JR四国のバースデイきっぷで周遊旅行 その1

JR各社ではかつて様々な「乗り放題」切符が販売されていて、私も周遊旅行、乗りまくり旅行で使わせてもらいました。

ちょっと思い起こすだけでも、特急グリーン車が乗り放題だったJR九州の「豪遊券」や、JR東日本の全エリア内の特急自由席が乗り放題だった「ハートランドフリーきっぷ」。
JR北海道でも、特急グリーン席にさらに道内特急のB寝台も乗り放題のフリー切符がありました。


これらの魅力的なフリー切符はいずれも販売が終了し、現在販売されているものは「特急自由席が乗り放題で、指定席を4回まで無料発券可能」とか、乗り放題できるのが全エリアから一部エリアに限定されてしまったり、昔に比べるとかなり制限付きの内容になってしまいました。


そんな中、JR四国ではエリア内の特急グリーン車・指定席が乗り放題のフリー切符が通年販売されています。
JR四国のおトクなきっぷ → 四国グリーン紀行

さらに、誕生月には格安でJR四国エリア内の特急グリーン車・指定席が乗り放題となるバースデーフリー切符も販売されています。
バースデイきっぷ



今回、この「バースデイきっぷ」を使って、初めて四国へ行ってきました。



「バースデイきっぷ」の販売箇所は、JR四国の駅のみどりの窓口、ワープ支店、駅ワーププラザ及び四国内の主な旅行会社に限られています。
近畿圏在住の方は、梅田にワーププラザの支店があるのでカウンターでの直接購入が可能ですが、関東にはワーププラザの支店が無いので直接購入することができません。
(かつて、東京・日本橋の百貨店にもワーププラザがありましたが、2000年代初頭に撤退してしまいました)


JR四国のホームページを見ていると、「バースデイきっぷ」は「JR四国ツアーWeb申込」を通じてインターネットから申し込みができるようなので、今回はインターネットから購入しました。

ネット申し込みだと、「バースデイきっぷ」と同時に、5列車までグリーン席(または指定席)の申し込みができます。
5列車以上を利用する旅行を考えている場合、それ以外の列車は四国に着いてから駅窓口やワーププラザで発券するようになります。

今回は「バースデイきっぷ」と同時に、長距離乗る区間や混雑しそうな時間帯の「しおかぜ」「南風」、席数が少ないアンパンマン列車、「四国まんなか千年ものがたり」を申し込みました。

ウェブ申し込みすると、数日後に支払いの催促と、希望した5列車の席が確保できたかの回答がメールで来ます。
支払いはメールに記載されているアドレスからクレジットカードで決済します。
また、誕生日が確認できる公的書類(免許証など)をメール添付かFAXで返信します。
私は免許証を写真に撮り、メール添付でJR四国ツアーWeb申込センターに送信しました。

支払いと誕生月の確認が取れると、簡易書留で「バースデイきっぷ」と申し込みをした列車の指定席が自宅に送られてきます。

今回、Web上で申し込んでから簡易書留できっぷが手元に届くまで、約10日掛かりました。
(今回は最初に申し込んだ「四国まんなか千年ものがたり」が満席で発券できなかったため、「伊予灘ものがたり」に予約変更して、食事券の代金も支払いが発生したため、そのやりとりで余計に3日ほど掛かったので、通常であれば6日~7日くらいで切符が手元に届くかもしれません)

そんなわけで、予定を立ててから出発まで時間的な余裕が無いという場合は、インターネットでの申し込みはせずに、現地に着いてから直接購入したほうがいいかもしれません。
あまりギリギリだと、出発するまでにきっぷが手元に届かないうちに出発日を迎えてしまうという可能性もあります。


「現地に着いてからだと、希望する列車のグリーン席が満席になってしまうかも・・・」と心配になるかもしれませんが、おそらく心配には及びません。

今回、現地で乗車した「しおかぜ」「南風」「しまんと」などの特急グリーン席は、ほとんどが貸切状態もしくはほかに3~4人しか乗ってないという状況でした。
指定席も満席という列車はありませんでした。

7月の3連休後というのもありますが、学生さんはすでに夏休みに入っている頃で、多少混んでいてもおかしくないとは思うのですが、四国島内ではグリーン席の需要というのはあまり高くないようです。

非常に人気の高い「四国まんなか千年ものがたり」や「伊予灘ものがたり」「ゆうゆうアンパンマンカー」などのイベント系列車を除くと、特急「しおかぜ」「南風」などの特急グリーン席は、年末年始やお盆などの時期や大型連休中に掛からなければ、直前でも余裕で買えるでしょう。

201707shikoku001.jpg





さて、出発当日です。

今回は、久しぶりにサンライズエクスプレスを利用しました。
201707shikoku003.jpg

201707shikoku004.jpg

201707shikoku005.jpg

時期的に台風や大雨の影響が懸念されますが、今回は運良く気候の影響も受けずに、こちらの長距離列車も通常通りの運行で出発することができました。
201707shikoku002.jpg
駅の出発表示案内では、「車内販売がありません。アメニティ等の用意もありません。」と注意が何度も促されています。

サンライズエクスプレスへの乗車前には、食料品や飲料、タオルや洗顔セットといった一晩を車内で過ごすための準備が必要です。
サンライズ瀬戸・出雲が発車する東京駅9・10番ホームにはミニコンビニがあり、簡単な軽食やアメニティ等も販売していますが、種類も販売数もかなり限りがあるので、駅に来る前に用意してきたほうがよさそうです。



東京から岡山までは、前7両が高松行きの「サンライズ瀬戸」
201707shikoku006.jpg

後ろ7両が出雲市行きの「サンライズ出雲」の2列車を併結運転です。
201707shikoku007.jpg

四国へ向かうのに、なぜか後ろ7両「サンライズ出雲」の11号車に乗車します。
201707shikoku008.jpg

今回の旅行は、「バースデイきっぷ」を手配するより前に、サンライズエクスプレスの寝台券の手配を先行しました。
びゅうプラザで、7月中の下り「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のA寝台「シングルデラックス」が空いている日を片っ端から調べてもらいました。

その結果、「サンライズ瀬戸」にはかなりの日に空室がありましたが、「サンライズ出雲」のほうは空室がある日が2、3日しかありませんでした。
「サンライズ出雲」のほうが取りにくいなら、現時点で空室がある日も分かっているのだから、「サンライズ出雲」の「シングルデラックス」を東京→出雲市の全区間乗車してしまおうと思い、「サンライズ出雲」のほうで発券してもらいました。
出雲市から岡山までは、まだ乗ったことがない特急「やくも」にも乗る予定です。



A寝台個室「シングルデラックス」です。
201707shikoku009.jpg

201707shikoku010.jpg

201707shikoku011.jpg

喫煙室にしか空室がなかったので、ある程度室内が臭いのは覚悟していましたが、中に入ってみると全然タバコの臭いはありませんでした。


以前乗車した際にベッド脇にあった液晶テレビは撤去されていて、コントロールパネルも使いやすくなっていました。
201707shikoku012.jpg

「シングルデラックス」の乗客だけに配られるアメニティセット。
「サンライズエクスプレス」のシンボルマークがプリントされた巾着袋に、ホテル並みのアメニティが詰まっています。
201707shikoku013.jpg

シャンプー・コンディショナー・ヘアトニック・ヘアリキッド・化粧水・洗顔フォーム・固形石鹸・石鹸ケース
201707shikoku053.jpg

シャワーキャップ・綿棒・コットン・ハブラシと歯磨き粉・髭剃り・シェービングフォーム・くし
201707shikoku054.jpg

サニタリーバッグ・シューシャイン・フェイスタオル・ポケットティッシュ・シャワーカード
201707shikoku055.jpg


列車は22:00に東京駅を発車。
201707shikoku014.jpg

夜食に駅弁を買っておきました。
掛け紙にひかれて買った、いわゆる「ジャケ買い」です。
201707shikoku015.jpg

中は東北の名産物がいっぱい詰まった内容で、大満足でした。
201707shikoku016.jpg


車内をまわってきました。
「サンライズ出雲」のほうは、ほとんどの個室・席がいっぱいで9割方が埋まっているという感じでしたが、「サンライズ瀬戸」のほうはガラガラで、空室が目立ちました。3~4割ぐらいしか乗ってないという印象でした。
201707shikoku017.jpg

一人用B寝台個室「シングル」
201707shikoku018.jpg

一人用B寝台個室「ソロ」(下段)
201707shikoku019.jpg

一人用B寝台個室「ソロ」(上段)
201707shikoku020.jpg

B寝台個室「シングルツイン」
201707shikoku021.jpg

指定席「ノビノビ座席」
201707shikoku022.jpg

フリースペースのサロンコーナー
201707shikoku023.jpg

以前は車掌さんが手売りしてたシャワーカードは、公衆電話が撤去された跡に販売機が設置されました。
「出雲」のほうは東京駅発車前には売り切れになってましたが、「瀬戸」のほうは横浜を出発した後でもまだ「販売中」でした。
201707shikoku024.jpg

サロンコーナーの端には飲料の自販機があります。
201707shikoku025.jpg



部屋に戻った後は、シャワーを浴びようとシャワールームに行きましたが、使用中でした。
頃合を見て再びシャワーへいくと、まだ使用中。
室内のコントロールパネルに、「シャワー空き」「シャワー使用中」の表示があると便利なのになぁと思いました。

結局、1時間ほど待ってシャワーを使うことができました。
201707shikoku026.jpg

シャワーにはボディーソープとリンスインシャンプーが備え付けられています。
201707shikoku027.jpg
ただし、タオル類は備え付けが無いし、車内でも販売していないので、乗車前に調達する必要があります。


シャワーを浴びたあとは、部屋に戻って照明を全部消して、窓に流れる夜景をボーッと眺めていました。
この瞬間こそが、夜行列車の醍醐味じゃないかなぁと思います。

浜松駅を出て、真夜中の浜名湖を通過したあたりで寝ました。



(つづく)

台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その13:エバー航空BR196便 台北桃園→成田 ぐでたまジェット

帰りのフライトも「ぐでたまジェット」に乗ります。
201705taiwan-398.jpg


ぐでたまのやる気の無さが全面に出ている塗装。
ちゃんと飛ぶのか、不安になります(笑)
201705taiwan-397.jpg

ゲート前の出発案内板に使われている液晶画面。焼き付けノイズが酷くて、毎回気になります。
201705taiwan-399.jpg

エバー航空のA321を使用している便では、インフィニティ・マイレージランズのダイヤモンド会員、ビジネスクラスの搭乗客、スターアライアンスのゴールドメンバーが優先搭乗の対象です。
201705taiwan-400.jpg

機内に入る直前、L1ドアに描かれた「ぐでたま」は人気の記念撮影ポイントです。
201705taiwan-401.jpg

ぐでたまがずーっと奥までズラッと並ぶ、壮観の機内。
201705taiwan-402.jpg

行きのBR197便と同じく、非常口席の次の列の窓側席を指定しておきました。
BR197便では右側の38K席でしたが、帰りのBR196便は左側の38A席に座ります。
201705taiwan-403.jpg

201705taiwan-404.jpg

前の37列目は窓側(壁側)に席が無いので、38A/K席に座るとこんな感じに足が伸ばせます。
201705taiwan-405.jpg

窓からの眺めは、ちょうど翼の直後。
離着陸時には翼のスポイラーやフラップの動きがよく見えるので、飛行機好きには嬉しい景色です。
201705taiwan-406.jpg

座席のポケットにもぐでたまがいっぱいいます。
左からディスポーザルバッグ、ドリンクメニュー、安全のしおり。
201705taiwan-409.jpg

エコノミークラスには個別モニターがないので、映像は全て荷物棚下への収納式で装備されている小型モニターをみんなで見ます。
ボーディング中は、ぐでたまを始め、キティーちゃんやマイメロちゃんなどのサンリオキャラクターが総出演のグリーティングムービーが放映されます。
フィーフィーちゃんかわいいよフィーフィーちゃん。
201705taiwan-407.jpg

行きのBR197便はほぼ満席でしたが、このBR196便では7割ぐらいの搭乗率という感じでした。
定刻にドアが閉まり、出発です。

こちらよりひとつ先行して移動中の機体は、さきほどターミナルから見た新しいハローキティジェットの「パーティージェット」
201705taiwan-408.jpg
このあと、この機体はトーイングカーに引かれて、エバー航空の格納庫に入っていきました。






上空に出て安定飛行に入ると、機内食の時間です。
201705taiwan-410.jpg
エバー航空のキティジェット搭乗時にはもはやお約束と言っても過言ではない「チャイルドミール」。
今回は自動チェックイン機で搭乗手続きをしたのでカウンターでは訊かれませんでしたが、機内への搭乗時と配膳前に「チャイルドミールを予約されてますが間違いないですか?」と、衆人環視の中で質問されるという羞恥プレイを経てのお食事タイムです。

パッケージを取ると・・・・あら~子供向けとは思えない、大人でも充分美味しく楽しめそうなメニューです。
201705taiwan-411.jpg

3色チャーハンの上に、サイコロ状に切って炒めたサーモンが山盛り。
201705taiwan-412.jpg

冷菜は、ぐでたまの形状のプラスティックケースに入ってます。
201705taiwan-413.jpg

カトラリやトゥースピック、おしぼりも全てがぐでたまデザイン。
201705taiwan-414.jpg

201705taiwan-415.jpg

機内販売で、今回の旅で乗ったユニー航空のバッドばつ丸塗装のATR機の模型を買いました。
201705taiwan-425.jpg




スマホで音楽を聴きながら、いつの間にか居眠りしてました。
ふっと目が覚めて、モニターを見るとすでに機内の映画放映は終わってて、フライトインフォメーションが流れていました。
もうだいぶ東京に近づいてきたようです。
201705taiwan-416.jpg


窓の外に目をやると、一面の雲からぽっかり富士山の頭だけが見えていました。
201705taiwan-417.jpg

201705taiwan-418.jpg


いよいよ成田空港に向けて着陸です。
眼下の景色は、すっかり夜の街明かりになっています。
201705taiwan-419.jpg







鹿嶋から霞ヶ浦の上空を旋回して、A滑走路を北側から進入。
大きく迂回をして成田に着陸した頃には、すっかり夜になっていました。
201705taiwan-420.jpg

201705taiwan-421.jpg

BR196便の乗客のほとんどが台湾人だったようで、成田空港の入国審査場でほとんどの乗客が外国人レーンへ。
日本人レーンに入ったのはわずかに10人足らずでした。
そのおかげで入国審査場から税関を通って到着ロビーに出るまで、10分も掛かりませんでした。

到着ロビーのアライバルインフォメーションボード。
上から5番目の「エバー航空 BR196  ANA NH5806」が今乗ってきた便です。
ちょっとだけ早着だったみたいですね。
201705taiwan-422.jpg

この日のエバー航空 BR196便のフライトルートです。(Flightradar24.comより)
201705taiwan-423.jpg

201705taiwan-424.jpg




(おしまい)

台湾に行ってきました 〔2017年5月〕 その12:桃園空港 エバー航空ラウンジ 

MRTで桃園空港まで来ました。
このあとは、エバー航空に乗って日本に帰国します。

搭乗手続きの前に、空港ターミナルの2階にあるサニーヒルズでパイナップルケーキをお土産に購入しました。
(空港第2ターミナルのみに出店しています。第1ターミナルには店舗はありません)
201705taiwan-375.jpg
10個入り420台湾ドルのみの販売です。試食やお茶のサービスなどはありません。
出国前にサクッとお買い上げしたい方にオススメ。
買いに行ったときは20人くらいが行列していましたが、そのほとんどが日本人でした(笑)
飛ぶような勢いで売れてましたが、その脇で次々に段ボール箱から商品が補充されていたので、売り切れの心配は無さそうです。


ターミナル3階の出発ロビーです。
201705taiwan-376.jpg
2020年に第3ターミナルが開業したら、第2ターミナルがそっくりそのまま第3ターミナルに移転して、この第2ターミナルは大規模な改修工事が行われるそうです。
ちょっと薄暗い照明と奇妙なオブジェが宙吊りになっているこの光景もあと数年で見納めですね。


ドピンク色に染まる凄まじいワールド。
帰りのフライトも「ぐでたまジェット」を予約しておいたので、こちらでチェックインを試してみました。
201705taiwan-377.jpg

201705taiwan-378.jpg

201705taiwan-379.jpg
以前にマイル周遊旅行で台北から福岡までキティージェットで飛んだ時、ここの自動チェックイン機を試してみたのですが、パスポートが認識されなくて発券できませんでした。
帰国後に調べてみたら、どうもパスポートのICチップの埋め込まれたページの向きを間違っていたみたいで、今回正しい向きで自動チェックイン機に読み込ませたら、ちゃんと搭乗手続きができました。


自動チェックイン機で発券されたボーディングパスです。
201705taiwan-380.jpg
ちゃんとキティちゃんのイラスト入りのチケットが発券されましたが、券面が妙にスカスカです。
以前に桃園空港のカウンターで発券されたボーディングパスと比べてみると一目瞭然。
201705taiwan-380-2.jpg
自動チェックイン機から出てきたボーディングパスは、全体的に文字が小さく、券面の情報もかなり簡略化されています。


手荷物検査と出国審査場の通過には10分を切る早さでした。
スピーディーを持っている搭乗客は、出国審査も専用のレーンでさらなる迅速化がされることを希望したいです。

出国後にエアサイドへ出た後は、すぐに4階のラウンジフロアへ。
201705taiwan-381.jpg

もはや見慣れたというか、「台北の行きつけのお店」みたいな感覚のエバー航空ラウンジ。
201705taiwan-382.jpg

201705taiwan-383.jpg

スターアライアンス・ゴールドでの利用なので、「THE Star」ラウンジのほうへ通されました。
ラウンジ内には、「スターアライアンス20周年」を記念するオーナメントがあちこちに飾られていました。
201705taiwan-384.jpg

カフェテリアのような開放的なエリアと、テレビが見られるソファーエリアは混んでいたので、
201705taiwan-385.jpg

奥のほうの薄暗いリラックスゾーンに陣取りました。
201705taiwan-386.jpg

さっそくミールをいただきます。
201705taiwan-387.jpg

エバーラウンジはおいしい中華料理が揃っているので、全て一通り食べたくなります。
201705taiwan-388.jpg

ドリンクコーナー。ソフトドリンクやビールは冷蔵庫の中の缶飲料を取り出します。
201705taiwan-389.jpg

ここのラウンジで一番嬉しいのが、ハーゲンダッツの食べ放題。
4種類のベーシックなフレーバーを好きなだけ食べられます。
201705taiwan-390.jpg

帰りのフライトの機内食は、いつものアレを事前オーダーしておいたので、ラウンジ飯を心置きなく腹いっぱい食べますよ。
201705taiwan-391.jpg



搭乗する便の出発するゲートがラウンジからやや遠いところだったので、早めにラウンジを出ました。
途中、搭乗ゲートの窓から見える飛行機を撮影しながら移動。
201705taiwan-392.jpg

201705taiwan-393.jpg

201705taiwan-394.jpg

ソウル行きのバッドばつ丸ジェットの奥に、見慣れないキティージェットが駐機していました。
201705taiwan-395.jpg
A330-300の「B-16333」のレジが見えたので、キティージェットの「アラウンド ザ ワールド」から塗り替えられた機体だとすぐに分かりました。
この飛行機、「パーティージェット」と名付けられた新しいキティージェットで、この時は数日前にエバー航空の格納庫で塗り替え作業が終わったばかりの状態でした。

撮影した4日後に、この機体は台北松山-羽田間で「新ハローキティージェット」としてデビューを飾ることになります。






これから乗る飛行機が見えてきました。
201705taiwan-396.jpg


(つづく)