fc2ブログ

01

09

コメント

もし全日空がトライスターではなくDC-10を選んだら


MD-11も導入していたかもしれないという妄想ファンタジー。

ANA-MD11.jpg

01

05

コメント

おかげさまで、10周年

「SONIC RAIL GARDEN」は、2011年1月8日で、おかげさまで10周年を迎えることとなりました。
10年前からずっとお付き合い下さっている常連様から、最近SRGを見に来るようになったという方まで、全ての閲覧者の方々に厚く御礼申し上げます。


10年前・・・・
感覚的には、つい最近のことのような感じがしますが。
10年前は、2001年。

インターネットで遠くの人と、画面の前で交流するということを知ったのはちょうど同じ頃で、JRシステムさんの「サイバーステーション」のメンバーズコンテンツで、電子掲示板への書き込みで多くの方と「会話」をして、そこでネット上でのマナーやエチケット、インターネットの持つ恐ろしさ、さらにはウイルス感染まで経験(笑)して、インターネットの基礎を学びました。
そして、ホームページ作成への関心を持つようになり、実際に立ち上げまでできたのも、このコミュニティがあったからこそでした。


私が初めてパソコンを買ったのは2000年で、OSは「windows98」。
本体は、当時「パソコンの価格破壊」で話題になっていた、SOTEC社の99,800円パソコンでした。

この頃、インターネット接続はまだまだダイヤルアップが主流。
私ももちろん自宅でダイヤルアップでインターネットを見てました。
画像の多いサイトなんかは、画像が全部出るまで時間が掛かって、通信料で命懸け(笑)
見たいサイトをあらかじめ決めておいて、短時間に一気に廻って、キャッシュの情報であとでゆっくり見るとか、そんな大変な思いをしてました。今思い出すと笑っちゃいますね。

企業サイトなんてものも「大手企業」の一部が、今からするととてつもなくささやかな内容のサイトを開設しているに過ぎない程度だったように思います。
今では当たり前の「航空券のネット予約」がすごいツールだったし、「特急指定券のえきねっと割引購入」なんてものは影も形もありませんでした。

そんな10年前を思うと、大袈裟ですけど「SONIC RAIL GARDEN」は、インターネットを取り巻く環境・社会・技術がものすごく発達した時代の波に載って、まさにタイムリーに多くの皆さんの目に留まるところへ飛んでいくことができたのだなぁなんて思います。


10年間で、サイト総更新回数は、746回。
10年間で、半年ほど更新のお休みをいただいたことが2回。
10年間で、サイト名称変更が1回。
10年間で、総アクセス数は約146万アクセス。
(ただしindexページから入った場合のカウントのみ。総ページビューでは今や1日約500~1000アクセスしていただけるまでになりました。)




「10周年」ということで、サイト名を変えようかとか、サイトタイトルのロゴをアーチストなお友達に依頼しようかとか、サイト内の構成を大きく変えようかとか、実は半年以上前からいろいろと考えていたのですが、10年掛けて培ってきた「SONIC RAIL GARDEN」という名前やイメージは、きっとこれまで見続けてくださった皆様の中にもう根付いているのではないかと思い、これらをわざわざ変えてしまうこともなかろうと思いまして・・・・

結局「10周年」といっても、特に何かが変わるということはありません。
そんな「何か」を期待していた方には、、、、、、ごめんねごめんねー(笑)


まぁ・・・・せっかくなので・・・・
ちょっと恥ずかしい、昔の「SONIC RAIL GARDEN」をお見せします。
懐かしい方も、初めて見たという方も、どうぞご覧笑くださいませ。

---------------------------------------------------------------------

10th-index.jpg
▲3代目くらいのフロントページ。
これより前のものはHDDクラッシュと共に逝ってしまい残っていませんでした。
ちなみに「SONIC RAIL GARDEN」のサイト名は、サイト開設2年目から。
最初の1年は「パンダの丸めがね」というサイト名でした。

10th-top.jpg
▲これも3代目くらいのコンテンツトップ。

10th-zaseki1.jpg
▲奇跡的に残っていた、初期アップの「座席探訪」ページ。
最初は車種ラインナップがこれしかなかった。

10th-zaseki2.jpg
▲初期の「座席探訪」はこんな感じでした。(画像は小田急20000形RSE)

10th-zaseki3.jpg
▲ごく一時期だけ公開していた、座席探訪の英語版。香港や台湾からのアクセスが多いための対応。
日本語ページに翻訳サイトのページ翻訳機能をかませるというアクロバティックなページ(笑)

10th-toritetsu.jpg
▲初期にはこんな「撮り鉄」なコンテンツもあったらしい。

10th-china.jpg
▲中国に留学していた頃に撮った写真なんかを公開していたページ。

10th-hotel.jpg
▲旅行先で泊まったホテルを紹介していたページ。

10th-mokei.jpg
▲改造や塗り替えで作ったオリジナルの鉄道模型を紹介していたページ。

10th-neko.jpg
▲飼い猫のグータラな日々を綴ったページ。一部で大反響(笑)

10th-keijiban.jpg
▲掲示板があった頃に、掲示板へ入る前のお願いのページ。
私自身も掲示板で多くの方と知り合って、年に何度もお会いするような友人となった方も多くいます。
ただ、若年層の書き込みを中心に掲示板が荒れ始め、5年ほどでやむなく閉鎖。

10th-shoukai.jpg
▲管理人紹介のページ。これは3代目くらいのもの。
某ゲームの影響を多大に受けているのがよく分かります(笑)

--------------------------------------------------------------------------------



これからも「SONIC RAIL GARDEN」を、お暇な時でいいので覗きに来て下さるとありがたいです。
どうぞ今後とも皆様には引き続きのご愛顧、よろしくお願いいたしたく存じます。

01

03

コメント

パンフレットに見るJR特急ヒストリー -Vol.11 1999/2000

時代はいよいよミレニアム・イヤー。
「未来」として描かれてきた「21世紀」の到来です。


■700系 「のぞみ」
1999-700-1.jpg

1999-700-2.jpg
>>>拡大画像はコチラ<<<

300系の基礎×300Xの技術×500系のノウハウ → 700系

パンフレットにもこんな説明が書かれています。なんとも贅沢な掛け合わせなことで。
JR東海とJR西日本の技術の融合で生まれた新しい新幹線は、のちにN700系へと繋がっていきます。

700系は300系が使われていた「のぞみ」のダイヤに組み込まれ、東京~博多間を300系よりも7分速い、最速4時間57分で走り始めました。
今では東海道新幹線の主力形式ですが、デビュー当時は東京発6時台・8時台・18時台に各1本という、なかなかお目にかかれない新幹線でした。



■E3系1000番台 山形新幹線「つばさ」
1999-tsubasa-1.jpg

1999-tsubasa-2.jpg

山形新幹線の新庄延伸で増備された「つばさ」編成。
すでにミニ新幹線車両の技術は、400系からE3系秋田新幹線「こまち」へとステップアップしていたので、「つばさ」用の新車両もE3系で登場しました。

パンフレットでは延伸エリアの観光や、新庄への時刻表の案内が中心で、新「つばさ」の案内は少なめ。

この車両登場後、400系もツートンカラーにグリーンの帯を入れたカラーリングに塗り替えられました。




■E26系 寝台特急「カシオペア」
1999-e26-1.jpg

1999-e26-2.jpg
>>>拡大画像はコチラ<<<

1999-e26-3.jpg
>>>拡大画像はコチラ<<<

前年の「サンライズエスクプレス」に続いて新しい寝台特急の誕生。

凋落の寝台特急に再びの脚光が戻ってきたかのようにも思われましたが・・・
「カシオペア」自体が増産・増備型ではない為、これ1本が作られて以来変化はありません。

パンフレットは4つ折構成で、多彩な客室をたくさんの写真を使って紹介。

1999-e26-4.jpg
料金表は別刷りの1枚紙がパンフレットに差し込まれていますが、これが白く透けているハトロン紙という凝ったモノ。お金掛けてますねぇ。

「カシオペア」のパンフレットは毎年作成されています。
1999-e26-5.jpg
毎回表紙のデザインが違う(中身はほとんと同じ)ので、コレクションしたくなります。



ここからは2000年に登場した列車です。


■700系 「ひかりレールスター」
2000-hikari-1.jpg

2000-hikari-2.jpg
>>>拡大画像はコチラ<<<

前年に登場したばかりの700系新幹線。
「のぞみ」への投入がまだ続いている中、JR西日本は700系の技術を「ひかり」用の特別編成に投入。
この時、JR東海とJR西日本でちょっと一悶着あったようなニュースもあったような記憶があります。

個室に、グリーン席のような普通車指定席「サルーンシート」。
2階建て車に様々な設備を盛り込んだ100系が姿を消し始めた頃に登場した「ひかりレールスター」。
まだ、新幹線にもこんなにいろんな設備を盛り込んだ車両が出てくるととが嬉しかったですね。



■885系 白い「かもめ」
2000-885-1.jpg

2000-885-2.jpg
>>>拡大画像はコチラ<<<

2000-885-3.jpg
>>>拡大画像はコチラ<<<

883系「ソニック」から5年。JR九州に登場した「ミレニアム・エクスプレス」。
革や木・和紙・ガラスといった素材が生きた車内は、おそらく日本一贅沢な空間。

パンフレットは、JR九州伝統?の縦長のもの。
画像はドーンデザインのイラストが使われているものですが、実車の写真が使われているパンフットが主に駅やイベントなどでの配布で多く出回っているようです。


■E751系 「スーパーはつかり」

2000-e751-1.jpg

2000-e751-2.jpg

こちらはパンフレットを持っていませんでしたが、デビュー記念のオレンジカードセットを購入していたのでそちらの画像で。

外観デザインはE653系「フレッシュひたち」のリデザイン・マイチェンといった印象。
さほど「真新しさ」というものは感じませんでしたが、伝統の東北特急「はつかり」にも「スーパー」を冠した列車が登場したことに「新時代の到来」。

歴代「はつかり」が1枚の台紙に収まっているのがとってもキャッチーなカードセット。
それだけ「はつかり」が歴史ある愛称だったってことなのでしょうね。




ちなみに1999年・2000年はこんなことがありました。

--JRグループのできごと(1999)--
・特急「有明」に4両編成の787系を投入開始
・「ゆふいんの森2世」を大村線特急「シーボルト」に転用
・C57-180による「SLばんえつ物語号」が運転開始
・C11-171による「SLすずらん号」が運転開始
・アーバンネットワークで新快速の130Km/h運転開始
・踊り子用185系のリニューアル工事を開始
・トマムサホロエキスプレスをマウントレイク仕様に改造
・東海道区間から0系新幹線がラストラン
・313系8000番台セントラルライナー運転開始
・寝台特急「さくら」「はやぶさ」併結運転開始 「さくら」の佐世保行廃止
・総武横須賀快速線のE217系化が完了

--JRグループのできごと(2000)--
・100系グランドひかりの食堂車営業終了 東海道山陽新幹線の食堂車全廃
・キハ261系特急「スーパー宗谷」運転開始
・寝台特急「あかつき」「彗星」併結運転開始
・宮崎地区に短距離特急「ひゅうが」を新設
・有珠山噴火 北斗星などを山線迂回で運行
・C11-207による「SLニセコ号」を運転開始
・651系に内装リフレッシュ車が登場


01

01

コメント

プラチナへの道 vol.0

新年あけましておめでとうございます。

2011年もどうぞよろしくお願いいたします。









唐突ですが、




今年は、
















ANAマイル修行します。







ホントに唐突だな。










目指すのはANAマイレージクラブのプレミアムメンバー「プラチナサービス」!!
platinum.gif











趣味の仲間内では、マイレージ会員の上位会員をめざして「修行搭乗」している人がいたり、また上位会員のメンバーにすでになっている人がいました。
自分的には全く興味がなかったわけではないのですが、そこに注ぎ込むお金で全国のいろんなところへ飛行機で行って、現地でそのエリアの特急列車に乗って、寝台特急で帰って来たりとか、「いろんな乗り物に乗りたーい!」という気持ちのほうが大きかったので、別に「飛行機にたくさん乗って上級会員になりたーい!」とは考えていなかったのですね。



昨年までは。




思考スイッチが切り替わったきっかけになったのが、昨年現存しているブルトレに全て乗ってしまったのと、とある本を読んでいたら「これだけの資金があればマイレージ上級会員になれる!」みたいな特集があって、その金額を見てみると、自分がこれまで1年間に旅行したりちょい遠出に出かけたりしてる金額+無駄遣いで消えている金額と比べて、そう大差ないことに気がついてしまいました。

今までは「上級会員になるためには、とんでもなくものすごい金額がかかる」と思っていたのが、実は自分のやりくりの中でできてしまうということが分かってしまったのです。


それが分かってしまうと、
「いっちょ、やったるかー?!」
と、やる気が出てきちゃったというわけです。



ANAのマイレージクラブには、下から「一般」「ブロンズ」「プラチナ」「ダイヤモンド」のステータスランクがあります。
「プラチナ」になると、「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)」というカード会員に申し込むことができ、このカード会員になると年会費を払い続ければスターアライアンスの「ゴールド」会員の資格がもらえちゃうんですな。いやっほぅ!!


「ANAプラチナサービス」→http://www.ana.co.jp/amc/reference/elite/platinum.html

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)」→http://www.ana.co.jp/amc/reference/elite/spfs2.html

プラチナメンバー、そしてスーパーフライヤーズになると、
・空港でラウンジがいつでも使えちゃう
・専用カウンターでスムーズチェックイン
・空港によっちゃ、専用のセキュリティレーンを楽々パス
・空港で預けた荷物は、バゲージクレイムですぐ出てくる
・予約時に機内前方の座席が事前指定できちゃう
・キャンセル待ちも優先順位で登録できちゃう
・ANA便に乗ると基本マイルにさらにマイルがついちゃう

やっぱ、ラウンジサービスと専用カウンター・専用セキュリティレーンがいつでも使えるのが便利だなぁ。


ちなみに、ANAのライバルのJAL(ワンワールド)にも同じような会員ランクがあります。

では、

★なんでANAなのか

・当時のJALは会社がちょうどアレな状態で、何かと先行き不透明な点がある
・大好きなB747ジャンボが、JALは退役真っ最中の先細りで乗る機会がほとんど無さそう
・いっぽうのANAは、国内線ジャンボがまだまだ活躍の見通しがはっきりしていた
・プレミアムクラスが全国展開で、JALのファーストクラスと比べていろんな路線で乗れる
・ANAはADO・SFJ・SNAとコードシェアしてるから、いろんな会社の飛行機に乗れるかも
・スタアラのほうが加盟航空会社が多く、多くのキャリア・空港で会員資格が活かせそう


てな、ところでしょうか。
やっぱ「これからでもB747ジャンボにいっぱい乗れる!」というのが一番大きかったかな。


では、「プラチナ」メンバーになるには、どうすればいいのかー??。

1年間、ANAの飛行機に乗りまくって、50,000プレミアムポイント獲得しなきゃならないんですな。
「プレミアムポイント(PT)」は「搭乗マイル」を元に、利用運賃によって計算がちょっと違ってきます。
安い料金だとポイントは少ないし、高い料金だと多くのポイントがもらえます。

羽田基点だと、一番プレミアムポイントが稼げるのは羽田~那覇線。
一番安い「スーパー旅割」の料金だと、34回も乗らないと50,000ポイント達成にならないんですねー。
ちなみに、34回乗る=17往復するということ。
月1~2回のペースで羽田~那覇線に(意味なくひたすら)乗って来りゃいいわけです。


今年一番多く乗るのは、プレミアムポイントが一番稼げる羽田-那覇線になりそうですが、那覇以外にもいろんなところに行ってみたいですね。北海道の稚内とか女満別・オホーツク紋別とか、羽田基点に一日かけて地方路線を乗り継ぐのも楽しそう~。ANA最長距離の仙台-那覇線にも乗ってみたいな~・・・・

などと、すでに夢膨らませている中年がここにいますよ。




すでにANAマイレージクラブには入っていますが、「ANAカードを作っておいたほうが何かと便利だし、スーパーフライヤーズカード(SFC)の入会審査にも有利」と、お友達さんからのアドバイスを受けて、さっそくANAカード作りました。



で、めでたくANAカード会員になったのが、昨年10月中旬のことだ。

これまでのANAサイトの画面上部バーが、
anaweb01.jpg
だったのが、ANAカード会員になったら、

anaweb02.jpg
になったぜー! うをぉ!なんかカッコイイ!

しかも、こんなのが画面に表示されて、
anaweb03.jpg
まさに自分専用のANAページになりますた!!


で、さっそく10月31日には、翌年(つまり今年)の1・2・3月分「スーパー旅割」発売日に予約参戦!
1月某日の羽田-那覇線2往復(4回搭乗分)を軽々予約。

ビックリしたのがシートマップ。
平会員の時には絶対に事前に選べなかった前方席や2階席なんかが、ANAカード会員になったら思いっきり選び放題のシートマップがでてきました。
全4便とも足元の広い席を事前座席指定で押さえることができちゃいましたー!



ステータスホルダーになるため、マイルを貯めるためにひたすら飛行機に乗り続けることを、俗に「修行」と言うそうです。
たぶん、向かう先に別に用事があるだけでもないのに、狭い機内に閉じ込められ続ける一日を送るという「苦痛」が伴うから「修行」と言うんじゃないかと思いますが・・・・

自分は飛行機乗るの好きだし、機内の狭いあの雰囲気も嫌いじゃないし、修行というより「毎回楽しんで乗っちゃいそうだな」とか思ってますが。
はたして、「修行」と称されるように飛行機に乗ることが苦痛になってしまうのか?!
それとも毎回「楽しかったですー!」と旅の模様をご報告できるのか?!


今年の lounge SRG は、「ANAプラチナ」獲得するまでの模様をご報告をする「修行ブログ」になりそうな予感全開!


というわけで、本年、2011年も「lounge SRG」と「SONIC RAIL GARDEN」をどうぞよろしくお願いいたします。















しかし、これで「プラチナ目前でポイント届きませんでした」になったら、相当アホな1年の記録になりそうだな。

プロフィール

京九快速

Author:京九快速
ちょいちょいアップします。

カテゴリ

月別アーカイブ

Designed by

Ad