FC2ブログ

02

22

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その13

伊予大洲駅で、「伊予灘ものがたり」から上り特急「宇和海」10号で、松山駅へと戻ります。

大洲城をバックに、特急「宇和海」がやって来ました。
201707shikoku288.jpg


「予讃線宇和海アンパンマン列車」でした。
201707shikoku289.jpg

車内は普通の2000系気動車で、「南風」や「いしづち」のアンパンマン列車のような「アンパンマンシート」客室はありませんが、天井にはアンパンマンキャラクターのステッカーがたくさん貼られています。
201707shikoku291.jpg

乗車したのは、「カレーパンマン号」でした。
201707shikoku290.jpg

201707shikoku293.jpg

201707shikoku294.jpg

「宇和海アンパンマン」は3両編成。1両ごとにメインキャラクターが異なっています。
松山方の先頭車は「カレーパンマン」。
201707shikoku292.jpg

真ん中の車両は「おむすびまん」
201707shikoku296.jpg

201707shikoku295.jpg

宇和島方の先頭車は「ロールパンナ」
201707shikoku299.jpg

201707shikoku298.jpg

201707shikoku297.jpg

201707shikoku300.jpg


アンパンマンのキャラクターをよく知らない私が知っている「カレーパンマン」が採用されているのは分かりますが、「おむすびまん」や「ロールパンナ」といったキャラクターが採用されているのが不思議です。(私が知らないだけでメジャーなキャラクターなのか?)

実はこれにはカラクリがあって、2000系気動車が「しおかぜ」「いしづち」にも使われていた頃には11両の「予讃線アンパンマン列車」が存在しました。
その中には「ばいきんまん」「ドキンちゃん」「しょくぱんまん」などの有名なキャラクターの車両が多く含まれていました。

(当時の「メロンパンナ号」)
201707shikoku315.jpg

201707shikoku316.jpg

(当時の「ばいきんまん号」)
201707shikoku317.jpg

201707shikoku318.jpg

(当時の「どんぶりまんトリオ号」)
201707shikoku319.jpg



しかし、「しおかぜ」「いしづち」が電車型の特急車両に統一されることになり、予讃線で活躍していた2000系気動車は土讃線特急「南風」「しまんと」に使われることになりました。
この時、「予讃線アンパンマン列車」の2000系は、「宇和海」で使用される3両を残して全て一般塗装に戻され、松山から高知へと移籍。
予讃線特急「宇和海」で残ることになった3両が、この「カレーパンマン」「おむすびまん」「ロールパンナ」だった、というわけだそうです。



松山駅からは、特急「宇和海」13号に乗車して、再び宇和島方面へと向かいます。
今回の旅行では、四国初日にもこの「宇和海」13号に乗っています。
その時と同じく、車両は2000系の試作「TSE」車両です。今日も3両全てがオリジナルのTSEで揃っていました。
201707shikoku301.jpg

201707shikoku305.jpg

201707shikoku302.jpg

201707shikoku303.jpg

201707shikoku304.jpg


車内はガラガラでした。
201707shikoku306.jpg

松山駅の駅弁「愛媛甘とろ豚 そぼろ弁当」でお昼ごはんです。
201707shikoku307.jpg

大洲城を車窓から。
山の中の自然に囲まれた立派なお城なので、江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になる眺めです。
201707shikoku308.jpg


「宇和海」13号を八幡浜駅で下車しました。
201707shikoku309.jpg

終点の宇和島駅に向かって走り去るTSE車両。
201707shikoku310.jpg

八幡浜駅です。立派な駅舎ですが、特急が到着したというのにほとんど人影がありません。
201707shikoku311.jpg



(つづく)

02

16

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その12

松山駅を発車後、アテンダントさんが「1号車の海向き席に空席が一つあるので移動されますか?」と声をかけて下さいました。

指定された席は2号車の山側対面席で、見知らぬ人と向かい合う相席だったので助かりました。

移動した先の席は、縦に細長い小さな窓の席でしたが、右隣りは車椅子スペースで空いていたのでとなりに気を遣わなくて済みました。
なにより、窓サイズが小さいとはいえ、真正面に瀬戸内海の絶景を見ながら旅が楽しめるので最高の気分になれました。
201707shikoku312.jpg


食事前にアテンダントさんからひとりひとりに「沿線マップ」が配布されました。
201707shikoku257.jpg
イラストメインで手作り感満載。
「伊予灘ものがたり」の、温かみのあるサービスがこの手作りマップによく表われていると思います。



松山駅を発車して15分後くらいに、いよいよ食事サービスが始まりました。

まずは、食事予約券のバウチャーの回収。
201707shikoku259.jpg

そして、カートに載せた食事がアテンダントさんによって手際良く配膳されます。
201707shikoku258.jpg

「大洲編」の食事は、松山市内にあるレストラン「ヨーヨーキッチン」による「モーニングプレート」です。
201707shikoku260.jpg
松山市郊外の契約農園で取れた生野菜を、収穫してすぐの新鮮なうちに料理して盛り付けた、健康志向に溢れた朝食です。
201707shikoku313.jpg


夏野菜たっぷりの「シャクシュカ」 ~イスラエル風目玉焼き~
201707shikoku262.jpg

契約農家の奥村さんちのこだわり野菜で作った新鮮生野菜サラダとフライドポテト
201707shikoku314.jpg

季節野菜の冷製ポタージュ
201707shikoku263.jpg

ほんのり甘い湯だねパンのトーストと、あまおとめ・紅ほっぺ・レッドパールの3種ミックス苺ジャム
201707shikoku261.jpg

そして、食後にはコーヒーか紅茶。カップはもちろん沿線の特産品、砥部焼です。
201707shikoku264.jpg

砂糖や爪楊枝などが収まっているケースは、「伊予灘ものがたり」のマークが入った凝ったデザイン。
個人的に、デスク上の小物入れに使いたくなりました。(残念ながら非売品)
201707shikoku265.jpg

食事を楽しんでいると、車窓にはいよいよ瀬戸内海の穏やかな海が見えてきました。
201707shikoku266.jpg

松山駅を出て約1時間で下灘駅に到着。
201707shikoku267.jpg
もはや説明不要の超有名駅です。
数々のポスターや広告物に使われたあの絶景が目の前に。
想像していたよりも海に近くて、海風が非常に気持ちよかったです。

201707shikoku268.jpg

海と列車を絡めた記念撮影は、もちろん順番待ちができるほどの人気です。
ほかの人が写らない写真は、発車時間が近くなった頃にパパッと撮っておくのがおすすめ。
201707shikoku269.jpg

下灘駅では8分停車。
もっと停車時間を長くしてほしいところですが、これでも以前よりも停車時分がちょっと長くなったんだそうです。

201707shikoku270.jpg

駅の中をプラプラ歩いていると、「記念にいかがですか~?」とカードをもらいました。
201707shikoku271.jpg
JR四国が作ったものではなく、個人の方が作ったものみたいです。
乗客全員分はないみたいで、もし貰うことができたらラッキーかもしれません。


席に戻ると、まだ食事を終えていない人のプレートにはラップが掛けられていました。
私はすでに食事を終えて食後の紅茶を飲んでいたのですが、飲みかけの紅茶にもラップが掛けられて、ホコリが入らないようにされていました。
こういう心遣いが、些細なことですがとても嬉しくなります。

しかも、下灘駅を発車して、席に戻った私を見かけたアテンダントさんがすぐに席まで来てくれて、
「紅茶、飲みかけでしたよね? 冷めてしまってるでしょうから、新しいのに淹れ直しましょう」
と、淹れたての温かい紅茶に取り替えてくれました。
ほぼ満席の車内で、誰のお茶が飲みかけだったかを覚えていて、それを放置せず「淹れ直しますね」と声を掛けてくれる気遣いには感動しました。




下灘駅の次の串駅のちょっと先では、鉄橋の上からエメラルドグリーンの海岸線が見下ろせます。
鉄橋の上で一時停車してくれるので、きらきら輝く美しい光景を眺めることができました。
201707shikoku272.jpg
ここでも、座席位置によっては真下の風景が見えにくいところがあるのですが、その席の人にはアテンダントさんが「ここからならよく見えますよ!」と乗降ドアの窓や空いている席の窓に案内していました。


串駅の次の喜多灘駅は・・・・
201707shikoku273.jpg

大洲市と伊予市の境目にあり、それぞれの土地に伝わる美女伝説をモチーフにした看板が設置されています。
201707shikoku274.jpg


「大洲編」のモーニングプレートは、食事の画像を見ても分かるとおり、量が非常に少なめです。
なので、食後もなんだか食べ足りない気分になります。
メニューを見ると、スイーツがいくつか用意されているようです。
201707shikoku275.jpg

201707shikoku276.jpg

「伊予灘のらぶかん」と名付けられた、ジュレとムースとスポンジケーキが段になったスイーツを注文しました。
飲み物には、道後サイダー。
201707shikoku277.jpg

201707shikoku278.jpg

伊予長浜駅を過ぎると、海岸沿いから山間の川沿いへと風景が変わります。
201707shikoku279.jpg

201707shikoku280.jpg

五郎駅では、名物のたぬき駅長が「伊予灘ものがたり」の通過をお見送り。
201707shikoku281.jpg

旅も終盤になると、乗車記念グッズのワゴン販売が行われます。
伊予灘ものがたりのロゴ入りグッズや砥部焼き、地元の名産品などはもちろん、沿線の小さな商店が作った手作り菓子などのようなものまで揃っていて、おみやげの取り揃え内容からも「伊予灘ものがたり」がJR四国と沿線住民の盛り上げで走っていることが伺えます。
201707shikoku282.jpg

最後に、大洲の街で使えるクーポンブックや観光マップ、そして「伊予灘ものがたり」運転開始3周年を記念して伊予市のマルトモさんの協賛でかつおぶしが乗客全員に配られました。
201707shikoku283.jpg

終点の伊予大洲駅に到着。松
山駅から約2時間の、海と山と川を愛でる自然がいっぱいの列車旅でした。

下車する時も、乗降口の前でアテンダントさんがお見送りしてくれます。
201707shikoku284.jpg

201707shikoku285.jpg


ホームには大洲市の商店街の方々が仮設カウンターを出して、地元の名物パンやお惣菜を用意して乗客を出迎えてくれました。
201707shikoku287.jpg




今回乗った「伊予灘ものがたり」。
これまでに乗ったことのある「レストラン列車」の中では、一番の満足と感動を感じられました。

とにかく地元沿線のみなさんの歓迎っぷりがハンパじゃなくすごい。
「JRに頼まれてるから出てきた」という義務的な雰囲気が全然無くて、自発的に線路端に出て手作りの旗やら看板やらを振ったり掲げたり、中には仮装やコスプレをして来る人までいて、もう「お祭り騒ぎ」的なはしゃぎように、こっちまでテンションが上がってきます。
これが昨日今日走り始めたばかりではなく、この時ですでに「3周年」だというのだから、この列車がいかに地元民に愛されて、地元民に支えられてきたのかと思うと、胸が熱くなります。

JR四国の努力と工夫も随所に感じられ、国鉄時代からのロートル車両を限られた予算でいかに美しく懐かしさが感じられるものに改装するか、お金のない鉄道会社が頑張りに頑張りぬいて作り上げたのがよく分かります。
アテンダントさんの素朴で温かく、だけど小さな心配りも漏れずに提供するヒューマンサービスは、正直かつての「つばめレディ」以上のものを感じました。
こう言っては失礼かもしれませんが、四国のすみっこの田舎を走るこの列車の乗務員が、こんなにも人をもてなして喜ばせてくれるサービスマインドに溢れているとは予想すらもしていませんでした。

リピーター率もかなり高い列車であるというのは当然だと感じ、指定席と食事予約がなかなか取れないというのも納得でした。


かの「伊豆クレイル」とは、全てが間逆の位置にあるのがこの「伊予灘ものがたり」であると実感しました。
お金持ちの鉄道会社がかつての花形特急をお金をかけて派手に改装し、テレビで度々取り上げられる有名店の人気シェフとコラボした食事を出し、日本有数の車内販売運営会社がアテンダントを投入してでさえ、四国を走るこの小さな2両編成の気動車の中に詰まった努力と情熱と結束には遠く及ばない。

今これから、こうした「レストラン列車」を投入しようという鉄道会社や地域が参考にして学ぶべき存在は、JR九州でもJR東日本でもなく、JR四国が走らせるこの列車なのかもしれないなと思いました。




偶然にも、ほとんど同じ時期にお友達さんも同じ列車に乗っていたので、そちらのブログレポートも参考にすると、さらに「伊予灘ものがたり」に乗った気分になれるかもよ?

のまゆ JR四国のバースデイきっぷでリッチな乗鉄~その18~ 伊予灘ものがたり 車内編
のまゆ JR四国のバースデイきっぷでリッチな乗鉄~その19~ 伊予灘ものがたり 乗車編



(旅行自体は、まだつづく)


02

07

コメント

加油、台湾!!

台湾東部地震の被害が想像していたより甚大で、大変なショックを受けています。

今回の地震で被害が大きかった東部のいろんな都市へは、台湾へ旅行に行く度に足を運びました。

台湾の人々は、いつ行っても、どこに行っても、日本人に対してとても親切で優しくしてくれます。
お店やホテルの方々はこちらが日本人だと分かると、嬉しそうに知っている日本語を使って話しかけてくれます。
台鐵の職員さんは「普悠瑪や太魯閣は日本製だぞ!」と、誇り高そうに喜んで自慢してくれます。

今度は、私たち日本人が3.11の時の恩返しをする時だと思います。
あの時、「もう日本はダメだ」と諦めた日本人に、台湾の人々が生きる強さをくれたような気がしました。

現地の人たちの無事と、一日も早い復興を祈ります。

加油、台湾!!

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad