FC2ブログ

12

24

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その11

松山駅からは、JR四国のレストラン列車「伊予灘ものがたり」に乗ります。
201707shikoku244.jpg
電光表示装置の行先のところが「大洲編」となっていますが、運転日には4本が運転される「伊予灘ものがたり」はそれぞれの列車に「○○編」と、「ものがたり」にちなんだ名前が付けられています。

朝一番の松山→伊予大洲でモーニングを提供する「伊予灘ものがたり1号」に相当する列車は「大洲編」。
午前中の伊予大洲→松山で早いランチを提供する「伊予灘ものがたり2号」に相当する列車は「双海編」。
午後の松山→八幡浜で遅い時間のランチを提供する「伊予灘ものがたり3号」に相当する列車は「八幡浜編」。
夕方に八幡浜→松山でアフタヌーンティーを提供する「伊予灘ものがたり4号」に相当する列車は「道後編」。

「伊予灘ものがたり」は非常に人気が高く、現状では指定席と食事を予約するのは「至難の業」と言っても過言ではないと思います。
私も最初は「四国の片隅を走ってる列車だし、デビューして3年も経っててブームも一段落してるだろうから予約は楽勝っしょ!」とナメていました。

そうしたら、全然予約が取れない。
本気のマジで、先の先まで予約で満席。
松山発が朝の8:26という、お食事系の観光列車としてはクソ早すぎる時間に発車する列車ですら、本気のマジで毎回満席。

どうなってんだ、これ?
四国で何が起こってるんだ?
今、時代は四国なのか?四国が熱いのか?

本当は、本格的な食事が提供され、乗車時間が長い「双海編」か「八幡浜編」に乗りたかったのですが、朝イチの「大洲編」にキャンセルが運良く出てなんとか席が確保できて乗ることができたという状況での乗車でした。

ちなみに、JR四国のホームページには「伊予灘ものがたり空席情報」が出ていますが、リアルタイムで更新されない(たぶん1週間に一度くらいの頻度での更新)ので、「あ!空いてる」と思って予約しようとしても「満席です」というオチがかなりの確率であります。



入線してくるのは、発車時間の15分ほど前。入線後に食材の積み込みなどを行うので、出発前はけっこう慌しいです。
201707shikoku245.jpg
一見すると、JR九州の「いさぶろう・しんぺい」に似ているので水戸岡デザインの車両のようにも見えますが、車内外全てがJR四国オリジナルのデザインです。


乗車位置にはアテンダントさんが立ち、入線時に列車に一礼。みきゃんも一礼。
201707shikoku246.jpg


入線直後は車内で提供される食事の積み込み作業などがあり、すぐには車内には入れません。
準備が整うと、アテンダントさんが乗車口に立ち、席の場所の案内をしてくれます。
201707shikoku247.jpg



列車は2両編成。
2つの車両の客室の基本的な作りはほとんど同じですが、配色が大きく異なっているので、全く違う作りに見えます。
こちらは松山寄りの2号車。イエローとライトグリーンがベースで「黄金の章」というテーマになっています。
201707shikoku248.jpg

こちらは八幡浜寄りの1号車。レッドとモスグリーンがベースで「茜の章」というテーマになってます。
201707shikoku249.jpg
いずれの客室も、海側が窓を向いたカウンター席、山側が2人向かい合わせのテーブル席。
運転席寄りにはグループ客向けの4人用ボックスシートもあります。


こちらは2号車にあるビュッフェカウンター。
201707shikoku250.jpg
食事の配膳準備から後片付けまでは全てここで行われるので、運転走行中はこのスペースはアテンダントさんがひっきりなしに行き交う大忙しのスペース。ですので、あまりビュッフェとしての機能はありません。
しかし、乗車中はアテンダントさんが頻繁に客室に来て追加オーダーなどのリクエストに応えてくれるので、このカウンターに来て何かを頼むということはほとんど無かったです。

お手洗いなどのサニタリースペースは1号車に。
201707shikoku251.jpg
見てのとおり、木目調のインテリアで統一されていて、その雰囲気は観光地にあるようなレトロなカフェのそれと見間違うほどの美しい作りになっています。
洗面台のシンク部分は、砥部焼でできています。
ちなみに2箇所のトイレは洋式に改造されていて、どちらもウォシュレットが完備されています。

最近のイベント向けの改造車でも、客室はよく作りこまれていても、デッキやトイレ周りが中途半端な改装で仕上げられてしまっている車両が見受けられますが、「伊予灘ものがたり」のこのあたりは、徹底的に女性目線で作られたのがよく分かり、おそらく女性客からはかなり支持を得られるんじゃないでしょうか。

デッキや乗降口もこのとおり。
のれんに、行灯を連想させる飾り照明。壁に掛けられた時計も、さりげなくレトロな雰囲気の文字盤を使ったものになっています。
201707shikoku286.jpg


私の席は、2号車「黄金の章」の2人掛け向かい合わせ席で、知らない人との相席でした。
201707shikoku252.jpg

テーブルには、ランチョンマットと割り箸、おしぼり、そして「伊予灘ものがたり運行開始3周年」を記念した特別プレゼントのうちわがセットされていました。
201707shikoku253.jpg

割り箸やおしぼりは、業務用の汎用品かと思いきや、イラストや刻印が入った完全オリジナル品。
201707shikoku254.jpg
使い捨ての消耗品に、ここまでこだわっていることに驚きました。
JRグループの中でも、経営が非常に苦しいほうに入るJR四国が、お金をかけてこんな小物にまでオリジナルデザインのものを用意しているとは、小さなことですがものすごい努力です。

こういう小さなところにまでロゴが入っているとか、オリジナルデザインになっているというのが、実は乗客にとっては心をくすぐられるもので、旅行の楽しさを大きく盛り上げてくれるものだったりします。
お金持ちの某緑のJRの「伊○ク○イ○」とかは、こういうところを見習ってほしいですね。



「伊予灘ものがたり」号は、松山駅を出発。
ホームには駅員さんや車両積み込みのお手伝いのアテンダントさん、お弁当売りのおばちゃんから駅構内の清掃員さんまでが勢揃いで手を振って出発を見送ってくれます。
201707shikoku255.jpg

ホームと反対側では、車両基地の鉄道員さんたちが仕事の手を休めて、総出で手を振ってお見送り。
201707shikoku256.jpg

決して派手な見送りイベントではありませんが、会社一丸となって盛り上げようというアットホームな感じがして、出発直後から感動に包まれるような気分になりました。




(つづく)

12

18

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その10

四国3日目の朝です。
バースデイきっぷの有効期間は3日間なので、四国島内の乗り放題もこの日が最終日。

朝早い時間から高松駅へ。特急「いしづち」101号に乗車します。

ホームで待っていたのは、この電車ですよ。
201707shikoku225.jpg
某和歌山電鉄の「おもちゃ電車」以上におもちゃみたいな雰囲気全開。

四国初日に見かけた、8000系アンパンマン列車です。
201707shikoku226.jpg
いやはや、2000系アンパンマン列車以上のすさまじい「痛車」っぷりです。
201707shikoku236.jpg

ホームで電車待ってて、やってきたのがこれだったら「え?乗ってもいいのか、コレ?」ってなりそう。
201707shikoku227.jpg

8000系も、1号車のグリーン室と合造になっている半室指定席が「アンパンマンシート」になっているんですが・・・
201707shikoku228.jpg
イベント列車じゃないんですよ、これ。
普通に毎日走ってる特急電車です。しかも岡山・高松~松山間のビジネスユースの割合がかなり占めると思われる特急です。
これ普通に、アンパンマン好きな子連れファミリー客じゃない人がこの指定席にあてがわれたら「気まずさ全開」の空間。
上司との出張でピリピリした空気感が予想されたら、あえてこの「アンパンマンシート」を予約しておけば上司との会話も弾むかも?!

201707shikoku229.jpg

床には、主な停車駅がひらがなで。
201707shikoku230.jpg

洗面台は「ドキンちゃんのお部屋」がテーマらしいです。
201707shikoku231.jpg

「食ぱんマン様~(ハート)」
201707shikoku237.jpg

隣接するトイレには、子供用のアンパンマン補助便座を用意しているという徹底ぶりに、JR四国のすごさを知る。
201707shikoku233.jpg

「アンパンマンシート」席以外の普通車は、ご覧のとおりノーマルな仕様ですが・・・・
201707shikoku234.jpg

気を抜いて天井を見上げると、アンパンマンキャラクターが空を飛び交っているというトンデモワールド。
201707shikoku235.jpg

グリーン席は、アンパンマンたちが全く潜んでいないので安心して?ご乗車いただけます。
201707shikoku238.jpg

車内で朝ごはん。
高松駅の駅弁屋は朝早い時間だとオープン前なので、前日の夜に駅弁を買っておきました。
(岡山の弁当業者が作ってる駅弁なんですけど)
201707shikoku239.jpg

「栗おこわ」です。
201707shikoku240.jpg

朝早かったので、途中ウトウト居眠りしたり。
201707shikoku241.jpg



終点の松山駅に到着です。
201707shikoku243.jpg

高松→松山間は基本編成の5両編成ですが、松山到着後に高松方に3両の付属編成を連結して、堂々8両フル編成のアンパンマン特急が完成します。
(折り返し列車は、5両編成が岡山行きの「しおかぜ」、3両編成が高松行きの「いしづち」になります。)
201707shikoku242.jpg



(つづく)


12

09

コメント

松本にあずさを見にいく


「新しいの、デビューまで待ちきれないのー!」

というわけで、E353系見たさにはるばる松本まで行って来たんですが、12月23日のデビュー当日の指定券は予約しているわけではなく、「お前どんだけE353愛を語れんの?」と言われれば、それほどでもないんですが、どうもすいません。






松本駅着いたら、さっそくいたお! しかも2つもいた!
201712e353-001.jpg
試運転に出てて見られないかなーと思ってたので、いきなり2本も見られて、おっさん完全にテンアゲー!

横顔もすごい。なんか先頭の部分だけ「いきなり未来」感がハンパない。
201712e353-002.jpg

しかし、2本とも停まったまま動く気配はない。
テールライトが点灯してるんで通電はしてるみたいなんですが、今日は試運転しないのかな?

というわけで、E353系が出てくると必然的に引退となるであろうE351系を撮っておく。
一部の「スーパーあずさ」は、松本駅到着後に車両基地へ回送される際、基本編成と付属編成をバラす作業をします。
車両基地の有効長の関係なのかな?
201712e353-003.jpg

というわけで、普段は拝めない付属編成の「バッタ顔」先頭車が先頭に立つシーンが見られます。
201712e353-005.jpg

こうして見比べると、E353系の顔はE351系バッタ顔の進化形のような気がしてきた。
201712e353-004.jpg

201712e353-006.jpg

車両基地にE351系がいっぱい並ぶ光景ももうすぐ見納めですかね。
201712e353-007.jpg


所用を終えて、夜も松本駅に出撃ー!

「ドット欠けってレベルじゃねーぞ!」なスーパーあずさに遭遇。
201712e353-008.jpg
最初に登場した先行量産車の第2編成の付属側なので、たぶんこのLED表示は修理されないまま引退かも。

新宿から到着したスーパーあずさ(右)と、1分間だけのE351系の並び。
201712e353-009.jpg

E351系とE257系の並びも撮っておきましょうかね。
201712e353-010.jpg

「アタシも撮ってー!」
201712e353-011.jpg

ホームにあった、備品入れのロッカー。
201712e353-012.jpg


「E353系の試運転見られなかったなー」と諦めかけた瞬間、長野方からE353系の試運転列車が帰ってきました!
201712e353-013.jpg
うっひょー!! ナニコレ!? ちょーカッコイイんですけど?!
うちの地元のE657系も、KEN OKUYAMAにデザインして欲しかったー!!

左:1993年 右:2017年  四半世紀を掛けての鉄道デザインの進化がこれです!
201712e353-014.jpg

うっひょー!! 何このロゴマーク!? ちょーカッコイイんですけど?!
うちの地元のE657系も、KEN OKUYAMAにデザインして欲しかったー!!
201712e353-015.jpg

基本編成と付属編成の連結部分に漂う「ヤベェ雰囲気」なんて、もう狙ってるとしか思えない。
201712e353-017.jpg

201712e353-018.jpg

しかし、サロは外観からして相変わらず嫌な予感しかしない。
201712e353-016.jpg


そして、登場告知のポスターがこれですよ。反則級のカッコよさ。
「中央線特急あずさに新型車が登場します」って日本語で全く書いてないのに、パッと一目で「富士山、松本城・・・あずさの新車か?」って分かるのすごい。
201712e353-019.jpg


朝です。
車両基地には見事に特急車しかいません。
201712e353-020.jpg
昨日の夕方にはいたE353系が1本いません。深夜のうちに試運転でどっかに行ったのでしょうか。
(右端のE353系は、前の晩に松本駅で撮影した試運転の編成)

あずさ3世代。ここに183系も入ったら、E257系だけ「なんでこうなった?!」感ハンパないんだろうな。
201712e353-021.jpg

こんな荷物電車、まだ現役で走ってるんですね。霜取り電車かな?
201712e353-022.jpg

E351系が出区。E353系と先頭がぴったり並んだ瞬間が撮れました。
201712e353-023.jpg

帰りは「スーパーあずさ」に乗車。振り子ブンブンがハンパない高速運転を堪能してきました。
201712e353-024.jpg
E351系が完全引退する前に、あと10回くらいこの「振り子ブンブン」を楽しみたいですね。ブンブン!



(おわり)

12

07

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その9

特急「うずしお」号で徳島から高松まで移動してきました。

高松からは快速「マリンライナー」に乗ります。
201707shikoku205.jpg

マリンライナーの2階建て車には、桃太郎をモチーフにしたシンボルマークが貼り付けられています。
3種類あるので、どのマークの車両に当たるかという楽しみもあります。

・桃太郎とサル
201707shikoku206.jpg

・桃太郎とイヌ
201707shikoku207.jpg

・桃太郎とキジ
201707shikoku208.jpg

マリンライナーの走る区間は「モモタロウ・ネットワーク」という愛称があるみたいですね。


JR四国のエリア内であれば、バースデイきっぷでマリンライナーのグリーン席にも乗れます。
運転席のすぐ真後ろのパノラマ席を予約したのですが、上り列車だと運転席を背に向くので、全然パノラマでは無かった・・・
201707shikoku209.jpg


マリンライナーで瀬戸大橋は渡らず、大橋の手前の坂出駅で後続の快速「サンポート」に乗り換えて多度津駅へ。
多度津駅には、さっき大歩危駅で見かけた「四国まんなか千年ものがたり」がちょうど到着するところでした。
201707shikoku210.jpg

201707shikoku211.jpg


今回の旅程では、予讃線の移動に使った特急が全て8000系で、四国の新型特急8600系の列車を行程内に組み込むことができませんでした。
せっかく四国まで行って、8600系に全く乗ることができないのは悔しいので、余った時間にちょこちょこと短区間往復移動で8600系に乗ることにしました。

多度津からは8600系の特急「しおかぜ」24号のグリーン車に。ただし次の宇多津駅までの5分ほどの乗車。
201707shikoku212.jpg

宇多津駅からは、特急「いしづち」24号の指定席に移動。
「なんか座り慣れた感があるな~」と思って座席周りをよく見てみると、常磐線のE657系の普通席と全く同じものでした。
201707shikoku213.jpg

高松駅前のホテルにチェックインして、荷物を置いたあとは、再び8600系に乗りに出撃。
201707shikoku214.jpg

高松駅の吹き抜けの2階にはアンパンマンのプレイスペースがありました。
201707shikoku215.jpg

「いしづち」23号で高松から多度津へ。
201707shikoku217.jpg

フルカラーLEDのヘッドマークは、シャッター速度をあわせるのが大変。
201707shikoku218.jpg

多度津では、特急「いしづち」から特急「しおかぜ」のグリーン席に移動。
201707shikoku220.jpg

多度津から川之江までの30分ほどの短い間ですが、8600系グリーン席を楽しんできました。
201707shikoku219.jpg
まんま「E5系のグリーン席」なんですが、E5系で乗った時にはそうでもなかったのが、在来線サイズの8600系でこの座席に座ると異常なまでに快適に感じるので不思議です。
JR東日本も特急グリーン席にこの座席を採用すればいいのになぁ。

川之江からは、行きと同じ乗継で高松まで戻ります。
特急「しおかぜ」30号~「いしづち」30号も、もちろん8600系です。
8600系に往復乗るために、わざわざ川之江往復という中途半端な行程にしてあるのです。

さっきの「しおかぜ」23号のグリーン席は混んでいたため、座席の写真がほとんど撮れませんでした。
次に乗る「しおかぜ」30号のグリーン席はガラガラみたいなので期待が掛かります。




何事も無かったかのように川之江駅のホームに入ってきたのは、これでした。
201707shikoku221.jpg




ち~ん・・・・・


ふざけるな8000系!お前はお呼びじゃないんだよ!チェンジだよチェンジ!今すぐ帰れ!!
こちとらわざわざ茨城から来てんだ!8600系呼んでこい!!!





事実、所定8600系のところ、8000系が代走というのはよくあることらしいです。


というわけで、今回の旅行では8600系に関しては欲求不満の消化不良という感じでした。


高松駅に着くと、一番端っこのホームに「サンライズ瀬戸」が停まっていました。
201707shikoku222.jpg

東京行きはこの時間の発車なんですね。
201707shikoku223.jpg
ホームの人の流れを見ていると、サンライズに乗り込んでいく人はわずか。
大盛況の「出雲」に比べて、「瀬戸」のほうはだいぶ厳しい環境のようです。

というわけで、四国2日目が終了です。
201707shikoku224.jpg



(つづく)


12

04

コメント

JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その8


阿波池田駅からは、特急「剣山」に乗り換えます。

国鉄時代の車両のDNAを色濃く残すキハ185系。
四国でも新鋭車両が次々と出てくる中、「あら~懐かしい~」と感じさせる車両です。
201707shikoku180.jpg

行先表示も、国鉄仕様の懐かしいスタイル。
201707shikoku185.jpg

後ろの車両は、カラーリングがちょっと異なっていました。
201707shikoku181.jpg

普段は2両編成の特急「剣山」ですが、これから乗る列車は3両編成。
真ん中には、ゲテゲテしい塗装の車両が連結されています。
201707shikoku182.jpg
「ゆうゆうアンパンマンカー」なる、1両丸ごとアンパンマンワールド全開の特別車両です。
201707shikoku183.jpg

「ゆうゆうアンパンマンカー」が連結される「剣山」のヘッドマークは、このようにアンパンマン仕様に。
201707shikoku184.jpg

「ゆうゆうアンパンマンカー」は、車両の半分が指定席になっています。
今日はわざわざ、このアンパンマンカー指定席を取っておきました。指定券には「剣山8アンパンマン」の表記。

そして車内に入ると・・・・
「南風」号のアンパンマンシートをも超える、すさまじいワールドが。
201707shikoku186.jpg
「平日だし、きっとガラガラだろう」と思っていたら、ファミリーばかりで見事に満席。
40過ぎのおっさんが一人で乗るには、非常にキツい環境でした。
ちなみに、自分の前の席には、スーツ姿のビジネスマンが2人並んで座っていた・・・・何の間違いでこの指定席を買ってしまったんだろうなと。

車両のもう半分はプレイルームになっていて、子供たちは道中ほぼずっとここで絶叫の雄たけびを上げながら遊びまくっていた。
201707shikoku187.jpg

このアンパンマン車両には、「アンパンマンカー指定席」の指定券を持ってないと入れません。
車内には、保母さん兼監視員の女性が乗っていて、この車両に入ってくる人にはすかさず指定券の提示を求めるという徹底ぶり。
201707shikoku188.jpg

列車が走り出すと、乗客のほぼ全員がプレイルームのほうに行ってしまうので、指定席の方はガラーンとして静かです。(プレイルームから子供の絶叫が響いてくるが)
しかし、静かな客室にアンパンマンのテーマがエンドレスでBGMとして流れています。発車してから終点に着くまでずっとです。
まさにアンパンマンによる「洗脳」空間、恐るべし!
“アンパン”なだけに、ラリってくるとはまさにこのことかもしれません。


座席周りは床も壁もブラインドも、徹底してアンパンマンです。
201707shikoku189.jpg

ブラインドは全て違うキャラクターが描かれているので、それを記念撮影する親子も多いです。
ですので、この列車では基本ブラインドを下ろしておいてあげたほうが親切です。
201707shikoku190.jpg

天井には「ゆうゆうアンパンマンカー」が通る駅名がキャラクターとともに描かれています。
201707shikoku191.jpg

デッキ仕切り壁には、アクリル板でカバーされたイラストが。
アンパンマンの作者、やなせたかし氏の直筆イラストとサインです。
なんか、ドキンちゃんがアニメのキャラクターと比べると、さらに小悪魔チック。
201707shikoku192.jpg

車内には簡単なライブラリーもあって、アンパンマンの絵本が自由に読めるようになっています。
テレビアニメ版の絵本がほとんどなんですが、その中に原作バージョンのアンパンマンの絵本もありました。
201707shikoku194.jpg

お腹を空かせた少年に顔を分け与えて飛び去るアンパンマン。
201707shikoku195.jpg

推定年齢50歳の渋いアンパンマン。
201707shikoku196.jpg

ここまでくると、車内でアンパンマングッズや飲食物を売っていてもおかしくないのですが、車内販売はありません。
ちなみに、JR四国の主要駅にあるベーカリーでは、「アンパンマン」パンを売っています。
高知駅のベーカリーで、アンパンマンのあんぱんとカレーパンマンのカレーパンを買って、車内で食べました。
201707shikoku197.jpg

記念乗車証の配布もあります。
201707shikoku198.jpg

「ゆうゆうアンパンマンカー」の前後の車両の車内は、ご覧のとおりごく普通の仕様なので、ゆったりマッタリ徳島線の旅を楽しみたい方は、こちらの普通車を選択されたほうが賢明です。
201707shikoku193.jpg

徳島駅に着きました。
201707shikoku199.jpg

徳島駅の構内では、キハ185系が多く見られました。
201707shikoku200.jpg

徳島からは、特急「うずしお」で高松へ向かいます。
201707shikoku201.jpg

201707shikoku202.jpg

2000系気動車の進化系、N2000系でした。ロゴがかっこいいです。
201707shikoku203.jpg

2両編成の「うずしお」号は大混雑でした。指定席は満席、自由席はデッキにまで立ち客が溢れていました。
車窓には、ところどころで鳴門海峡から瀬戸内に続く海の風景を眺めることができました。
201707shikoku204.jpg

徳島から高松までは、1時間ほどで到着です。


(つづく)

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

Designed by

Ad