FC2ブログ

07

20

コメント

ニュージーランド航空搭乗記 その5  プレミアムエコノミー篇 Vol.4

映画を1本見終わったところで、そろそろ寝ることにしました。


シートを最大に倒して、レッグレストを最高まで持ち上げて、羽毛の枕に頭を凭れて、ふわふわで肌触りの良いブランケットに包まって寝る体勢に。

ボーイング787はエンジンの音が非常に静かなのですが、窓側席だと風切り音がやはり気になります。
アメニティキットに入っている耳栓がなかなかの高品質で、ずっと聞こえてくる風切り音を遮ってくれるけっこういい仕事をしてくれました。

あと、窓側席だと壁側から冷気が伝わってきます。なにしろ壁の向こうはマイナス50度以下の世界。
この冷気の伝わりも、ブランケットがしっかり防いでくれて、快適でした。




・・・・しかし、普段は椅子に座る体勢で寝るのに慣れていないのと、初めての長距離路線でのオーバーナイトフライトで、気分が高まってなかなか寝付けません。





ちょっと寝落ちして目が覚めました。
熟睡したような気がしたので、かなりの時間・距離を進んだような気がしたのですが、モニターで飛行位置を見ると、行程はまだまだ半分というところ。
201805NZ-138.jpg

寝落ちしてたのはわずか1時間くらいでした。日本ではまだ日付が変わったばかりの頃です。
201805NZ-139.jpg



L2-R2ドア間のギャレイとトイレは、プレミアムエコノミー乗客専用の空間となっています。
201805NZ-142.jpg

このように、プレミアムエコノミーとエコノミークラスはカーテンで仕切られ、エコノミークラスの乗客はL2-R2ドア間のギャレイ空間には入ってこられないようになっています。
201805NZ-092.jpg


夕食の後から朝食が始まるまでの夜間フライト中、ギャレイにはプレミアムエコノミーの乗客専用のミニバーコーナーが用意されます。
201805NZ-143.jpg
ポテトチップやクッキー、チョコレート(いずれもニュージーランドではポピュラーな、ニュージーランドの人々に愛されているブランド)のほか、ペットボトルのミネラルウォーターやニュージーランドワインなども自由に飲食できるようになっています。
(もちろん自席に持っていってもOK)


このギャレイに隣接されているトイレ1ヶ所もプレミアムエコノミー専用。
201805NZ-140.jpg
プレエコの乗客にはアメニティキットが配られているためか、トイレの中にはハブラシやマウスウォッシュなどは用意されていませんでした。

トイレはウォシュレット非装備です。
201805NZ-141.jpg
「ボーイング787=ウォシュレット完備」って勝手に思ってましたが、787を導入するエアラインによってはウォシュレットを装備しない会社も普通にあるようです。
ちなみに、便座のフタはダンパーが仕込まれていて、フタを閉める時に「バターン!」と音がしないようになってます。



エコノミークラスのほうへ散歩に行ってきました。
真っ暗なキャビンはほとんどの人が就寝中。(さすがにキャビンの写真を撮るのはやめておきました)

見た感じではエコノミーの搭乗率は5割程度といった感じ。
「スカイカウチ」を利用している人は想像していたより多く、「スカイカウチ」ゾーンの1/3くらいの席が「スカイカウチモード」で寝ていました。
中には80,000円の追加料金を払ったのか、一人で「スカイカウチ」を利用しているリッチ?な人も。

「スカイカウチ」にならない席でも、3人掛けの席の肘掛を全部上げて、横になって寝ている人もちらほら見かけられました。

エコノミークラスのギャレイにも簡素なミニバーコーナーがあり、水とクッキーが用意されていました。
エコノミーにもミニバーが用意されているのは、さすがニュージーランド航空です。
201805NZ-145.jpg



プレミアムエコノミーゾーンに戻ると、ギャレイではマギーさんとイヴァンさんが喋っていました。
散歩して戻ってきたのを見て、マギーさんが「眠れないの?何か飲むものを用意しましょうか?」と話しかけてきて、そのあとしばらく3人で小声でおしゃべり。

マギーさんと話す時は北京語で、イヴァンさんと話す時は英語で。
イヴァンさんとの英語がどうしても通じないときは、マギーさんを介して北京語から英語に通訳してもらったり。
日系エアラインじゃない国際線だと、日本語が通じない不便さとは逆に、いろんな国の出身のアテンダントさんと外国語でおしゃべりする楽しみがあることを知りました。


イヴァンさんはフィリピン人なので、「ニュージーランド航空はフィリピンにも就航してるの?」と聞くと、イヴァンさんはオークランド在住のフィリピン人で、ニュージーランド航空に就職したそうです。
「ニュージーランド航空はフィリピンには飛んでいないんですが、オークランドでの採用でいろんな国の人が集まっているから、フライトクルーの中には就航地じゃない国の人もいっぱいいるんだよ」とのこと。

マギーさんの出身地・台湾へは、今年の11月にニュージーランド航空が台北桃園-オークランドが新規就航するので「今からすごい楽しみ!」と嬉しそうでした。
「ぜひ、次の時は台北経由で桃園からニュージーランド航空に乗ってね!」とオススメされました。


話し込んだついでなので、「搭乗の記念に、ポストカードとかステッカーのような小物があったら貰えませんか?」とお願いしてみました。
マギーさんがギャレイの引き出しやらケースやらをあちこち探してくれましたが、どうやらそういうギブアウェイは積んでないみたいです。
イヴァンさんはなんとわざわざビジネスクラスのギャレイに戻って探して来てくれたのですが、やはりありませんでした。

マギーさんが「エコノミーの一番後ろのギャレイは機内で一番大きいから、あそこなら何かあるかも。なにか見つかったらあとで席に届けてあげるね」と言ってくれました。



席に戻って、もう一度寝ようと頑張ってみますが、マギーさんとイヴァンさんとおしゃべりするのに頭フル回転だったので目が冴えてしまい寝付けません。
再び、ウトウトしながら寝落ちしたものの、1時間ほどで目が覚めてしまいました。

フライトマップを見ると、もうだいぶニュージーランドに近いところまで飛んできています。
201805NZ-146.jpg

オークランドまであと2時間30分。
このあと朝食の時間を迎えるのを考えると、もう熟睡して寝るほどの残り時間は無く、結局機内での睡眠時間は2時間ほどでした。
201805NZ-147.jpg


機内の照明が徐々に明るくなってきました。
201805NZ-149.jpg
パープルのライティングではなく、日の出と朝焼けをイメージしたライティングで、視覚的に朝を思わせる演出です。


背後のギャレイでは朝食の準備が始まったのか、カチャカチャとお皿やトレイの音が聞こえてきて、パンのいい匂いが漂ってきました。
この頃になると、熟睡していた人も起き出して、キャビン内は朝を迎えます。
しかし、窓の電子シェードを明るくしてみても、まだ窓の外は真っ暗。

飛行機はちょうどヌーメア上空に差し掛かった頃です。
201805NZ-148.jpg


窓の外はまだ陽が上っていませんが、機内ではモーニングタイムが始まりました。
オークランド到着のちょうど2時間前です。

昨晩のディナーの希望は私が一番最後でしたが、マギーさんの言うとおり、モーニングの希望は私が一番最初に聞かれました。
201805NZ-150.jpg
メインの温かい料理は3種類から選べます。
あんまりおなかが空いていなかったので、「スクランブルエッグ」プレートはてんこ盛りっぽいし、和食でご飯を食べる気分でもなかったので、「シナモンワッフル」を選びました。

スターターには、シリアルとヨーグルトとフルーツ。
201805NZ-151.jpg

フルーツは、乾燥した機内では普段食べるのより数倍フレッシュに感じます。
しかし、こういう比較はあんまりよくないかな?と思うのですが、フルーツに関しては「エバー航空」で出てくるものほど美味しくはありませんでした。
201805NZ-152.jpg

クロワッサンは機内で焼き上げた(温めなおした)ものが、熱々の状態で提供されます。
201805NZ-153.jpg
このクロワッサンがとんでもなく美味しかったです!おかわりをお願いして、追加で2個も貰いました。

そして、メインのシナモンワッフルです。アップルコンポートとヨーグルトが掛かっています。
201805NZ-154.jpg
こちらもワッフルがサクサクで、「機内にワッフル焼き機でも搭載してるのか?」と思うような焼き上がり。
シナモンがけっこうキツイので、シナモンが好きな人には朝から非常に幸せな気分になれます。
アップルコンポートはちょっと味付けが甘すぎだったかな?ヨーグルトと絡めて食べるとちょうどいい感じでした。

「どうせ、全体的にベチョっとした感じのパンや、フニャフニャで風味の無いワッフルが出てくるんだろうな」と予想してたんですけど、なんともまぁ、ホテルのルームサービスのモーニングでも食べてるような上品なおいしさでした。


食後の飲み物には、マギーさんおすすめのホットジャスミンティー。
201805NZ-155.jpg
ちょっと濃いめの味だった「シナモンワッフル」プレートのあとには、ジャスミンの爽やかな香りで口内がすっきり。




モーニングの片付けが終わると、もうあと1時間ほどでオークランドに到着です。
席でのんびりしていると、イヴァンさんがビジネスプレミアゾーンからやって来ました。

何かな?と思ったら、「さっきのポストカードなどの搭乗記念の小物なんだけど、うちの会社では用意してないみたいで、機内には積んでないみたい。で、これ、僕が乗務する時にカバンの中の小物を整理するのに使ってるポーチなんだけど、昔ビジネスプレミアで配ってたアメニティバッグで使われてたものなんだ。僕が使ってたものだからあんまりきれいじゃないんだけど、こんなので良かったら記念にあげるよ」
201805NZ-156.jpg
と、わざわざイヴァンさん自分の使ってたポーチをプレゼントして下さいました。
ポーチには「Air New Zealand」の刻印とロゴマークが入っています。
イヴァンさんの使い方が丁寧なのか、物が丈夫なのか、あまり痛んだところも無く、とてもきれいな状態でした。

ポストカードは、ニュージーランド航空創立75周年記念の時に、「TEAL」時代のポスターを復刻したデザインのもので、こちらは別のアテンダントさんが持ってたものを提供して下さったそうです。


「機内に積んで無いんです。すいません」で済むところを、わざわざこうして私物まで出してきて提供して下さったことに、嬉しさや感激ももちろんありましたが、一番には非常に頭の下がる思いでした。


イヴァンさんが下さったポーチやポストカードを眺めていると、今度はマギーさん。
「反対側の窓から朝日が昇ってきたのが見えるよ!」と、ギャレイの窓のところへ連れてってくれました。

窓から外を見てみると、まるで雲の向こうが燃えているかのような真っ赤な空。
201805NZ-157.jpg

待つ事、数分。 眩しい光が窓に差し込んで来ました。 日の出の瞬間です!
201805NZ-158.jpg

自分の席に戻ると、日の出とは反対側の西の空も、徐々に赤く染まり始まりました。
201805NZ-159.jpg



飛行機は徐々に高度を下げていきます。
朝食が終わって30分ほどすると、成田を飛び立ってから10時間以上ぶりに視界に陸地が見えてきました。
201805NZ-160.jpg

201805NZ-162.jpg


ノースアイランドを南に沿って飛んできた飛行機は、東に向かって急旋回。
オークランド空港への着陸態勢に入ります。
201805NZ-161.jpg





成田空港出発から約10時間30分で、オークランド空港に到着。
着陸すると、外は湿度が高いのか、窓が一瞬で真っ白になってしまい、空港の様子があまりよく見えませんでした。


モニターのフライトインフォメーションは、オークランド空港に到着するとこんな表示に切り替わりました。
201805NZ-163.jpg
成田出発時の到着予定時刻は7時34分で、タイムテーブル上よりも1時間早着の予定でしたが、結局予定より30分の延着。
それでもタイムテーブル上の予定時刻より30分ほど早い到着となりました。



ボーディングブリッジはL2ドアにのみ据え付けられ、ビジネスプレミアとプレミアムエコノミーの乗客が優先降機。
ドア位置的にプレミアムエコノミーのほうがビジネスプレミアより降機口に近いので、実質、プレミアムエコノミーの乗客が最優先降機となります。



オークランド空港に向けて着陸態勢に入る前に、マギーさんから「空港に到着してから先を急いでる?すぐに飛行機を降りる?」と聞かれました。
別に先を急ぐ用事も無いのでそう答えると、「じゃぁ、空港に到着したらしばらく席に座って、私が呼びに来るまで待っててね」とのこと。





プレエコとビジネスプレミアの乗客がみんな降りた後に、エコノミー客の降機が始まりました。
エコノミーの客が半分くらい降りたであろう頃に、マギーさんが席に来ました。


マギーさん「キャプテンがコックピットで待ってますから、一緒に行きましょう。」






「え?」と、一瞬言われていることが理解できず、マギーさんの後に付いていくと、なんだか流れ的にコックピットに招き入れられているという展開。


大きな体のニュージーランド人のキャプテンが「ようこそ!」と満面の笑顔で、「どうぞ中に入って!」


「え?え?え?」となんだか状況がよく理解できないうちに、キャプテン席に座って、帽子をかぶせられて、気が付けばコックピット内で記念撮影してました。
201805NZ-166.jpg



「写真撮ってもいいですか?」とキャプテンに聞くと、「もちろん!滅多に見られないだろう?いっぱい撮ってくといいよ!」
201805NZ-164.jpg

写真を撮りながら、隣の席に座ってるコーパイさんが、「このレバーはね・・・」「ここを押すとね・・・」と英語で説明してくれたんですが・・・英語がよく理解できない上に、コックピットの機器も全く知識がないので、残念ながら説明はほとんど分からずじまいでした。
こんな展開になるなら、コックピットについて勉強して来ればよかったなぁ。
201805NZ-165.jpg


キャプテンがとてもお話好きで、ジャンボを操縦してた頃の話とか、787がオークランドに初デリバリーされた時の様子とか、それはそれは楽しそうに話してくれて、夢のようなひとときでした。
(でも自分の英語力の無さのせいで、キャプテンの熱い語りが全て理解できなかったのが、本当に残念・・・!)


キャプテンやコーパイさん、そして操縦交代要員のもう1人のコーパイさんと熱く握手を交わした後、急いで降機口へ。



降機口からブリッジに出ると、フライトクルーさんが全員勢ぞろい。
ちょうど機内のチェックが終わって、みんなで飛行機を降りるところでした。
201805NZ-167.jpg
マギーさんが「みんなで写真撮りましょう!」ということで、フライトクルーのみなさんとも記念写真を撮ってもらいました。
(写真を撮ってくれたのがマギーさんだったので、マギーさんが写ってないのが残念)


結局、フライトクルーのみなさんと一緒に飛行機を降りてブリッジを進んで、マギーさんやイヴァンさんとお話しながら入国審査場まで一緒でした。
みんな、一晩の長いフライトで仕事をしてきたとは思えないほど元気で、全然疲れた表情が無いのがすごいなぁと感じました。



「そういえば・・・」と、この時改めて思ったのですが。
10時間以上も飛行機に乗ったままで移動してきて、寝不足気味なのに、想像していたよりも疲れがほとんど感じられません。

普段は日本で国内線に乗っただけでも、到着空港で顔や腕の肌がカサついて、知らない間に爪が割れてたりするのはよくあることなんですが、オークランドの空港に着いて飛行機降りた後もそういった症状が全く出ていません。
今回、超長距離でボーイング787に乗ってみて、787の特徴でもある機内の湿度の高さを、身をもって実感しました。




成田から飛んできたボーイング787-9。
201805NZ-168.jpg
英語で書かれた看板や空港の建物の雰囲気から、「お~!海外の空港に来たぞ!」という実感がわいてきます。


オークランドの空港に駐機している飛行機は、ほとんどがニュージーランド航空の機体ですが、
201805NZ-169.jpg


オーストラリアのカンタス航空の飛行機も多く見かけます。両国のつながりの深さや行き来する人の多さを感じます。
201805NZ-170.jpg


入国審査場の手前に、ニュージーランド原住民の装飾をあしらったゲートがありました。
201805NZ-171.jpg
ゲートの奥に銀色の大きなゴミ箱のようなものが見えますが、不要な食品の廃棄ボックスです。
このあと、入国審査場に入るまで、至る所にこの廃棄ボックスが置かれています。

ニュージーランドは入国の際に、他国からの食料品の持ち込みが非常に厳しくチェックされます。
肉、果物、野菜、魚、豆類などは当然持ち込み不可。他国の乳製品やハチミツなども持ち込みできません。
ニュージーランド航空のビジネスプレミアでは、機内でリクエストするとリンゴやバナナなどの果物がもらえますが、これらをカバンに入れて機外に持ち出し、税関のチェックに引っ掛かると罰金になるので、ちょっとしたことで非常に恥ずかしい目に遭うみたいです。

さらに、出発空港で出国後に購入したお菓子やお土産品の類も、食べかけや開封してあるものは基本持ち込み不可。
非常に厳しいです。



入国審査場の手前に、なぜか巨大な免税店街があります。
有名高級ブランドの化粧品やお酒の類などで、ニュージーランドっぽいものはありません。


入国審査場はガラガラでした。
NZ90便がオークランドに着いたのが午前8時頃。
アメリカやアジアからの長距離便の到着ラッシュは、もっと早い朝の5時~6時台なので、入国審査場の混雑もすでに終わった後という感じで、入国審査場は非常にまったりとした雰囲気でした。

入国カードを審査員に出すと、今日到着で明日帰国するという弾丸スケジュールを若干疑われました。
「休暇が短いので」とか「日本人はあまり長い休みが取れないのです(それにしてもニュージーランドに1泊2日というのはアレだが)」とか、いろいろ説明(言い訳?)した挙句、最終的に「マイレージランです!(マイル修行)」という超恥ずかしい理由まで説明して解放、入国できました。



で、大変なのがこのあとの税関と検疫検査です。
ここでの手荷物検査が非常に厳しい。
成田からの飛行機がオークランドに着いた後、私はそのあとコックピットにお招きされたので、飛行機を降りる頃には同じ飛行機に乗ってきた乗客は全員降りて行った後でした。
入国審査場にも、成田から飛んできたと思われる日本人の姿は全く無かったのですが、税関まで進むと同じNZ90便に乗ってきた日本人がまだわんさか行列していました。

まず、検査官に手荷物に食品が入ってないか聞かれます。
実は、成田空港で「機内で食べよう」と思って買ったチョコレートと小袋のスナック菓子を持ってました。
さらに、機内のミニバーコーナーでお菓子を物色してたら、マギーさんが「よかったら持って帰る?」と、大量のミニバー提供品のチョコレートやらクッキーやらポテチやらを袋に入れて、お土産に持たせてくれました。

入国の際に食品持込が厳しくチェックされるというのは事前学習で知っていたので、あらかじめ持っている食べ物は全てコンビニのビニール袋にひとまとめにしておきました。
せっかくマギーさんにもらったお菓子も、最悪没収かな~と心配でしたが・・・・

検査官に「食品チェックするから全部出してね」と言われたので、お菓子をまとめといたビニール袋を出しました。
ビニール袋の中に何が入っているか、けっこうちゃんとチェックされました。
機内で貰ったお菓子が全部ニュージーランド産の有名なものだったのと、成田で買ったチョコレートが世界の有名ブランド「キットカット」だったので、これらはほぼスルー。
(ニュージーランドに来た外国人が、なんでニュージーランドのお菓子を大量に持ってるのかという疑問は持たれなかったのだろうか・笑)

しかし、成田で買った小袋のスナック菓子が思いっきり日本語で書かれていたので、検査官に「なにこれ?」と聞かれました。
「日本で買ったポテチです」と言うと、没収かな~?と思ったのですが、それもスルーでした。
「スーツケースの中にほかに食品は入ってない?」と聞かれ、「入ってないです」と伝えると、検査場を抜けることができました。


で、このまま到着ロビーに出られるのかな~と思ったら、さらに手荷物の開封検査とX線検査が待っていました。
「スーツケースの中にほかに食品は入ってない?」と聞かれ、「入ってないです」と伝えた先で、スーツケース開けて食べ物出てきたら、それはもう恥ずかしい展開が待っているという恐ろしいニュージーランド・トラップ!!

アジア圏のゆるーい税関・検疫の感覚でニュージーランド行くと、とんでもないことになるので、要注意。
食品の持ち込み申請は、真面目にちゃんと。
自分でうまく説明できない食べ物は持って行かない。

あと、ニュージーランドでは医薬品の持ち込みも厳しくチェックされるらしいです。
常用している薬や、飲みつけている薬を持っていく場合、何の薬か英語で説明できるようにしておいたほうがいいみたいです。


飛行機を降りてから約30分で、到着ロビーに出られました。
飛行機からターミナルまでが歩いて10分くらい。入国審査場は待ち時間無しだったので、残りの20分ちょっとを税関と検疫で費やした計算になります。


ついに、ニュージーランドに初入国!!
201805NZ-182.jpg
到着ロビーの壁には、大きく女性アビエーターが描かれています。
ニュージーランドの女性パイロット「ジーン・バテン」の肖像画です。天井からぶら下がっているのは、彼女の愛用機かな?


国際線のアライバルインフォメーションボードです。
201805NZ-172.jpg
この1枚で朝7時台から夕方16時台までが表示されているので、ニュージーランドで一番大きな国際線ターミナルと言えども海外からの便は非常に少ないですね。
それだけニュージーランドが世界中のどの都市からも遠く離れていて、非常に距離があるということでしょうか。



オークランド空港のターミナルはあちこちが改装工事中。
インターネットで確認したターミナルマップでは、展望デッキがあるようだったので、さっそく行ってみようと思ったら、展望デッキに繋がっている階段があるはずの場所は工事用の壁に囲まれていました。
空港の案内カウンターで聞いてみたら、展望デッキはターミナル工事で閉鎖中とのこと。
うーん、残念!


とりあえず、ホテルへ向かうことにしました。





今回乗ったニュージーランド航空90便のフライトルート (Flightradar24より)
201805NZ-178.jpg

201805NZ-179.jpg

201805NZ-180.jpg

201805NZ-181.jpg




(つづく)

07

03

コメント

ニュージーランド航空搭乗記 その4  プレミアムエコノミー篇 Vol.3

上空へと到達して安定飛行に入ると、プレミアムエコノミーではまずウェルカムドリンクのサービスがあります。
カートに7~8種類くらいのアルコール・ノンアルコールを積んで、左側の23A席から順番に。
機内食メニューにはドリンクの種類の記載が無いので、カートに積んであるものを見て、「これ頂戴」みたいな感じでオーダー。

この時、カートに積んでないものでも、サービスメニューとして機内搭載されているドリンクであればギャレイから持って来てくれます。
ニュージーランド航空を使い慣れてるっぽい乗客は、好みのニュージーランドワインを注文して持って来てもらってました。
ノンアルコーラーの私は、オーソドックスにオレンジジュース。
201805NZ-103.jpg


この時、となりの通路側の座席に座っていた方が、通路を隔てた反対側の、真ん中列の通路側席に移ってくれました。
その真ん中列の席もセンターの席が空いていたので、その人にとっては隣りに人がいない席に移れるってことで、都合が良かったのかもしれません。
「席、移りますんで、ここ自由に使ってください」と仰ってくれたので、贅沢にもプレエコ2席を自由に使わせてもらえた上に、通路にも楽に出られるようになりました。
本当にありがたかったです。



ウェルカムドリンクサービスが終わると、早くもニュージーランドの入国カードが配布されます。
201805NZ-104.jpg
全部英語で書かれていますが、そんなに難解な項目はありません。

ニュージーランドへの入国に際しては、食品を持っているかの申請が非常に厳しいです。
入国カードの項目に「手荷物に食品が含まれているか」という項目がありますが、チョコ1枚、クッキー1枚でも持っているならチェックボックスにチェックを入れなければなりません。
これを「持っていない」で記入して、手荷物でチョコ1枚でも出てこようものなら、ものすごい罰金がいきなり科せられるらしいのでご注意を。

ちなみに、ニュージーランド航空IFEのメニューの中には、「入国カードの書き方」というのがあって、日本語でやさしく記入の仕方を紹介してくれる、非常にありがたいメニューがあります。


その後、ドリンクのおかわりを聞きながら、ディナーの希望を取ります。
201805NZ-105.jpg
なんと、プレミアムエコノミーなのにメインが3種類から選べます。
「牛肉を使ったニュージーランド料理」、「和食」、「チキンを使ったイタリアン」

オーダーの希望もキャビン左側の23A席から取っていきます。
私は25K席なので、オーダーの順番が回ってくるのが本当に一番最後。
外国産の牛肉はどうも臭みが強いってイメージがあるので、チキンにしようって思ってました。


ところが、オーダーを聞きに来たマギーさんに「ごめんなさい。もうチキンは売り切れなの」と言われてしまい、ガッカリ。
外国系エアラインで和食ってチョイスはなんか地雷っぽいし、ここはニュージーランドビーフに敬意を表して?牛ほほ肉に煮込みをオーダーしました。

するとマギーさん「注文をみんな公平にするために、夕食のオーダーが最後だった人は、朝食の希望を一番最初に選べるようになってるから、朝食の時はあなたの好きなものを選べるわよ。期待しててね!」とフォロー。
思わず、その場ですぐに「うーん、朝食は何を選ぼうかなぁ」とモーニングメニューをじっくり予習しちゃいました。




成田を飛び立って約1時間後の19時30分過ぎ。
ディナーの配膳が始まりました。
201805NZ-106.jpg
ビックリしたのが、前菜とデザートが一緒に出てきたところ。
コースの最初の一品と最後の一品がひとまとめで出てきちゃいました。
そのあと、カゴに入れたパン3種類を持って各席に回り、パンを選ばせてくれます。
パンは焼きたて(温め直し)を機内ギャレイで行うので、すぐ真後ろがギャレイだった私の席にはパンのいい匂いが漂ってきて、ディナータイムの始まりにテンションが上がります。

パンは、フォッカチオとオニオンロールを貰いました。ガーリックトーストは匂いと色合いがキツかったのでパス。
フォッカチオがフワフワで味も美味しかったので、このあと2個おかわりしちゃいました。
201805NZ-107.jpg

前菜は和食という謎展開。
「外国系エアラインで和食はヤバい」って思ってたんですが、この前菜プレートすごく美味しかったです。
このあとのメインも和食にすればよかったかなぁと、この前菜を食べてからちょっと後悔しました。
201805NZ-108.jpg
-前菜-
和風前菜プレート チキンのテリーヌ、海老とサヨリの黄身寿司、海老と魚のダンプリング
クリスピーなそら豆、吉野ふぶき(馬鈴薯)



デザートは抹茶のシフォンケーキ。
たぶん、外国人にも食べやすいようにってことでの味付けなんだと思いますが、日本人からすると食べ慣れた抹茶ケーキとはちょっと違う(見た目より抹茶の味付けが薄い)味でした。
201805NZ-109.jpg
-食後のデザート-
抹茶シホンケーキ、あずきのコンポート添え


それより、「デザート」ってことで、メインの料理も食べ終わってからにしようと思って最後まで取っておいたのですが、なんせ最初に前菜と一緒に出てきてしまうので時間が経ち過ぎてしまい、なんか柔らかくなりすぎのベチョベチョ感のあるケーキになってしまったのが残念・・・。



そして、メインの「牛ほほ肉の煮込み」です。
201805NZ-110.jpg
-メインコース-
牛ほほ肉の煮込み、マスカルポネ風味のマッシュポテト
クミン風味のニンジンとラディッシュのロースト


内心ビクビクしながら手をつけたのですが、思ったほど牛肉の臭みが無く、けっこう美味しかったです。
お肉もとても柔らかく煮込んであって、ナイフを使わなくても簡単に切れる・・・・いや、切るというより、口の中に入れただけでとろける~!
地上のレストランで頼んでも、出てきてすぐにガチガチに固くなるクソ調理(肉がクソなのかな?)してるようなところもある中、いろいろと調理準備に制限のある上空での提供品で、これだけ柔らかいお肉が出てくるのには驚きました。


煮込んだソースも見た目にすっごい味が濃そうなんですが、最後の一口までまろやか~な味が楽しめる絶妙な味付けでした。

欧米路線のビジネスクラス搭乗ブログなんかを見ると、特にアメリカ系のエアラインでは固くてクソ不味い牛ステーキプレートが出てくるなんて記事をよく目にしますが、ニュージーランド航空の牛肉料理はハズレなしに間違いないです!


ちなみに、ニュージーランド航空のプレミアムエコノミーの食事では、ちゃんとステンレス製のシルバー類が提供されます。
201805NZ-177.jpg


デザートは前菜と一緒に出てくるので、メインの料理が出るとディナーは終了。
前菜が出てからだいたい1時間くらいでディナーは終了です。
食後には、コーヒーや紅茶などと一緒に、ニュージーランドで人気の「Whittaker's(ウィッタカーズ)」のチョコレートが配られました。
201805NZ-111.jpg



一般的に、プレミアムエコノミーで提供される食事というのはエコノミークラスと同じか、エコノミークラスのものにプラスアルファ、またはライトミール(サンドイッチやカップ麺など)が選べるという内容のものがほとんどのようですが、ニュージーランド航空でのプレミアムエコノミーでは、ビジネスプレミアとほとんど同じ内容のものが提供されています。

メニューの右側がプレミアムエコノミー、左側がビジネスプレミア。
いずれもオークランド→東京のNZ99便の同じフライトのものです。
201805NZ-173.jpg


ビジネスプレミアでは前菜が2種類から選べるのに対して、プレエコではビジネスと同じものを1種類提供。
メインはビジネス・プレエコどちらも3種類から選べますが、なんと内容が全く同じものが選べるようになっています。
食後のデザートだけは、ビジネスとプレエコでは全く違うものが用意されています。






ディナータイムが終わると(というか、ディナータイム終盤の頃から)、機内の照明は徐々に暗くなり、窓の電子シェードも自動的にOFFになり真っ暗に。
機内は、強制的に「寝ろ!」な時間を迎えます。


まださすがに食事が終わったばかりなので、ほとんどの人が起きて液晶モニターで映画などを見ています。
自分は普段、座席にモニターが付いててもフライトインフォメーションやフライトマップ(現在位置)を表示しっぱなしにして、映画や音楽などのIFEシステムをほとんど使うことはありません。
しかし、今回は到着地までまだまだ先の長いオーバーナイトフライト。
いろいろとIFEを使ってみました。


モニター画面の一番最初のメニュー選択画面です。言語は様々な言語が選べ、日本語にももちろん対応。
201805NZ-112.jpg

一番オーソドックス?な「フライトマップ」
201805NZ-114.jpg

画面をピンチアウトすると、地図が拡大表示されます。
201805NZ-115.jpg

一定時間おきに、マップと交互にフライトインフォメーションが表示されます。
201805NZ-113.jpg

天気予報。出発地と到着地がデフォルト設定されていますが、世界中の都市の中から表示追加をすることもできます。
201805NZ-116.jpg



座席間の「シートチャット」機能も。
201805NZ-119.jpg

出発後早々に配られた、ニュージーランドの入国カードの記入方法の説明画面も用意されています。
これはとてもありがたいですね。
201805NZ-120.jpg



映画チャンネル。邦画も比較的新しい作品がラインナップされています。
201805NZ-121.jpg

スターウォーズシリーズも全作収録。
201805NZ-122.jpg

そして、ニュージーランドを舞台に撮影された、「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」も全シリーズを収録。
201805NZ-123.jpg



「ニュージーランド航空について」のチャンネル。
201805NZ-124.jpg
ニュージーランド航空のフリート紹介やマニアックなカルトクイズ、過去のセーフティビデオの収録など、航空ファンには嬉しいコンテンツが盛りだくさんのチャンネルです。

2015年に創業75周年を迎えたことを記念して、「75年目のアニバーサリー」と称したヒストリー紹介が収録されていました。

ニュージーランド航空は1940年に創立。
当時は「TEAL(Tasman Empire Airways Limited/タスマン・エンパイア・エアウェイズ・リミテッド)」という社名でした。
創業当初は飛行艇を使って、オークランドからオーストラリア、ニューカレドニア、フィジーなどのオセアニア諸国への運航を行っていました。
201805NZ-125.jpg

1950年代に「NAC(National Airways Corporation/ナショナル エアウェイズ公社)」が設立され、ニュージーランド国内線の運航を開始。
機材もビッカース・バイカウントなどのターボプロップ機が投入され始まりました。
201805NZ-126.jpg

1960年代になると、「TEAL」は「Air New Zealand(ニュージーランド航空)」に改称。
同社初のジェット機にダグラス社のDC-8を導入して、北米やアジア圏へ向けて本格的に長距離国際線へと進出していきます。
201805NZ-127.jpg

1973年にDC-10の初号機を受領。北米路線からDC-8をDC-10に置き換え、機材の大型化が始まりました。
一方の「NAC」は1968年から国内線にボーイング737を導入。
ニュージーランドの空を支える飛行機は一気に近代化が進みます。
1978年には「NAC」とニュージーランド航空が合併し、ニュージーランド航空は国際線・国内線を運航するビッグキャリアへ。
201805NZ-128.jpg

1979年の年末にはDC-10を使った南極観光フライトがスタート。
1980年に5機のボーイング747ジャンボジェットを発注、翌1981年に747の初号機がデリバリーされました。
同じ頃には、東京・成田空港へ乗り入れを開始し、日本路線の運航も開始されています。
201805NZ-129.jpg

1990年にはハイテクジャンボのボーイング747-400を導入。
1999年には、ANA、アンセット・オーストラリア航空と共にスターアライアンスへと加盟しました。
201805NZ-130.jpg

2000年代に入ると、機材の更新が加速。エアバスA320を大量投入して、国内線や近距離オセアニア国際線で使用していたB767-200やB737-300を一気にリプレースしました。
2005年には、ボーイング777-200ERにヘリンボーン型のフルフラットビジネスクラスシート「ビジネスプレミア」を世界中の航空会社の中でもいち早く採用し話題となりました。
しかし、その一方で、2000年代初頭には、業績の悪化していたアンセット・オーストラリア航空へ資金提供を行ったものの、アンセット自体がニュージーランド航空の資金を食いつぶすようになり、ニュージーランド航空がニュージーランド政府の支援を受けるという事態にも見舞われました。
201805NZ-131.jpg

2010年にはボーイング777-300ERの導入を開始。
と同時に、世界のエアラインの中でもいち早くボーイング747-400ジャンボ機のリプレースに着手。
B777-300ER導入と同じ年には、世界で初めてのB747-400の退役解体第一号機(ZK-NBS)が発生しています。
スカイカウチや豪華なプレミアムエコノミーはこの頃に誕生し、2011年にはスカイトラックスで「ワールドベストプレミアムエコノミー賞」を受賞。
2014年には全てのボーイング747-400ハイテクジャンボが全機引退。
そして、同じ年にはローンチカスタマーとなったボーイング787-9ドリームライナーの導入が始まり、徐々にその保有数を増やしつつ、新たな長距離国際線の開拓が進んでいます。
201805NZ-132.jpg




ニュージーランド航空といえば、真面目にフザけたセーフティビデオが有名です。
機内IFEコンテンツにも、過去に人気のあったセーフティビデオがいくつも収録されていて、時代を超えて機内で楽しむことができます。
201805NZ-133.jpg

201805NZ-134.jpg

201805NZ-135.jpg

The Most Epic Safety Video Ever Made #AirNZSafetyVideo(HOBIT Virsion)



An Unexpected Briefing #AirNZSafetyVideo(HOBIT Virsion)



Betty White -- Safety Old School Style #airnzsafetyvideo



Safety in Hollywood #AirNZSafetyVideo



The Bear Essentials of Safety #airnzbear



Mile-high madness with Richard Simmons! #AirNZSafetyVideo



"Men In Black Safety Defenders" - AirNZSafetyVideo

(Men In Blackバージョンは、利権などの関係でか、IFEコンテンツメニューに含まれていますが再生できないようになっていました。ニュージーランド航空のYou Tube公式チャンネルからも削除されています)






飛行機に乗った際、その航空会社をアピールするロゴ入りグッズや、機内でしか買えない限定グッズなどを買うのが楽しみという航空ファンも多いはず。
私もそんな航空ファンの一人なんで、飛行機に乗ると真っ先に座席に備え付けてある機内販売カタログをチェックしちゃいます。

今回、ニュージーランド航空に乗ることになった時から機内販売のグッズ購入を楽しみにしていたんですが、いざ機内に入って自分の席に着くと、座席ポケットに機内販売カタログが備え付けてありませんでした。
ニュージーランド航空では機内誌も基本的に各座席に備え付けてなく、キャビン後方のブックラックから持ってくるかアテンダントさんにお願いするようになっているのですが、機内販売カタログもそうなのかな?と思って、ブックラックを探しましたが機内販売カタログは見当たりません。

マギーさんに「インフライトショッピングのカタログはありますか?」と聞いたところ、なんとニュージーランド航空では機内販売は行っていないとのこと。
その代わりに、IFEのメニューの中に「ショッピング」コンテンツがあり、モニターを使って通信販売で機内限定販売品を注文することができると教えてくれました。
201805NZ-117.jpg
モニターに映し出される数々の商品は、機内には全く搭載されておらず、フライト後に全世界発送で指定した住所に送られて、受け取るシステムになっています。
この機内通信販売については、オークランドから日本への帰りのフライトで購入を試してみたので、のちほどご紹介します。


さらには、ニュージーランド産のワインも、この機内注文の通信販売で購入できます。
フルボトルだと機内で買っても、空港で飛行機を降りて自宅に帰るまでずっと手荷物として持って帰らなければならないので、大変重い思いをするところを、何本買っても自宅配送してくれるのでラクチン。
私はワインについては全く知識がないので詳しくは分からないのですが、かなりの種類のワインがセレクトされています。
201805NZ-118.jpg


ディナーが終わり、夜が明けてモーニングタイムが始まるまでの間、ギャレイにアテンダントさんが常駐している時は、ドリンクのリクエストをモニターで行うことができます。
(別のキャビンへのヘルプなどでギャレイにCAさんがいない時は、このオーダーシステムがOFFにされるのか、「現在ご利用いただけません」という表示になります)
201805NZ-137.jpg



IFEのメニューを一通りあれこれいじり倒してみましたが、それでもまだまだ先の長いフライトが続きます。
普段、フライト中にIFEの映画を見ることはないんですが、今回はロングフライトの時間つぶしに「THE PEANUTS MOVIE」を見ました。
音声・字幕とも日本語には対応していなかったので、音声は英語、字幕は中国語で視聴。
201805NZ-136.jpg





長い夜を飛び続けるドリームライナーの旅は、まだまだ先が長いです。




(つづく)

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad