FC2ブログ

05

02

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その19

旅行最終日です。
四国へは戻らず、九州は博多駅から東京へと戻ります。

博多駅の山陽新幹線のりばは、「500 TYPE EVA」の広告やポップでいっぱい。
201707shikoku470.jpg

201707shikoku471.jpg

201707shikoku472.jpg

201707shikoku473.jpg

コンコース内には、既存のカフェスペースをエヴァの世界観で改装した「500タイプエヴァカフェ」も。
201707shikoku474.jpg

アニメのキャラクターや数々の名台詞、敵キャラクターの“使徒”をモチーフにしたカフェメニューやグッズがいろいろ販売されているというので、ぜひ食事して買い物したかったのですが、朝早い時間だったので開店前でした。残念。
201707shikoku475.jpg



そんなわけで、この流れでいくと・・・・これから乗る新幹線は、当然こちらです。
201707shikoku477.jpg

「500 TYPE EVA」の「こだま」730号。
エヴァ初号機の紫と蛍光グリーンを大胆に塗り上げた、すごい車両です。
201707shikoku476.jpg


2号車自由席は、特別内装車。
エヴァンゲリオンに登場する特務機関ネルフのイメージで、座席や壁・床にまで装飾が施されています。
博多駅を発車すると、そのままジオフロントに繋がるトンネルを抜けて、ネルフ本部まで直行しそうな勢いです。
201707shikoku478.jpg
なんか、“14歳の選ばれた少年”じゃないんですけど、乗ってもいいんでしょうか?
201707shikoku479.jpg

201707shikoku480.jpg


私が座ったのはこちらの席なんですが・・・
201707shikoku481.jpg

ブラインドがひどい!!
201707shikoku482.jpg
「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ。」とか言われそうです。
「ドグマを降りて槍を使え。」とかドSな命令されそうです。
「時計の針は元には戻らない。だが自らの手で進めることは出来る。」とかとんでもないこと言い出しそうです。


(ちなみに大半の席のブラインドは、ネルフマークのノーマルなタイプ。)
201707shikoku483.jpg


窓にもわざわざこんなシールが貼られています。
201707shikoku484.jpg

客室だけではなく、デッキ周辺の装飾もいちいちすごい。
まるでネルフの中を歩いてるみたいです。
201707shikoku485.jpg

201707shikoku486.jpg

201707shikoku487.jpg


3号車の喫煙ブースです。
201707shikoku488.jpg

喫煙ブースの中に入ると、加持さんがスパイ活動仕事をサボってタバコ吸ってます。
「大人ってのはさ、ズルいくらいがちょうどいいんだ。」
201707shikoku489.jpg


反対側の喫煙ルームには、赤木博士が休憩で一服中。
201707shikoku490.jpg
仕事でミスした直後だと、「無様ね」とか言われてるような気分になりそうです。




ちなみに、2号車以外の3~8号車の客室は、ごく普通の500系の内装のままです。
(デッキは4号車あたりまでネルフ装飾になってました)
201707shikoku491.jpg

700系レールスターのサルーンシートを移設した車両もありました。
201707shikoku492.jpg


見た目は完全無敵の「EVA」な新幹線ですが、なんせ「こだま」号。
あとから来る「のぞみ」に「ひかり」に「みずほ」に「さくら」にと、次々と追い抜かれます。
そんなわけで、とにかく途中駅での停車時間が長い。
なので、停車駅で写真を撮るチャンスがふんだんにあります。

運良く500系EVAとノーマルな500系が並ぶシーンが見られました。
201707shikoku493.jpg

201707shikoku494.jpg

201707shikoku495.jpg

201707shikoku496.jpg

201707shikoku497.jpg

201707shikoku498.jpg

201707shikoku499.jpg

201707shikoku500.jpg
「君が九州直通型N700“さくら”。君と僕は同じだね。時速300キロを目指す流線型はさらなる進化を遂げたか。」
「あなた、誰?」
「僕は500 TYPE EVA。 5を冠せられた、仕組まれた新幹線。フィフスチルドレンさ。」
「いいえ。同じじゃないわ。あなたと私は同じところを走っているかもしれなけど、同じではないわ」




~~次回予告~~

山陽新幹線を東へとひた走る500TYPE EVA。
だが、乗客は苦悩する。
来ない車内販売、長い停車時間、次々と追い抜いていく後続列車。

そして終着駅を前に、起動指数ギリギリのシンクロ率が次の惨劇を生むのだった。

次回、『終わる旅行』


さぁ~て、次回もサービス、サービスゥ!!



プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad