜けると、それはそれは煌びやかな免税店エリア。
201805NZ-291.jpg
ここで売っているのは、ブランド物のお酒や化粧品・タバコばかりで、「ニュージーランドのお土産」ぽいものはありません。
「ニュージーランド産のワインでもお土産に買おうかな」と思ったのですが、これだけお酒がズラっと並んでるのに、ニュージーランドワインは全く置いてません。



高級ブランド品が並ぶ免税品店エリアを抜けると、いきなり薄暗くなって、ターミナル内大絶賛工事中状態。

これからニュージーランド航空の「インターナショナルラウンジ」へ向かうのですが、工事エリアを覆う白壁が迷路のように立ちふさがる中、ラウンジへの案内がたったのこれだけ。
201805NZ-292.jpg


「こんな細い通路の先に、本当にラウンジなんてあるの?」と思いながら、白壁に囲まれた通路を奥へ進むと、行き止まりにはエレベーターとエスカレーター。
201805NZ-293.jpg



しかし、上のフロアに上がるとスタイリッシュな空間が広がっていて、いきなり雰囲気が変わるので驚きます。
201805NZ-294.jpg

出国審査開始と同時にエアサイドに出てラウンジへ直行したので、ほぼ一番乗りでラウンジに入れました!
201805NZ-295.jpg



ニュージーランド航空が世界数ヶ所に展開している「インターナショナルラウンジ」の中でも、オークランド空港は旗艦ラウンジともいえる存在で、その規模と広さは驚きです。

エントランスを入ってすぐの「メインラウンジ」。
201805NZ-297.jpg

201805NZ-298.jpg

201805NZ-299.jpg

201805NZ-300.jpg

カウンター越しの「バーラウンジ」。
201805NZ-301.jpg

シンプルな雰囲気でコンセント付きの大きな長テーブルが作業向きの「ビジネスラウンジ」。
201805NZ-302.jpg

間接照明で照度を暗くして落ち着いた雰囲気の「クワイエットラウンジ」。
201805NZ-303.jpg

「クワイエットラウンジ」には、乗り継ぎなどで体を休めるのに使えるベッドが7台用意されています。
201805NZ-304.jpg

大きな窓からの光と、森を感じさせる鮮やかな緑が屋外の開放感を演出する「エクステリア・テラスラウンジ」。
201805NZ-305.jpg

201805NZ-306.jpg

201805NZ-307.jpg

コンシェルジュデスク。
201805NZ-308.jpg

大画面でラグビーなどのスポーツ観戦が楽しめる「シアターラウンジ」
201805NZ-309.jpg

メインラウンジから離れた小部屋にある、子供連れでも安心の「ファミリーラウンジ」
201805NZ-310.jpg

「ファミリーラウンジ」に併設の「キッズゾーン」
201805NZ-311.jpg




シャワーブースは、予約不要で空いていれば誰でもいつでも自由に使えます。
車椅子でもそのまま入れる大きな部屋を含めて、7部屋が用意されています。
201805NZ-312.jpg

シャワールームの内部はシンプル。飾り気はありませんが、とてもきれいに掃除されているので清潔感に溢れています。
アメニティはバスタオルのみで、ハブラシなどはありません。
201805NZ-313.jpg

ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーはニュージーランド産のオーガニック製品が用意されています。
201805NZ-314.jpg

201805NZ-315.jpg



メインダイニングエリア。
201805NZ-316.jpg

カフェバーのロングテーブルの天井には、シダの葉をイメージしたオブジェが吊るされています。
201805NZ-317.jpg

201805NZ-318.jpg


写真がいっぱいなので、ラウンジの様子は次回に続きます!



(つづく)

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad